新天地を求めるマダラナニワトンボ

   2011年10月3日
      トンボ狂会のHさんと10:30に待ち合せ、アカネ属のトンボ探しをしました。
      16:10までに11種を確認することが出来ました。まずまずでした。(下記)
      昔なら生息地を見て歩けば難なく見れたアカネ属ですが、昨今は探して歩かないと見つからないのが辛いです。

      昨年、Hさんが見つけたマダラナニワトンボがいた湿地へ行ったら、1頭が産卵中でした。
      湿地に着いてすぐ、もう1頭見たのですが、すぐに林のほうへ飛んでいってしまい性別すら判りませんでした。
a0122264_2201030.jpg
a0122264_2202243.jpg
a0122264_221091.jpg
a0122264_2214646.jpg
a0122264_222975.jpg
      ↑↓ 卵が見えます。
a0122264_2222820.jpg
a0122264_2224877.jpg
a0122264_2225927.jpg
      ↑ マダラナニワトンボがいた湿地です。
      以前からいたため池に隣接する湿地からは直線で1.2Kmほどの距離です。
      私が他に二ヶ所(直線距離0.75~1.8Km)見つけていますので、この湿地で生息地は4ヶ所になります。
      ただ、どの水辺も生息が確認された個体数は1~3頭でしかありません。
      このことは増えて来ての分散と言うよりも、新天地を求めて分散していると受け止めるのが妥当なようで、
      当地におけるマダラナニワトンボの生息は厳しい状況にあると考えています。


    ■今回確認できたアカネ属
           アキアカネ、ナツアカネ、マユタテアカネ、ヒメアカネ、マイコアカネ、
           ネキトンボ、リスアカネ、コノシメトンボ、ノシメトンボ、ミヤマアカネ、
           マダラナニワトンボ
by tombo-crazy | 2011-10-06 22:45 | トンボ科アカネ属 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< マダラナニワトンボの産卵 ナニワトンボ  (トンボ科アカ... >>