渓流のサナエ

2012年5月31日 くもり

渓流のサナエトンボを観ようと、家を7時半に出て、某川へ向かいました。
9時半頃から渓流入りし、下流から丹念に探して歩きましたが、サナエトンボは成虫の姿も羽化中や羽化殻も見つけることが出来ず、
見ることが出来たトンボは、多数のアサヒナカワトンボとシオヤトンボが少しで、
いても良いミヤマカワトンボも、発生が遅れているようで、辛うじて1頭見ただけでした。
a0122264_1038225.jpg
↑ この付近から川に入り、
a0122264_10381636.jpg
↑ この滝の手前まで、行きは右岸を、帰りは左岸を重点的に探したのですが、サナエトンボには会えませんでした。
標高は610~650mほどの渓流です。


気を取り直して少し下流へ行くと、標高540m付近で、羽化中のサナエを見つけることが出来ましたが…
a0122264_10445828.jpg
↑ 羽化中のサナエトンボを見つけた辺りです。

a0122264_1122443.jpg
↑ とりあえず保険にと、離れた所から一枚撮り、近づきました。(写真はトリミング)
a0122264_110388.jpg
↑ 何サナエだろうか?
a0122264_116364.jpg
↑ 期待して近づいたのですが、カエル谷でも見かけるヤマサナエでした。
a0122264_1164835.jpg
↑ 肩や胸の模様も、
a0122264_116589.jpg
↑ 尾部付属器の形状も、ヤマサナエの♂そのものでした。

サナエトンボを見つけることが出来たのですから、もっと喜ばなくてはいけないのですが、もしかしたら、クロサナエか何かではとの期待があっただけに、落胆が大きかったです。
この後も、更に標高710~820m付近の上流部を探したのですが、ダメでした。
沢登をしていた頃は時々見かけてましたので、あの頃からトンボを勉強しておけば良かったです。

時期や時間帯なども含め、まだまだ分らないことが多い、渓流のサナエトンボです。
             



          
by tombo-crazy | 2012-05-31 22:05 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 「虫の日」 アオハダトンボに出会う カエル谷にもハラビロトンボがい... >>