オオイトトンボとアオハダトンボを見に

  2016年5月22日(日)晴れ 26℃(13:30)

  その ① K池

  オオイトトンボとアオハダトンボが出ているはずだからと、
  家を8時半に出て、下川口の川を覗いてからK池に入りました。
  下川口の川は、アユの解禁に備えてか、きれいに草が刈られていてトンボの姿がありませんでした。

  K池で最初に出迎えてくれたのはイトトンボの羽化です。
  これはと写真に撮ろうとしたのですが、シャッターが切れません。
  SDカードが入っていませんでした。
  前日のバッテリー忘れに続くうっかりです。
  獣道を車まで戻り、予備カードを取って来ましたが、汗をかいてしまいました。

  オオイトトンボ
a0122264_05380069.jpg
↑ イトトンボの羽化です。ただ、このときは何トンボか不明でした。 (10:48)
a0122264_05422352.jpg
↑ 眼後紋の形からオオイトトンボの♀であることが判りました。 (12:15)
5月8日に来た時はオオイトトンボの姿はなかったのですが、今回は20頭ほどいました。
 発生を始めてから1週間は過ぎているようで、産卵しているペアもいました。
a0122264_05521484.jpg
a0122264_05502489.jpg
a0122264_05503548.jpg
↑ オオイトトンボの♂です。
a0122264_05540186.jpg
↑ オオイトトンボの異色型♀との連結です。 
a0122264_05541939.jpg
↑ オオイトトンボの同色型♀との連結です。 
a0122264_05572397.jpg
↑ 交尾しているペアも5ペアほどいました。

a0122264_06010674.jpg
↑ ジュンサイの茎に潜水産卵するペアです。
TG-870で撮ろうと近づいたのですが、近づき過ぎたらしく一気に飛ばれてしまいました。
無理もありません。スーパーマクロモードで2cm位までの接近でした。
次回は15~20cm位からアップを狙ってみたいと思います。
と言うことで、初の水中写真は撮れずに終わりました。
a0122264_06121723.jpg
↑ 対岸にいた潜水産卵ペアです。
a0122264_06145202.jpg
↑ ♂も完全に潜水です。
a0122264_06160441.jpg
↑ 更に深く潜水です。
このペアは底に着くまで産卵潜水していましたが、先ほどの所と違い、底が粘土質なので水中撮影は諦めました。
なぜって? 濁ってしまい、何も見えなくなるからです。



  ホソミイトトンボ
a0122264_06281957.jpg

a0122264_06270554.jpg
a0122264_06292561.jpg
a0122264_06302076.jpg
↑ このペアは何をしているのでしょうか? ♀が嫌々?
しばらくしたら交尾しましたので、互いの愛を高め合っていたようです。
a0122264_06350677.jpg
a0122264_06575509.jpg
a0122264_06580832.jpg
↑ ホソミイトトンボの連結産卵です。



  ホソミオツネントンボ

a0122264_06245890.jpg
↑ ホソミオツネントンボの交尾です。



  モノサシトンボ
a0122264_06435342.jpg
↑ モノサシトンボのテネラルな♀です。

a0122264_06443736.jpg
↑ モノサシトンボの♂です。


  他にはフタスジサナエやクロスジギンヤンマ、ハッチョウトンボなどがいました。



  その ② N川

   
砂防ダム周辺
a0122264_17485635.jpg
a0122264_17475275.jpg

  アオハダトンボ

  次に訪ねたのはN川の砂防ダムです。 狙いはアオハダトンボですが…
  いるのはニホンカワトンボばかりで、アオハダトンボが見つかりません。
  胴長で川の中に入り40分ほど探してやっと2頭の♀を見つけることが出来ました。
  ♂はどこへ行ってしまったのでしょうか?
    
a0122264_17071856.jpg
a0122264_17072939.jpg
 
a0122264_17100726.jpg
a0122264_17094705.jpg
  ↑ やっと見つけたアオハダトンボの♀2頭です。


  ニホンカワトンボ

  たくさんいました。
a0122264_17445204.jpg
a0122264_17370209.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀たちです。
a0122264_17375677.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。

a0122264_17382888.jpg
a0122264_17424561.jpg
↑ 求愛行動でしょうか? どの世界も♂は努力が必要なようです。
a0122264_17385601.jpg
↑ 産卵中のニホンカワトンボです。


  と言うことで、カエルの分校がホームグラウンドにしている1.7kmほど上流の、M川との合流点に移動。


  M川との合流点

  3時半を過ぎていましたが、とりあえずの偵察です。
a0122264_17523252.jpg
  合流点は、毎年、子どもたちと川遊びをする所です。
a0122264_18023087.jpg
↑ いきなりアオサナエの♂が、降りた所の砂地にいました。

  川の中をざぶざぶ歩いて探しましたが、アオハダトンボは見つかりませんでした。
  そんなとき、すーっと飛んで来て上手に止ったトンボがいました。
a0122264_18124102.jpg
↑ ヤマサナエの♂でした。


  今日のおまけは、
  合流点を後にするとき近くのツルヨシの葉にいたニホンアマガエルです。
a0122264_18150948.jpg
  合流点付近は今月中にもう少しアオハダトンボを探してみるつもりです。








by tombo-crazy | 2016-05-22 21:40 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 今日もアオハダトンボ 今日もハラビロ >>