<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ムカシトンボ

2013年5月22(水) うす曇
  
夢さんからムカシトンボの産卵を撮りに行きませんかとお誘いがあり、6時半に家を出て、午前は作手方面でトンボを見て、12時半頃、加茂地区のN山系の源流域へ入りました。
a0122264_23192762.jpg
↑ 腹ごしらえをしてから、源流域へと沢を詰めました。
a0122264_23311294.jpg
a0122264_233258100.jpg
↑ 水が滴り落ち、オタカラコウや、ゼニゴケ、ジャゴケが生えた産卵に良さそうなポイントです。
a0122264_23213148.jpg
 ↑ オタカラコウの茎には産卵痕がくっきり残っていましたので、静かに♀が来るのを待ちましたが、
産卵ポイントAに入って来るのは♂ばかりでした。
a0122264_2342455.jpg
a0122264_2342233.jpg
a0122264_2349137.jpg
a0122264_2355592.jpg
a0122264_23561613.jpg
↑ 下流から低空飛行で次々に入り、産卵中の♀を探し回るムカシトンボの♂たちです。私たちには無関心です。
下側二枚のアップ写真は、は夢さん撮影です。
a0122264_0112020.jpg
a0122264_0142984.jpg
↑ 待つこと2時間半、♂がいなくなり、ようやく最初の♀が入り、オタカラコウの茎に産卵を始めました。
a0122264_0134787.jpg
↑ 産卵している♀が判かりますか?
a0122264_0245723.jpg
↑ 鋭い産卵管をオタカラコウの茎にほぼ直角に刺して卵を産み付けるムカシトンボ。
a0122264_7575581.jpg
a0122264_8335510.jpg
↑ どんな世界にも無粋な輩はいるものです。
産卵中の♀(下側)を交尾のため連れ去ろうとする♂です。
a0122264_836235.jpg
↑ 別の所でも似たようなことが起きました。産卵ぐらい静かにさせてあげたいと思うのですが
♂にとっても自分の子孫を残そうと必死なのです。
a0122264_2313513.jpg
↑ 産卵ポイントBで、コケに産卵するムカシトンボです。
a0122264_2322021.jpg
↑ 産卵ポイントCで、コケに産卵するムカシトンボです。



★ おまけです。

その① ヒメクロサナエ

産卵ポイントAでムカシトンボを待っているとき、下流からトンボがス~っと、入ってきました。
何だろう?ムカシトンボのイメージではないようです。
「静かに!頭の上…」夢さんがシャッターを切り始めました。        
レンズが向いている方向を見上げると、サナエのようなトンボが止まっています。
夢さんが撮り終えるのを待ち、そ~っと回り込んで覗くと、ヒメクロサナエでした。
私にとって初めての出会いですから、こんなにうれしいことはありませんでした。
a0122264_23111116.jpg
a0122264_23113824.jpg
 



その② タゴガエル

a0122264_23201095.jpg
a0122264_23203026.jpg
↑ タゴガエルと卵塊です。(石の下にいましたので、撮影のため一時的に石をはがす。)
実は、やまねはカエル屋です。(自然再生G『カエルの分校』をやっていて、ブログ「カエルのいる風景」を開いています。)
今回、ムカシトンボの産卵ポイントを探していて気付いたのですが、タゴガエルが鳴いている所がポイントだったことです。
タゴガエルとムカシトンボの産卵環境は、とても似ています。
だから、源流域でタゴガエルの鳴いている所を探し、産卵痕を見つけたら、後は待つだけです。 (発見!) 







                                        
by tombo-crazy | 2013-05-23 22:26 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

サナエトンボを求めて

2013年5月13日(月)~14日(火) うす曇
   
神奈川の帰り、大井川沿いの家山に寄り、コサナエをと思っていたのですが、生憎の雨で諦めて帰宅しました。
と言うことで、今年こそはコサナエ属4種を見ようと、かねて狙いをつけていた愛知から東濃のため池に出かけました。

今年も逢いたい タベ、オグマ、フタスジ、コサナエ、これぞコサナエ4兄弟


① タベサナエ
a0122264_10415966.jpg
a0122264_10421952.jpg
↑ どちらも成熟♂。 カエル谷でもおなじみのサナエトンボです。(某ため池で)
a0122264_1459689.jpg
↑ 成熟♂。 (新城のため池で)



② オグマサナエ
a0122264_2130407.jpg
↑ ♂です。 (隣町のため池で)
a0122264_21183783.jpg
↑ 羽化間もないオグマサナエ? 周りにいたのは全てオグマサナエでしたから多分。(いいかげんです。)
a0122264_21332012.jpg
a0122264_21334333.jpg
↑ 生息地のため池です。

   
 ③ フタスジサナエ
a0122264_18582337.jpg
a0122264_18583760.jpg
a0122264_18585141.jpg
↑ フタスジサナエの産卵飛翔です。(市内のため池で 12:11~13:14)
そろそろ帰ろうかと思ったとき、足元で2頭の♀が入れ替わり産卵してくれました。運が良かったです。
a0122264_1951021.jpg
↑ 産卵していた岸辺です。
a0122264_19593892.jpg
↑ 若い♂です。 
a0122264_14555743.jpg
↑ 成熟、眼がきれいなグリーンになった♂です。 (新城のため池で)  



④ コサナエ
a0122264_21235012.jpg
a0122264_2125122.jpg
a0122264_21231857.jpg
↑ 成塾前のコサナエです。
a0122264_21225338.jpg
a0122264_21235966.jpg
a0122264_212319100.jpg
↑ 成塾したコサナエの♂たちです。
a0122264_2124185.jpg
a0122264_21242017.jpg
↑ コサナエの生息していた浮葉植物の繁茂したため池です。 (某ため池で)

この池もいないかと、帰りかけたとき、水際の草地の上を小さなトンボがスーっと横切りました。
もしやと行って見ると、何年ぶりかに見るコサナエでした。
大きさは、アキアカネくらいのイメージです。





コサナエ属ではありませんが、おまけです。

★ ヤマサナエ

a0122264_14542370.jpg
↑ 羽化間もないヤマサナエが川岸のコンクリート壁で休んでいました。 (作手)
a0122264_21275485.jpg
a0122264_212823100.jpg
a0122264_14543878.jpg
 ( いずれも新城のため池の畔で )






by tombo-crazy | 2013-05-14 22:15 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

トンボが結ぶ出会い

2013年5月12日(日) 晴れ 気温 27℃(13:40)、26℃(15:41)
  
今日はカエル谷へ名古屋からお客様です。
トンボやカエルがもてなしてくれました。
a0122264_17483152.jpg
↑ お客様は、4月29日に磐田市の鶴ヶ池で出会った安井さんご夫妻とお母様です。
a0122264_17595262.jpg
↑ 羽化間もないモートンイトトンボの♂です。カエル谷の今年の初認です。
a0122264_17565118.jpg
↑ モートンイトトンボの成熟♂です。
a0122264_1843355.jpg
↑ こちらは、安井さん撮影のモートンイトトンボの♂です。
a0122264_18502442.jpg
↑ ホソミイトトンボの連結産卵です。
a0122264_18513699.jpg
↑ クロスジギンヤンマの産卵です。
a0122264_18591256.jpg
↑ シオヤトンボの交尾です。
a0122264_18525278.jpg
↑ シオヤトンボの産卵です。
a0122264_18561233.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂です。
a0122264_18592171.jpg
↑ 羽化間もないクロイトトンボの♀です。
a0122264_18574864.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。



カエル谷で1時半頃まで過ごし、ニホンカワトンボを見るため、仁王川も行ってみました。
a0122264_1932964.jpg
↑ 仁王川です。
a0122264_1945217.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀です。
a0122264_196533.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
イトトンボの仲間が腹部挙上姿勢をとることは稀ですが、45°はありますので、
腹部挙上姿勢とみなして良いかと思います。
a0122264_1911185.jpg
a0122264_19112538.jpg
↑ ニホンカワトンボの交尾と連結です。

なお、この日はカエル谷で珍しいものを観ることができましたので、おまけに載せておきます。
a0122264_19152332.jpg
↑ 産卵期に入り、♀に鳴いて自分の存在をアピールするトノサマガエルです。
a0122264_19165682.jpg
↑ 抱接するトノサマガエルです。(上が♂)
a0122264_19175288.jpg
↑ しきりに鳴いていたダルマガエルの♂です。
a0122264_1919573.jpg
a0122264_19193042.jpg
a0122264_19194567.jpg
↑ 通常のテントウムシより大きな、ハラグロオオテントウムシがいました。
カメノコテントウと同じくらいでした。勿論、初認です。





by tombo-crazy | 2013-05-12 22:15 | トンボ雑記 | Comments(4)

トンボ屋さんの車

2013年5月 7日(土) 晴れ 気温 26℃(14:15)
  
今日はカエル谷の作業日でした。
カエル谷の入口に着くと、「おお!」これぞトンボ屋さんと言う車が停まっていました。
a0122264_1463193.jpg
↑ ナンバーから、ヤゴが2匹と読み取れます。
ハグロトンボでしょうか? 手作りのトンボが貼られていました。
ラバーマグネットを鋏で切って作られたとのことです。いいですね。 (仙さん作)
こんな車を見かけたら、声を掛けたくなりますね。
a0122264_14132916.jpg
↑ 谷への降り口には、ニホンカワトンボが休んでいました。カエル谷では今年の初認です。
この時期、川を離れて生活しているカワトンボが多い気がします。
a0122264_14243046.jpg
a0122264_14244183.jpg
↑ 今日は、なぜか交尾しているシオヤトンボが多かったです。
そんな日もあるんだ。春だからね。





by tombo-crazy | 2013-05-07 22:30 | トンボ雑記 | Comments(1)

ハラビロトンボ初見

2013年5月 4日(土)~5日(日) 晴れ 
  
4、5日と、東浦のごろちんの森へ草刈りに行き、合間にトンボを見ました。
期待したトラフトンボは池の中央付近にいて、双眼鏡の世界で、写真に撮ることは出来ませんでしたが、春の装いになったホソミオツネントンボと、今年初のハラビロトンボを観ることが出来ました。
a0122264_1253593.jpg
a0122264_12541187.jpg
a0122264_12542035.jpg
↑ 春の装いになったオツネントンボです。
a0122264_12554275.jpg
a0122264_125631.jpg
↑ ハラビロトンボです。
a0122264_12544491.jpg
↑ ごろちんの森で一番大きな舟木池です。






by tombo-crazy | 2013-05-04 22:28 | トンボ見て歩記 | Comments(1)

寛ぐシオヤトンボ

2013年5月 2日(月) 晴れ 
  
世間ではGWの真っ最中ですが、混雑を避けてカエル谷です。
               
a0122264_1157347.jpg
↑ この時期になると、すでに子孫を残した個体が多くなっているせいか、♂♀仲良く寛ぐシオヤトンボです。
a0122264_1255075.jpg
↑ こちらの♂は、成熟途中のようですが、子孫は残したのかな?
a0122264_1285064.jpg
a0122264_129622.jpg
a0122264_1291992.jpg
↑ とは言うものの、産卵中の♀もいました。警護なしでした。

ところで、似た写真が二枚ありますが、トンボの身体のある部分の変化がわかりますか?

ヒント! 卵を飛ばすためにある部分を××します。









   
by tombo-crazy | 2013-05-02 22:38 | トンボ雑記 | Comments(0)