<   2015年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ヤブヤンマ

  2015年7月29日(水)晴れ

   トンボ狂会のTomboさんとこうじ君と、11時半頃に落ち合い、暑い中でしたがヤブヤンマを観て来ました。
  生息地は同じ狂会の夢さんが数年前に見つけた所とのことですが、よくぞ見つけたと感心しました。
  ちなみに私の水辺の探索は、国土地理院の地形図を頼りに、これぞと言うポイントへ入り、植生や、水の流れ、付近のトンボ相などから絞り込みます。
  一方、夢さんの場合は、タブレットで衛星写真を見ながら水辺を探すとのことです。
  私の場合は、地形が判る良さはあるものの、先日の五番山で経験したように、地形図は毎年更新されないため、経年変化に弱いことです。
  併用型が一番良いと思いますが、先立つものもありませんから、地形図頼りが続きそうです。
  それでも、たくさんのトンボ友のおかげで、今回のようなスポットにも入ることが出来、感謝感謝です。

  暑い中、三人でひたすら待ちました。
  あ!♀だ」こうじ君の声に振り返ると、水面上をヤブヤンマの♀が周回していました。
  「もうすぐ産卵に入ります。」Tomboさんの声がした時間に合わせたかのように、駆け上がりの赤土が露出した所で産卵が始まりました。
  12:45でした。
  対岸のためやや距離がありましたが、私にとっては久々のヤブヤンマの産卵です。
  とりあえず望遠端で何枚か撮りました。
a0122264_10534203.jpg
a0122264_10540695.jpg
▲ 頭を起点に腹部先端の位置を変えながら湿った土の中に産卵するヤブヤンマです。
a0122264_10563095.jpg
a0122264_10585876.jpg
a0122264_11002867.jpg
▲ 対岸から手前コーナー部に来て産卵してくれました。 
産卵は12:45~13:18まで観ることが出来ました。 私が近づかなければ、もう少し続いたようです。

と言うことで、産卵は観ることが出来ましたが、♂は中々入りません。
池畔に来てから3時間を過ぎ、暑さでへばり掛けてしまい、♀が見れたので、今日は良しとして帰る支度を始めたときです。
「♂入りました。」と、こうじ君の声。
指差すほうを覗くと、2mもない位置に停まっています。胸が高鳴りました。
「停まったばかりのときは、ちょっとした刺激で飛んでしまうので、そ~っと撮るように…」とのアドバイスがTomboさんから2人にありました。
二呼吸ほど空けてからパシャッとシャッターを切り、液晶画面で確認しました。
私がこれまで観た♂は、網で捕ってもらった個体だけでしたから「(*^_^*)(#^.^#)」です。

a0122264_11182697.jpg
a0122264_11193113.jpg
a0122264_11203599.jpg

a0122264_11210898.jpg
a0122264_11212540.jpg
a0122264_11215511.jpg
a0122264_11223358.jpg
a0122264_11230111.jpg
▲ 14:17から次々に近くに来てくれたヤブヤンマの♂たちです。

蒸し暑い中でしたから、私ひとりでは、♂が来るまで、とても待てなかったと思います。
Tomboさん、こうじ君に感謝感謝です。

この後、産卵や、黄昏飛翔を観て行きませんかとお誘い頂いたのですが、へとへとになっていた私は、念願の♂が観れたことで、16時15分に現地を離れ、家に帰り、シャワーを浴びてから、バタンキューになったことは言うまでもありません。






 


by tombo-crazy | 2015-07-30 11:31 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

高地のトンボ (地域外)

7月26日~27日 晴れ

避暑とトンボ観と乳白色の温泉を楽しむために、2年ぶりに乗鞍高原へ行くことにしました。
途中、気になっていた高層湿原に寄るため、5時半に家を出ました。
湿原は標高が1330mほどあり高地性のトンボが期待出来ますが、この時期に行くのは初めてです。
目的の「O池」には10:30に着くことが出来ました。
水辺へ近づくと、観たかった2種類のトンボが目に入りました。
はやる気持ちを抑え、ザックを木に括りつけ、カメラを2台首に下げて、再び水辺へ行きました。
トンボが予想以上にたくさんいて、しっかり観ることが出来ました。

a0122264_18342370.jpg
a0122264_18345585.jpg
a0122264_18353276.jpg
a0122264_18360189.jpg
a0122264_18364047.jpg
a0122264_18522081.jpg
▲ 水辺の草や木の枝に停まって♀が来るのを待つカオジロトンボの♂たちです。
a0122264_18380484.jpg
▲ こちらはカオジロトンボの♀です。 背中の黄色い斑紋の数が違います。 ♂を避けて水辺から離れた所にいるのか、数が少ないように感じました。
a0122264_18395265.jpg
▲ こちらは交尾を解いたばかりの♂(上)と♀(下)です。
 カオジロトンボの交尾は意外と長く30秒~1分30秒ほどで観察しやすいトンボでした。
a0122264_20050518.jpg
a0122264_20053573.jpg
a0122264_20055670.jpg
a0122264_20061565.jpg
a0122264_20133635.jpg
a0122264_20140050.jpg
a0122264_20143573.jpg
a0122264_20145411.jpg
a0122264_20155048.jpg
a0122264_20185815.jpg
▲ 高地には珍しく気温が30℃の中、たくさんのカップルで、観ているほうも汗汗でした。
a0122264_20211488.jpg
a0122264_20213110.jpg
▲ 初めて観たカオジロトンボの産卵です。単独で、ちょんちょんと数回打水しては休みの繰り返しでした。
連結産卵や警護産卵はしないようです。
a0122264_20252721.jpg
▲ カオジロトンボの腹部挙上姿勢です。 ただ、腹部挙上姿勢をとっていたのは、この1頭だけで、ほとんどは単独で♀を待っているか、♀と交尾態になっていました。

他にはエゾイトトンボやアオイトトンボ、ルリボシヤンマ、アキアカネ、ネキトンボなどがいました。

a0122264_20321318.jpg
a0122264_20322780.jpg
▲ エゾイトトンボの羽化と羽化殻です。
a0122264_20453022.jpg
▲ エゾイトトンボの連結です。
a0122264_20343467.jpg
▲ エゾイトトンボの交尾です。
a0122264_20352397.jpg
a0122264_20353651.jpg
a0122264_20360320.jpg
a0122264_20362436.jpg
a0122264_20364211.jpg
▲ エゾイトトンボの潜水産卵です。♂も水の中にいるのを探したのですが、見つかりませんでした。
a0122264_20394505.jpg
▲ ♂も水の中に入っているのはいないかと探していて、やっと見つけた♂♀共に水の中の潜水産卵です。
水の上の産卵中のペアの下に潜っているペアがいます。
a0122264_20435285.jpg
▲ 通常の連結産卵です。


先日の五番池と今回の女池で感じたのですが、同じ高地性のルリイトトンボとエゾイトトンボには、地域による棲み分けがあるのでしょうか?
五番池(標高1050mほど)にはルリイトトンボがたくさんいましたが、エゾイトトンボを見つけることが出来ませんでした。
(それらしいのをちらっと見たのですが、自信がありません。Tさんは見られたようです。)
一方、今回のO池(標高1330mほど)には、エゾイトトンボはたくさんいるのですが、ルリイトトンボの姿がありませんでした。
環境的には、どちらのトンボがいても良さそうに思うのですが。
5、6年前の乗鞍高原の「偲ぶの池」や、「あざみ池」や、「どじょう池」では、どちらも同じくらい観ることが出来たのですが…
a0122264_06493852.jpg
▲ エゾイトトンボとは少し違った感じのイトトンボの連結産卵です。何イトトンボでしょうか? 数個体いました。
a0122264_06514710.jpg
▲ 羽化したてのアオイトトンボがたくさんいました。

他には、ルリボシヤンマやネキトンボが少しと、アキアカネがいました。
a0122264_06545538.jpg
▲ ネキトンボ♂の腹部挙上姿勢です。
a0122264_06574301.jpg
▲ かつては大きな池だったようです。現在は写真のようにな湿原になっています。

ゆっくりしたかったのですが、暑かったので11:50頃「O池」を離れ、木陰でお弁当を食べて一息入れてから、K村にある「A池」へ移動しました。
「A池」は標高1050mほどにあり、雰囲気のよさそうな池ですが、長いレンズを構えた鳥屋さんがたくさんいたうえ、
コイがたくさん入っているせいか、トンボはあまりいなかったので、早々と乗鞍高原を目指しました。
途中の峠近くの「樺池」も、一の瀬の「どじょう池」、「偲ぶの池」、「まいめの池」の各池も、なぜか高地性のトンボはさっぱりでしたので、早々に宿へ入り、温泉に浸かりました。
水辺が暑過ぎて、トンボたちが林の中にでも避難していたのでしょうか?




27日 晴れ

朝食後、トンボ屋にとっては穴場の番所にある「神社と池巡りコース」の「ちどり池」からの伏流水に沿った「池群」と「御池」を観てから、
昨日寄った一の瀬の「偲ぶの池」、「まいめの池」を見て回りましたが、高地性のトンボはほとんどいなかったので、最後の望みを「あざみ池」とその「西隣の池」に託しました。
しかし少数のエゾイトトンボなどがいただけで、かつてのにぎわいはありませんでした。
でも、カモシカが池の中に入って、のんびりミツガシワを食べるところを観察出来ました。

a0122264_17460654.jpg
a0122264_17464262.jpg
a0122264_21170436.jpg
a0122264_17471833.jpg
a0122264_21172342.jpg
a0122264_21173579.jpg
▲ 番所にある「ちどり池」から下流に向かう伏流水に沿った「無名の池群」です。(下記Mapの日陰の小道)
林に囲まれやや薄暗いためか、タカネトンボがいました。
このコースは地元の方々が草を刈るなど手入れがされている割には人が少なく、とても気持ちよく歩けます。
トンボ屋さんは長靴を履いていけば、浅瀬に入り、トンボが楽しめます。
観光客にはほとんど知られてないようで、乗鞍高原では穴場と言えます。
入口近くには蕎麦屋さんもありますから、お昼を挟んでの散策にお勧めです。
a0122264_10100970.jpg
a0122264_10103969.jpg
▲ 手作りの案内もありました。
a0122264_18195546.jpg
▲ 番所周辺の散策Mapです。
  「御池」はミツガシワで覆われた明るい池で、イトトンボがたくさんいました。

a0122264_21181974.jpg
a0122264_10082269.jpg
a0122264_21182923.jpg
▲ 「あざみ池」の「西隣の池」にいたカモシカ。人がいなく、対岸だったことが幸いし、15分ほど観察出来ました。

a0122264_21185337.jpg
a0122264_21190776.jpg
▲ 「あざみ池」です。珍しく人がいなくとても静かでした。
a0122264_21191815.jpg
▲ 「あざみ池」にいたエゾイトトンボです。
a0122264_21195735.jpg
▲ 「まいめの池」です。
a0122264_21200787.jpg
▲ アキアカネです。
a0122264_21201721.jpg
▲ ネキトンボです。 どちらも「偲ぶの池」近くにいました。






by tombo-crazy | 2015-07-28 20:46 | トンボ見て歩記 | Comments(14)

久々の渓流

7月24日(金)晴れ

暑さを避けて、久々に渓流に行ってみました。狙いはヒメサナエの産卵です。現地へは10:30着。
Tomboさんの情報では、産卵は10時~12時30分とのことですから、30分遅れの現地着です。
先月来た頃と比べ水量が増していました。
a0122264_17361622.jpg
a0122264_17363168.jpg
左岸から入り、クモの巣を払いながら上流へ向かうと、足元に小さなサナエがいました。
尾部上付属器が白くハの字になっています。
環境、大きさ、白い付属器ですから、ヒメサナエかオジロサナエです。
側面から見ればどちらなのか判断出来るのですが、飛ばれてしまっては元も子もありません。
静かに三脚と弁当を岸辺に置き、ショルダーバックからカメラを出し、とりあえず保険の1枚を上から撮ってから、
そ~っと後ずさりして、上流側から胸側面の黒条を確認すると、Yではなく一本でヒメサナエの♂と判りました。
a0122264_17520601.jpg
a0122264_17583319.jpg
a0122264_17584745.jpg
a0122264_17590693.jpg
a0122264_18070773.jpg

▲ ヒメサナエの♂たちです。 全部で5頭いました。
彼らは、岸辺の産卵に適した浅瀬の近くに陣取り♀が入るのを待っているようでしたが、帰るまでに♀は現れませんでした。
a0122264_18100484.jpg
a0122264_18102075.jpg
▲ オジロサナエの♂も2頭いました。胸の黒条がY字で、白い尾部上付属器は上に反っています。
こちらも♀待ちの感じでしたが、♀は来ませんでした。
どちらのサナエも♀が来なかったのは、増水で産卵不適と判断したのかも知れません。
仮にそうだとしたら、♂たちの判断は、期待値が高過ぎたようです。
人間世界もそうですが、伴侶を得るにはそれなりの努力が必要なようです。

と言うことで、早めでしたが、12時丁度に川を出ました。
産卵は、来シーズンの楽しみです。




by tombo-crazy | 2015-07-24 18:17 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

消えていた山の池  (地域外)

 2015年7月20日 (月) うす曇り

トンボ狂会のTさんから、五番山(仮称)へ、2013年のリベンジに行きませんかとのお誘いがあり、ぜひ、お願いしますと、「海の日」に山へ入りました。

先回、探す池に辿り着けなかった理由が判りました。
Tさんのスマートフォンの衛星画像には池が二つなのに、国土地理院の地形図には四つあります。
つまり、私たちが地形図とコンパスを頼りに探していた西側の大池は草地になっていたのです。
と言うことで、東側にある二番目の大きさの池を目指し、念願が叶って、たくさんのルリイトトンボなどを見るとが出来ました。
a0122264_20465086.jpg
▲ 辿り着けた池です。 先回よりも東側だったことが、背後に見える野伏ヶ岳(1674.3m)の姿で解りました。
a0122264_08395396.jpg
▲ コウホネがたくさんありました。
a0122264_08415395.jpg
▲ 標高が1070~80mあるためか、産卵時期が遅く、モリアオガエルの卵塊がたくさんありました。
カエルの鳴き声も多数聞こえましたから、しばらく産卵が続くようです。
a0122264_08473757.jpg
▲ ♀が来るのを待つモリアオガエルの♂です。(Tさんが見つけました。)
a0122264_20483214.jpg
a0122264_20493286.jpg
a0122264_20512651.jpg

a0122264_20501405.jpg

▲ ルリイトトンボです。
a0122264_17104521.jpg
a0122264_17165604.jpg
a0122264_17193293.jpg
a0122264_17221383.jpg


a0122264_20561310.jpg
▲ 暑い下界を避けて高い山へ上がって来たアキアカネたちです。
a0122264_10241760.jpg
▲ たくさんのアキアカネに混じってナツアカネのようなトンボもいました。
a0122264_20533130.jpg

a0122264_20523944.jpg

▲ 若いアキアカネに交じって、1頭だけ真っ赤に成熟したトンボがいました。ショウジョウトンボにしてはシルエットが違います。
近くへ行って確認すると、ネキトンボの♂でした。 今シーズン初めての出会いでした。 
ネキトンボはこの池で羽化したのでしょうか? あるいはアキアカネのように遠くからこの地へ来たのでしょうか?
1頭だけと言うのも不思議です。早めに♀と出会えるといいですね。

池の畔には、ルリイトトンボのほか、羽化したてのイトトンボが多数いました。
何イトトンボだろうか?とりあえず数枚写真に撮ってアップにし、同定を試みると、「まさか!」と思うイトトンボに似ているのです。
Tさんにお願いして、捕まえて一緒に確認しまし
a0122264_17442510.jpg
▲ 羽化間もないせいか、胸のパターンがコバネアオイトトンボに似た感じのイトトンボでした。
近くに成熟個体がいなかったので、はっきりとコバネアオイトトンボとは言えませんでした。
アオイトトンボの未成熟個体故の紛らわしさのようです。


それからもうひとつ、気になるサナエが池畔に3頭いました。
肩の模様などからコサナエ属であることは間違いありません。
各特徴を確認し、どうやらコサナエで良さそうです。加茂地方ではあまりお目にかかれないトンボです。

a0122264_18273687.jpg

a0122264_18280837.jpg
▲ コサナエの♂たちです。


野生の生きもの故の悲しいシーンも観てしまいました。
a0122264_18324658.jpg

a0122264_18335103.jpg
▲ クモに捕まったルリイトトンボです。徘徊性のクモも、ご用心ご用心です。
a0122264_18353088.jpg

▲ アキアカネにしては変わった停まり方だなあと思ったら、矢張りクモに捕まっていました。

他にもいろんな生きものがいて楽しめました。
a0122264_18385641.jpg

a0122264_18391325.jpg

a0122264_18393250.jpg

a0122264_18394632.jpg
▲ アカハライモリです。 モリアオガエルの孵化を心待ちにしているようです。
a0122264_18401141.jpg
▲ アメンボの仲間です。


(ご参考)

 2013年に辿り着くことが出来なかった背景
a0122264_07590311.jpg
▲ 国土地理院の地形図です。西側には湿地帯、そして中央部に大小の池が4つあり、2013年に訪ねたとき、私たちは一番大きな池を探したのですが見つけることが出来ませんでした。
探し始めの地点が間違っていたかもと、東へ大きく振って、藪を漕ぎ、小さな池と言うか湿地のような水辺には辿り着けたのですが、イメージした池とは程遠い感じでした。
a0122264_07592717.jpg
▲ Googleの衛星写真です。池と読み取れるのは二つだけで、地形図にある四つの池のうち二つが写っています。
今回、Tさんが念のためにとスマートフォンを持っていってくれたので、この違いに気づくことが出来きました。
ただ、池の畔へ降りてしまうと、電波が届かず、現在地の確認が出来ませんでした。


二人にとって念願の五番山のトンボ観も、おかげさまで無事終えて山を降りることが出来ました。
誘って頂いた上、長距離運転をしてくれたTさん、そして、登りの林道で私たちの荷物を運んでくれた福井から笊を作る根曲がり竹を取りにみえた軽トラの方、ありがとうございました。




by tombo-crazy | 2015-07-21 20:56 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。

2015年7月15日(水)
  
   トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

イバッチさん (39歳)
   新潟県長岡市生まれで、現在は岐阜県多治見市に住んでいます。
   トンボは幼少の頃から好きでしたが、中学以降疎遠になっていたのが、4年前、家族と「みのかも健康の森」へ行ったとき
   偶然、クロスジギンヤンマを見た瞬間、またスイッチが入り、一眼レフを買い、トンボ観とトンボの写真にはまっています。
   好きなトンボはルリボシヤンマ。 観たいトンボはマルタンヤンマとアオヤンマとネアカヨシヤンマです。
   「イバッチのトンボ記録簿ブログ」をやっています。
   
   みなさん、アドバイスなど、よろしくです。

a0122264_09234986.jpg
   ▲ イバッチさん撮影のカトリヤンマです。





by tombo-crazy | 2015-07-15 09:33 | 狂会員の広場 | Comments(0)

新しい会員の方が入られました。


2015年7月14日(火)
  
   トンボ狂会に新しい会員の方が入られました。
   みなさま、よろしくお願い致します。

M(エム)さん (46歳)
   東京生まれの東京育ちで、子供の頃から宝来公園や等々力渓谷などで虫取りをしていました。
   仕事の都合で愛媛県松山市に移り住んで17年。自然豊かな土地が気に入り、最近永住を決意。
   昨年の夏、友人の子どものカイコの飼育を手伝ったことが縁で、子供の頃の虫好きが再燃。
   休日はトンボなどを追いかける日々です。オニヤンマが大好きです。
   携帯やコンデジで昆虫を撮っていましたが、2ヶ月前に一眼レフを購入し日々研鑽中とのことです。
   当面の目標は、ムカシトンボを観ることと、四国に生息するトンボを全て観ることだそうです。
   みなさん、アドバイスなど、よろしくです。

a0122264_06512899.jpg
   ▲ 写真はMさんが撮られたモノサシトンボ♀です。
     
     近日中に「トンボ狂会ML」にも加入されます。(登録手続き中です。)

 

by tombo-crazy | 2015-07-14 07:09 | 狂会員の広場 | Comments(0)

子どもたちが水辺で遊びました。

 7月12、13日(日、月)晴れ

 共に雨で延びていた子どもたちのカエル谷訪問が、2日続けてありました。
昨日は、4年連続岐阜市から来てくれた「岐阜元気キッズ」の子どもたち。
そして、今日は地元「九久平小学校」の2年生の子どもたちです。
 
 私たちカエルの分校は、
  ①なつかしい生きものを絶やさないために、耕作を止めた谷間の田んぼを水辺として再生し維持する。
  ②それらの空間を子どもたちに開放し、見るだけでなく、自分で捕まえて生きものに親しんでもらう。
活動をして来ました。
 私たちの平均年齢は70歳を超えていて、出身地もさまざまですが、子どもの頃に、異年齢の遊び仲間と、いろんな生きものを捕まえて遊んだり、夏休みの宿題では昆虫採集は定番でした。
振り返ってみても、それらは楽しく、貴重な経験です。
でも、今は、そのような経験が出来る子どもは、ごくごく少数派になっています。なぜかと言うと
  一つは、身近な所に子どもが捕まえることの出来る生きものがいない。
  もう一つは、生きものを捕まえたり、植物採集をすることは良くないことだと思う方が増えた価値観の変化です。
背景は、自然が荒廃し、生きものが少なくなっていることです。
そして、少なくなっていることに、何の手だてもせず、経済優先で走って来た私たち世代でした。
「自然を楽しむだけでなく、自分たちも元気なうちに汗を流し、子どもたちに生きものを捕まえて遊ぶ楽しさを体験させたい。そのためには、子どもが捕まえたくらいで消えないように生きものを復活させれば良いのでは…」と活動して来ました。
 「カエル谷」と言う限られた空間ですが、カエルはもとより、たくさんの生きものたちが戻って来て、世代交代しています。
トンボも、飛来種も含めると昨年の秋までに62種確認しました。
このことは何を意味するかと言うと、それだけ生きものたちの生息環境が厳しくなっていることの裏返しに思います。
それと、まだ諦めるには早いということです。
山間の耕作放棄田は、高齢化や過疎化の中で増えていますから、虫好き、生きもの好きが力を合わせれば、地域の生きものが絶えないですみます。
そらの再生空間が増えることで、やがて昭和30年代前半のような、なつかしい生きものが各地に復活するのは夢ではないと感じています。
 私自身は、全国のどの小学校区にも最低でも20種のトンボがいる状態にして、夏休みの昆虫採集を復活させたいと願っています。
トンボ屋さんにとっては解りきったことですが、トンボは、多様な自然環境があって初めて種が増えますから、身近な所にトンボを増やすことは、地域の人が取り組んでいることが簡単に評価出来、達成感につながります。
そして、魚などと違いトンボは翅がありますから、持ち込んだりしなくても、一定の広さのある自然環境を整えれば良いのです。
どんな環境にしたら良いかは、トンボ屋であるみなさん方が地域の方へアドバイスすれば良いのです。
私たち大人が力を合わせれば、可能なことと信じています。
全国のトンボ好きのみなさん、ぜひ、みなさんの近くでスタートさせませんか!

a0122264_22200380.jpg
a0122264_22202918.jpg
a0122264_12054209.jpg
   ▲ 岐阜元気キッズのみなさんです。
    (上2枚は携帯電話の写真ですみません。下の写真は、Kさんがブログ用に送って下さいました。)
     黄色いシャツの人が「美濃むし日記」のKさんで、右端、長靴にサングラスをしたのがやまねです。
     カエル谷で泥んこになって遊んだ後は、仁王川で遊んで帰るのが恒例になっています。
     きれいになれるし、何といっても涼しくなれるのがうれしいです。
     この近くには、フリークライミングやボルダリングが楽しめる天ヶ峰があります。


a0122264_19262657.jpg
a0122264_19264264.jpg
a0122264_19272496.jpg
a0122264_19275093.jpg
   ▲ 九久平小学校のみなさんです。


  お詫び
 「岐阜元気キッズ」のみなさんが来られた時、カメラは持って行ったのですが、SDカードを忘れてしまい、みなさんの写真が撮れませんでした。
申し訳ありませんでした。
Tさん、後日、みなさんの写真(カエル谷と仁王川)を送付頂けると助かります。





by tombo-crazy | 2015-07-13 19:28 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

ヒメアカネ

 7月7日(火)雨

 今日はカエル谷の作業日でした。
カエル谷の入口に着いてすぐ雨になりましたが、想定内であったことと、地元の小学2年生が9日、自然体験で来てくれるので、畔などの草刈りをしました。

 草を刈っていたら、羽化したものの雨で休んでいたショウジョウトンボやオオイトトンボなどがふわふわと飛び出すのが何度か見れました。
そんな中、やや雰囲気の違ったトンボがふわふわと目の前を横切りました。
停まった辺りに行って見ると、ヒメアカネでした。カエル谷で姿を見るのは今シーズン初めてです。

 草刈りを続けていると、マルタンヤンマや、クロイトトンボ、モノサシトンボの産卵や、タガメも見ることが出来ましたが、カメラは車に置いたままだったので、
10時半の休憩のとき、カメラを取りに行きました。
雨が幸いし、ヒメアカネは1時間半ほど前にいた所に停まったままでした。

a0122264_17435606.jpg
a0122264_17451777.jpg
a0122264_17453720.jpg
a0122264_17454824.jpg
a0122264_17461913.jpg
a0122264_17473426.jpg



by tombo-crazy | 2015-07-07 17:50 | トンボの楽園づくり | Comments(0)