もう一つのアオハダトンボの川へ

  2016年5月26日(木)うす曇り 気温 25℃(13:15)

  今日は、K池でオオイトトンボを見てからA川へ行き、アオハダトンボの状況を見て来ようとの計画で、
  家を9時少し過ぎに出ました。 K池へは10時着。 このところ続いた忘れものもありません。
 
  K池

   オオイトトンボの潜水産卵を期待してのK池でしたが、産卵はあるものの潜水してくれるペアはなし。
   と言うことで、早めにA川へ移動。
a0122264_17274156.jpg
↑ オオイトトンボの羽化です。
a0122264_17313495.jpg
↑ キイトトンボの羽化です。
a0122264_17293705.jpg
a0122264_17345202.jpg
↑ モノサシトンボです。
a0122264_20472928.jpg
a0122264_20475220.jpg
a0122264_20481987.jpg
↑ オオイトトンボです。


  A川

    加茂地域を代表する矢作川の支流の一つです。
    全長は7Km弱ですが、標高370mから150mほどの山間をゆったりと流れ、
    上流域は、かつて御料林時代を経て国有林だったこともあり、水質が良いこと、川砂が多いことなどから、
    トンボに限らず、動植物相の良い川と流域です。上流域にはニホンジカも生息しています。
    近くには、兄貴分と言えるA川がありますが、こちらは集落などの関係で、所々コンクリート護岸になっています。
a0122264_17361232.jpg
a0122264_21023663.jpg
↑ トンボ相の良いA川です。
一シーズンぶりに訪ねました。

a0122264_21190489.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_21204186.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_21213844.jpg
↑ アオハダトンボの♂です。
a0122264_21235140.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。
a0122264_21264731.jpg
↑ ホンサナエの♀です。卵塊が出来つつありました。
a0122264_21322764.jpg
a0122264_21383519.jpg
↑ ホンサナエの♂です。
♂たちは中洲の砂の上や、川べりの木の枝に止まって♀の来るのを待っていました。
a0122264_21404807.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。

他にはニホンカワトンボなどがいましたが、アオハダトンボは先日の二つの河川同様、数はいませんでした。
どうやらこれから羽化のピークに入るようです。


  今日のおまけは、川べりに自生していたヤマボウシ(山法師)です。
  私のお気に入りの樹木の一つです。 実は食べれます。
a0122264_22060701.jpg









    

by tombo-crazy | 2016-05-26 22:20 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< A川通い 新しい会員の方が入られました。 >>