ついでのトンボ見

  2016年7月23日(土)うすぐもり 気温30℃(14:15)

  先日、長久手の帰りに某地へ寄ったら、道がどこにあるか判らないくらい草が茂っていたので、草を刈りに行き、
  ついでに、車で10分ほどの隣町の河川を覗いて来ました。この河川は1年ぶりです。
  tomboさんの最新情報では、夜7時頃になると、たくさんのコシボソヤンマが摂食飛翔で乱舞しているようですが、
  明日が早いので、コシボソヤンマ目的ではありません。川の様子を覗きに来ただけでしたが…。
a0122264_04113531.jpg
a0122264_04115459.jpg
a0122264_04122572.jpg
↑ 昨年とさほど環境の変化は、さほどありませんでしたが、コシボソヤンマの産卵基質が減っていました。
a0122264_04163576.jpg
a0122264_04165845.jpg
a0122264_04172908.jpg
↑ ハグロトンボが増え始めていて、捕食者も通っているようで、あちこちに翅が落ちていました。
a0122264_04194433.jpg
↑ 捕食者のひとつコオニヤンマです。むしゃむしゃ食べる音が聞こえました。
a0122264_04214858.jpg
↑ 1頭だけでしたがオナガサナエ♂もいました。彼らも捕食者なのかも知れません。
a0122264_04234285.jpg
a0122264_04243390.jpg
↑ 停まっているウスバキトンボも観ることが出来ました。
a0122264_04290436.jpg
↑ 帰り際、何気なく堰近くの木々に目をやると、ヤンマが停まっていました。
夜、tomboさんに見て頂くと、コシボソヤンマの♀とのことでした。ラッキーでした。
ただ、側面から見ると以外に寸胴で、コシボソのイメージはありませんでした。


草刈りと移動時間も入れて、4時間ほどの、ついでのトンボ見でしたが、まあまあの成果でした。





by tombo-crazy | 2016-07-23 22:00 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ミヤマアカネの羽化を観に 再度挑戦 4時に起きて >>