平地と山地でトンボを観る

5月20日(水)晴れ その①

キイロサナエの羽化を観ようと、9時少し前から I の川へ入りました。
ウェーダーを履いて川の中から丹念に探し、かろうじて羽化中の♀1頭を見つけましたが、キイロサナエではなく、ヤマサナエのような胸の模様です。

a0122264_19530902.jpg
a0122264_21260972.jpg
a0122264_21271980.jpg

▲ キイロサナエ♀の羽化です。
現地ではヤマサナエと思っていたのですが、夜、夢さんから「キイロの♀ですよ。」との連絡がありました。
胸のパターンにはバラツキがあり、キイロかヤマかの同定の決め手にはならないが、産卵管が突き出ているので、この個体はキイロサナエとのことでした。
ありがとうございます。一つ勉強しました。
初めて観るキイロサナエの羽化でしたが、知らないために喜びが時間遅れになってしまいました。
現地で判っていれば、もう少しつぶさに観察し、わくわくしていたと思います。

他の羽化個体を探していると、「こんにちは!」と声をかけられました。
Hさんでした。
「キイロサナエの羽化は観れましたか?」
「ヤマサナエらしいのが1頭だけです…。」
a0122264_21352387.jpg
▲ キイロサナエの羽化殻は数個ありましたが、前日か、朝早く羽化が終わっていたかも知れません。

と言うことで、次のサラサヤンマのポイントへ移動しました。
a0122264_21380142.jpg
▲ 移動途中で見つけたヤマサナエの♂です。

サラサの湿地へは9:30に入り、手分けしてサラサヤンマを探しました。
a0122264_21395250.jpg
a0122264_21395673.jpg
▲ 縄張り飛翔のサラサヤンマの♂です。 数個体いました。

この後、ムカシトンボの産卵を観に行くとのことで、早めに切り上げ、同行させて頂きました。

おまけです。
a0122264_22410538.jpg
▲ サラサヤンマの湿地ではアサギマダラにも出会えました。


その②に続く






by tombo-crazy | 2015-05-20 21:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 平地と山地でトンボを観る 朋あり遠方より来る、また楽しか... >>