<   2015年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

サラサヤンマの湿地へ


2015年5月31日(日)晴れ



今日は家でのんびりのつもりでしたが、
天気予報が外れ晴れて来たので、I の湿地へ、サラサヤンマを観に行きました。
現地へは10:30着。
暑くなりそうなので、ウェーダーは止めて長靴にし、飲み物とビスケットを持って歩き出しました。
赤い川まで来ると、キイロサナエのようなトンボがいました。
いつも、すたすた歩いては飛ばれているので、もしかしたらいるのでは…と静かに歩いて行ったのです。
今日のレンズの最長は105です。
少し離れた所から保険の1枚。そして、少しずつ近づいては撮りました。
胸のパターン、尾部付属器の形状などからするとキイロサナエの♂のようです。
a0122264_20352556.jpg
a0122264_20343545.jpg
▲ 上の二つの写真は、どちらもキイロサナエの♂と思われます。
a0122264_20371023.jpg
a0122264_06202683.jpg
▲ こちらはヤマサナエの♂です。10数メートル行った所にいました。
ヤマサナエとキイロサナエはとても似ていて、普段見慣れていないキイロサナエの識別には自信がありません。
a0122264_20362999.jpg
▲ 生息地の川です。透明度は悪くないのですが、鉄分が多いのか、赤茶色です。

湿地へ先に着いてた夢さんの話では、暑さのせいか、ホバーリングしている個体は少ないとのことでした。
a0122264_06070568.jpg
a0122264_06070295.jpg
a0122264_06065605.jpg
▲ かろうじて撮れたサラサヤンマの♂たちです。
a0122264_06104572.jpg
a0122264_06100106.jpg
▲ 羽化間もないオオシオカラトンボもいました。

ちなみに、この湿地は、かつて田んぼだった所で、今はサラサヤンマの生息地になっていて、夢さんが発見し、3年前に案内して頂きました。

夢さんとは別の東側のエリアで探していると、♂1頭発見!
暫く観察していると、もう1頭♂、そうこうしていると、「ん!」黄色っぽいサナエが横切りました。
更に♂が追って来て、計3頭の♂たちが絡もうとします。
内、1頭が見事連結。
しかしなのです。諦めの悪いあぶれ♂が追いかけました。
私も目で追いかけます。
うまいことあぶれたちをかわし、無事交尾です。めでたしめでたしでした。
と言うことで、近くの木に止まって、長い長い時間を過ごすペアを写真に撮らせて頂きました。
10枚ほど撮ったところで、夢さんを呼び、一緒に撮らせて頂きました。
とてもサービス精神に富んだペアで、11:00~11:21分まで、交尾していてくれました。
夢さんの話では、私はラッキーだとのことです。
サラサヤンマはこのように目線の高さに交尾態が止まることはほとんどなく、脚立を使っての撮影が多いとのことでした。感謝感謝です。
a0122264_21040433.jpg
a0122264_20380322.jpg
a0122264_21062593.jpg
a0122264_21042481.jpg
その後、連結状態で近くのヤマウルシの木に止まりましたが、連結状態の写真は撮り損ねました。
a0122264_21082858.jpg
▲ 連結を解き、ヤマウルシの木で寛ぐサラサヤンマの♂(上)と♀(下)です。 (写真中央11時方向へ立ち上がった枝)
この後、♀のみになったので、産卵を始めるまで30分ほど待ったのですが、集中力もなくなって来たこともあり、見逃してしまいました。
交尾が済んだら、すぐに産卵に入ると思っていた私には、サラサヤンマの♀の行動が読めませんでした。

なお、夢さんは♀のみになったところで所用で帰り、私も♀を逃がしたところで帰りました。(11:55)
a0122264_21133084.jpg
▲ 帰り際に撮った休息中の♂です。





by tombo-crazy | 2015-05-31 21:14 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

本命ではありませんでしたが…その②

5月23日(土)うすぐもり

 K池の入口には12時に着きました。
夢さんは見たいトンボがあるらしく、Tの水辺へ行き、1:15に戻るとのことで、暫し別行動。
イノシシ用と思えるけもの道を数分歩いて池の畔に着くと、目の前を羽化したばかりのモノサシトンボが横切り、右手前方の木の間に消えました。
「ん!この辺りだったが…」
「いたいた!」 
わくわくしながらレンズを向けると、意外なものに止まっていました。

a0122264_17325986.jpg
▲ 羽化中のショウジョウトンボに止まった今シーズン初めてのモノサシトンボのテネラルです。

a0122264_17331098.jpg
▲ 今シーズン初めて観たショウジョウトンボの羽化です。

ちょっと立ち寄ったK池でしたが、初ものづくしでした。
オオイトトンボの写真も入れておきます。
a0122264_17523682.jpg
a0122264_17524073.jpg
a0122264_17524362.jpg

 

 

by tombo-crazy | 2015-05-23 22:06 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

本命ではありませんでしたが…その①


5月23日(土) うすぐもり

夢さんに誘っていただき、アオサナエとホンサナエの羽化狙いで矢作川のK地点へ行きました。 現地へは7:05着。
a0122264_10400564.jpg
▲ 矢作川左岸の探索地です。
a0122264_10400870.jpg
▲ アオサナエ(左)と ホンサナエ(右)の羽化殻です。 数個見つけましたが、羽化中のものはありませんでした。

と言うことで、ほどほどで対岸の次のポイントへ移りました。 現地へは8:10着。
ここも羽化殻はありましたが、アオサナエとホンサナエの羽化中の個体はなく、代わりと言ってはなんですが、羽化中のコヤマトンボとアオハダトンボがいたので、
飛び立つまで川の中から観察させてもらいました。
何度か観ているらしい夢さんは、その間、私の車でS川の探索に行ってました。
a0122264_10495230.jpg
▲ 右岸の観察地です。 右手の草むらの中にコヤマトンボがいます。
a0122264_10564637.jpg
▲ 羽化中のアオハダトンボの ♀ です。 (8:28:31)


a0122264_11035176.jpg
▲ 羽化中のコヤマトンボの ♂ です。 ( 8:21:15)

a0122264_11044057.jpg
a0122264_11123534.jpg
a0122264_11132230.jpg
a0122264_11142952.jpg
a0122264_11492581.jpg
a0122264_11160512.jpg
▲ 旅立の瞬間です。 (11:19:16)

10時半ごろから、近くの砂地にホンサナエの♂が、たびたび入りました。
長いレンズを持ってなかった私は、彼らの動きだけを楽しみました。
砂地が小さいだけに、ホンサナエの穴場と言えます。
彼らはいつも川側を向いていました。
♀が現れるのを待っているようです。
a0122264_11214205.jpg
a0122264_11224784.jpg
a0122264_11214688.jpg
朝飯も食べずの観察でしたが、コヤマトンボの羽化観察が初めての私には、十分堪能出来た至福の時間でした。
11時半に川を出て、コンビニでおにぎりを買って朝昼を兼ねた食事をとりました。
うれしい時は、空腹も感じないようです。


少し休んで、K池へ行きました。 (つづく)







by tombo-crazy | 2015-05-23 21:29 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

平地と山地でトンボを観る

2015年5月20日(水)晴れ その②


ムカシトンボのポイントへは12時半頃着きましたが、♂も♀も中々姿が見れず、持久戦になりそうでしたので、オタカラコウなどを観察しながら♀が入るのを待ちました。
13:51です。♀が入り、わき目も振らず、左奥のオタカラコウへ入り、産卵を始めました。
幸い♂はいません。
とても健気な♀で、ふらふらになりながらも、ちょっと休憩を入れては、30分ほど長い産卵をしてくれたのには感動しました。
a0122264_22053330.jpg
a0122264_22054880.jpg
▲ オタカラコウの茎に産卵するムカシトンボです。
a0122264_22063484.jpg
a0122264_09490860.jpg
▲ 茎だけでなく、葉の表や裏にも丹念に産卵する個体で、葉に産卵するのは初めて観ました。
a0122264_10180786.jpg
a0122264_10184474.jpg
▲ さらに驚いたことは、僅かばかりコケの着いてた小石の上に産卵していたのです。
a0122264_22374478.jpg
a0122264_09524686.jpg
▲ 時間を掛けて、いろんな所に丹念に産卵する健気な個体でした。

a0122264_09332090.jpg

▲ 最後は力尽きたのか、石の上で暫く休み、やっとのことで飛んで行きました。
それにしても健気な個体でした。 お疲れ様でした。 (14:21)

a0122264_09534183.jpg
a0122264_09533558.jpg
▲ 近くで咲いていたヤブデマリ(スイカズラ科)です。

時間があったので、モリアオガエルの産卵地へ寄り道をしました。
オタカラコウが群生してましたが、産卵痕はありませんでした。
でも、帰ろうとしたとき思わぬトンボに出会えました。ヒメクロサナエの♀です。
a0122264_10022602.jpg
a0122264_10035665.jpg
a0122264_10144526.jpg
a0122264_10040268.jpg










by tombo-crazy | 2015-05-20 21:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

平地と山地でトンボを観る

2015年5月20日(水)晴れ その①


キイロサナエの羽化を観ようと、9時少し前から I の川へ入りました。
ウェーダーを履いて川の中から丹念に探し、かろうじて羽化中の♀1頭を見つけましたが、キイロサナエではなく、ヤマサナエのような胸の模様です。

a0122264_19530902.jpg
a0122264_21260972.jpg
a0122264_21271980.jpg

▲ キイロサナエ♀の羽化です。
現地ではヤマサナエと思っていたのですが、夜、夢さんから「キイロの♀ですよ。」との連絡がありました。
胸のパターンにはバラツキがあり、キイロかヤマかの同定の決め手にはならないが、産卵管が突き出ているので、この個体はキイロサナエとのことでした。
ありがとうございます。一つ勉強しました。
初めて観るキイロサナエの羽化でしたが、知らないために喜びが時間遅れになってしまいました。
現地で判っていれば、もう少しつぶさに観察し、わくわくしていたと思います。

他の羽化個体を探していると、「こんにちは!」と声をかけられました。
Hさんでした。
「キイロサナエの羽化は観れましたか?」
「ヤマサナエらしいのが1頭だけです…。」
a0122264_21352387.jpg
▲ キイロサナエの羽化殻は数個ありましたが、前日か、朝早く羽化が終わっていたかも知れません。

と言うことで、次のサラサヤンマのポイントへ移動しました。
a0122264_21380142.jpg
▲ 移動途中で見つけたヤマサナエの♂です。

サラサの湿地へは9:30に入り、手分けしてサラサヤンマを探しました。
a0122264_21395250.jpg
a0122264_21395673.jpg
▲ 縄張り飛翔のサラサヤンマの♂です。 数個体いました。

この後、ムカシトンボの産卵を観に行くとのことで、早めに切り上げ、同行させて頂きました。

おまけです。
a0122264_22410538.jpg
▲ サラサヤンマの湿地ではアサギマダラにも出会えました。


その②に続く






by tombo-crazy | 2015-05-20 21:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

朋あり遠方より来る、また楽しからずや  

5月17日(日)晴れ

家でのんびりしていたら、夢さんから電話で、
「キイロサナエを観に行ったら、静岡から、知っている方が来ているので来ない…」とのこと。
「キイロサナエの後はどこへ行くの?」
「ホンサナエ狙いでS川。」
「なら、S川で合流しよう…」と、急遽、現地へ向かい、現地へは11:05に到着。
日曜日なので、いつもの駐車スペース付近は釣り人などで満車。奥へ止める。
支度をして川へ入ろうとすると、見覚えのある名古屋№の車。Uさんである。
既に中洲で観察中。挨拶をし、言葉を交わすとホンサナエの♂がいるとのこと。
a0122264_20033384.jpg
a0122264_19541944.jpg
a0122264_20032629.jpg
▲ ホンサナエの♂です。全部で3個体が近くで縄張りを張っていました。
a0122264_20070752.jpg
▲ しばらくすると、夢さんと遠来の友Fさんが合流。
トンボ談義に花が咲きました。

つづく





by tombo-crazy | 2015-05-17 22:15 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

カエル谷へお客様

5月13日(水)うす曇り

今日は、うれしいうれしい1日でした。
と言うのは、県の農業総合試験場の研究員の方々が「田んぼのカエルの保護の研究」のため、カエル谷を訪ねて下さったのです。
現場を観て頂きながら、カエルたちの置かれている現状(特に圃場整備された田んぼ)などについて、3時間半ほどお話しが出来たのです。
私からも、圃場整備された田んぼの問題点と、カエル復活のための方策(案)を説明させて頂きました。
トンボ屋さんたちが感じてられるように、カエルが世代交代出来る田んぼは、トンボも安心して世代交代出来る田んぼなのです。
そして、カエルもトンボも、かつては益虫として、農家は大事にし、子どもたちは学校でも教わったのです。
a0122264_15381356.jpg
▲ カエルを撮ろうとしている研究員の手に停まるシオヤトンボ。 トンボも歓迎の気持ちを込めているのでしょう。
a0122264_15381700.jpg
▲ お二人の研究員です。

日本のコメ作りを取り巻く環境は、近年、ますます厳しくなっています。
そう言う中で、農業の専門の方々から、コメを作るだけでなく、生きものにも配慮したコメ作りの研究をして頂けることに、感謝と喜びを感じました。
向こう3年計画で、形あるものにとのことでしたので、法人を含む農家の方々が、自分たちのコメ作りに合ったメニューを選択し実践出来るよう、複数メニューの提示をお願いさせて頂きました。
今後も、出来るだけ、ご協力させて頂こうと思います。

トンボとコメ作りの関係に関しては、石川県立大学の田哲行先生のアキアカネの研究が知られていて、他にも何人かの方々が調査、研究をされ、実験などもされています。
それらによれば、①育苗期に使われているフィプロニルと言う農薬の影響が大きい。
他には、②品種の多様化により、アキアカネの生活史とコメ作りの農事暦にズレが出ている。
などがアキアカネ減少の大きな要因であることが報告され、既知のこととして関係者の間で認識されつつあります。
①については、私自身、旧作手村の調査で確認しています。
その他に、私自身、危機感を持っているのが、③コメ作りを毎年続けてない田んぼの増加です。
例えば、本来ならヤゴが育つ時期に水がなく、コメに代わって、小麦などが栽培されていたり、何も植えてなかったりすることです。
そして、それらの田んぼの中には、前年の秋、アキアカネが産卵しているところがあると言う事実です。
アキアカネにとって来春田んぼに水が入らないとの予測は出来ません。結果、無駄な産卵になっているのです。

a0122264_15294200.jpg
▲ 手前だけが田植えの準備中で、奥は全て小麦が栽培されていました。 (2015.5.5 畝部地区)
a0122264_15342360.jpg
▲ 昨秋、アキアカネやコノシメトンボが産卵していた田んぼでしたが、水が入っていません。 (2015.5.8 西田地区)
アキアカネの卵が孵化してヤゴになり、無事羽化してトンボになるには、4月中頃には田んぼに水が入り、
羽化が終わる6月下旬頃までは、田んぼに水が入っていることが重要なのですが…。
ちなみに、アキアカネの卵は乾燥に強いため、冬場、田んぼに水がなくとも問題はありません。

カエルの場合、種により、産卵の時期は異なりますが、昔から田んぼと共に生きて来たアマガエルやトノサマガエルなどは
ほぼ、アキアカネと同じ期間に田んぼに水があることが、世代交代をして行くための必要条件になります。

農業の効率化からすれば、一面、小麦なら小麦を栽培するのが理に適っているのかも知れませんが、モザイク状にするなど、隣合う田んぼではコメ以外は作らないなどの仕組みの開発が待たれます。
なお、カエルの場合、圃場整備後の田んぼでは、農道を通り抜ける車などによる交通事故死も無視できません。

追記
6月4日の畝部地区の写真を追加します。
この時期に、昨年田んぼだった所に水が入ってないのですから、アキアカネなどアカネ属のヤゴにも、アマガエルやトノサマガエル(地域によってはダルマガエル)、ヌマガエルなどのカエルたちは、産卵して世代交代が出来ませんから、この付近から絶えて行くしかありません。
農業関係者も含めた、なつかしい生きものたちを絶やさないコメ作りへの知恵と実践が待たれます。
a0122264_18315618.jpg






by tombo-crazy | 2015-05-13 22:00 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

コサナエか?

5月11日(月)晴れ  その②

K池の帰り、久しぶりにM池へ行って見ました。
M池はつい最近までマダラナニワトンボが生息していた湿地が隣接するため池です。
草だらけの小道を行ったちょっとした広場まで来たら、小型のサナエが目の前を横切りました。
この池に寄ったのはオグマサナエ狙いでした。
池を半周したとき、計3頭のコサナエ属と出会ったのですが、止まっていたのは1頭だけでした。
池の中から静かに近づいて、どうにか斜め前から写真に撮ることが出来ましたが、種の同定で悩みました。
この池では記録のないコサナエの特徴が肩の部分にあったからです。尾部付属器も側面からアップで撮りたかったですが、かないませんでした。
こんなとき、捕まえて同定のため持ち帰るのが、ほとんどのトンボ屋さんの行動らしいですが、
私の場合は、数がいない種は捕まえないことにしています。
と言うのは、それが飛来種だった場合、♂と♀の出会いも考えられ、新たな生息地になる場合があるからです。
また、その地の貴重種であったら、種を消すことにつながるからです。
子どもたちに、昔の様にトンボ捕りを復活させたいと活動している私ですが、以上の理由から、特別な場合を除き捕らないようにしているので、網を持ち歩くことも稀です。
a0122264_13412524.jpg
a0122264_13502407.jpg
▲ コサナエの可能性が高かった小型サナエ。
なお、この個体には、マユタテアカネのような眉班がありました。






by tombo-crazy | 2015-05-11 22:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

狙ったものは外しても…拾う神あり


5月11日(月)晴れ その①

ハッチョウトンボの羽化を観るため早起きしてK池へ行きました。現地へは6:15着。
ただ、そうはうまく行きませんでした。
中腰になって一生懸命探したのですが、もうすぐ飛び立ちそうな♀を1個体見つけただけでした。
a0122264_09532378.jpg
a0122264_11371289.jpg
a0122264_13160760.jpg

▲ K池に隣接する湿地です。 この小さな空間がハッチョウトンボの生息地になります。

ハッチョウトンボの羽化は今一でしたが、自然界は早起きして出かけた私に、粋な出会いを与えてくれました。
K池では初めてのムカシヤンマがいたのです。
a0122264_11032675.jpg
▲ 岸辺にいたムカシヤンマ。
a0122264_11053283.jpg
▲ 飛んで行かないように静かに近づくと、♀でした。立て続けに数枚撮りました。 「ん!?」
a0122264_11103236.jpg
▲ 逃げないはずです。食事中だったのです。 ちなみに私はまだ食べていませんでしたが何ともありません。
a0122264_11103716.jpg
a0122264_11102677.jpg
▲ 数分で食べ終わりました。
a0122264_11202984.jpg
▲ いろんな角度から撮らせて頂きました。 ラッキーでした。

そのほかにも、いろんなシーンに出会えました。 早起きはするものですね。
a0122264_11282118.jpg
▲ アシナガクモに捕まったハッチョウトンボの♂です。
 
a0122264_11303410.jpg
▲ 長い尾と翅の美しいモンカゲロウの仲間です。
a0122264_11304515.jpg
▲ 黒とベッコウ色のコントラストがきれいなベッコウガガンボです。
a0122264_11305083.jpg
▲ ヒメヒラタアブの仲間です。
a0122264_11311361.jpg
▲ ホソミイトトンボに少し遅れてホソミオツネントンボたちも産卵のピークを迎えていました。 
a0122264_11521482.jpg
a0122264_14150447.jpg
▲ トウカイモウセンゴケと花です。
先月と比べ大きくなっていました。 ハッチョウトンボにとっては、命を落とす危険のある食虫植物です。







by tombo-crazy | 2015-05-11 20:40 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ホンサナエの羽化

5月10日(日)晴れ その①

家でのんびりしていたら、夢さんから電話が入りました。
「K町のY川で、ホンサナエの羽化を撮ってますが、来ませんか!」
「今からでは羽化が終わってしまわない?」
「東海環状を使えば大丈夫ですてよ。」
と言うことで、急ぎ朝ご飯を食べ現地へ向かいました。9:15現地到着。
a0122264_20504867.jpg
▲ 羽化中のホンサナエの♀です。
私は、遅れて行ったので、この個体しか観れませんでしたが、夢さんは数個体確認したようです。
a0122264_20573078.jpg
▲上流側に歩いて行くと、砂地に飛んで来たトンボがいました。静かに近づくとホンサナエの♂でした。 (短いレンズだったためトリミングしてあります。)
a0122264_20573601.jpg
▲ 他にはニホンカワトンボの交尾などを観ることが出来ました。

a0122264_20571442.jpg
▲ 今回の観察地です。この付近を除くと、上流側も下流側も竹が繁茂しています。

6~7年ほど前、この辺りは竹が繁茂していて近づき難い所でしたが、地主さんが竹を切り、大きな桑の木などが残る、きれいな草地になっていました。休憩用の手作りの長椅子もありました。
情報をくれた夢さんと、きれいに整備し、立ち入りを了解くださった地主さんに感謝感謝です。





by tombo-crazy | 2015-05-11 20:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)