<   2014年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

お気に入りの池でトンボを観る

      2014年10月29日(水) うす曇り

   病院の帰り、5ヶ月ぶりに、K池へ行って来ました。
   K池は、市内にある林に囲まれた小さな古い池ですが、ジュンサイやヒルムシロが繁茂し、湿地が隣接する
   トンボにとっては素晴らしい環境の池です。
   ただ、虫に食われたのでしょうか?茎などはあるもののジュンサイの葉のほとんどが消えていました。
a0122264_12284792.jpg
  ▲ 今回のK池です。
a0122264_9541875.jpg
  ▲ 葉があまりなかったですが、茎は残っていました。
a0122264_9351114.jpg
  ▲ 今年の5月24日のときのK池です。
   
   家から1時間もあれば行けるので、普段は下の道を行くのですが、赤とんぼの産卵を観たかったので、奮発して高速を使いました。
   トンボは、限られた時期と時間帯に産卵することが多いので、30分の遅れは産卵を見逃すことにつながるのです。
   車の所から小さな尾根を越えて、池には11:25に着きました。
   気温は15℃。シャツだけでしたから、やや肌寒く感じましたが、日差しが出て来ましたので気温も上がり、
   トンボが動き出すタイミングも判りやすいと思います。

   オアイトトンボ、オオアオイトトンボ、アキアカネ、コノシメトンボ、ヒメアカネ、マユタテアカネ、リスアカネが何頭かいて、
   その上、1頭だけでしたが珍しくキトンボがいました。

   コノシメトンボ
   止まっているトンボの中にあって、 最初に動き出したのががコノシメトンボでした。
   時期的にどうかなとは思ったのですが、5ペアの連結打水産卵が観れました。
a0122264_1135539.jpg
a0122264_1131864.jpg
a0122264_1131315.jpg
a0122264_11315831.jpg
a0122264_11324097.jpg

a0122264_1118678.jpg
a0122264_11183080.jpg
a0122264_1121236.jpg
a0122264_11211942.jpg



   リスアカネ

   残念ですが、コノシメトンボ以外、産卵時期や時間が過ぎていたのか、産卵は観れませんでした。
a0122264_11383665.jpg
a0122264_11391218.jpg
a0122264_11392896.jpg

a0122264_10353970.jpg
  ▲ 翅が破れた老熟した♀がいました。 産卵も済み、疲れた体を休めているのでしょう。
   体に触れても飛ぶことはなく、お迎えを待っている感じでした。 ご苦労様でした。

   マユタテアカネ
a0122264_11432198.jpg

a0122264_10512479.jpg

a0122264_1056527.jpg
  ▲ 黒っぽいトンボがすっ~と数メートル先を飛んで行き、藪に入りました。
   確認に行くと老熟したマユタテアカネの♀でした。 ご苦労様でした。 

   アキアカネ
a0122264_1192229.jpg
a0122264_119464.jpg
   ▲ 上が♀で、下が♂です。

   ヒメアカネ
a0122264_1035254.jpg



   キトンボ
    湿地の方で単独で産卵行動のような動きをしているトンボが光の具合で黄色く見え、もしやキトンボではと近づこうとすると
    他のトンボたちに追い出され、林の方へ行ってしまいました。
    行った先を探すと、松の枝に止まっていました。 矢張りキトンボでした。
    暫くすると、少し低い所へ移動したので、何とか全身を撮れたのですが、証拠写真にしかなりません。
    でも、K池でキトンボを観るのは初めてでしたから、うれしかったです。
a0122264_12253875.jpg
   ▲ キトンボらしいトンボが消えた辺り。
a0122264_11451191.jpg
a0122264_11445672.jpg



    キイトトンボ以外にも、珍しいものを観ることが出来ました。

a0122264_12173683.jpg
   ▲ アオイトトンボの♂同士の連結です。

a0122264_12201148.jpg
   ▲ オオアオイトトンボの連結ペアにアオイトトンボ♂が連結していました。
a0122264_12202937.jpg
   ▲ 嫌々されて、連結を解いたアオイトトンボ♂(一番上)です。

   トンボの世界は♀の比率が少ないことが多く、♂たちの苦労がこのような組み合わせを生むようです。


   次に観たのはハラビロカマキリの不思議な行動でした。 
   もしや?と期待したのですが、4分30秒ほど水に入っていたものの再び陸に上がってしまいました。
a0122264_10111929.jpg
a0122264_10112865.jpg
a0122264_10122434.jpg
a0122264_1012449.jpg
a0122264_10125515.jpg
a0122264_10131234.jpg

   もしやと思ったのは、ハリガネムシが出て来るのではとの期待です。
   ものの本によれば、カマキリは寄生したハリガネムシによってコントロールされ、
   ハリガネムシが成長すると水辺へ来ると学んでいたからです。
   もっとも、それは私の勝手な思い込みで、カマキリは水の中の獲物を探していたのかも知れません。
   私自身が腹が空いたので帰ってしまったのですが、もう少し粘れば良かったと反省させられました。


   トンボは小さな虫を見つけたら捕えて食べるものと思っていたのですが、
   あさましい人間と違い、必要以上に捕えて食べないようです。
a0122264_18263478.jpg
  ▲ ハエを目の前にしてまったりするコノシメトンボです。 ハエのほうも怯えることなく休んでいました。

a0122264_10255545.jpg
  ▲ コムラサキシキブです。
a0122264_1025124.jpg
   ▲ 白い実のもありました。園芸種が野鳥に運ばれて来たようです。

a0122264_1112403.jpg
  ▲ ツルリンドウの花も咲いていました。 秋深しですね。

   さすがに腹が空いたので、13:40頃、池を後にしました。
   帰りは勿論下の道です。
   今年は入院などもあり、ミヤマアカネとネキトンボの産卵が見ずじまいです。
   でも、来年の楽しみが増えたことになり、それはそれでいいと感じています。
by tombo-crazy | 2014-10-29 21:46 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。

   2014年10月26日(日)
  
   トンボ狂会に新しい会員の方が入りました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

   いさおさん
            和歌山県出身で、神奈川県横須賀市在住。
            トンボに目覚めたのは学生時代に訪ねた石垣島。
            以来、30年以上南関東を主にトンボの観察と撮影に明け暮れ。(2010年までフィルムカメラ)
            なお、ここ2年ほどDfでの自然光のみの撮影にこだわってられるとのことです。
            特に好きなトンボはヤブヤンマ、マルタンヤンマ、ネアカヨシヤンマ、ルリボシヤンマ
            会いたいトンボはトビイロヤンマ、ナニワトンボ、グンバイトンボとのことです。
            会員のみなさん、上記トンボ観に行かれる時は、せひ、声をかけてあげてください。
            (近日中にトンボ狂会MLにも参加されます。)
a0122264_2236474.jpg
  ▲  写真はいさおさん撮影のリスアカネの連結産卵です。 
     お住いの三浦半島では、今の時期見れる赤とんぼは、アキアカネ リスアカネ ナツアカネとのことです。
by tombo-crazy | 2014-10-26 22:50 | メンバー募集 | Comments(0)

近くに来てくれたアキアカネ

      2014年10月20日(月) 晴れ

    先日、用事で区民会館へ行ったとき、小学校北側の田んぼに水が残っていたので、
    もしかしたら赤とんぼが産卵に来ているかもと、11時頃から見に行きました。
    家からは直線で260mほど北側の田んぼですから、長靴を履いて行って来ました。
    いましたいました。1ペアだけでしたが、ちょうど連なって産卵に入って来たところでした。
    15分ほど観察させていただきましたが、結局、このペア以外確認出来ませんでした。

a0122264_1119884.jpg

a0122264_11174394.jpg
a0122264_1118442.jpg
a0122264_11175398.jpg


    私たちの住む西三河と呼ばれる地域の北側に位置する加茂地域(豊田市、みよし市、旧東加茂郡、西加茂郡)では、
    ここ30年ほど、群れ飛ぶ赤とんぼを見ることはほとんどありません。
    稲作文化と共に生きて来たアキアカネやナツアカネなどの赤とんぼですが、
    田んぼを取り巻く環境と、コメ作りのやり方の変化と、人々の意識が変わったことが影響しているようです。
    今回のアキアカネのペアも、産卵に適した所はないかと、探し探してこの田んぼに来てくれたようです。
    気になることは、隣り合わせの田んぼに大豆が植えられていたことです。
    近くの田んぼにはコスモスが植えられていました。
    来年、この田んぼで昔ながらのコメ作りがされることを願います。
    そうでないと、せっかくの産卵が無意味になってしまいますので…。
    減反政策やいろいろ事情はあるのですが、せめて3割ほどの田んぼでは、毎年コメ作りをしていただけたらと願います。

a0122264_11504356.jpg
a0122264_11505731.jpg




    
by tombo-crazy | 2014-10-20 21:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

G県でトンボを観る

      2014年10月19日(日) 晴れ

    K市の親戚へ行った帰り、Hさんから詳しい情報をいただいていたK市南部にある田んぼへ寄ってみました。
    産卵のピークは過ぎているとのことでしたが、待つこと一時間ほど、どこからともなくスーっと現れ産卵を始めました。
    でも、草むらの間ですので、思うように写真が撮れませんでした。
    それでも観たかったカトリヤンマが7個体確認出来、おまけにキトンボも観れました。
    ついでに寄ったとは言え、幸運な一日になりました。 Hさん、貴重な情報をありがとうございました。


a0122264_193617100.jpg
a0122264_19375095.jpg
  ▲  カトリヤンマの産卵行動です。
a0122264_19424863.jpg
a0122264_1944585.jpg
   ▲  偶然1頭だけ飛来し、近くに止まってくれたキトンボの♀です。
a0122264_19451879.jpg
a0122264_19454273.jpg
  ▲  アキアカネの交尾と産卵です。

    他には、いずれも少数でしたが、ナツアカネ、ヒメアカネ、マユタテアカネ、オオアオイトトンボなどがいました。
a0122264_19512687.jpg
a0122264_1948553.jpg
   ▲  今回訪ねた生息地です。
by tombo-crazy | 2014-10-19 21:19 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

再び昔ながらの田んぼへ

    2014年10月17日(金) 晴れ

   病院の帰り、4日に行った某駅近くの田んぼと、先日行けなかった奥のため池に行きました。
   ちょうど稲刈りをしていました。
   品種は晩生の「大地の風」で、赤トンボの生活史と、田んぼに水がある時期がほぼ重なる優しい品種です。
   先日観れたトンボは今日もいましたが、マイコアカネは少なかったです。
   池ではアオイトトンボの潜水産卵を観ることが出来ました。
   トンボ以外にもイタチや幼蛇に出合えました。
a0122264_18203422.jpg
a0122264_1864444.jpg

a0122264_18233496.jpg

a0122264_181284.jpg
  ▲  ネキトンボの♂です。
a0122264_18124484.jpg
  ▲  コノシメトンボの♂です。
a0122264_18131818.jpg
  ▲  アキアカネの♂です。
a0122264_181826100.jpg
  ▲  アキアカネの♀です。
a0122264_18191227.jpg
  ▲  ウスバキトンボもいました。 

   1時間ほどして田んぼで観察した後、奥の池に行って見ました。
   もしかしてまだ見れるかもと期待したネキトンボの産卵は1ペアだけ見ることが出来たのですが、
   アオイトトンボの潜水産卵の写真を撮っているときで、写真に撮ることは出来ませんでした。

a0122264_19303864.jpg
a0122264_1931828.jpg

a0122264_19315747.jpg

a0122264_19404688.jpg


   池の帰り、出合ったアオダイショウの幼蛇です。
   小さいですが、マムシのように顎のエラを張って、しっかり威嚇します。
a0122264_19365372.jpg

a0122264_19382649.jpg

a0122264_19393085.jpg


   イタチもいました。 ♀のようです。
a0122264_1940566.jpg





   
by tombo-crazy | 2014-10-17 20:09 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

久々にゆっくりトンボ観

    2014年10月16日(木) 晴れ

   今日は昼休みを入れて3時間ほどトンボ観が出来ました。
   行った先は、かつてマダラナニワトンボを見つけた池とその周辺です。
   車から降りて山道を歩きだしたら最初にいたのがオツネントンボたちでした。
a0122264_15333886.jpg
a0122264_1535476.jpg
  ▲ どちらもオツネントンボの♀です。
a0122264_15453782.jpg
  ▲ ホソミオツネントンボの♂です。

   次は赤とんぼたちです。数はそんなにいませんでしたが、ほどほど楽しめました。
a0122264_15474023.jpg
  ▲ マユタテアカネの♂です。
a0122264_15483162.jpg
  ▲ アキアカネの♂です。
a0122264_15523475.jpg
  ▲ アキアカネの♀です。
a0122264_15491794.jpg
a0122264_15493760.jpg
  ▲ ヒメアカネの♂です。
a0122264_15533224.jpg
  ▲ コノシメトンボの♂です。

   そして今日一番印象に残ったのがオオアオイトトンボ♂のストレッチ?でした。
a0122264_15563863.jpg
a0122264_1556563.jpg

a0122264_15573310.jpg

a0122264_15575276.jpg

a0122264_15581042.jpg

a0122264_15584485.jpg

a0122264_1559515.jpg

a0122264_15592457.jpg

a0122264_15595046.jpg

a0122264_160889.jpg

a0122264_1602899.jpg

a0122264_1605117.jpg

a0122264_161880.jpg

   彼らも、いざ!と言うとき、スクランブル発進が出来るように、日頃からウオーミングアップをしているのでしょうね。 こんな動作を3度繰り返していました。
   私たちも、大いに見習わなければと思いました。


     
by tombo-crazy | 2014-10-16 21:32 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

懲りずに今日も赤とんぼ

       2014年10月11日(土)晴れ

   昼を挟んだ40分ほどの時間を使い、昨日、コノシメトンボたちが産卵をしていた西田の田んぼへ行くと、
   トラクターが入って代掻きをしていて、昨日いた赤とんぼの姿はなく、代わりにサギたちがいました。
   赤とんぼたちは、きれいに均され、一面が水の田んぼよりも、土くれが残ったり、草がある田んぼの方を好むようです。
   近くに水が張られた田んぼがないかと探すと、南へ700mほど行った文化広場の南に良さそうな田んぼがありました。
   覗いて見ると、数は多くはありませんでしたが、大当たりでした。
   確認出来たトンボは、コノシメトンボ、ノシメトンボ、アキアカネ、シオカラトンボ、ギンヤンマ、アオイトトンボでした。

a0122264_1412965.jpg
a0122264_14125553.jpg
  ▲  コノシメトンボの単独産卵です。
a0122264_14175356.jpg
  ▲  コノシメトンボの連結産卵です。
a0122264_14345070.jpg
 ▲  ショウジョウトンボの♂です。 当地では今の時期に姿を見るのは稀です。
a0122264_14353163.jpg
 ▲  ノシメトンボの♂です。 
a0122264_14134375.jpg
a0122264_1413337.jpg
  ▲  アキアカネの連結産卵です。
a0122264_14313916.jpg
 ▲  ギンヤンマの連結産卵です。
a0122264_14334387.jpg
 ▲  ♀を探すギンヤンマです。
a0122264_14405658.jpg
 ▲  アオイトトンボの♂です。
a0122264_14412059.jpg
 ▲  サギたちです。
a0122264_1442319.jpg
a0122264_14415069.jpg
a0122264_14425371.jpg
a0122264_14423466.jpg

     畔にはいろんな植物がありました。
     上からハナニガナ、タンポポ(綿毛)、マルバルコウソウ、コヒルガオです。


     眼の手術後、赤とんぼを探し、各地の田んぼを観て回りましたが、
     赤とんぼと言われるアカネ属のトンボは、私たちの住む地域では、年々数を減らしています。
     今回かろうじて確認出来た田んぼも、その数は少なく、赤とんぼたちは、産卵に適した場所を求めて彷徨っているのが解ります。
     水のない乾いた田んぼや、水が張った田んぼでも、その様子が少しでも変わるといなかったことからもうなずけます。
     何より赤とんぼたちに脅威になっていることは、今回産卵した田んぼで来年トンボが誕生出来るかが保障されていないことです。
     縄文時代より稲作文化が続いて来て、トンボを表す「秋津島」とも言われた日本ですが、
     コメづくりの環境が大きく変わり、田んぼと共に生きて来た赤とんぼたちには棲み難くなっています。
     要因をあげると
       ①減反政策などで、毎年コメ作りをする田んぼになるとは限らない。(結果、無駄な産卵となる)
       ②農薬の使用。特に育苗期に使われる一部箱処理剤は、孵化したての幼虫に脅威。
       ③圃場整備や機械化などによる農業の近代化が、産卵場所としての田んぼを変質させた。(乾田化や小川などの喪失など)
       ④コメ品種の多様化によるアカネ属の生活史と稲作の農事暦とのズレ。
     などがあります。
     それだけに、指定田んぼによる低農薬や減農薬での通年コメ作りと、稲刈り後の田んぼの一部ウエット化が待たれます。
     田んぼに、コスモスを植えて楽しむことも、出来れば避けてほしいと願います。
by tombo-crazy | 2014-10-13 14:46 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

またまた赤とんぼ

       2014年10月10日(金)晴れ

   その① 井ヶ谷地区
   ナツアカネが残っていないかと、井ヶ谷地区の田んぼへ行きましたが、一部稲刈りが残っていたものの
   トンボの姿がなかったので、隣接する水辺の周りで赤とんぼを探しましたが、いたのは赤とんぼ以外ばかりでした。
   確認出来たトンボは、シオカラトンボ、ギンヤンマ、アジアイトトンボ、アオイトトンボ、ウスバキトンボです。

a0122264_113385.jpg

a0122264_11341441.jpg
a0122264_11345085.jpg
  ▲ シオカラトンボの交尾飛翔と警護産卵が観れました。
a0122264_114459100.jpg
  ▲ アオイトトンボの連結産卵です。
a0122264_11362315.jpg
  ▲ アジアイトトンボの交尾です。
a0122264_11371559.jpg
  ▲ 幸せなトンボもいれば、クモの餌食になったアジアイトトンボもいました。


   御嶽山の噴火でたくさんの命が失われましたが、人も生きものも運命の中で生きているようです。
   紅葉の時期だったこと、昼直前だったことが、たくさんの犠牲者につながりました。
   山へ登る人の心理としては、景色の良い所でお弁当を食べたいですから、まさか噴火するとは思わず
   頂上をめざしていたと思います。 なくなられた方々のご冥福をお祈り致します。  合掌

a0122264_11455385.jpg
  ▲ 水辺に咲いていたツリガネニンジンの花です。


   その② 西田地区
   家へ帰る途中、N地区に一枚だけ水を張ってる田んぼがあったので覗くと、いましたいました。
   コノシメトンボの産卵です。 他には、シオカラトンボ、ギンヤンマがいました。 ラッキーでした。
a0122264_1157834.jpg
a0122264_11581520.jpg
a0122264_115913100.jpg
a0122264_13393897.jpg
a0122264_1204777.jpg
a0122264_121637.jpg
a0122264_12144100.jpg
a0122264_13401364.jpg
  ▲  ♀単独の産卵もありました。
a0122264_1204777.jpg
a0122264_1231989.jpg
   ▲  赤とんぼたちは、水が満面に張った田んぼよりも、写真のように土が残されていたり、草が生えているような環境を産卵場所として選ぶようです。
by tombo-crazy | 2014-10-13 12:05 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ヤナギの下の赤とんぼ

     2014年10月12日(日) うすぐもり

   あまり天気は良くありませんでしたが用事の帰りに、昨日の田んぼへ行って見ました。
   ヤナギの下のドジョウならぬ赤とんぼです。
   昨日までは土くれが見えてた田んぼが、トラクターで均されていました。
   残念ながら外れかなと思いつつも、近くへ行って15分ほど探しましたが、いたのはアオイトトンボの♂1頭のみ。
   赤とんぼたちは、微妙な田んぼの変化を読み取っているようです。

a0122264_11304059.jpg

by tombo-crazy | 2014-10-12 21:19 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日もまた赤とんぼ


       2014年10月7日(火)うす曇り

   今日は、もう一つの精密検査の日でした。
   検査が済んでから、車の中で朝と昼をまとめて食べて、赤トンボ観に行きました。
   場合によっては今シーズンは観れなくなるかも…との気持ちが、私をトンボ観に駆り立てます。
   と言っても、全て近場です。
   先日マイコアカネを観た田んぼの南地区です。
   会えたトンボはマユタテアカネ、ネキトンボ、コノシメトンボ、マイコアカネ、オツネントンボ、アオイトトンボ、ギンヤンマ、シオカラトンボでした。
   数はそんなに多くはなかったですが、今の私には、満足のトンボ観でした。

a0122264_1113152.jpg
    ▲ マユタテアカネの♂です。
a0122264_11171819.jpg
a0122264_11173816.jpg
     ▲ ネキトンボの♂(上)と♀(下)です。
a0122264_11201333.jpg
     ▲ オツネントンボの♀です。
a0122264_11211017.jpg
     ▲ シラタマホシクサも咲いていましたが、マダラナニワトンボの姿はありませんでした。
by tombo-crazy | 2014-10-07 20:57 | トンボ見て歩記 | Comments(0)