スナアカネを観に

2017年11月7日(火)うすぐもり 気温 23℃(10:30)


 10月始めに、伊良湖岬へタカの渡りを観に行った友人から、
海岸に変わった赤とんぼがいて、写真に撮り調べたら、スナアカネだったとの連絡を頂いてました。
飛来種であるスナアカネは観たことがありません。
行きたいとは思っていましたが、天候が今一なのと、晴れの日は、赤とんぼ調査などで中々行けずにいました。
諦めかけていたらtomboさんのブログで、最近スナアカネを観て来たことや、例年になく多いことを知りました。
tomboさんに連絡をとると、詳しい地図などを送ってくださったので、行って来ました。
現地へは10時に着きました。家からは約100Kmです。

a0122264_20524165.jpg
↑ スナアカネがいた環境です。
奥は標高13mの新設された防潮堤です。

a0122264_06424971.jpg
↑ 水辺へ向かって歩き、最初に見つけた個体ですが、
パソコンでアップすると、ナツアカネのようにも見えます。
スナアカネは初めてなので、現地では自信がありませんでした。
a0122264_20534401.jpg
a0122264_20544496.jpg
a0122264_20541390.jpg
a0122264_20561112.jpg
a0122264_20562698.jpg
a0122264_20565689.jpg
a0122264_20572668.jpg
a0122264_20575647.jpg
↑ スナアカネの♂たちです。
a0122264_21001150.jpg
a0122264_21004134.jpg
↑ スナアカネの交尾です。
a0122264_21020930.jpg
a0122264_21023985.jpg
a0122264_21030854.jpg
a0122264_21033819.jpg
a0122264_21040880.jpg
a0122264_21043892.jpg
a0122264_21050852.jpg
a0122264_21053808.jpg
↑スナアカネの連結産卵です。
最初の産卵は11時でした。
以後、12時半頃までの間に、6ペアの連結を確認しましたが、
す~っと、何処かへ飛んで行ってしまい、
写真に撮れたのは2ペアだけでした。

コノシメトンボのような環境で産卵するのが判りましたが、
今回の個体たちは、1か所で産卵せず、しきりと動き回るので、
写真に撮るのは難しいトンボでした。
日向ぼっこの♂たちも警戒心が強いように感じました。
今日は、私ひとりでしたが、砂地にあった無数の足跡と関係があるのかも知れません。



スナアカネではありませんが、ギンヤンマにしてはちょっと色合いと模様の違うヤンマが産卵してました。
a0122264_21141702.jpg
↑ オオギンヤンマ? スジボソギンヤンマ?あるいは…。

a0122264_06460429.jpg
a0122264_06465050.jpg
↑ 各1個体ですが、ネキトンボやノシメトンボもいました。




ご参考…遠方の方へ

休暇村伊良湖の敷地内の水辺でも、マイコアカネの産卵が観れますので、
スナアカネもいる可能性が高いです。
コテージや、キャンプ場も併設されていますから、
10月の始め頃なら、タカの渡りとセットで楽しめると思います。







by tombo-crazy | 2017-11-08 21:21 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
市内でキトンボが産卵 >>