都会のナツアカネ

 9月21日(月)晴れ

こうじ君からナツアカネを探しませんかとメールが入り、平針の田んぼへ行きました。
近くにはオニヤンマもいるとのことで、少し早めに行きました。確かにいそうな環境がありました。

10時頃、どこですかのメールが入り、互いに声を出して無事合流。
こうじ君は友だちと一緒でした。
手分けして探し、♂のナツアカネを10頭ほど見つけたとき、「連結がいま~す!」のこうじ君の声。
広い田んぼでは、こうして手分けすると早く見つかりいいですね。
と言うことで、今日の成果です。

a0122264_18205236.jpg
a0122264_18210596.jpg
a0122264_18211957.jpg
a0122264_18230937.jpg
 ▲ ♀を探しているのでしょうか単独で稲穂の上を飛ぶナツアカネの♂たちです。

a0122264_18274272.jpg
a0122264_18281024.jpg
a0122264_18264321.jpg
 ▲ 暑いせいか、時々休む♂たちでした。

a0122264_18405079.jpg
a0122264_18413307.jpg
a0122264_18311481.jpg
a0122264_18420434.jpg
 ▲ 10:40頃になると、交尾ペアも出て来ました。
 ただ、不思議なのは、それまでの時間に♂の数は10数頭見ているのですが、♀が1頭も見つからなかったことです。
 稲の間で目立たぬよう休んでいたのでしょうか。

 11:12 初めての連結ペアが確認できました。
 以後、ぱらぱらでしたが、8ペアの連結産卵を見ることが出来ました。
 もう少し涼しくなったら、もっとたくさん見ることが出来るかもしれません。

a0122264_18470549.jpg
a0122264_18505693.jpg
a0122264_18511463.jpg
a0122264_18513447.jpg
a0122264_18525570.jpg
a0122264_18515583.jpg
 ▲ 連結産卵するナツアカネです。
 ただ、暑さのせいか、途中で連結を解き、単独産卵をするペアがいました。
 人間でも暑さの中は大変ですから、トンボたちもお疲れモードのようです。

a0122264_18580569.jpg
a0122264_18571110.jpg
a0122264_18565907.jpg
 ▲ 連結を解き単独産卵する♀たちです。
a0122264_18595054.jpg
a0122264_18593901.jpg
 ▲ ♀の産卵を見守る♂です。

a0122264_19022585.jpg
 ▲ 今日の観察地です。 地下鉄の駅から0.6kmほどに広々した田んぼがありました。(名古屋市)
a0122264_19041900.jpg
▲ 対岸ではトンボ捕りをする子供たちがいました。いまどき珍しい光景です。
 狙いはギンヤンマとオニヤンマととのことでした。
a0122264_19051134.jpg
▲ こうじ君と友だちです。

 
 コメ作りの工業化とも言えそうな農業の近代化の中で、アカネ属はどんどん姿を消しています。
 私の住む豊田市でもナツアカネを見るのは、大変稀なことです。
 そんなことを知っているこうじ君が、ナツアカネがいそうだからと誘ってくれた今日のトンボ見でした。
 おかげでナツアカネの産卵をしっかり観ることが出来ました。
 感謝感謝です。


 今日のおまけ

 今朝、庭にサンコウチョウの若い♂が2羽いました。
 我が家の庭は渡りのルート上にあるらしく、毎年いろんな野鳥が休憩に立ち寄ります。

a0122264_19223342.jpg



















by tombo-crazy | 2015-09-21 19:11 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤とんぼ探し トンボの生息地を守る人たち >>