再び山の中の池へ

   2016年10月14日(金)曇り 気温21℃( 11:00 )

   tomboさんと7日に行った山の中の湿地が隣接する池へ行きました。
   先日は、池に着いたのが午後2時過ぎと遅かったので、
   今回は赤とんぼの産卵に期待し、9時頃から尾根を登りだしたのですが、
   枝を払ったり、目印をつけたり、展望を楽しんだりして行ったため、池には11時頃着きました。
a0122264_10430451.jpg
a0122264_10434972.jpg
a0122264_10444101.jpg
↑ 尾根筋ただ一ヶ所の展望岩場と、北側の岐阜県の山々と(上)、南東の愛知県側(下)の景観です。
(写真は10月7日撮影)

   
   期待していた赤とんぼの産卵ですが、生憎の曇り空で、あまり観れませんでした。
   その代りと言うか、アオイトトンボはたくさんいました。
 
a0122264_14210860.jpg
a0122264_14225429.jpg
a0122264_14231926.jpg
a0122264_14233768.jpg
↑ 岸辺で休んでいるペアは、ほとんどが♂でした。
a0122264_14241550.jpg
a0122264_14295151.jpg
↑ 連結のまま休んだり、産卵するペアもいました。

   そんなアオイトトンボの中で、不思議な行動をとるペアがいました。
   それは、連結でふわふわと飛んでいたかと思うと、着水するのです。
   それも、1ペアだけでなく、数ペアに見られました。
   
a0122264_14120469.jpg
↑ 水面に軟着陸したところです。
a0122264_14121884.jpg
↑ ♂は飛び立ちたいようですが、♀はもがいているように見えました。
a0122264_14124688.jpg
↑ 暫くして、水面から再び飛び立とうとするペアです。

日差しがないので体温が上がらず、広い池を横断出来ずに途中で着水し、休んでいるようです。

a0122264_11112777.jpg
↑ 正面奥(北側)に湿地が階段状になってあります。  (写真は10月7日撮影)


    岸辺を反時計回りに1/4周ほどして、奥の湿地へ上がろうと木を掴んだとき、オツネントンボに出会いました。
a0122264_14543017.jpg
↑ 1頭だけいたオツネントンボ ♀です。


  期待していた赤とんぼの産卵は、最初に日差しが出た12:15頃と、2度目に出た13:50頃の2回でしたが、
  大半が池の中央で行われ、中々岸辺ではしてくれず、写真を撮るのに苦労しました。
a0122264_15043270.jpg
a0122264_15052101.jpg
↑ 連結産卵するコノシメトンボです。

ネキトンボも10数ペア産卵していましたが、いずれも池の中ほどで写真に撮ることは出来ませんでした。

   でも、池を一周しているとき、今の季節には珍しいトンボの羽化を観ることが出来ました。
   7日のときは、ホソミイトトンボのテネラルも観ています。
   目立たないので気付くことが少なかったのですが、温暖化の影響なのか、10月でも羽化があるようです。
a0122264_11242915.jpg
↑ オツネントンボの♂のようです。
後で、処女飛行まで観ていれば良かったと気づいたのですが、
赤とんぼの産卵を観ようとしていた私は、そのことに気付かずにいました。

a0122264_12283139.jpg
↑ コノシメトンボの♀です。
a0122264_12303232.jpg
a0122264_12321401.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_12273892.jpg
↑ トンボが停まった写真をと、作ったミニケルンですが、
近くに来ても、なぜか私やtomboさんに停まってばかりでした。
a0122264_12391306.jpg
a0122264_12401496.jpg
a0122264_12410066.jpg
a0122264_12415352.jpg
a0122264_12435006.jpg
a0122264_12445790.jpg
↑ 池と湿地の風景です。

なお、今回確認出来たトンボは次の
アオイトトンボ、、アキアカネ、コノシメトンボ、ノシメトンボ、ヒメアカネ、マユタテアカネ、ネキトンボ、ギンヤンマです。
なお、今回は確認出来ませんでしたが、先回は以下のトンボを確認しています。
オオアオイトトンボ、ホソミイトトンボ(テネラル)、キトンボ

1年を通じてくれば、自然環境、広さなどから、たくさんのトンボが観れそうで、来年からの楽しみが増えました。









   

by tombo-crazy | 2016-10-15 21:35 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤とんぼ調査 (旭地区) 再々のミヤマアカネの産卵 >>