ひょうたんから駒

  2016年4月22日(金)晴れ

  昨日は生憎の天気でトンボはお休みでしたが、今日は晴天で風もなく、絶好のトンボ日和です。
  でも、今の時期、羽化が見れそうなものはと…布団の中で考えました。
  そこで布団の中から問い合わせメールです。
  「オグマは終わっていると思いますが、残党が少し残っています。フタスジに混じって、数頭でしょうか。」の返事。
  と言うことで、家を8時45分に出て、現地へは10時頃着きました。

  
a0122264_20035745.jpg
↑ 目的地は、かつての土取り跡に出来た池です。
a0122264_20090245.jpg
↑ オグマサナエの羽化殻です。

  ただ、羽化中のオグマサナエは見つからず、辛うじて羽化殻を一つ見つけただけでした。
  tomboさんが言われたように、今シーズンのオグマサナエの羽化は終わっているようです。
  晴天で時間が遅いにも関わらず、羽化中のフタスジサナエを 2 頭見つけ、(飛ばれたものも入れると 3頭)
  他には、シオヤトンボやヨツボシトンボ、イトトンボたちの処女飛行を観ることが出来ました。
a0122264_20152567.jpg
a0122264_20153640.jpg
↑ 上二つはフタスジサナエです。

a0122264_20580932.jpg

↑ ホソミイトトンボの連結です。 
a0122264_20163415.jpg
↑ アジアイトトンボです。

  他には、ヨツボシトンボの交尾態飛翔や、ホソミオツネントンボの連結飛翔も見れました。


  11時半頃、帰る支度をし、車へと歩きだしたとき、思わぬトンボが視界に入りました。
  ひょうたんから駒です。 オグマサナエならぬトラフトンボです。
a0122264_20181608.jpg
a0122264_20185370.jpg
a0122264_20190727.jpg
a0122264_20192056.jpg
a0122264_20193562.jpg
↑ ( 2 度目の)処女飛行に飛び立った時、追尾したトンボがいました。 ヨツボシトンボです。
トラフトンボはひらりと交わし、難を逃れました。

  運良くオグマサナエの羽化が観れたらと行った池で、今シーズン初めてのトラフトンボに出会えました。
  こんなことがあるのですね。 感謝感謝です。
  なお、トラフトンボの羽化殻を探したのですが、見つかりませんでした。
  これらのことから、今日見たトラフトンボは、処女飛行の途中で何らかの都合が出来、枯れたヨシに止ったと思われます。





by tombo-crazy | 2016-04-22 20:47 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 柳の下のトンボ モートンイトトンボの肩代わり水... >>