竹村にアキアカネがいました。 その①

6月12日(木) 小雨のち晴れ

  5時に起床し、支度をして外へ出ると、小雨がぱらついていました。
  これでは今日の羽化はないなと新聞を読んでいたら、7時少し前になると雨があがり、
  8時を過ぎる頃には日差しが出て来たので、9時頃から田んぼへ赤とんぼを探しに行きました。

a0122264_2183746.jpg
  ▲ 竹村の田んぼです。

  昨年の秋、5年ぶりにアキアカネやコノシメトンボの産卵を目撃した田んぼへ行くと、持ち主のHIさんが草刈りをしていました。 
  挨拶をして、目的を告げ、畔への立ち入りをお願いすると、「ああいいよ」と、ありがたい返事。
  時計回りに3/4ほど探して歩くも、アジアイトトンボを数頭見ただけで、赤とんぼの姿はありませんでした。
  天気が悪かったから今日は駄目かなと思っていると、目の前をふわぁっと飛んだトンボがいました。 アキアカネでした。
  羽化したてのみずみずしい個体で、休んでいるとろでした。 結局、♀が5頭、♂が2頭確認出来ました。
  ただ、良いことだけではありませんでした。 隣の田んぼでは、ヤゴが何頭か死んでいたのです。 農薬の影響でしょうか?

a0122264_21255367.jpg
a0122264_2127373.jpg
  ▲ 羽化間もないアキアカネの♀です。
a0122264_21261592.jpg
a0122264_21415780.jpg
  ▲ アキアカネの♂です。
a0122264_21272526.jpg
  ▲ アキアカネの♀2頭です。
a0122264_21275463.jpg
  ▲ やっと見つけたアキアカネの羽化殻です。
a0122264_21281413.jpg
a0122264_21311573.jpg
  ▲ 近日中に羽化すると思えるヤゴたちです。
a0122264_2128422.jpg
   ▲ 死んでいたヤゴです。
a0122264_21481373.jpg
a0122264_21475787.jpg
a0122264_21485117.jpg
  ▲ 田んぼにいたアマガエルのチビたちです。

a0122264_21503557.jpg

a0122264_21502053.jpg



  竹村に赤とんぼを甦らせたいと思いますが、専業農家がほんのわずかで、法人化された現状では、減反政策、農薬の問題、栽培時期など、課題は山積みです。
by tombo-crazy | 2014-06-12 21:58 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 竹村にアキアカネがいました。 その② 幸運は、いつかやってくる >>