カエル谷へ子どもたちが来ました。

  2016年7月12日(火)くもり 気温28.2℃(12:50)

  カエル谷のある地区の小学2年生39名が、カエル谷へ自然体験に来ました。
  カエルの分校は、なつかしい生きものたちが次の時代も消えないための活動と、
  再生した自然空間で、子どもたちに生きものを捕まえたりして遊んでもらうことを2本の柱にしている団体ですので、
  飛び入りの応援も頂き、事前準備をして、当日を迎えましたが、
  気がかりだった雨も降らず、こどもたちには、楽しく過ごしてもらえたようです。
a0122264_13514422.jpg
↑ 学校から歩いて来た2年生のみなさんです。
a0122264_13541240.jpg
a0122264_13571778.jpg
a0122264_13590257.jpg
a0122264_14025344.jpg
a0122264_14002193.jpg
↑ 子どもたちは生きものが大好きです。
いろんな生きものを観たり、捕まえたりすることが出来ました。
一部は持ち帰って飼うことにしました。
カエルの分校は、全国どの小学校にもトンボが20種はいる環境を取り戻そうとしています。
そして、子どもたちには昆虫採集など、自然の中で思う存分遊んでほしいと願っています。
子どもが捕まえたくらいで生きものが消えないようにすることは、傍観者であった私たちの最後の仕事であり、責任と思っています。
a0122264_14032703.jpg
↑ コオイムシ

a0122264_14040605.jpg
↑ タガメの脱皮殻
a0122264_14083117.jpg
↑ タガメの3齢幼虫
a0122264_14044475.jpg
↑ シュレーゲルアオガエルの幼体
a0122264_14052173.jpg
↑ 羽化したてのネキトンボ。今シーズンの初認です。
a0122264_14460862.jpg
↑ オオシオカラトンボの産卵です。
a0122264_14063578.jpg
↑ もうじきシーズンを終えるモートンイトトンボです。
a0122264_14105170.jpg
 ↑ 羽化したてのヒメアカネ。
a0122264_14403011.jpg
↑ 腹部挙上姿勢のショウジョウトンボです。
a0122264_15582691.jpg
↑ マルタンヤンマの産卵です。(中日新聞の近藤さん撮影)
a0122264_14020011.jpg
↑ 記念撮影です。
a0122264_14114122.jpg
↑ 事前準備で、草刈りや、ヨシやスゲの間引きをしてくださったみなさんです。
a0122264_14122543.jpg
↑ 中日新聞の近藤さん(支局長)です。
生きもの大好き人間で、自分が見つけたタガメと記念写真です。
当日は、早めに来て、刈った草の処理などを手伝ってくださいました。ありがとうございます。


by tombo-crazy | 2016-07-12 22:27 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ミヤマアカネの羽化を観に 赤とんぼ生息調査 その後 >>