早起きして羽化狙い

  2016年5月15日(日)曇り 22℃(10時)

  目覚ましが鳴る前に起きることが出来ました。
  子どもの頃の遠足のときもそうでしたが、
  人間とは不思議なもので、楽のしみがあるときは起きることが出来るものですね。
  もっとも、だからと言って油断すると、寝坊してしまいますが…。
  と言うことで、6時に家を出たのですが、キイロサナエも覗いて行こうと寄り道したのがまずかったらしく、
  キイロサナエの羽化は外れ。(今シーズンは終わったようです。)
  今日の狙いのハッチョウトンボの羽化は、探すまでもなく次々と飛ばれてしまいました。
  ハッチョウトンボの場合、薄暗いうちに来てないとだめなようです。
  どんよりとした曇りだからいいだろうとの考えは安易過ぎました。


  その ① K池

a0122264_09495479.jpg
↑ 今日の目的の、ため池に隣接する湿地です。7時15分に着きました。
a0122264_09505533.jpg
a0122264_09511781.jpg
a0122264_09575546.jpg
a0122264_09565412.jpg
a0122264_10005209.jpg
a0122264_10050563.jpg
a0122264_09523142.jpg
↑ 湿地を歩いていて次々と飛ばれてしまった羽化間もないテネラルな個体です。
20頭は飛ばれたでしょうか。とほほ…です。

       気を取り直して探すこと40分ほど。
       テネラルな個体が同時に2頭飛び出した辺りを何度も何度も探し、
       翅が伸び切ってはいますが、羽化中の個体を見つけることが出来ました。( 8:05 )
a0122264_11212381.jpg
↑ 最初に見つけた羽化中の♂です。
a0122264_10110039.jpg
↑ 羽化中のハッチョウトンボは、以外にも水深が1~2cmある辺りにいました。
もっとも、この湿地の場合、池際だけに、雨や、ため池の水量に左右されますので、
年間を通じた場合、こんなに水がないように感じています。

画面には左手前の♂と右手奥の♀の2頭写っていますが、この辺りだけで5頭確認出来ました。
と言うことで、椅子に座り、この2頭をじっくり観察をすることにしました。


      ① 羽化中の♀です。
a0122264_11274720.jpg
↑ 8:06のときです。
a0122264_11285735.jpg
a0122264_11345196.jpg
a0122264_11355200.jpg
↑ 翅が開きました。 (11:18)
飛び立ちは11:32でした。

      ② 羽化中の♂です。
a0122264_11310576.jpg
↑ 8:06のときです。
a0122264_11315653.jpg
↑ 翅が開きました。 (10:09)
a0122264_11544973.jpg
↑ しかし、中々飛び立ちませんでした。
結局飛び立ったのは、10:38でした。

       羽化の観察も中々体力がいります。
       暑さ対策と、椅子を持って来たのが正解でしたが、せんべいかあられでもあれば、更に良かったかも知れません。
       一番は、トンボ友の存在です。
       2人で来れば、探すのも早いですし、待っている時間も楽しく過ごせます。



    その ③ 成虫になっていたハッチョウトンボたちです。
a0122264_12374024.jpg
a0122264_12393140.jpg
a0122264_12421447.jpg

a0122264_12481244.jpg
a0122264_12492675.jpg
a0122264_12425881.jpg



    その ④ 羽化の進行中確認したトンボたちです。
a0122264_12102088.jpg
↑ ショウジョウトンボの♂です。 今シーズンの初認です。♂1頭だけでした。
a0122264_12131549.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結産卵です。
a0122264_12151161.jpg
a0122264_12142874.jpg
↑ ハラビロトンボの♂です。
♂が2頭いただけで、近くに♀の姿は見えませんでした。
a0122264_12122579.jpg
↑ テネラルなキイトトンボの♀です。

偶然ですが、信号機のような色合いのトンボがいました。



  その ② O池  

       腹が減って来ましたが、撮りたいシーンがあったので、北側のお気に入りの池に行ってみました。
       ただ、連結や交尾態や産卵しているイトトンボはたくさんいるのですが、
       潜水産卵をしているものはいませんでした。
       でも、探して回ったおかげで、先日空振りだった羽化中のハラビロトンボに出会うことが出来ました。       
a0122264_13113174.jpg
↑ O池と隣接する湿地帯です。
a0122264_13132115.jpg
↑ 既に翅が開きかけの羽化中のハラビロトンボ♀です。 (12:47)
でも、まさかでした。レンズを近づけたら、ぱっと飛ばれてしまいました。
翅を開き、震わせる動作がないのにです。

      それ以外のハラビロトンボたちです。
a0122264_13403088.jpg
↑ ハラビロトンボ♀です。
a0122264_13460940.jpg
↑ ハラビロトンボ♂です。


      それ以外のトンボたちです。
a0122264_13474630.jpg
↑ オツネントンボの♂です。
a0122264_13500065.jpg
↑ ホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_13514967.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結
a0122264_13534698.jpg
↑ ホソミオツネントンボの交尾
a0122264_13524632.jpg
↑ ホソミオツネントンボの産卵

a0122264_13574105.jpg
↑ ホソミイトトンボの♂です。
a0122264_14053106.jpg
↑ ホソミイトトンボの連結です。
a0122264_13594529.jpg
↑ ホソミイトトンボの交尾です。

a0122264_14113070.jpg
↑ アジアイトトンボの♀です。


  今日のおまけはトウカイコモウセンゴケです。
a0122264_14140873.jpg
a0122264_14183607.jpg




         
  

by tombo-crazy | 2016-05-15 20:21 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< オオヤマトンボ 水辺を造りながら、いろいろ観察 >>