カエル谷 その後のトンボ状況

   トンボ屋にとっては、じれったい天気が続いていますが、カエル屋も兼ねる私には、雨もまた良き哉です。
   とは言うものの、ここは「トンボ命」のサイトですので、その後に確認出来たカエル谷のトンボ情報です。 
 

 4月6日(月) うす曇り 気温15.8℃(11:02)
 
   1時間ほど観て回ったのですが、気温が低めだったことと時間が遅かったこともあり、見れたトンボはタベサナエのみ。 写真は処女飛行で最初に止まったところです。
a0122264_1115931.jpg
a0122264_1133116.jpg
                   ▲ さすがに不安定だったために、先ほどのところから近くの枝へ移りました。

   羽化直後の個体は、ふわふわふわと頼りない飛び方のうえ、翅が光りますから、天敵に見つかり易く捕食されるリスクが高いのですが、
   気温が低い間はクロスジギンヤンマなどの大きなトンボは少ないので、何とか生き伸びて行けるようです。
   後、10日もすれば繁殖活動も始まるでしょう。

   3月7日に産卵されたアズマヒキガエルのオタマジャクシも、天候の変動にめげず無事成長しています。
   今の時期にカエル谷で見られるオタマジャクシは、ニホンアカガエルと、ヤマアカガエルですが、ひと月ほど早くオタマジャクシになっていますから、
   やや大きく、色が薄いです。(ご参考:ヒキガエルのオタマジャクシは小さく黒いのが特徴です。)
a0122264_11233031.jpg

   おまけは、イノシシ避けの柵にいたベニカマキリとレンゲの花です。
a0122264_11444547.jpg
a0122264_1125342.jpg


   
 4月7日(火) 小雨 気温9.3℃(9:28)
 
   カエル谷の作業の日でしたが、カエル谷へ向かう途中で雨になり、みなさんには中止を伝え帰って頂きましたが、トンボやカエルが見たくて入谷しました。
   谷へ入り、水回りの点検や補修の後、トンボを探しましたが、さすがに見つけることが出来ませんでした。
   でも、10日ほど前から盛んに鳴いていたシュレーゲルアオガエルの卵塊がありました。
a0122264_1415756.jpg
a0122264_11573266.jpg
a0122264_18143694.jpg
a0122264_11575145.jpg
                  ▲ 白い塊がシュレーゲルアオガエルの卵塊です。通常は水面近くの畔に横穴を掘って卵を産むのですが、時には穴の手前で産み落とすことがあります。


 4月11日(土) うす曇り 気温17℃(12:45)
   
   久々にトンボ日和となったので期待してカエル谷へ行くと、トンボ狂会の夢さんが来てました。考えることはみな同じようです。
   ヤゴたちも天候の回復を待っていたらしく、今シーズン初めて10数頭の羽化を確認し、30頭ほどのトンボを観ることが出来ました。
a0122264_1824399.jpg
a0122264_18292513.jpg
a0122264_18295185.jpg
a0122264_18302052.jpg
a0122264_18313652.jpg
                  ▲ 初飛行と思われるアサヒナトンボもいました。
a0122264_18402864.jpg
a0122264_18405252.jpg
a0122264_18411890.jpg
a0122264_18405252.jpg

    今日のおまけはガガンボの交尾です。▼
a0122264_18421838.jpg




 4月12日(日) 曇り時々晴れ 気温15℃(14:45)
  
    今日は分校恒例の大給城跡ハイキングがあり、帰りにカエル谷へ寄りました。
    朝方の気温が12.5℃(8:45)と低めだったこともあり、2時過ぎにも関わらず羽化が観れました。
a0122264_18511754.jpg
a0122264_19451171.jpg
a0122264_19454344.jpg

a0122264_1946199.jpg
a0122264_1948813.jpg
a0122264_1946556.jpg
a0122264_19474282.jpg
a0122264_19484896.jpg

by tombo-crazy | 2015-04-14 18:53 | トンボ雑記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カエル谷へお客様 今シーズン初の羽化です。 >>