赤とんぼ調査 (郊外の田んぼ)

   2016年10月6日、21日、23日

   毎年、アキアカネをはじめ数種類の赤とんぼが確認されている郊外の田んぼの確認結果です。
   これらの田んぼは、何代にも渡ってコメづくりをして来た田んぼですが、
   昭和40年代以降は兼業農家になり、数人の方がコメづくりをしています。
   田んぼは雑木林に囲まれた丘陵地にあり、ため池から昔ながらの小川を経由し導水されています。
   標高は115mほど。
   確認時間は10時~13時です。


  八草町・小江戸  (10月21日)
a0122264_18082566.jpg
a0122264_18100522.jpg
a0122264_18111716.jpg
↑ このところの雨で田んぼの所々には水たまりがありました。
ただ、昨年までコメづくりをしていた田んぼの一部は休耕田になっていました。
(近くの田んぼの地主さんの話では、来年はコメづくりを再開するとのことでした。)
a0122264_18410822.jpg
a0122264_18415399.jpg
↑ 気温が23~24℃と低かったですが、10数ペアの産卵を確認しました。

他にも以下のような赤とんぼがいました。
a0122264_18444931.jpg
↑ ノシメトンボ♂です。
a0122264_18500017.jpg
↑ ノシメトンボ♀の腹部挙上姿勢です。

 腹部挙上姿勢で
 太陽の照射面積を少なくし、体温が上がり過ぎるのを防止するためとの説を
 見かけますが、それよりも自分の存在を誇示する行動のように思います。
事実、この日の気温は23~24℃と肌寒く感じました。
a0122264_18461326.jpg
↑ マイコアカネ♂です。
a0122264_18471615.jpg
↑ マユタテアカネのノシメ型♀です。
a0122264_18572256.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
a0122264_20153956.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。




  八草町・秋合  (10月6日、23日)

   市内で最も赤とんぼの種類が多く確認されている田んぼです。
   地主さんは一人で、息子さんたちも手伝っての兼業のコメづくりです。
a0122264_22380530.jpg
(10月6日)

a0122264_20222208.jpg
(10月23日)
a0122264_20225804.jpg
(10月23日)
a0122264_20234297.jpg
↑ 最近はほとんど見ることがなくなった稲架掛けのある田んぼです。(10月23日)
田んぼは、所々に水が溜まっていて、アキアカネなどの産卵適地となっています。

a0122264_22470009.jpg
a0122264_22492562.jpg
a0122264_22501050.jpg
a0122264_22510699.jpg
↑ アキアカネの連結産卵が多数確認出来ました。


他にも以下のような赤とんぼがいました。

a0122264_20380158.jpg
↑ マイコアカネ♀です。
a0122264_20592502.jpg
↑ マイコアカネ♂です。
a0122264_22453181.jpg
↑ ヒメアカネ♂です。

a0122264_20364320.jpg
↑ ノシメトンボです。
a0122264_20455055.jpg
↑ コノシメトンボです。

a0122264_20351681.jpg
↑ ネキトンボです。


   まとめ

   ① 小川からの導水、周囲に雑木林があるなどの立地条件と、減農薬と、
     アキアカネに合った水管理をすることにより、市街地に近い所でも
     赤とんぼと共生出来るコメづくりが出来ることを証明してくれました。
   ② このような立地条件は、郊外にある程度あるので、
     今回の田んぼのコメづくりを農家さんや、JAさんの協力を得て、
     展開して行くことが大切に思いました。
   ③ このような田んぼのお米は、例えば「赤とんぼ米」などのブランド化をして
    買い上げ価格をアップし、 農家にとってもうれしい仕組みが待たれます。






by tombo-crazy | 2016-10-27 21:42 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤とんぼ調査 (市街地周辺の田んぼ) ノシメトンボの産卵を見に >>