ごろちんの森

2012年5月19日、20日 

今日も、水辺の草刈りで、東浦のごろちんの森(『東浦自然環境学習の森)へ行って来ました。
草を刈る目的は二つあります。
第一の目的は、トンボが水辺を見つけ易いようにするためです。
小川が草や潅木で隠れていると、上空を飛んでいるトンボたちは、小川に気づきません。
もう一つは、子どもたちの安全確保です。マムシなどもいますから。
ただ、生きもの第一に考えての草刈りですから、一部を残すなど、必要以上に刈らないようにしています。
もっとも、こちらのほうは人手不足ですから、そうしたいとのイメージよりは草がたくさん残っています。(^^);
a0122264_15222714.jpg
↑ 草を刈る I さんです。
a0122264_1605219.jpg
↑ 草を刈るKさん(町長)と、整理するMさんです。
小さな町ですから、50年後を夢見て、ボランティアで里山整備をしています。
一緒にトンボの楽園づくりをしてもいいよ!という方は、私やまねか、下記までお知らせください。

東浦町公園緑地課(Koen@Town. Aichi-Higashiura. Lg. Jp)

a0122264_16183410.jpg
↑ 手作りで整備中の水辺です。 子どもたちも近くへ行くことが出来ます。
a0122264_15223877.jpg
↑ 隠れていた小川も見えるようになりました。 これでオニヤンマなども産卵に来てくれると思います。
水辺では、シオカラトンボや、ハラビロトンボ、セスジイトトンボ、ムスジイトトンボ、クロイトトンボ、アジアイトトンボ、クロスジギンヤンマなどを見ることが出来ました。
a0122264_15245516.jpg
a0122264_15462171.jpg
a0122264_15251496.jpg
a0122264_1525248.jpg
a0122264_15531391.jpg
a0122264_15575459.jpg
a0122264_15253556.jpg




by tombo-crazy | 2012-05-20 22:45 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今年最初のヤマサナエ トラフトンボ (エゾトンボ科) >>