キトンボを探す

   2016年11月5日(土)、6日(日)晴れ 気温19~23℃(9:30~13:00)

  10月始めからの赤とんぼ調査で各地を回っているとき、
  池の近くなどで、飛来と思われる単独のキトンボを見てました。
  キトンボは、カエル谷でも見たことがありますが、加茂地方では稀にしか見れないトンボです。
  ところが、今シーズンは飛来が多いのか、あるいは、近くに生息地があるかも知れないと、
  目撃地点を地図にプロットし、産卵に来そうな池を確認して回りました。
  結果、二つの池で1~3頭の姿を見ましたが、写真は撮れずにいました。


 本命の池か (11月5日)

  昨日、可能性の高い山の中の池に入り、4~5頭のキトンボと思われる姿を確認し写真に撮ることが出来ました。
  今シーズン、キトンボを目撃した地点は、この池を中心に半径5Km以内に5ヶ所あったことが判りました。
  ただ、今回観れたキトンボは、これまで岐阜の二つの産地で観ていた個体と比べ、
  腹部がきれいな赤色で、ネキトンボとの交雑種の可能性もあります。

a0122264_21121364.jpg
↑ キトンボ? 個体A
a0122264_21133131.jpg
a0122264_21141448.jpg
↑ キトンボ? 個体B
a0122264_21150776.jpg
a0122264_21160868.jpg
↑ キトンボ? 個体C 
a0122264_21221507.jpg
a0122264_21231574.jpg
↑ キトンボ? 個体D
a0122264_21264593.jpg
↑ キトンボのいた山の中の池。とても透明度の高い池です。

2時間半ほど待ちましたが、ネキトンボやコノシメトンボの産卵はあったものの、
キトンボの産卵は確認出来ませんでした。 


 

 もう一つの可能性の高い池  (11月6日)

  同じように透明度の高い、山の中の別の池に行って来ました。
a0122264_21330623.jpg
a0122264_21344345.jpg
↑ 今日、訪れた池です。 10月に来たのは初めてです。
9月の長雨が効いたのか、いつもより水位が30cmほど高くなっていました。

風が強かったせいか、トンボたちの産卵はほとんどなく、
キトンボの姿もありませんでした。
風の当たらない日だまりでは、リスアカネなどのトンボが休んでいました。
加茂地方の中では、リスアカネの数が多いように感じました。
来シーズンが楽しみです。

   なお、今日行った池も、風のない天気の良い日に、再度行く予定です。
   それと、もう一つ、気がかりな山の中の池にも行く予定です。



  おまけ

   11月5日に行った池の近くで見つけたホソミオツネントンボです。
a0122264_08064572.jpg
↑ 最初に見つけたホソミオツネントンボの♀です。
a0122264_08060056.jpg
↑ 次に見つけたホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_08050642.jpg
↑ 最後に見つけたホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_08073828.jpg
↑ この笹の中に結局3頭のホソミオツネントンボがいました。
びっくりぽんでした。

   






by tombo-crazy | 2016-11-06 21:49 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< キトンボかの確認 赤とんぼ調査 (市街地周辺の田んぼ) >>