カテゴリ:狂会員の広場( 14 )

ムカシトンボ

2017年4月23日(日)晴れ


ケガをしてなければ、
トンボ狂会メンバーのあゆみさん、いよさん、そしてまだお会いしてないヤゴ男さんの3人で、
ムカシトンボの探索に行くはずでした。
ヤゴ男さんは、仕事の都合がつかず、次回持ち越しになりましたが、
ムカシトンボを観たことのない2人だけでは、
大まかな生息地の渓流を話したくらいでは、
観たいとの強い気持ちがあったとしても、出会える確率は低く、
代わりにK池で、タベサナエの羽化を観て頂くことになっていました。

しかしです。
K池が初めてのあゆみさんと、行ったと思うが記憶が…と自信無げないよさんでした。
幸いなことに、朝方、モンさんからK池に向かっているとのメールが入り、
入口で待機して頂き、無事、合流してタベサナエを堪能されたようです。

その上、ラッキーは重なるようで、
合流した3人は、その後、某渓流に行き、
到着して10分位でムカシトンボに出会えたのでした。
この運は、3人の日頃の行いのせいでしょうか…。
私は、3年、探し回ってやっと出会えたのですが、
初めての3人組が、10分位で、見つけてしまったのです。
いずれにせよ、3人の喜びの顔が浮かびます。
良かったですね。 おめでとうございます。
と言うことで、発見者いよさんの写真(個体A、B)を掲載します。

a0122264_10535381.jpg
a0122264_10564745.jpg
a0122264_10571855.jpg

なお、いよさんとモンさんは、次の週も出掛けたようです。
その気持ち、解ります。解ります。

私は、来年まで、みなさんの声だけで我慢です。







by tombo-crazy | 2017-05-07 10:22 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。

2016年8月23日(火)

  酷暑が続いていますが、
  みなさま方にはお変わりなくお過ごしですか?
  リオ・オリンピック、日本選手の大活躍に寝不足の方も多いかと思いますが、
  アカネたちも赤く色づき始めていますので、トンボ観に出掛けましょう。

  8月20日付でトンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
  みなさま、よろしくお願い致します。

  ヤゴ男さん
       生まれは、ミヤジマトンボの生息地・宮島のある広島県廿日市市。50代。
       現在は安城市在住のジャーナリスト。(あゆみさんと同じ中日新聞記者)
       浜松勤務のときは桶ヶ谷沼によく通ったようです。       
  好きなトンボ:マルタンヤンマ
  トンボが好きになった いきさつ:中学生の時に「日本のトンボ」(山と渓谷社)を見て、
       複眼の美しさが強烈に心に残りました。
a0122264_20025541.jpg
↑ ウチワヤンマ (名古屋市内にて ヤゴ男さん撮影)


by tombo-crazy | 2016-08-27 20:07 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入りました。

   トンボ狂会に新しい会員の方が入りました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

   あゆみさん (男性です。)
            名古屋市出身の転勤族のジャーナリスト。現在は豊田市在住。
            これまでの赴任地は東京、埼玉(浦和、越谷)、千葉(千葉市)、滋賀県(長浜)
            もともと自然が好きで、渓流釣りや山歩きが趣味です。トンボに限らず、生きもの大好き。
            仕事でカエル谷へ来て、いきなりマルタンヤンマの産卵写真を撮ってしまい、カエルの分校のトンボ狂会員をびっくりさせました。
            翌朝、マルタンヤンマの羽化の写真を撮る裏技を披露。と言うことで、トンボ狂会会員に。
            次はマルタンヤンマの♂を撮りたいとのことです。実現は、すぐでしょうね。恐るべき新人(?)です。
a0122264_18322879.jpg
↑ マルタンヤンマの産卵です。(7月12日 カエル谷で)

a0122264_18330266.jpg

a0122264_18331295.jpg
↑ マルタンヤンマの産卵です。(7月13日 カエル谷で)


(近日中にトンボ狂会MLにも参加されます。)


by tombo-crazy | 2016-07-15 18:44 | 狂会員の広場 | Comments(0)

じっくり観察

  2016年6月17日

  トンボ狂会会員のmonsanから、シオカラトンボの交尾写真が届きましたので、掲載します。
  「メスは前肢を畳み、中肢でオスの腹部を押さえているのを知りました。」のコメント付きでした。
  使用レンズはCanonのEF100mmを、オリンパスに付け200mm相当のマクロレンズで撮影とのことでした。
  他の会員の方も、近況報告代わりに写真などの投稿を頂けたらうれしいです。
  当方までご連絡頂けたら投稿のためのパスワードなどをお知らせします。
  あるいは、私宛にメールで送って頂けたら代わりにアップします。
a0122264_16300050.jpg
a0122264_16292720.jpg
a0122264_16282445.jpg

とてもシャープに写っていて、私も150~200位のマクロレンズがほしくなりました。




by tombo-crazy | 2016-06-18 16:13 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。

  2016年6月6日(月)

  トンボ狂会に新しい方が入られました。(5日付)
  トンボを始めて間もないようですが、みなさま、よろしくお願いいたします。

  めがねさん
         
名古屋で生まれ育ち、現在は安城市に住んでいます。
         好きなトンボはアオハダトンボで、その美しさにビックリし、
         図鑑を買って見たりしているうちに、
         いろんなトンボを見たり写真で撮りたくなりました。
         33歳です。
  
a0122264_07045172.jpg
アオハダトンボの♂です。(写真:やまね)
       
           

by tombo-crazy | 2016-06-06 21:43 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。

  2016年5月25日(水)

  5月も残り少なくなり、トンボもたくさん出て来ましたから、
  みなさま方には忙しい日々を送ってられることと思います。

  5月19日付でトンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
  みなさま、よろしくお願い致します。

  monsan(もんさん)

       生まれた瞬間は大阪ですが、あとは名古屋で暮らしていました。
       もともと写真撮影が好きで、特に虫を撮ること。最近はトンボにハマっています。
       トンボの飛翔のかっこ良さを写真にと、何度も撮影に挑戦したすえ、
       昨年より多少撮れるようになって、ハマリました。
       愛知県森林公園のある尾張旭市在住の54歳です。

a0122264_17400448.jpg
↑  monsanさんが撮られたオナガサナエです。

追記・訂正…確認された所がため池であること、時期が4月下旬であること、
写真の形態などから、小型サナエ類の仲間と思われます。
来春確認しましょう。
       
        
       

by tombo-crazy | 2016-05-25 16:47 | 狂会員の広場 | Comments(0)

トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。

2015年7月15日(水)
  
   トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

イバッチさん (39歳)
   新潟県長岡市生まれで、現在は岐阜県多治見市に住んでいます。
   トンボは幼少の頃から好きでしたが、中学以降疎遠になっていたのが、4年前、家族と「みのかも健康の森」へ行ったとき
   偶然、クロスジギンヤンマを見た瞬間、またスイッチが入り、一眼レフを買い、トンボ観とトンボの写真にはまっています。
   好きなトンボはルリボシヤンマ。 観たいトンボはマルタンヤンマとアオヤンマとネアカヨシヤンマです。
   「イバッチのトンボ記録簿ブログ」をやっています。
   
   みなさん、アドバイスなど、よろしくです。

a0122264_09234986.jpg
   ▲ イバッチさん撮影のカトリヤンマです。





by tombo-crazy | 2015-07-15 09:33 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。


2015年7月14日(火)
  
   トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

M(エム)さん (46歳)
   東京生まれの東京育ちで、子供の頃から宝来公園や等々力渓谷などで虫取りをしていました。
   仕事の都合で愛媛県松山市に移り住んで17年。自然豊かな土地が気に入り、最近永住を決意。
   昨年の夏、友人の子どものカイコの飼育を手伝ったことが縁で、子供の頃の虫好きが再燃。
   休日はトンボなどを追いかける日々です。オニヤンマが大好きです。
   携帯やコンデジで昆虫を撮っていましたが、2ヶ月前に一眼レフを購入し日々研鑽中とのことです。
   当面の目標は、ムカシトンボを観ることと、四国に生息するトンボを全て観ることだそうです。
   みなさん、アドバイスなど、よろしくです。

a0122264_06512899.jpg
   ▲ 写真はMさんが撮られたモノサシトンボ♀です。
     
     近日中に「トンボ狂会ML」にも加入されます。(登録手続き中です。)

 

by tombo-crazy | 2015-07-14 07:09 | 狂会員の広場 | Comments(0)

オグマサナエとタベサナエ

皆様、こんばんわ。

タベサナエの羽化と、オグマサナエ産卵です。
気温が温かくなった4月、待ちに待ったトンボシーズンスタートの、タベサナエ羽化は
一番テンションが上がる瞬間ですね。

今から待ち遠しいです。

a0122264_2228236.jpg

<タベサナエ羽化>

a0122264_22282083.jpg

<オグマサナエ>

a0122264_22283345.jpg

<オグマサナエ>


   〔管理人追記〕

    素晴らしい写真をありがとうございます。
    投稿された方はIDなどお知らせ頂けますか。

>失礼致しました。樋渡です。

やはりTomboさんでしたか。
    写真の雰囲気や鮮明度などからそうではないかと思っていました。
    投稿ありがとうございます。
    トンボ狂会のみなさんにとって羽化の始まる春が待ち遠しいですね。
    勿論、やまねもです。
by tombo-crazy | 2015-01-05 22:39 | 狂会員の広場 | Comments(0)

ハラビロトンボとハッチョウトンボ

   トンボ狂会のみなさまへ

   いさおさんから年賀のあいさつと共に届いた写真をご紹介します。
   フィルム時代に撮られたようです。

a0122264_18513360.jpg
  ▲ 縄張り



   〔管理人追記〕

    ハッチョウトンボは体の大きさからか、通常他のトンボと一緒にいることは稀なのですが、
    ハラビロトンボの♂とハッチョウトンボの♂が10cm位の距離で止まっている貴重な写真です。
    いさおさんの説明では縄張りとなっていましたので、共通の産卵場所になっているようです。
    今後もハッチョウトンボが追いやられることなく、共に生息してほしいものです。
    休耕田などですと遷移の途中で水位なども変わり、ハッチョウトンボの生息比率も変化して行くようです。
    湿地と言う脆弱な環境に生きるトンボの宿命でしょうか。
by tombo-crazy | 2015-01-05 19:00 | 狂会員の広場 | Comments(0)