<   2011年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

オオイトトンボ (イトトンボ科クロイトトンボ属)

2011年5月30日

今年もカエル谷にオオイトトンボがいました。愛知県内では急激に姿を消しているとのことですので、定着してくれたらうれしいです。
オオイトトンボは、カエル谷にとって、繁殖し、定着が期待されるトンボです。幸い二つのトンボ池には浮葉植物が増えつつあります。
なお、カエル谷に最も近いオオイトトンボの生息地は北には18Km、南東には22Kmほどの地にありますので、
オオイトトンボたちはそれらのいずれから飛んで来たと思われます。
私たち人間もそうですが、ほとんどの生きものは、自分が生まれた所に留まるものだけでなく、新天地を求めてあるパーセントは移動していると思っています。
その背景には「食う、寝る、残す」をより良い所でとの想いがあるように思います。
故に、トンボのように翅がある生きものは、生息環境を整えれば、いつか彼らが来てくれる可能性があるように感じています。         
a0122264_7504920.jpg
↑ トンボ池のヨシの間引きをしていたときに見つけたオオイトトンボの成熟♂です。
昨年も、トンボ新池で数頭観ていますので、暫くは捕獲禁止にして大切に見守って行こうと思います。

a0122264_837223.jpg
↑ 昨年、トンボ新池にいたオオイトトンボの♂  (2010年6月5日 カエル谷)
a0122264_8414558.jpg
↑ 昨年、トンボ新池にいたオオイトトンボの♂ (2010年6月5日 カエル谷)



潜水産卵
a0122264_18231346.jpg
a0122264_18232526.jpg
↑ オオイトトンボの潜水産卵(植物組織内)です。(2004年7月3日 長ノ山・天神下池)

ため池の畔でイトトンボを観ていたときです。連結して草に止まっていたオオイトトンボが、驚いたことに、♀の腹部のほうから後ずさり
するようにして徐々に水の中へ入って行きました。何をするのか見ていたら、産卵でした。約9分もぐっていました。
帰宅してから調べてみると、イトトンボやカワトンボの仲間には、潜水して産卵することがあるとのことでした。
オオイトトンボの場合も、これまで観た産卵は、水の外で行われていました。 どうやら潜水することで、うっとうしい♂たちから逃れているようです。
ヤゴの時代は水中暮らしとは言え、トンボにこのような能力があるとは改めて感心した一日でした。    



                

by tombo-crazy | 2011-05-31 07:56 | イトトンボ科 | Comments(0)

ヨツボシトンボ (トンボ科ヨツボシトンボ属)

                    ヨツボシトンボは、絶滅危惧種として有名なベッコウトンボと同じ、ヨツボシトンボ属のトンボです。
                    どちらも、ヨシなどの挺水植物が繁茂している池沼・湿地と、周辺の豊かな植生が不可欠と言われ、カエル谷はその条件に合って
                    いますから、ヨツボシトンボの生態をしっかり観て、その生息環境を保全して行くことで、ベッコウトンボの保護にとっても役立つ情報
                    が得られる可能性があります。
                    また、トンボは翅がありますから、いつの日かカエル谷にも飛来し、定着してくれる可能性もあるのではと、淡い期待を寄せています
                    ので、カエルの分校としても注目しているトンボです。
                    私が各地のベッコウトンボとヨツボシトンボの生息地を見ていて感じるのは、どちらもヘドロが堆積したため池や、沼地からは消えて
                    いるように思います。 (ベッコウトンボ生息地の6ヶ所中3ヶ所は、ヘドロが堆積し、ベッコウトンボが消えたり激減しています。)

                    例年、カエル谷にヨツボシトンボが現れるのは、4月第1週に姿を見せるシオヤトンボから数えると、おおよそ8番目ほどで、5月半ば
                    になりますが、そんな思い入れがあり、なじみのトンボを、うっかりして 「加茂のトンボ」 にアップしていませんでした。
                    ちなみに、カエル谷に現れるトンボを、ヨツボシトンボが現れるまで順に上げると、シオヤトンボ、オツネントンボ、ホソミオツネントンボ、
                    ホソミイトトンボ、タベサナエ、アサヒナカワトンボ、クロスジギンヤンマの次ぐらいで、シオカラトンボや、ハラビロトンボと同じ頃に姿を
                    現します。
                                    
                    
              2011年5月30日 
                    朝からカエル谷へ入り、台風2号が刺激した梅雨前線の雨の後始末などを済ませた後、サナエトンボを見ようと渓流へ出かけたら、
                    意外なことにヨツボシトンボに出会いました。目撃した時間は15:42です。
                    文献などでは、挺水植物が繁茂する池沼や湿地、湿原などに生息するとのヨツボシトンボなのですが、どうしたことでしょうか?
                    現地でたまたま一緒になったトンボ狂会のHさん曰く、「台風で飛ばされて来たのでは…」野鳥などでは台風の後に珍鳥が見られる
                    と言いますので、あながち否定は出来ません。いずれにせよ、渓流でヨツボシトンボを見たのは初めてでした。
                    なお、ヨツボシトンボの数ですが、2時間ほどの観察で1頭だけでした。
a0122264_014126.jpg
                      ↑ 渓流のすぐそばにいたヨツボシトンボの成熟した♂です。 疲れた様子はありませんでした。
                    人間も、若いうちは、新天地を求めて、ふるさとを離れたり旅に出ますが、生きものたちの中にも、そんな行動をとる個体がある割合
                    いるようです。 それらの行動が、生息範囲を広げたり、より優秀な子孫を残すことに役立っているようにも思います。
                    翅のないカエルでさえ、標高700m近い尾根を越えるのを確認していますから、翅のあるトンボであれば、私たちが思っている以上
                    に移動していると思います。
                    そうしたトンボたちが、定住できるような自然環境を回復させることの重要性を思います。
a0122264_0143539.jpg
                      ↑ すぐ近くにいたアサヒナカワトンボの若い♂です。どちらも岸辺のモミジイチゴの葉にとまっていました。
a0122264_019591.jpg
                      ↑ ヨツボシトンボのいた渓流です。前夜までの雨で増水しています。標高は650mほどです。



                    以下の写真は、同じ日の午前中に、カエル谷のとんぼ池で観たヨツボシトンボです。
a0122264_0564272.jpg
a0122264_1449107.jpg
a0122264_057113.jpg
                      ↑ ヨツボシトンボの単独打水産卵です。                         (2011年5月30日 11:06 カエル谷)

a0122264_13524461.jpg
                    ↑ 珍しく午後水辺にいたヨツボシトンボの♀です。 ♂と比べ、腹部に幅があり、ぽっちゃりした感じに見えます。
                    ほとんどのトンボで言えることですが、産卵のとき以外、水辺で♀のトンボを見ることは少ないです。
                    彼女たちは、午前中に産卵を済ませ、午後は、うっとうしい♂を避けて、水辺から少し離れた所で休んだり、餌を捕ったりしています。
                                                                         (2011年5月24日13:34 カエル谷)
a0122264_1455378.jpg
                    ↑ ヨツボシトンボの♂です。 ♀が産卵時期以外水場を離れるのに対して、♂の場合は、午後になっても水場に陣取っています。
                    彼らは、 ♀が来る場所=産卵に良い場所 を、他の♂に渡したくないため、♀がいない時間帯も水場を離れず、こうして
                    アキアカネのように枝先などで休んでいます。                        (2011年5月31日13:51 カエル谷)
                    
                    ですから、観察や、写真を撮ろうとしたとき、この習性を考えて水辺へ行けば、自分が観たい、羽化や、交尾、産卵などのシーンに
                    出会うチャンスが増えることになります。

a0122264_123766.jpg
                      ↑ 前日までの雨に打たれ力尽きたのでしょうか?      合掌               (2011年5月30日 カエル谷)



              優しかった?ヨツボシトンボ
a0122264_11504610.jpg
                    ↑ ヨツボシトンボの♂がパトロールを終え、縄張りに戻って来ました。
a0122264_11541157.jpg
                    ↑ ちょいと休憩です。
a0122264_11542353.jpg
                    ↑ 下から虫君が、のこのこ上がって来ました。 ちょっと腰を上げ、進路を譲ろうとするヨツボシトンボ君です。
                    カエルの場合、目の前に虫がいても、相手が動かない限り捕らえることをしないのですが、トンボの場合、どうやら飛んでいない虫
                    には、餌として反応しないようです。
a0122264_1275369.jpg
                    ↑ 自分が飛び立ち、虫君に大切な縄張りを明け渡しました。 優しい?ヨツボシトンボでした。 (2011年5月24日 カエル谷)


                    
by tombo-crazy | 2011-05-30 23:55 | トンボ科 | Comments(0)

ホンサナエ  (サナエトンボ科)

             2011年5月26日 曇り

                      今夕から雨が続く予報なので、暫く見に行けないと思い、矢作川の支流、某川へ流水性のサナエトンボを探しに行きました。
a0122264_22544673.jpg
                     ↑ 某川です。見ての通り、水がきれいで、流れが緩やかです。周囲には民家も無く、山間を流れています。
                    9:30頃、川に着きましたが、予定していた辺りには鳥屋さんが陣取っていたので、上流側300mほどを、川の中を何度か行ったり
                    来たりしてサナエトンボを探しました。
                    調査開始から1時間ほどで、アオサナエ♂が確認出来ましたが、ホンサナエの姿は発見出来ませんでした。
a0122264_23235096.jpg
                     ↑ 2時間ほど待って、やっと出会えたホンサナエの♂です。曇天で気温が低かったせいか、遅れて出て来たようです。 
a0122264_225786.jpg
                     ↑ こちらは別個体のホンサナエの♂です。
a0122264_9323164.jpg
                     ↑ やはり別個体のホンサナエ♂です。 早い時間帯は、木の枝などで休んでいるようです。
a0122264_9242889.jpg
                      ↑ こちらも別個体?のホンサナエ♂です。
a0122264_9275582.jpg
                     ↑ こちらは別個体?のホンサナエ♂です。警戒心の低い個体でした。
a0122264_9244938.jpg
                     ↑ ホンサナエ♂の尾部付属器です。
a0122264_23143560.jpg
                     ↑ 昼近くなり、次の場所へ行こうとしてたときに見つけたホンサナエ♀です。(トリミング) ♂と比べると黄色味が強く感じます。
                     ただ、♂のホンサナエを何回か見た後でしたから、「ホンサナエか…」と、あまり心惹かれず、とりあえず3mほどの距離から、お付き
                     合い程度に写真だけ撮ったのですが、帰宅してパソコンの画面を見て、「しまった!」と悔しがるのでした。
                     ♀だったのです。それも、卵塊を着けています。しっかり観ていれば産卵シーンを観れたかも知れないのです。
                     気持ちは次の調査地へ行っていたとは言え、我ながら情けない話でした。もっと謙虚であらねばと反省させられたトンボになりました。

                     翌日夜の天気予報は、東海地方の例年より早い梅雨入り宣言を報じていました。
                     暫くは、野外でのトンボ観察もお休みです。溜まったデスクワークや、写真の整理、ブログのアップなどをして充電します。
by tombo-crazy | 2011-05-27 23:19 | サナエトンボ科 | Comments(0)

カエルの分校 (トンボの楽園づくり)

生きものにとって大切なこと

トンボに限らず、人間に頼らない野生の生きものたちにとり、世代交代を繰り返しながら生きて行くには、次の三つのことが、かなえられることが大切なように思います。
   ①餌が確保できること。
   ②休み、寝るところがあること。
   ③自分の子孫を残すこと。
分かりやすく言えば、「喰う・寝る・残す」 と言うことが大切なように思います。 
そして、これらのうちの一つの要素が損なわれても、野生の生きものたちは、その地から消えて行きます。 
このことは同じ生きものである人間にも当てはまるのですが、
人間には知恵があり、考えることが出来て、先人の足跡の上に積み上げが出来、進歩出来る生きもので、
他の野生の生きものとは別格との考え方と言うか、思い込みがあり、自然界をコントロールしようとして来ました。
また、一方では、野生の生きもののようなシンプルな生き方はしないと、多様な価値観を大切にした(振り回された)生き方をするヒトが増えているようにも思います。
このことは、ヒトである人間にとってプラスにだけ作用することはないのではないかと思います。

生きものの生存を脅かす私たち

人間の生活を第一と考える私たちは、古来より、結果として生きものたちの生存を脅かして来ています。
いや、私は、地球に優しく、エコに心がけ、自然愛護に努めていますと、おっしゃる方もいるかも知れません。でも、本当でしょうか?
実際のところは、自分中心の、いいとこ取りをしている方がほとんどのはずです。
例えば、自然に関心があり、優しいと自負されている自然観察会に来られる方々の大半は、その地で見られなくなったら、
貴重なもの、珍しいもの、可愛いものなどを求めて、よそへ行くだけの方です。
つまり、いいとこ取りの人たちです。
その上、自分たちが自然界にどれだけのストレスを与えているのかを認識してない場合がほとんどです。
確かに自然への関心を持つ人は年々増えているように思います。
メディアの報道を見ていても、絶滅危惧種や、ホタルやメダカなど、特定の生きものへの関心が高くなっていることが伺え、
中には養殖・放流など、いかがかな?と思われることも行われています。
ただ、自然への関心が高まっているからと言って自然が良い状態にあるとは言えません。
現実には、自然界は年々蝕まれ、身近ななつかしい生きものたちが私たちの周囲から消えています。
そんな実態を見て来た私たちは、観察会は害はあっても、利はほとんどないことに気づき、観察会などに費やした時間や人手を、増えている耕作放棄された山の田んぼを、消えていくなつかしい生きものたちのために活かすことを決断しました。
幸い、私たちの世代は、日本の自然が良かった頃に生まれ、育ち、里山の維持管理も知っています。
元気なうちに、なつかしい生きものたちのために、やれるだけのことをして、次の世代にバトンタッチしたいと考えます。

なつかしい生きものの生息空間 「カエル谷」 ほか
a0122264_11154010.jpg
↑ 雪のカエル谷です。  (2005年12月19日)
a0122264_13261.jpg
a0122264_12565030.jpg
a0122264_1257483.jpg
a0122264_1314994.jpg
a0122264_1335135.jpg
a0122264_13361034.jpg
↑ 旧東加茂郡松平町(現:豊田市)にあるカエル谷です。三つの沢が流れ込む、すり鉢状の地形です。 (2011年4月)

かつては田んぼでしたが、高齢化で耕作を止めていた所を周囲の山ごとお借りして、なつかしい生きものたちの代表とも言えるカエルたちが安心して世代交代出来る生息地として、『カエルの分校』の仲間たちと整備しました。
今年で10年目を迎えます。
気づいててみると、自然に学びながら、多様な環境にしたのが良かったのか、トンボは60種ほど確認するまでになりました。
無論、全てが定着ではありません。一時的に飛来し、様子見のトンボも20種ほどいます。
もう少し広さがあったらとも考えますが、そんなことよりも、カエル谷のような所を全国各地に広めたいと願っています。
そうすることで、いろんななつかしい生きものたちが各小学校区から消えるのを少しでも防ぐことが出来るのではと思っています。
どう再生し整備するかは、野生の生きものの行動から学ぶようにしています。
つまり「喰う・寝る・残す」 環境を確保することです。

a0122264_1756437.jpg
a0122264_1883463.jpg
↑ 仕事に行く前の時間を使い、一人で始めた「百畝」です。
40年近く放置されていた棚田でしたので、木々や草が生い茂っていましたが、湧水があり、矢作川とその支流の合流点に近かったためか、野鳥を始め、トンボやカエルなど生きものは意外と多かったです。 
何といっても眺望が良かったです。 
都合で地主さんへお返ししました。(2002年3月2日)
休憩兼道具小屋?の前にあるのは、使っていた道具です。
新品の刈払い機は、手にマメやタコをつくる私を見かねて、女房殿が買ってくれたものです。 
ただ、女房殿は、どの生息地にも一度として足を運んだことはありません。それぞれの道を行くなのです。
a0122264_10432024.jpg
↑ 旧東加茂郡足助町にあるなつかしいいきものの生息空間・「椿立」の整備です。ペアレントさんが中心になって進められました。
近くにある「あすけ里山ユースホステル」利用者の癒しの場にもなっています。(2004年2月23日 椿立)
a0122264_10461133.jpg
↑ 女性の方々も、生きものや、時代を担う子供たちのためにと、がんばって下さっています。 (2004年11月27日 風の谷)
a0122264_1102026.jpg
↑ トンボの姿が見えなくなる12月の半ばから、カエルの産卵が始まる1月末までが、掘下げや畦造りなどの水辺づくりの季節です。 
ただ、冬場の水辺づくり以外にも、イノシシが荒らした畦の補修や、大雨の被害対策と痛んだ箇所の補修や土砂の浚渫、そして草刈りや竹の伐採、子どもたちの受け入れなど、年間を通してやるべき仕事は一杯あります。 (2005年1月21日 カエル谷)
a0122264_10415372.jpg
a0122264_1157244.jpg
↑ 旧西加茂郡猿投町からは、中学生が約12Kmの道を自転車で駆けつけてくれました。   (2005年2月13日 カエル谷)
彼らも今は立派な大人になっていることでしょう。
a0122264_18592945.jpg
↑ 子どもたちもトンボ池づくりのお手伝いをしました。秋にはネキトンボがたくさんやって来ました。  (2009年2月22日)
a0122264_17105145.jpg
↑ 土砂が入り込んだ水辺の再整備です。全てが手作業ですので、いい汗をかきます。 (2010年4月13日 カエル谷)

a0122264_19591667.jpg
a0122264_20115562.jpg
a0122264_20163054.jpg
a0122264_20175526.jpg
↑ 休みの日に、子どもたちに解放している「なつかしい生きものたちの生息空間」です。       
捕ってはダメ、採ってもダメ、撮って良いのは写真だけと言う世の中の風潮ですが、なつかしい生きものたちの減少に歯止めを掛け、生きものを増やし、私たちが子どもの頃に体験して来たように、せめて子どもたちには、生きものを捕まえたり、草花を摘んだり出来る、そんな自然を回復させたいと願っています。
それは、自然を悪化させ、傍観して来た私たち大人の責任でもあると思います。
そして、夏休みの定番であった子どもたちの昆虫採集や、植物採集、押し花作りなども復活出来たらと願います。
そうすることで、小中学校の中にも、学区内の自然を診ることの出来る先生が復活すると思います。
子どもは、見るだけでなく、実際に触れて、五感に感じてこそ、興味や関心が高まり、科学する心が養われると思います。
a0122264_2015127.jpg
多くの仲間に支えられ、百畝、霞沼、風の谷、椿立、カエル谷、金蔵連、ごろちんの森などを整備して来ましたが、まだまだ人手が足りません。 
一緒にやってくださる方を求めています。
あるいは、ご自身の家の近くで、耕作放棄された山の田んぼなどを、生きものたちの水辺として活用いただければうれしいです。
私たちは、持込や、養殖しての放流はしていません。元々その地にあった自然を大切にしています。
それでも、トンボの場合、翅がありますので、多様な自然環境を再生・維持することで戻って来ます。夢がある仕事です。
現役を退かれた男性の方であれば、生きがいにもなりますし、何といっても、奥さんの足手まといになりません。
弁当を持たせて送り出した後の奥さんは、これまで通り、自分のリズムを維持出来ますので、お互いに幸せです。




トンボの楽園づくりの連絡先

連絡先メールアドレス : ワイエムエヌ1415nifty.com 『カエルの分校』やまね
迷惑メール対策のためアドレスの表示を替えています。恐れ入りますが、ワイエムエヌはアルファベットに、は@マークに変換の上、メールいただければ幸いです。






by tombo-crazy | 2011-05-25 13:58 | トンボの楽園づくり | Comments(3)

ホソミオツネントンボ (アオイトトンボ科)

成虫で冬を越す三種類のトンボの一つですが、春の産卵期以外ほとんど見ることが少ないため、私には謎の多い不思議で魅力的なトンボの一つです。


2011年5月9日 快晴 (番外編:岐阜県・坂折)
ホソミオツネントンボの探索時間 10:15~12:20


「坂折の棚田」(岐阜県恵那市中野方町)は、私たちの住む愛知県の「四谷の千枚田」(新城市)と共に、
「日本の棚田百選」に指定されていて、標高410m~610mほどの東向き斜面にある石積みの美しい棚田です。
先週、長野県の「青鬼の棚田」で冬枯れ色のオツネントンボを多数観たので、似たような環境にある「坂折の棚田」を訪ね、どんなトンボがいるか探してみました。
a0122264_21545422.jpg
↑ 交尾中のホソミオツネントンボです。 このカップルは15分と少しこの状態を保っていました。
a0122264_2234685.jpg
↑ 連結し、植物の組織内に産卵するホソミオツネントンボです。
この日は2時間ほどの観察で、10数頭のホソミオツネントンボと、少数のシオヤトンボ、アジアイトトンボ、アサヒナカワトンボ、ニホンカワトンボを見ることが出来ました。

a0122264_22161481.jpg
a0122264_22171145.jpg
↑ 「坂折の棚田」と前方奥の笠置山(1127.9m)です。
田植えが済んだ田んぼは半分ほどで、代掻き中のものや、それすらもやられてない田んぼもありました。
棚田の維持は高齢化や過疎化で大変なようです。


〔ご参考〕 アキアカネが消えた?「坂折の棚田」
 
昨秋、「坂折の棚田」を訪ねたとき、ウスバキトンボは無数にいるものの、アキアカネがまったくいなかったので、
田んぼで作業をしていた方に苗づくりのことなどを伺うと、ほとんどの人は自分で作らず農協に委託しているとのことで、
品種はミネアサヒとのことでした。
自分で苗を作っている人は農薬はあまり使わないようにしているが、そのような人は少なくなったとのことでした。
これらのことから「坂折の棚田」でのアキアカネの消滅は、育苗期と苗の出荷時に使われる農薬の影響が考えられます。
念のため、この秋も確認に来たいと思います。
景観の観点から棚田を残したいとの声が各地であるのですが、
出来れば景観だけではなく、アキアカネなどの生きものが絶えることなく世代交代が出来る棚田に戻ってほしいものです。
育苗期も含めた農薬の使用を控えめにすることは、結局人間の未来にとってもプラスなのですから。


加茂地方のホソミオツネントンボ ↓
a0122264_7421476.jpg
↑ ブルーに変化したホソミオツネントンボの越冬型♂ (2004.4.27 旧東加茂郡松平町カエル谷) 
a0122264_7432883.jpg
↑ 連結植物組織内産卵のブルーに変色したホソミオツネントンボの越冬型 (2004.4.27 カエル谷) 
a0122264_554297.jpg
↑ 集団で産卵するブルーに変化したホソミオツネントンボの越冬型  (2007.5.3 旧西加茂郡藤岡町)
a0122264_9343320.jpg
↑ 田植えが済んで間もない棚田で集団で産卵するホソミオツネントンボの越冬型 (2003.5.3 設楽町平山)
a0122264_6482355.jpg
↑ 平山の大神田(おおかだ)集落は、背後に平山明神山(標高950m)を控えた
標高470~580mの傾斜地にある戸数6戸の集落です。 
a0122264_651666.jpg
a0122264_6531859.jpg
↑ 田植えが始まったばかりの平山の石垣棚田です。 (2003.5.3)





by tombo-crazy | 2011-05-17 07:59 | アオイトトンボ科 | Comments(0)

オツネントンボ (アオイトトンボ科)

 オツネントンボは、ホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボと共に、成虫で冬を越す3種のトンボの一つですが、
春の産卵期以外はあまり見ることがなく、秋に少数の未成熟トンボに出会うくらいで、私には謎の多い不思議なトンボでした。


2011年5月9日 快晴 (番外編:長野県・青鬼)  オツネントンボの観察時間 10:05~11:45

 田んぼに写る残雪のアルプスを見ようと行った信州の青鬼(あおに)で、80頭ほどのオツネントンボに出会うことが出来ました。                    
a0122264_7215372.jpg
a0122264_7282357.jpg
a0122264_7302967.jpg
  ↑ 上3枚の写真は、産卵に来る♀を待つオツネントンボの♂です。
a0122264_732406.jpg
  ↑ 念願がかない産卵場所近くをタンデム飛行するオツネントンボです。
a0122264_7332772.jpg
  ↑ スミレ咲く田んぼの縁で休むオツネントンボのカップルです。
a0122264_731481.jpg
↑ 連結状態で、枯れた茎に産卵するオツネントンボです。
a0122264_7344642.jpg
  ↑ こちらはノカンゾウの葉に産卵するオツネントンボです。
a0122264_7361415.jpg
  ↑ こちらはイネ科の茎に産卵するオツネントンボです。

他に確認出来たトンボは、集落の奥、標高800m付近の畑で見たシオヤトンボの若い♀1頭だけでした。


興味

 青鬼は山間の集落ですから、田んぼの水はため池ではなく、沢の水を直接取り込んでいます。
そして、田んぼに水を入れるのは、田植えの1週間から10日ほど前とお聞きしました。
秋に羽化したオツネントンボたちは、田んぼに水が入るまでの間、水辺を離れて、集落内か近くの林の中で過ごしていたと思われますが、
オツネントンボたちは、田んぼに水が入る時期を、どうして知るのでしょうか?
遠くから見ていて飛んで来るのではなく、繁殖期が近づいた身体が、その時期を教えてくれるのかも知れません。
いずれにせよ、大変興味深いことです。                                                 

「青鬼(あおに)」のこと

 青鬼は、大糸線信濃森上駅から北東へ2.3Kmほど入った戸数14戸の山間の集落です。
青鬼の標高は約750m~820mで、北北東にある岩戸山(1356m)の斜面の一部が台地となって集落と田畑を形成していました。
豪雪地帯であるため、集落の奥の沢筋には、わずかでしたが残雪も見られました。
産み落とされたばかりのヤマアカガエルの卵塊の横では、ニホンアマガエルなどの産卵行動が見られ、
早春の花のオオイヌノフグリや、キブシの花が咲いていて、
加茂地方では4月以降の花であるヤマザクラや、クサノオウ、スミレなども咲いていて、春が一気に駆け下りたような感じでした。
a0122264_7582999.jpg
   ↑ 向って左から爺ヶ岳、鹿島槍ヶ岳、五龍岳、唐松岳と続く後立山の山々と青鬼の集落です。
   ちなみに青鬼から五龍岳までは、直線で15Kmほどの位置にあります。
a0122264_7352282.jpg
  ↑ 田んぼに水が入り始めたのは一週間から10日ほど前からとのことで、代かき中の田んぼも何枚かありました。
a0122264_8454574.jpg
  ↑ 手前、水の中に点々と浮かんでいるのがヤマアカガエルの卵塊です。
a0122264_846968.jpg
  ↑ 一方、ニホンアマガエルの産卵行動(抱接)も見られました。

 他にも、ヒキガエルの卵塊があったり、シュレーゲルアオガエルが盛んに鳴いていたりと、
加茂地方では1月下旬から5月半ばにかけて順を追って見られる現象が、田んぼに水が張られて間もない期間に凝縮しているのは驚きであり、新鮮でした。
a0122264_8503593.jpg
  ↑ シオヤトンボがいた畑の辺りです。



   

by tombo-crazy | 2011-05-14 20:10 | アオイトトンボ科 | Comments(0)

ムカシトンボ  (ムカシトンボ科)

2011年5月5日 うす曇 現地11:00~16:45

                     加茂地域では間違いなく繁殖していると信じていたムカシトンボでした。
                     ただ、生態が今ひとつ分からず、これまで1100mほどの山の上で飛んでいる姿しか見ることがありませんでした。
                     でも、Uさん、Hさんのご協力により、長年の想いが通じ、今日、ムカシトンボを観ることが出来ました。
                     子どものような目線で、カエルやトンボなどの生きものを見つめて来た僕にとって、子どもの日にふさわしい、うれしい、記念すべき
                     日になりました。
a0122264_41851.jpg
                      ↑ 同行のHさんが発見し、最初に観ることの出来た個体①です。 ただ、頭が殻から抜け切っていません。
a0122264_422084.jpg
                     ↑ 殻から頭を外して止まらせておいたら10分ほどで飛んで行きました。                      
                     羽化殻の一部が顔に張り付いていますが、何とか生き抜いてほしいものです。
a0122264_4273516.jpg
                     ↑ 羽化殻もありました。 
a0122264_429295.jpg
                     ↑ 柳の下にドジョウ、二度あることは三度ある…との言葉を思い出し、近くを探しました。
a0122264_4303136.jpg
                     ↑ 羽化中の個体②です。生まれて初めて自分で発見したムカシトンボで、うれしかったです。
a0122264_4331058.jpg
                     ↑ ご案内いただいたお二人にも、じっくり観ていただきました。 うれしいひと時でした。
a0122264_436667.jpg
                     ↑ ムカシトンボを観ることの出来た付近の渓流です。 もっと源流域を見ていたこれまでの自分でした。
a0122264_573758.jpg
a0122264_57507.jpg
                      ↑ 羽化殻のない個体③④も発見できました。どちらも未成熟個体ですので、処女飛行で疲れた体を休めているのかも知れません。
a0122264_5121250.jpg
                     ↑ 二段になったムカシトンボの羽化殻です。隣り合わせのものもありました。
a0122264_5134693.jpg
                     ↑ 地上に落ちたスギの葉に付いていた羽化殻です。
                     結局、今日の収穫は、成虫4、羽化殻が10ヶで、満足の一日でした。

                     今日、観たムカシトンボの生態で判ったこと。
                        ①予測よりも水量のある標高600~750mの上流域にいた。(予測は800~950m)
                        ②水辺から10~35mほど離れたところで羽化していた。
                        ③水辺からの標高差も5~12mほどあった。
                        ④林道を横切った山側にも半数ほどいた。
                        ⑤羽化殻および羽化途中のものは、春に芽生えた草ではなく、枯れた木の枝や草、およびササの枝に着いていた。

                  〔感想〕
                       ①生息環境から目にすることのほとんどないムカシトンボですが、生息環境的には、ダムなどを除き人為的影響が
                        入りにくいので、アキアカネなどと比べると、今後も途絶えることなく生き続けることが出来るトンボのように感じた。
                       ②カエルの調査や、山登りなどで入っていた地域でしたが、確認の時期やポイントがズレていました。
                       ③なぜ、ムカシトンボは水辺から離れて羽化するのか興味がわきました。時間があれば調査したいですが、若い方々
                        の今後に待ちたいと思います。
                       ④今後は、成熟個体の飛翔や産卵を観たいものです。
                       ⑤なんでもそうですが、いないことの証明は難しく感じます。なぜなら、見落としがあまりにも多いからです。
                        マダラナニワトンボとの某ため池での出会いは、この地にいるとは思ってなかったため偶然の結果でした。
                        某ため池は、トンボ以外の調査で10年ほど通っていたため池でありながら出会うことはなく、たまたま時期と時間が
                        偶然合ったに過ぎません。
                        今回のムカシトンボの場合は、山の上で偶然の出会いがあり、その山域をそれなりに見てはいたのですが、時期、
                        見る流域、見るポイントなどが外れていたように思います。
                        N増しとしては、同じ山域の他の沢筋を調査出来たらと思いますが、来年度以降になりそうです。

                        お忙しい中を睡眠時間もあまり取らず、ご案内下さったHさん。
                        そして、産地入りを承諾くださり、現地で偶然お会い出来た、加茂地域のムカシトンボの発見者であり、その生態を
                        明らかにされたUさんに、改めて感謝申し上げます。ありがとうございます。
                        縁とは不思議なもので、Uさんとは、4月24日、某地でヒキガエルのオタマジャクシを救出していたとき、偶然お会い
                        してました。
by tombo-crazy | 2011-05-06 06:15 | ムカシトンボ科 | Comments(0)