目的外でもカトリヤンマに出会う

       2012年8月29日 うす曇  現地 7:05~13:15

a0122264_692910.jpg
              ↑ 家から高速を使って1時間半ほどのA池です。
a0122264_6122667.jpg
              ↑ 家から下道を50分ほどのB池です。
               どちらの池も湧水湿地が隣接しています。


               成熟前のマダラナニワトンボは、今頃どこでどうしているのかが知りたくて、早朝に家を出て、
               これまでマダラナニワトンボを確認していた二つのフィールドを回って来ました。
               目的としたマダラナニワトンボは、予想通り水辺にはいなく、林の中なども見て回ったのですが、
               見つけることは出来ませんでした。
               成熟が限られた時間帯しか水辺に現れないことから、もう少し粘ることも考えたのですが、
               33℃の蒸し暑さでは体が持たず、諦めました。
               でも、運良く、久々にカトリヤンマに出会うことが出来ました。
a0122264_6223569.jpg
              ↑ カトリヤンマの♀です。 (12:34 B池へ向かう山道で)
               文献などでは、朝や夕方活動し、昼中は、木などに止まって休んでいるとのことでしたが、
               歩いて行くこちらの気配に反応したのか、膝から腰くらいの高さを飛ん出くれたので気づくことが出来ました。
               ただ、飛びっぱなしではなく、すぐ止まるので、写真に撮ることが出来ました。
               薄暗かったのと時間帯が良かったようで、車の所から池までの幅2.5mほどの山道を220mほど
               歩いている間に4頭目撃することが出来ましたが、すぐに見失い、写真の♀1頭のみでした。
a0122264_620249.jpg
              ↑ カトリヤンマを目撃した木々に覆われた山道です。
by tombo-crazy | 2012-08-30 05:55 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< アキアカネを求めて その② 「... 再びルリボシヤンマを求めて >>