<   2014年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マルタンヤンマ

2014年7月25日 晴れ 5:45~7:30 (気温21℃~23℃) カエル谷

  夏休みに遊びに来る子どもたちへのお願い看板を取り付けるため、涼しいうちにとカエル谷へ行って来ました。
カエル谷は、私たちの仲間が、なつかしい生きものが絶えないようにと、かつて田んぼだった所を水辺として再生し、維持管理している
生きものたちのための空間です。
おかげさまで、これまで61種のトンボが確認されています。勿論、全てが定着しているわけではありません。
面積が限られていることなどもあり、定着しているのはそれらの7割程度です。
別な見方をすれば、多様な生息環境を再生することで翅のあるトンボは、遠くから飛んで来てくれるとも言えますし、このような再生地へ来なくてはならないくらい、トンボたちが棲める良い環境が少なくなっているとも言えます。
a0122264_18383325.jpg
    ▲ 入口に取り付けた看板です。
a0122264_18384895.jpg
    ▲ お願いの内容です。
     私たちは、私たちが子どもだった頃のように、子どもたちには野外でトンボなどを捕って遊んでほしいと願っていて、これまでも、
     カエル谷を子どもたちに開放して来ました。
     ただ、大人の人には、出来れば捕ることを遠慮してもらえたらと思っています。
     カエル谷は、今どきには珍しく、アメリカザリガニやウシガエル、ミシシッピーアカミミガメなどの外来生物がいません。
     ただ、巷では、それらを同じ野生の生きものとして、飼ったり、捕まえたりしていますから、今回のお願い看板は、外来生物の
     生態系への悪影響を知らない大人の同伴者の方へのお願いです。
     具体的には、絶滅危惧種などの持ち出し禁止と、ペットや外来種の持ち込み禁止のお願いです。

a0122264_18472516.jpg
a0122264_18473857.jpg
a0122264_18475420.jpg
a0122264_1848568.jpg
    ▲ 産卵に来たマルタンヤンマたちです。
     今日は10頭(♂1、♀9)観ることが出来ました。 早起きして来て良かったです。
by tombo-crazy | 2014-07-25 18:55 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

雨の中のトンボ

2014年7月7日(月) 雨

    所用で新潟へ行った帰り、雨の中を新潟県のとある池へ行って見ました。

a0122264_1574571.jpg
    ▲ 途中の風景です。 からっと晴れた日には味わえない風景に出会えました。
a0122264_159757.jpg
    ▲ 目的地の池です。
a0122264_1595760.jpg
    ▲ 雨の中で羽化をしているトンボがいました。エゾトンボの仲間のようですが、視力が弱く、雨の中では、肝心なポイントが確認出来ませんでした。

 追記:中日本トンボの会のみなさまから、タカネトンボですねとのお話がありました。(2015.3.22) ありがとうございます。
a0122264_15122380.jpg
    ▲ ヤマアジサイの仲間のエゾアジサイが咲いていました。
a0122264_15143135.jpg
a0122264_15184155.jpg

a0122264_15172876.jpg

a0122264_1545525.jpg
    ▲ アマゴイルリトンボです。 
       雨の中を歩いてこの池に立ち寄ったのは、このトンボを観るためでした。
       どの個体も、雨を避けるように葉陰で静かに止まっていました。
a0122264_1524771.jpg
    ▲ アキアカネもいました。
a0122264_1525179.jpg
    ▲ ハナバエも雨を避けていました。
a0122264_15261686.jpg
a0122264_15274350.jpg

a0122264_15272669.jpg
    ▲ 雨ならではの素晴らしい景色に出会えました。
a0122264_15283353.jpg
a0122264_1528539.jpg
a0122264_1529124.jpg
    ▲ 池に来て2時間ほど経った頃、草刈り機の音が聞こえて来ました。
        こんな雨の中で、塩の道を歩く人たちのために、草を刈ってくださっていたのです。
        とても明るい、素敵な方でした。
a0122264_15323758.jpg
a0122264_15325457.jpg
    ▲ 池を一周したとき、羽化が失敗してはと東屋の隅に置いておいたトンボです。(上の写真)
        1時間半ほど経って覗いてみると、トンボらしくなって処女飛行を終えて休んでいました。(下の写真)
        天気が回復したら、外へ飛んで行くことでしょう。
        どなたか、このトンボの種名がご存じの方は、お知らせ願います。


       次に、訪ねるときは、アマゴイルリトンボの交尾や産卵も観てみたいものです。

by tombo-crazy | 2014-07-23 15:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

庭でシオカラトンボが羽化 および 今朝のカエル谷で

 2014年7月20日、トンボ狂会仲間のキティコさんから素晴らしい便りが入りました。
ダガヤさんとキティコさんが、昨年、トンボのためにと庭に造られたタライでビオトープで、
シオカラトンボが10頭羽化したとの知らせでした。

a0122264_1855254.jpg

          ▲ 写真は7月7日の七夕の朝、出勤の時見つけられた羽化中のシオカラトンボです。

 キティコさんのコメントです。
 「まっ白で、羽化直後のイナバウアー状態で、私も初めて、間近で見るシーンでしたので、大感激でした!
主人はきっと見たことがないシーンだったと思います。」

 私たちの友人のダガヤさんが突然旅立たれてから、今日で半年と3日が経ちました。
天国にいるダガヤさん、シオカラトンボの羽化の写真をアップしましたので、観てくださいね。
トンボたちも、ダガヤさんのところまで、飛んで行きますよ。

ところで、ダガヤさん、七夕の日は、キティコさんに会いに来られましたね。
これからも、時々、会いに来てあげてくださいね。

謹んでご冥福をお祈り致します。  合掌

追記 マルタンヤンマ
 今日21日早朝、カエル谷へ水回りの点検に行き、取水口の補修の後、トンボ上池で2頭、トンボ池で1頭、
計3頭のマルタンヤンマの産卵を目撃しました。時間は6時半頃です。
カメラを持ってなかったので写真は撮ることが出来ませんでしたが、5時頃からカエル谷へ入れば、マルタンヤンマの産卵が撮れるかも知れません。
みなさん、いかがですか!
なお、産卵場所は、ヨシやスゲの根元で、見つけにくい所でしたが、知らずに近づいたため、飛ばれてしまいました。
 それと、水辺の草が伸びていますので、マムシにご注意ください。今朝も1頭見ました。
by tombo-crazy | 2014-07-21 19:17 | トンボの棲む環境 | Comments(0)