セスジイトトンボ (イトトンボ科)

                     私の住む竹村地域でセスジイトトンボを見ることはほとんどありませんが、海に近い地域の平野部や丘陵地の水辺に行くと、
                    ごく普通に見ることが出来ます。 今日の午後、友人の家の帰りに、久々に刈谷の半城土の田んぼの間を流れる用水を覗くと、
                    たくさんのセスジイトトンボに出会うことが出来ました。 いる所にはいるものです。

a0122264_22271266.jpg
                    ↑ セスジイトトンボの♂です。                                        (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_22373440.jpg
                    ↑ 小さな虫を食べるセスジイトトンボの♂です。稲刈りも間近です。                  (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_22413361.jpg
                    ↑ セスジイトトンボの♂です。眼後紋が目立ちます。                           (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_224422.jpg
                    ↑ セスジイトトンボの♀です。                                        (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_22452473.jpg
                    ↑ 連結したセスジイトトンボです。                                      (2004.8.26 刈谷市半城土)
a0122264_224718.jpg
                    ↑ セスジイトトンボの交尾です。                                       (2004.8.26 刈谷市半城土)
a0122264_5485275.jpg
                    ↑ セスジイトトンボのいた刈谷市半城土の田園風景です。 写真を撮った地点は、東海道新幹線三河安城駅の真西3.1Kmほどの地点です。
                      他にはアジアイトトンボやシオカラトンボ、ギンヤンマ、ウスバキトンボがいましたが、数的優先種はセスジイトトンボとウスバキトンボでした。
                      写真右下に見える掘割(細)は、草に覆われいますが、水深15cmほどの透明な水が溜まっていて、たくさんの在来種のメダカがいました。
                                                                                   (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_6134941.jpg
                    ↑ 小さな掘割(細)を遡って行くと、やや大きな掘割に出ます。 たくさんのセスジイトトンボの産卵が確認できました。
                      正面のガードレールと民家との間には「明治用水」が通っています。                (2010.9.6 刈谷市半城土) 
a0122264_614578.jpg
                    ↑ 「明治用水」です。 この辺りは安城市との市境付近になります。 ギンヤンマが3頭いました。
                      明治用水の開通を機に、この地の農業の近代化が進み、かつては「日本のデンマーク」と、教科書にも書かれていました。
                      用水の開通時に造営されたのでしょうか? 「大原水神社」と言う社がありました。       (2010.9.6 刈谷市半城土)
a0122264_6142191.jpg
                    ↑ 「明治用水」のある辺りから、北の東刈谷方面を見た所です。
                      旧地籍を見ると、現在の半城土とその周辺には、たくさんのため池があったことが解ります。
                      地名に残る主な池の名前を列記します。 馬池、陣戸池、甚戸池、新池、葦池、夜這池、西新池、唐池などがあり、
                      当時のお百姓さんは水に苦しんで来たことがうかがい知れます。
                      なお、明治用水の開通と共に、それらのため池は埋め立てられ、農地になっていますので、多くの水生生物や植物も消えたと
                      思われますが、文献が残っていないのが残念です。
                      ため池の埋め立ては生物相へのダメージだけではなく、何年目かにやって来る日照りの夏の農業への影響を考え、
                      1961年に完成した「愛知用水」では、流域のため池を残すことで、それらをカバーしています。 (2010.9.6 刈谷市半城土)
by tombo-crazy | 2010-09-06 22:48 | イトトンボ科 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< その後のマダラナニワトンボ タカネトンボ (エゾトンボ科) >>