4時に起きて

  2016年7月20日(火)晴れ 気温24℃(5:00)

  
a0122264_19585339.jpg
↑ 長久手の田んぼ

  カトリヤンマの羽化狙いで、4時起きして長久手の田んぼへ行きましたが、どの田んぼも中干し中で、赤とんぼも、カトリヤンマの羽化も観れませんでした。
  と言うことで、tomboさん共々帰宅することにしたのですが、寄り道して帰りました。


 ■某湿地 
a0122264_20020490.jpg
↑ ほとんど知られてない湿地です。道もありません。市の湿地MAPにも載っていません。
当地方の湿地は、写真のように、丘陵地の斜面が崩れた所に水が湧き出て湿地となる所が多いです。
故に、遷移により消えたり、大雨などで新しく出来たりします。
ハッチョウトンボは飛翔力があまりないと言われていますが、新しく出来た湿地を観ていると、
ある年にハッチョウトンボがいる場合があり、もっとも近い生息地からの距離やマーキング調査結果から、
7~8Kmは移動能力があるようです。
a0122264_20051351.jpg
a0122264_20053884.jpg
a0122264_20065299.jpg
↑ まだ数は少なかったですがハッチョウトンボがいました。
例年、シラタマホシクサで湿地が真っ白になる頃には多数のハッチョウトンボが見られます。



  ■ため池に隣接する湿地
a0122264_20113852.jpg
a0122264_20123704.jpg
a0122264_20204022.jpg
↑ ♀と比べたくさんいたハッチョウトンボの♂です。 ♂20:♀1ほどでした。
a0122264_20133843.jpg
↑ 若い♂
a0122264_20152667.jpg
a0122264_20144056.jpg
↑ 少なかった♀
a0122264_20224642.jpg
a0122264_20231374.jpg
a0122264_20233971.jpg
↑ 羽化中の♂もいました。
a0122264_20361654.jpg
↑ テネラルなシオカラトンボもいました。

池ではオオヤマトンボがゆっくり飛んでいました。



  今日のおまけは不思議な行動をしていたスズメバチです。
a0122264_20252737.jpg
a0122264_20255851.jpg
a0122264_20264862.jpg
↑ 次々と水草に停まっては、上へとよじ登り、
自分の重みで着地してしまうと、次の水草に登ることを繰り返していました。





by tombo-crazy | 2016-07-20 20:33 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ついでのトンボ見 今朝も足助川 >>