<   2015年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

秋の気配

8月23日(日)うすぐもり

 平成の合併で新城市に編入された旧作手村のトンボ観察会に行って来ました。
主催は作手高原の自然に親しむ会です。
観て回ったのは長の山湿原近くのため池などです。

 旧作手村は、本宮山(789m)巴山(720m)竜頭山(752m)などを有する山林面積が約9割ほどの村ですが、通常の山の村の印象とは異なります。
初めてよそから作手村に入った方は、かなりの山道を登って来たにも関わらず、村に入ったとき広々と広がる水田の姿に驚かされるかと思います。
地形的には隆起準平原と言われる平均標高550mの村なのです。
そのため、年平均気温が12.5℃、年間降雨量が2300mmと愛知県内では特異な気象条件にあり、長の山湿原を始めとした中間湿原群や、豊川や巴川の水源域を構成する渓流や、上流域でありながらゆったり流れる河川があるため、トンボがたくさんいる村で、かつては愛知県の84%のトンボが生息してましたが、近年、種も数も急速に減らしています。
作手高原の自然に親しむ会のみなさんは、自然を楽しむだけでなく、より良い自然の復活や、村の中にある湿地群をラムサール登録湿地にしようと活動されています。
今回のトンボの観察会もそれらの活動のひとつで、「作手をトンボの里に!」したいとの想いがあり、私もお手伝いさせて頂いているのです。

前置きが長くなりましたが、赤くなり始めた赤とんぼなどのトンボを観ることが出来ました。

▼ 気温が30℃近くありましたので、飛んでいる赤トンボはいませんでしたが、ウスバキトンボが気持ちよさそうに飛んでいました。
a0122264_11461524.jpg
a0122264_11443764.jpg
 しばらく歩いていると、先ほどまでたくさん群れ飛んでいたウスバキトンボがいなくなりましたので、みなさんに探して頂きました。
ウスバキトンボは、あまり停まることなく滑空を繰り返すトンボですが、一斉にお休みモードに入ることがあります。
リーダーとなるトンボがいるのでしょうか?
他のトンボにはあまり見られない行動のようです。
a0122264_11422343.jpg
a0122264_11423950.jpg
a0122264_12405877.jpg
▲ と言うことで探してみると、鹿避け柵や、ちょっとした草むらや灌木の枝にウスバキトンボが停まっていました。

a0122264_12024556.jpg
▲ 大半は淡い色でしたが、成熟し真っ赤になったマユタテアカネの♂もいました。
a0122264_12051767.jpg
▲ ノシメ型と言われる翅の端に黒い班のあるマユタテアカネの♀もいました。
a0122264_12092920.jpg
▲ ほぼ成熟したリスアカネの♂です。 マユタテアカネの場合、一部の♀だけに翅の端が黒い斑紋がでますが、リスアカネやコノシメトンボ、ノシメトンボの場合、斑紋があるのが標準になります。
a0122264_12205154.jpg
a0122264_12152281.jpg
▲ ネキトンボの♂です。産卵は見れませんでしたが、他のアカネ属より成熟が早い感じで、どの個体も真っ赤になっていました。
a0122264_12215553.jpg
▲ ヒメアカネの♀です。
a0122264_12213766.jpg
▲ 大半のヒメアカネは未成熟でしたが、中には赤くなったヒメアカネ♂もいました。
a0122264_12250893.jpg
▲ モノサシトンボの♂です。

a0122264_12260793.jpg
▲ 小さなガを捕食するキイトトンボです。
a0122264_12292933.jpg
▲ オオルリボシヤンマの♂です。
a0122264_12322507.jpg
▲ オニヤンマの♂です。

 池の上を周回しているオオヤマトンボをゲットしたのですが、子どもたちと観ていて写真を撮るのを忘れてしまいました。

 9月27日には、作手の田んぼで赤とんぼの観察会を予定しています。



 ご参考

 これまで作手で観察されたトンボです。
a0122264_14031585.jpg

by tombo-crazy | 2015-08-25 21:12 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日のカエル谷

8月18日(火)うすぐもり 25℃(9:00)

今日はカエル谷の作業日でした。
昨日、カエル谷は、たくさん雨が降ったようで、各取水口は砂で塞がっていました。
イノシシたちも派手に暴れまわったようです。
と言うことで、私たちの仕事は尽きることはありません。
水周りの補修を終えた後、久々にトンボ見をしました。
以下、今日のトンボたちです。

a0122264_21235686.jpg
a0122264_21240926.jpg
a0122264_21245402.jpg
▲ スコップを取りに小屋の裏へ行くと、オニヤンマが産卵をしてました。
大雨で流れが変わり、小川になっていたので産卵に来たと思われます。(作業開始前の1枚です。)

a0122264_21282886.jpg
▲ トンボ上池にはネキトンボが入っていました。
a0122264_18054924.jpg
▲ ヒメアカネです。 腹部が赤くなるのは8月末以降でしょうか。
a0122264_21300774.jpg
▲ 林縁にいたオオアオイトトンボの♂
a0122264_21345178.jpg
▲ トンボ池の西の沢にはオニヤンマが停まっていました。
a0122264_17374420.jpg
▲ 他にも数頭のオニヤンマがいました。

a0122264_17413254.jpg
▲ 一週間ほど前からオオルリボシヤンマも池の上を飛びまわっています。

今日のカエル谷にいた他のヤンマは、マルタンヤンマ(産卵)とギンヤンマでした。
a0122264_21381634.jpg
▲ ♂たちのちょっかいに負けず、長いこと交尾していたオオシオカラトンボのカップルが、水辺の草に停まるのを諦めこちらへ向かって来ました。
「おお、ここならいいね。」と言ったかは?ですが、安定してますから停まり心地はいいはずです。
a0122264_21383067.jpg
▲ ちょっと角度を変えて。
a0122264_21385263.jpg
▲ Sさんの頭に停まったのでした。
a0122264_21442743.jpg
▲ オオシオカラトンボの若い♀です。

 他にはキイトトンボ、シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、チョウトンなどがいた今日のカエル谷です。


おまけです。

a0122264_17472021.jpg
a0122264_17480665.jpg
a0122264_17474769.jpg
▲ オオケマイマイのようです。
a0122264_17495883.jpg
a0122264_18025983.jpg
a0122264_18033503.jpg
▲ 胸に斑紋がありますが、何カマキリでしょうか? 翅がないのでまだ若いようです。
腹部先端を反らしていると、腹部が葉っぱのように見えます。
 



by tombo-crazy | 2015-08-18 21:46 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

ちっと遠出

8月12日(水)晴れ
 友人の両生類研究所が開設15周年との記事が、先日、顔写真入りで中日新聞に載っていたので、
 お祝いに行って来ました。
 そして、帰りの時間にトンボを観て来ました。
 我が家からは車で2時間半ほどですが、長野県です。(豊田市は岐阜県と長野県に接しています。)


その① アキアカネ

 標高が1200~1400mの高原ですから、涼しいだけでなくアキアカネを期待しましたが、
 探し回ってやっと数個体見つけただけでした。
 一方、ウスバキトンボは千はいるかと思える数が群れ飛んでいました。
 アキアカネが少なかった要因は温暖化のためでしょうか?
 あるいは平地のアキアカネ激減の影響でしょうか?
 どちらも絡んでいるのかも知れません。
 ちなみに高原の温度は12:30のときに25℃と平年よりやや高めでした。

a0122264_14293090.jpg
a0122264_14295190.jpg
▲ 辛うじて見つけたアキアカネ。
a0122264_14370677.jpg
a0122264_14432250.jpg
▲ 山頂も含め探して歩いたのですが、枝先にもアキアカネの姿が見れませんでした。
a0122264_14451961.jpg
▲ ウスバキトンボです。どこへ行ってもたくさんいました。

 他にはクロイトトンボやマユタテアカネ、オニヤンマ、ギンヤンマなどがいました。


a0122264_16152533.jpg
a0122264_16121091.jpg

山を後にする前、ある水辺へ寄ってみましたが、日照りが続いているせいか、水位が半分以下になっていました。
期待したルリボシヤンマはいませんでしたがタカネトンボがいました。


近くで意外なものに出会えました。 おまけです。
a0122264_15052938.jpg
▲ 池の畔にいたカワガラスの若鳥です。
カワガラスは渓流の鳥のイメージが強いのですが、決めつけてはいけないですね。
a0122264_16002475.jpg

▲ 笹の葉の中にいたベニスズメ(スズメガ科)です。



その② 山を下る途中ですごいものを観る!

峠を過ぎてすぐのことです。
妙な飛び方のトンボが目の前を横切り、左の林の木に停まった感じがしました。
車を止めて戻って来ると、ガードレールの向こうのヒノキの葉にヤンマの仲間が停まっていました。
a0122264_15134045.jpg
▲ マルタンヤンマの♂のようですが、何か変です。あるべきものがないのです。

ガードレールを乗り越え、小川を渡り、近くで観ました。やはりありません。
木の枝を足の所へ持っていくと、乗り移って来ました。
a0122264_15132827.jpg
a0122264_15130079.jpg
▲ 頭のないマルタンヤンマの♂です。

初めて手にとって観るマルタンヤンマの♂ですが、頭がないため、あのきれいなブルーの眼もありません。
でも、胸と腹部の色合いは何とも言えない美しさでした。

以前、腹部がない状態で飛んでいるトンボを観たことがありますが、頭がなくなっているのに飛んでいるトンボは初めて観ました。
それにしても、何にやられたのでしょうか。 
頭はなくとも、このトンボは生きている意思があるように感じました。
医学の力で活かされている植物人間よりは、最後の力を振り絞って一生懸命生きているように感じましたので、また、元の所へ停まらせておきましたが、もう飛ぶことはありませんでした。
どうやら私が目撃した時は、頭を失った直後の最後の飛翔だったようです。
マルタンヤンマがいた所は、標高が880mの山間部です。



その③ 川で

朝方覗いた時は釣り人や川遊びの方たちがいてトンボを観る雰囲気でなかったので、スルーしたのですが、帰りが夕暮れ時だったので、めったにないことなので寄ってみました。
a0122264_16433287.jpg
双眼鏡で覗くと、コオニヤンマのようなトンボがいました。
その上、朝と違い、人間は一人もいません。
と言うことで、身支度をして河原へ降りると、オナガサナエがいたるところで停まっていました。
♀を待っているのでしょうか? 10数頭はいたと思います。
交尾したと思ったら、すぐ解けてしまったペアもいました。
1頭だけですが、産卵行動も見られましたが、ツルヨシの影になってしまい、見失ってしまいました。
朝の産卵は8:30頃からと聞いていますが、釣り人が入っていると思います。
やはり、夕方以降、辛抱強く待つしかないのでしょうか。
それにしても♂が多過ぎです。

なお、写真を整理していて気付いたのですが、右側を向いているトンボが圧倒的に多かったです。
ちなみにトンボが観ている方は下流側で、川は西に向かって流れています。
私自身は、右岸側から撮っています。
トンボたちは暗い方を背にして、明るい方を見ているのでしょうか?
それとも、下流を見ているのでしょうか?
♀が来る方向は下流なのでしょうか?
あるいは、明るい方を向いていたほうが他のトンボが見つけやすいということでしょうか?
トンボの世界も不思議が一杯です。

a0122264_16452982.jpg
a0122264_16460700.jpg
a0122264_16471318.jpg
a0122264_16474882.jpg
a0122264_16481807.jpg
a0122264_17231885.jpg
a0122264_16484029.jpg
a0122264_16485907.jpg
a0122264_16454693.jpg
a0122264_16443052.jpg
a0122264_21021150.jpg

コオニヤンマも♂がいました。
彼らも♀待ちのようでした。
a0122264_16575330.jpg
a0122264_16580984.jpg
a0122264_16585255.jpg
a0122264_20591078.jpg
a0122264_20593280.jpg
a0122264_21002279.jpg

ハグロトンボもいました。
a0122264_16583181.jpg
a0122264_17000508.jpg
a0122264_17002167.jpg
18:40頃になると黄昏飛翔のマルタンヤンマなどのトンボたちが増えて来ましたが、私の腕では眺めているだけでした。
下のは、辛うじて撮れてた1枚ですが、ギンヤンマと思われます。
a0122264_17042136.jpg
このポイントは、いろんな条件が良さそうなので、トンボ友を誘って再度訪れてみたいと思います。






by tombo-crazy | 2015-08-13 15:25 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

庭に来たギンヤンマ

2015年8月11日(火)晴れ

洗濯ものを干していたら、ギンヤンマが近くでうろうろしてました。産卵場所を探している感じです。
急ぎ洗濯ものを干して、カメラを取って来ました。
やはり産卵でした。

a0122264_08312936.jpg
a0122264_08315862.jpg






by tombo-crazy | 2015-08-11 08:30 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

ウスバキトンボ

8月8日(土)晴れ

夕方、家に戻り車庫入れしようとしたら、フロントガラスの前をウスバキトンボがふわふわと横切りました。
停まりそうな気配でしたので、車を入れるのを止めて車内から観察していると、生垣の隅に消えました。
静かにドアを開けて覗き込むと、1頭のウスバキトンボが停まっていました。
どうやら今夜はここがねぐらのようです。

a0122264_15003756.jpg
a0122264_15005251.jpg
a0122264_20475720.jpg




by tombo-crazy | 2015-08-09 15:03 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

水辺で遊ぶ子どもたち

8月8日(土)晴れ

今日はカエル谷へたくさんの子どもたちが遊びに来てくれました。
子どもたちは豊田市内の五ヶ丘東小学校の児童とそのご家族と先生方で、「夏休みおもしろ講座」で来てくれましいた。今回が6回目です。
私たち「カエルの分校」は、なつかしい生きものたちが絶えないようにと、高齢化などで耕作を止めた山間の田んぼを周囲の山ごとお借りして、水辺として再生し、維持管理しながら、生きものたちが戻って来たそれらの空間を子どもたちに解放しています。
各地に似たような空間はあると思いますが、分校が管理している空間の一番の特色は、子どもであれば、生きものを自由に捕まえていいことです。
出来れば全国のどの小学校区にもトンボが20種はいる環境を取り戻し子どもたちに昆虫採集を復活させてあげたいと思っています。
大人やその道のプロの方と違い、捕ることにあまり慣れてない子どもたちです。
子どもは、見るだけではなく、自分で捕まえ、手で触れて、遊ぶことを通して、生きものや自然に少しずつ親しみが湧いて来ると感じています。
家に持ち帰って飼ってみることもいいでしょう。
ほとんどは死んでしまいますが、何とか生かしたいとの思いで飼育する過程で、子どもたちは多くを学ぶのではと思っています。
それに、子どもが捕またくらいで消えてしまわないようにすることが、自然のことをあまり考えることなく、高度成長時代を突っ走って来た私たち世代の責務のように感じています。
a0122264_14045146.jpg
a0122264_14050880.jpg
a0122264_14061099.jpg

a0122264_14053114.jpg
a0122264_14070277.jpg
a0122264_14072163.jpg
a0122264_14073944.jpg
a0122264_14075689.jpg
a0122264_14082422.jpg
a0122264_14085403.jpg
a0122264_14091660.jpg
a0122264_14093647.jpg
a0122264_14100286.jpg
a0122264_14103204.jpg
a0122264_14111865.jpg
a0122264_14114026.jpg
a0122264_14120283.jpg
a0122264_14122772.jpg
a0122264_14125180.jpg
a0122264_14130779.jpg
a0122264_14132253.jpg
a0122264_14145119.jpg
a0122264_14151301.jpg
▲ 大きなドジョウを捕ったとおじいちゃんへ見せに来た女の子です。
 もっとたくさん捕ったら、ドジョウのかば焼きが出来そうですね。
 ギンヤンマを捕まえた女の子もいました。
a0122264_20551190.jpg
▲ 休憩所の柳の木に停まったオオシオカラトンボのカップルです。
a0122264_14190644.jpg

▲ オニヤンマも3頭飛んでいました。
a0122264_14210464.jpg
▲ タガメを捕まえた人も何人かいました。
a0122264_14212035.jpg
a0122264_14223015.jpg
a0122264_14183864.jpg
▲ 記念写真です。 また、遊びに来てくださいね。

数日前から準備をし、今朝早くからカエル谷へ入り、サポート頂いた分校のみなさんにも、改めてお礼申し上げます。





by tombo-crazy | 2015-08-09 14:36 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

再びヤブヤンマの谷間へ

8月7日(金)晴れ

その① 小さな池のある谷間

先日ヤブヤンマを観た谷間へ再び行って来ました。
目的地には11時40分ごろ着きました。
準備を終え、一回りして昼ご飯を食べていると、Tomboさんが上がって来ました。
気温は35℃と高いのですが、暑さ対策をして来たせいか、先日よりは凌ぎやすく、今日は夕暮れまで粘れそうです。
a0122264_11231201.jpg
▲ Tomboさんが来てすぐに入ったネアカヨシヤンマの♂です。

その後はヤブヤンマが時間をおいて♂2個体と♀1個体が来ました。
a0122264_11361256.jpg
▲ 13:17 に入ったヤブヤンマの♂です。
a0122264_11382315.jpg
▲ 同じ個体を見る位置を変えて捕りました。 (14:06)
a0122264_11395341.jpg
▲ 14:05のとき、新たに入ったヤブヤンマの♂です。
先に入っていた個体とは4mほどの所に停まりましたが、お互い牽制する様子はありませんでした。 
a0122264_11402166.jpg
▲ 先に入ったヤブヤンマ♂ですが、一度飛んでから、15:31に再び戻って来て停まったところです。
a0122264_11502036.jpg
a0122264_11503713.jpg
a0122264_11505300.jpg
▲ 15:42に、入っていることに気付いたヤブヤンマの♀です。
右後ろ翅が破れた♂とは2mも離れていませんでした。 いつ入ったのか、Tomboさんも私も気付きませんでした。
ひょっとしたら、人間も含めた♂たちが入る前から、この枝で休んでいたのかも知れません。

他にはシオカラトンボ、オオシオカラトンボ、クロイトトンボ、モノサシトンボ、キイトトンボ、ヒメサナエなどがいました。

a0122264_12060612.jpg
▲ 3時近くになったら、なぜか水面近くから離れて、ヤンマたちのように木の枝で休むオオシオカラトンボの♂です。
同じような行動は3個体いました。
a0122264_12110599.jpg
a0122264_12115940.jpg
▲ モノサシトンボは暑い中、産卵するペアが多かったです。

a0122264_11555652.jpg
▲ 「こちらにオニヤンマが停まってますよ」と教えていただいて撮ったオニヤンマの♀です。
105mmのレンズでそ~っと近づいて撮りました。池より下の草むらにいました。(15:50)

 

おまけ
a0122264_12005422.jpg
▲ 池の下のほうのポイントでヤンマを探していたとき偶然見つけたニイニイゼミです。 (11:51)

オニヤンマを撮った後、Tomboさんがコシボソヤンマを撮りに、今から川へ行くとのことで、同行させて頂きました。
私としての狙いは、コシボソヤンマは撮れたらで、オナガサナエです。



その② とある川の中流域

a0122264_12200904.jpg
▲ 目的地には16:20頃に着きました。
a0122264_12205699.jpg
▲ たくさんのハグロトンボがいました。100~120頭はいる感じでした。
環境からすると、6月~7月中頃までに来れば、アオハダトンボに出会えるかも知れません。

a0122264_12281744.jpg
a0122264_12282944.jpg
a0122264_12275119.jpg
a0122264_12291147.jpg
a0122264_12300840.jpg
▲ 一度だけ姿を見せたオナガサナエの♂です。 何年ぶりでしょうか…。

a0122264_12315555.jpg
a0122264_12321359.jpg
▲ 辛うじて写っていたコシボソヤンマです。(18:18~18:22)
いつかはTomboさんのようにくっきり撮ってみたいものです。こうじくん共々ご指導よろしくです。

今日はTomboさんのおかげで、いいトンボに出会えました。ありがとうございます。

現在単身の身の私は、家に帰って夕食を作るには遅くなったので、東名上郷SAで夕食をとって帰り、帰宅してシャワーを浴びて、洗濯を済ませ、バタンキューで、翌日に備えました。

現地は、18:30に後にしました。











by tombo-crazy | 2015-08-09 12:45 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ミルンヤンマ

8月1日(金)晴れ カエル谷

蒸し暑い日が続いています。みなさんにはお変わりありませんか?
カエル谷から北へ35Kmほどの多治見では、今日、39.9℃を記録したようです。
カエル谷も、山の中ですが、木陰で36℃ありました。(14:24)
そんな暑さの中、トンボ観に出かけるのには訳がありました。
ひとつは、明日、松平や名古屋などから子どもたちを含む五家族がカエル谷へ遊びに来られるため、草を刈っておくことと、
35℃を超えないと観るチャンスがないと言われるマルタンヤンマやヤブヤンマの♂が観たかったからです。
しかしです、実は、私は寒さは平気ですが、暑さにはめっぽう弱いのです。
と言うことで、暑さ対策を万全にして出かけました。
水周りの点検と補修をした後、草刈りを1時間ほどやると、さすがに汗汗汗で、トンボを観る気力が萎えそうでした。
一息(二息か三息だったかも知れません。)入れてからトンボ観と言うかトンボ探しをしました。
トンボに限らず、野生の生きものとの出会いは不思議なもので、観たいと思って探すときほど観れないことが多いです。
いつもは、この時期たびたび観れるマルタンヤンマの♀でさえも、なぜか今日は観ることがありませんでした。
ヤンマと言えばオニヤンマにギンヤンマで、その他のトンボは普通種だけです。
1時間ほど探しても見つからないので、もう一周したら帰ろうと決めて、トンボ池近くの山裾を歩いているときです。
視界にヤンマらしいトンボが入りました。
木々の間を覗き込むようにしていました。
停まるな…と思って眼で追っていたら、木々の間に消えたきり出て来ませんでした。
停まったようです。
そのとき、先日のTomboさんの言葉を思い浮かべました。
「停まったばかりのときは、ちょっとした刺激で飛んでしまうので、そ~っと撮るように…」
はやる気持ちを抑え、カメラのセッテングや太陽の位置や足場の確認をしてから、そ~っと覗き込むと、
いましたいました。小川の向こう4mほどの木の枝です。

a0122264_20471287.jpg
a0122264_20474994.jpg
a0122264_20480940.jpg
a0122264_20482764.jpg
▲ ミルンヤンマの若い♀です。 カエル谷では初めて観る63番目のトンボです。
ミルンヤンマは、寧比曾岳などで観たことはありましたが、渓流の源流域だけでなく、カエル谷のような小さな沢にもいたので驚いています。

ほかには、以下のようなトンボがいました。 蒸し暑かったですが、報われた今日のカエル谷です。

a0122264_21065920.jpg
a0122264_21072209.jpg
a0122264_21074919.jpg
a0122264_21082079.jpg
a0122264_21084947.jpg
おまけです。
a0122264_21092734.jpg





by tombo-crazy | 2015-08-01 21:09 | トンボの楽園づくり | Comments(0)