アキアカネ (トンボ科アカネ属)

2008年10月2日

ここ15年ほどで、平地の田んぼから、群れ飛ぶアキアカネを見ることがほとんど出来なくなりましたが、
中山間地の田んぼでは、今でも田んぼによっては見ることが出来ます。
それらアキアカネが確認出来ている田んぼは、
①田んぼ全体、または、その一部が、一年中、ジュクジュクしていることが多い。(湿田)
②毎年コメ作りをしている。
③強い農薬を使っていない。
などの共通項があり、アキアカネの生息を可能にしているように思います。
a0122264_11343012.jpg
a0122264_11345756.jpg
a0122264_1273322.jpg
写真のトンボは、上段がアキアカネ成熟♂、中段が成熟♀です。 (2008年10月2日 金蔵連)
a0122264_10215663.jpg
↑ 連結打泥産卵中のアキアカネ   (2008年1002日 金蔵連) 
   
ただ、そのような自然豊かな中山間地の田んぼにも、不安要素があります。
それは、過疎化や高齢化などで耕作を止めるところが増えていることです。
唱歌「赤とんぼ」に歌われ、秋の風物詩として馴染み深かったアキアカネも、
このまま何の手だてもしなければ、全国各地で姿を消して行くと思われます。
赤とんぼたちが消えて行く要因として、私がフィールドにしている平地の田んぼを観ていると、
コメ作りを毎年続ける所が少なくなっていることが、
哺場整備による乾田化や、農薬使用、農事暦の変化などより影響が大きいようです。
作らない一番の理由は、国の減反政策です。
実際、毎年コメづくりを続けている所では、
今でも、ホタルや、赤とんぼ、ギンヤンマ、シオカラトンボなどが確認出来ることが多いように思います。
生産調整とは言え、各田んぼの一部で毎年コメをつくり続けるか、水を入れたジュクジュクしたエリアを確保出来たらと思います。
町に住む人たちが、すぐにでも出来ることは、おコメを食べることでしょうか。
それと、田んぼに、ヒマワリや、菜の花を植えて楽しむことは止めたいものです。
田んぼはイネを栽培してこその田んぼですし、そのことによって、縄文時代後期から田んぼと共に生き続けて来たたくさんの生きものたちが救われるように思うのですが…。

ブロックローテーションと言われる、地域をブロックに分け、広範囲に亘ってコメ以外の大豆や小麦などの作物を作った所は
トンボだけでなく、カエルなども消えていて脅威になっています。



by tombo-crazy | 2008-10-03 21:28 | トンボ科アカネ属 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ノシメトンボ (トンボ科アカネ属) ミヤマアカネ (トンボ科アカネ属) >>