<   2015年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

赤とんぼ探し

2015年9月30日(水)うすぐもり

 稲刈りの頃、各地で普通に見れた赤とんぼ(アカネ属)も、今は、探し回らないと見ることが出来ません。

 先日も、中部地区のテレビ局CBCが、「秋の使者に異変・消えた赤とんぼ」と言う番組を放映していました。
その中で番組スタッフの人たちが、アキアカネを求めて三重県の菰野町でトンボ捕り網を持って探し回ったのですが、
アキアカネは確認出来ませんでした。
案内役のトンボ研究家石田昇三さん(84)によれば、菰野町ではここ10数年見てないとのことでした。
なお、菰野町はアキアカネのマーキング調査で知られた御在所岳の麓の町です。
マーキング調査は1973年頃からやってられるようですが、アキアカネがどこまで飛んで行くかの関心は高かったようですが、
足元のアキアカネの生息数や環境の変化に対する視点(活動)が不足していたように思います。
でも、一つだけ救いがありました。
地元菰野町で、アキアカネ復活を願ったコメ作りの方を紹介していたことです。
今からでも遅くないと思います。
以前と比べ少なくなっているとは言え、御在所岳には、夏の間、どこからか飛んで来たアキアカネがいるのですから、
麓の環境を良くして、一部のアキアカネが菰野町に舞い降り、田んぼで卵を産んでくれるようにすればいいのです。
上空を通り過ぎたり、産卵しても羽化につながらない田んぼを減らすことです。
さしあたっては、山頂でのマーキング調査に当てているパワー配分を見直して、農家の方と力を合わせ、稲刈り後、産卵に適したジュクジュクした田んぼを増やすことです。

 なお、アキアカネの場合、水深を深くし過ぎると、産卵を避ける傾向にあります。
コンバインの轍や、人間の足跡に水が残るくらいが適しています。
そして、産卵に来た田んぼを手分けして確認し、地図に落としておきます。
産卵を確認した田んぼは翌年は大豆や小麦でなく、水を必要とするコメを作ることです。
品種によっては、アキアカネの生活史と田んぼに水が入っている時期が合わない場合がありますが、
孵化から幼虫の期間の6~7割が重なっていれば、ある割合はトンボになりますので大丈夫です。
そして、有害性が判っている箱処理剤の使用は止め、他の農薬についても出来るだけ使用を少なくして、
6月になったら手分けして羽化の確認をします。
羽化が確認出来た田んぼは、産卵を確認した田んぼ同様、地図に落とします。
次の年は、羽化が確認出来た田んぼと同じ品種か、同じようなコメ作りの田んぼを増やせば、菰野町にもアキアカネは復活します。
このことは、全国各地で展開可能です。

 ただ、地域によっては、農業関係者の都合で、ブロックローテーション(集団転作)される場合もあります。
農業関係者が生きていくためには、現状では仕方がないので、将来、転作のやり方を見直すまでは、協力頂ける田んぼだけでもやることです。
それでも、何もやらず、赤とんぼがいなくなったと思っているだけよりは効果があります。

 それと、担い手不足で耕作を止めた田んぼを、トンボのための水辺として再生し維持することで、アキアカネをはじめ、たくさんのトンボを呼び戻せます。
産卵適地が減っているだけに、トンボたちは、より良い水辺を探して彷徨っているのですから、たいていの場合来てくれます。
水辺に多様性を持たせれば、トンボの種類も期待出来、トンボ以外の生きものにもプラスします。
トンボの良い点は、翅がありますから、環境さえ良くすれば、トンボのほうから来てくれることです。
持ち込まなくてよいのがトンボの良さです。(持ち込みに伴う問題がない)

 とりあえず、やる気のある人を2~3名募りスタートすることです。
年ごとに増えて来るトンボを観れば、賛同者は増えて来ます。
 トンボが戻って来たら、子どもたちを招いて、一緒に羽化や産卵の観察をし、数が増えて来たらトンボ捕りをして遊んでもらうのも、子どもたちには楽しく科学をする眼を育てることにつながります。

 今の時期にやることは、産卵している田んぼの確認です。
そして、翌年の4月頃までに、農家の方の協力を取り付けることです。
トンボは益虫ですから、増えることを嫌がる農家の方は少ないです。
ただ、心配事は、農薬を減らすので、人手がかかることや、品種の見直しなどです。
農協にも間に入って頂き、一緒に考え、行動することです。
 私たちの場合、JAあいち豊田さんとも協力し合いアキアカネなどの赤とんぼ復活に取り組んでいます。

 全国各地で、アキアカネなどの赤とんぼのことを考えたコメ作りがされることを願っています。
田んぼを持ってない方は、お米を食べることで貢献できます。
パワーややる気のある方は、耕作放棄田の活用をぜひ、やってください。
それらが赤とんぼの減少に歯止めになります。

 アキアカネの場合、一番の減少要因は、減反政策などの影響で毎年コメを作らない田んぼが増えていること、そして箱処理剤など一部農薬の影響のように感じています。
米価の下落は、耕作者の意欲を奪っています。
でも、諦めてはいません。

 アサギマダラのマーキング調査も、どこまで飛んで行ったかが興味の対象となっている点、気がついた時には、激減していたとならなければと思います。


 前置きが長くなりましたが、赤とんぼたちはいたのでしょうか?

 調査地① 9:10~10:25 岡崎市渡通津町(わつづちょう)
      標高300~280mの山々に挟まれた、標高210mに田んぼがある住民12名の集落です。

a0122264_18465615.jpg
a0122264_18444469.jpg
      どの田んぼも稲刈りが済んでいました。(栽培品種はミネアサヒ)
      確認出来たアカネ属 アキアカネ(25+)、リスアカネ(3…♀のみ)、ヒメアカネ(2)
a0122264_18313234.jpg
a0122264_18362255.jpg
▲ アキアカネは7ペアの連結産卵も確認出来ました。(獣害対策ワイヤーメッシュ柵越しに撮影)
a0122264_18322991.jpg
▲ ヒメアカネです。15年ほど前と比べ耕作を止めた田んぼが増え、一部湿地化していた関係のようです。

a0122264_18330486.jpg
a0122264_18332058.jpg
▲ 意外だったのは、リスアカネです。確認出来たのは♀だけでしたが、谷間の小池には♂もいるようです。

  畑仕事をされていた2人のご婦人の話では、イノシシだけでなく、サル、ニホンジカ、ハクビシン、タヌキなどもいて
 池へ行くには、二重に張られた獣害対策の柵があるので大変ですよ。とのことで、行くのは止めました。

 なお、谷間の奥の沢筋にはミルンヤンマが探雌飛翔をしていました。一度産卵を観てみたいです。

 
 調査地② 11:15~13:25 設楽町豊邦
      標高900~1000mほどの山々に挟まれた、標高470mの国道と渓流の間の田んぼです。
      調査地①同様、稲刈りは済んでいました。(栽培品種はミネアサヒ)
      ここも、数年ほど前からワイヤーメッシュ柵で囲われていますので、地主さんに目的を告げて、田んぼへ入らせて頂きました。
      確認出来たアカネ属 ミヤマアカネ(150+)、アキアカネ(10+)
a0122264_10090405.jpg
▲ 2年ほど来てませんでしたが、ミヤマアカネが一杯で、以前の環境が保たれていました。右手が国道。左手の茶畑の奥は渓流です。
a0122264_10155902.jpg
▲ ミヤマアカネの♀です。
a0122264_10173126.jpg
▲ ミヤマアカネの♂です。
a0122264_10185190.jpg
▲ ミヤマアカネの♀(左)と♂(右)です。
a0122264_10203494.jpg
a0122264_10204554.jpg
a0122264_10205723.jpg
a0122264_10211276.jpg
▲ ミヤマアカネたちの交尾です。
a0122264_10232300.jpg
a0122264_10243056.jpg
a0122264_10244225.jpg
a0122264_10253371.jpg
a0122264_10302995.jpg
▲ ミヤマアカネの連結です。 交尾に疲れたのか、交尾の前の小休止なのか、あるいは産卵に疲れの休止かも知れません。
  たくさんのペアたちでした。
  数がいるせいか、♂同士が争う姿はほとんどありませんでした。ミヤマアカネにとっては桃源郷と言ってよさそうです。
a0122264_10354805.jpg
a0122264_10355903.jpg
a0122264_10361036.jpg
a0122264_10362058.jpg
a0122264_10363126.jpg
a0122264_10371811.jpg

a0122264_10374046.jpg
a0122264_10375232.jpg
▲ ミヤマアカネの連結産卵です。
a0122264_10395124.jpg
▲ 数頭でしたがアキアカネもいました。写真は♀です。


 調査地③ 14:25~15:15 設楽町東納庫(したらちょうひがしなぐら)
      標高1190mの奥三河の名山碁盤石山や1072mの仏庫裡(ぶっくり)などに囲まれた標高650mほどの準平原にある広々とした田んぼです。 
      この地域は、毎年ノシメトンボが多数確認されていますが、時間が遅いこともあり数はわずかでした。
      田んぼは稲を刈り終えた所(アキタコマチなど)と、これからの所が半々でした。
      確認出来たアカネ属 ノシメトンボ(7)、アキアカネ(3)
a0122264_12435856.jpg
▲ 東納庫の風景です。背後の山は岩岳(1051m)です。

a0122264_12581667.jpg
a0122264_12582620.jpg
a0122264_12583731.jpg
▲ ノシメトンボの単独産卵です。 時間が遅かったせいか、この個体だけでした。
 次回は午前中に入り、連結産卵を観たいと思います。
a0122264_12592176.jpg
a0122264_12593845.jpg
▲ ♂たちはお休みモードでした。
a0122264_13003295.jpg
▲ 休んでいる♀もいました。
a0122264_13055218.jpg
▲ ノビタキが10数羽いました。


 調査地④ 14:35~16:10 設楽町西納庫(したらちょうにしなぐら) 
      今日、最後の調査地は、碁盤石山(1190m)から西へ流れる本洞川沿いにある標高640mほどにある田んぼです。
      時間が遅かったのですが、アキアカネ(20+)、ミヤマアカネ(152+)、ヒメアカネ(3)、マユタテアカネ(2)が確認出来ました。
a0122264_22305490.jpg
a0122264_22312757.jpg
a0122264_22335189.jpg
a0122264_22350630.jpg
a0122264_22300076.jpg








by tombo-crazy | 2015-09-30 23:30 | トンボ見て歩記 | Comments(2)

都会のナツアカネ

 9月21日(月)晴れ

こうじ君からナツアカネを探しませんかとメールが入り、平針の田んぼへ行きました。
近くにはオニヤンマもいるとのことで、少し早めに行きました。確かにいそうな環境がありました。

10時頃、どこですかのメールが入り、互いに声を出して無事合流。
こうじ君は友だちと一緒でした。
手分けして探し、♂のナツアカネを10頭ほど見つけたとき、「連結がいま~す!」のこうじ君の声。
広い田んぼでは、こうして手分けすると早く見つかりいいですね。
と言うことで、今日の成果です。

a0122264_18205236.jpg
a0122264_18210596.jpg
a0122264_18211957.jpg
a0122264_18230937.jpg
 ▲ ♀を探しているのでしょうか単独で稲穂の上を飛ぶナツアカネの♂たちです。

a0122264_18274272.jpg
a0122264_18281024.jpg
a0122264_18264321.jpg
 ▲ 暑いせいか、時々休む♂たちでした。

a0122264_18405079.jpg
a0122264_18413307.jpg
a0122264_18311481.jpg
a0122264_18420434.jpg
 ▲ 10:40頃になると、交尾ペアも出て来ました。
 ただ、不思議なのは、それまでの時間に♂の数は10数頭見ているのですが、♀が1頭も見つからなかったことです。
 稲の間で目立たぬよう休んでいたのでしょうか。

 11:12 初めての連結ペアが確認できました。
 以後、ぱらぱらでしたが、8ペアの連結産卵を見ることが出来ました。
 もう少し涼しくなったら、もっとたくさん見ることが出来るかもしれません。

a0122264_18470549.jpg
a0122264_18505693.jpg
a0122264_18511463.jpg
a0122264_18513447.jpg
a0122264_18525570.jpg
a0122264_18515583.jpg
 ▲ 連結産卵するナツアカネです。
 ただ、暑さのせいか、途中で連結を解き、単独産卵をするペアがいました。
 人間でも暑さの中は大変ですから、トンボたちもお疲れモードのようです。

a0122264_18580569.jpg
a0122264_18571110.jpg
a0122264_18565907.jpg
 ▲ 連結を解き単独産卵する♀たちです。
a0122264_18595054.jpg
a0122264_18593901.jpg
 ▲ ♀の産卵を見守る♂です。

a0122264_19022585.jpg
 ▲ 今日の観察地です。 地下鉄の駅から0.6kmほどに広々した田んぼがありました。(名古屋市)
a0122264_19041900.jpg
▲ 対岸ではトンボ捕りをする子供たちがいました。いまどき珍しい光景です。
 狙いはギンヤンマとオニヤンマととのことでした。
a0122264_19051134.jpg
▲ こうじ君と友だちです。

 
 コメ作りの工業化とも言えそうな農業の近代化の中で、アカネ属はどんどん姿を消しています。
 私の住む豊田市でもナツアカネを見るのは、大変稀なことです。
 そんなことを知っているこうじ君が、ナツアカネがいそうだからと誘ってくれた今日のトンボ見でした。
 おかげでナツアカネの産卵をしっかり観ることが出来ました。
 感謝感謝です。


 今日のおまけ

 今朝、庭にサンコウチョウの若い♂が2羽いました。
 我が家の庭は渡りのルート上にあるらしく、毎年いろんな野鳥が休憩に立ち寄ります。

a0122264_19223342.jpg



















by tombo-crazy | 2015-09-21 19:11 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

トンボの生息地を守る人たち

9月19日(日)快晴 気温 26~30℃

 久々の快晴に、上海での仕事を終えて帰国したいよさんを誘い、今年初めて日吉の池に行って来ました。
 目指すはマダラナニワトンボです。
a0122264_21552006.jpg

 現地へは10:30に着きました。
 例年と比べ、池の水位が15cmほど低下しています。
 どうしてだろうと吐き出し口を確認すると、水位調節板が外されていました。
 どうやら近く保全作業があるようです。

 マダラナニワトンボが水辺へ出て来る時間は、ほぼ決まっていて、この池の場合、今の時期は11:15頃です。
 それまでの間、ネキトンボの産卵などを楽しませて頂きました。

a0122264_21042608.jpg
a0122264_21023033.jpg
a0122264_21030017.jpg
▲ ネキトンボです。
a0122264_21054019.jpg
a0122264_21064928.jpg
▲ マユタテアカネです。
a0122264_21080651.jpg
▲ ルリボシヤンマです。

 11:07 最初のマダラナニワトンボの♂が単独で水辺へ来ましたが、日の当たる水面近くを避け、木陰の草地の上でホバーリングをしたり休んだりを繰り返した後、どこかへ消えてしまいました。
a0122264_21120432.jpg
a0122264_21130012.jpg
 11:16 連結したペアが来始めました。
a0122264_21154681.jpg
a0122264_21152345.jpg
a0122264_21165345.jpg
a0122264_21180145.jpg
a0122264_21181723.jpg
a0122264_21183504.jpg
a0122264_21185703.jpg
a0122264_21191604.jpg
a0122264_21194723.jpg
a0122264_07544955.jpg
a0122264_07450866.jpg
a0122264_07320941.jpg

a0122264_07334080.jpg
a0122264_07335461.jpg
a0122264_07445598.jpg
 ▲ 連結や単独で産卵するマダラナニワトンボです。(11:16~12:30)

 12:30までの間に、10ペアほど産卵に来ましたが、例年と違った行動が観られました。
 それは、
  ①産卵している時間が数10秒と短い。
  ②産卵を中断しては木陰に入り数10秒休憩し
  ③再び戻って来て産卵する。
  ④中には連結を解いて、単独産卵に移るペアもいた。
  ⑤弁財天を祭っている島の木陰で連結産卵していた4ペアは、1分近く産卵を継続。
 どうも気温が高過ぎることがこのような行動になっているのではと気温を測ると、木陰が26~27℃に対し、
 例年産卵が集中する東側の草地は日向になっていて、気温が30℃ほどありました。
 やはり、高過ぎる気温が、上記のような行動を採らせたようです。



 マダラナニワトンボの姿が見えなくなった頃、岐阜ナンバーの軽トラックなどが10台ほどやって来ました。
 地元、日吉町の文化財保存会の方々で、今から草刈りと、池の中に増えたフトイなどの除去をされるとのことでした。
 なお、昨年の申し送りで、マダラナニワトンボの産卵に悪影響が出ないよう草を刈るとのことで、どの辺を残したら良いか教えてほしいということになり、
 水際から2.5~3mの範囲の草を残して頂けると、マダラナニワトンボの産卵場所が確保されますとお話すると、気持よく対応してくださいました。
 昨年は、草刈りのほか、無断持ち込みにより繁茂した西洋スイレンの取り除きをされています。
 史跡でもある弁財天池には、マダラナニワトンボなどの貴重なトンボのほか、メダカなどの生きものと、ヒツジグサ、ジュンサイ、ノハナショウブなどの貴重な植物があり、
 地域の方々が力を合わせ、後世に残そうと毎年保全活動をされています。
 私たち地域外の人間は、このようなみなさんの長年の努力のおかげで、トンボや景観を楽しませてもらっていますので、トンボやヤゴを持ち帰ったりの荒らしをしないようにしたいと思います。

a0122264_21502889.jpg
a0122264_21511728.jpg
a0122264_21504426.jpg
 ▲ 弁財天池の保全作業をする日吉町文化財保存会のみなさまです。
a0122264_22243699.jpg
a0122264_22240186.jpg
▲ ヒツジグサの花とジュンサイなどの水草です。

 トンボを楽しませて頂いた上、冷たいお茶をありがとうございました。 感謝感謝


 ★おまけ★

 ①弁財天池の少し手前で、立派な角のニホンジカを観ました。
 この辺りでは初めてのことです。
 運転中だったため、写真には撮れませんでしたが、しばらく立っていたので車の中からじっり観ることが出来ました。

 ②日吉小中校南の田んぼで
 ナツアカネとノシメトンボを観ることが出来ました。
 来月初め頃にはたくさん観れると思います。
 

a0122264_22315523.jpg







by tombo-crazy | 2015-09-19 21:53 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

ルリボシヤンマを観に

9月10日(木)曇り時々晴れ間あり…雷も鳴るなど目まぐるしく変化の天候でした。

 各地に水害をもたらした台風18号が去ったので、久々にトンボ観に行って来ました。現地には11時15分着。

 目的地は家から2時間弱の県内では数少ないブナ、ミズナラの原生林もある特別風致地区です。

 さて、今日の目的のルリボシヤンマですが、堰止め湖の畔で最初に観たのは、ルリボシヤンマではなく、オオルリボシヤンマでした。
a0122264_07091106.jpg
a0122264_07114700.jpg
a0122264_07071939.jpg
a0122264_07083599.jpg
 と、言うことでルリボシヤンマを求めて東海自然歩道を兼ねた林道を奥の方へ行ってみました。
a0122264_07303206.jpg
a0122264_16295300.jpg
 ▲ ルリボシヤンマの♂です。見晴らしのきく草原ではなく、林道と草地の間のやや薄暗い所でホバーリングを繰り返していて、弁当を食べながら1時間ほど観察させていただきました。
サービス性の良い個体でしたが、時々消えることがありました。
理由は近くの草原に来た他の♂へのスクランブルでした。
他の♂が7~8mほど縄張り♂へ接近したかと思うと、すぐに追い立てにるのです。
結果は、縄張り♂が強いのか、侵入♂が遠慮するのか判りませんが、数10秒の空中戦の後、縄張り♂は元の所へ戻っていました。

a0122264_07174958.jpg
a0122264_07132397.jpg
a0122264_08262342.jpg
草地の中には、イノシシの掘り返し跡がたくさんあり、古い跡はには水が溜まっていて、それらがルリボシヤンマの産卵場所になっているようです。
これらも自然の撹乱に含めて良いのかも知れません。
a0122264_07250537.jpg
a0122264_07253097.jpg
▲ イノシシの掘り返し跡です。たくさんありました。

 草原の中には、イノシシのねぐら跡もありました。
a0122264_07281928.jpg
a0122264_08255688.jpg
▲ 秋の色合いになったアブラガヤの間を飛ぶルリボシヤンマです。

 2時頃、人の声がするので振り返ると、Tomboさんがニコニコして立っていました
以後、2人で楽しくルリボシヤンマの観察撮影をしました。
a0122264_07545330.jpg
a0122264_16305663.jpg
a0122264_07283673.jpg
a0122264_08265317.jpg
a0122264_08272298.jpg
a0122264_08274886.jpg
a0122264_07291563.jpg
 反省:出来るだけ自然光で撮りたいとの想いがあるので、ストロボ未使用が大半でしたが、光の具合が刻々変化する中での撮影だったので、結果は散々でした。
 マニアル撮影なので、暗い所では、無理をせず、ストロボを使うべきだったようです。

a0122264_08291646.jpg
蒸し暑かった今年の夏ですが、秋はすぐそこまで来ていました。


洪水で被災された方々にお見舞い申し上げます。







by tombo-crazy | 2015-09-11 07:33 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

アキアカネを探しに

9月4日(金)うすぐもり

秋雨前線の関係で、トンボ観に出れない日が続いてましたが、久々に何とかなりそうな予報でしたので、長野県の治部坂までアキアカネの確認に行って来ました。
a0122264_13101240.jpg
▲ 観察地は治部坂峠(1,187m)から蛇峠山(1,664m)へ向かう途中の「馬の背」(1,450~1,460m)です。
背後の端正な山は大川入山(1,908m)です。 ちなみに尾根伝いに北へ辿れば恵那山(2,190m)につながりますが、この素晴らしい尾根を縦走し、富士見台経由で南沢山(1,564m)へ歩く登山者はほとんどいません。
その理由としては、恵那山の南の野熊の池付近から大川入山の北隣りにある恩田大川入山(1,922m)間は所々にクマザサが生い茂る樹林帯で、小屋もなく、地図から地形を読み切る力と、テントや食料を運ぶタフさが必要とされるからです。
なお、残雪期の天気の良い日に登れば、雪を抱いた南アルプスや中央アルプスを観ることが出来ます。
岐阜や長野および隣の愛知県などの岳人の方々には、もっと登っていただきたいと思います。
余分な道や道標もないだけに、昭和30年代前半までの他人に頼らない静かな山歩きが楽しめます。

a0122264_13222033.jpg
a0122264_13230542.jpg
a0122264_13233994.jpg
a0122264_13243343.jpg
a0122264_13275857.jpg
a0122264_13282659.jpg
a0122264_13285834.jpg
a0122264_13292409.jpg
a0122264_13300435.jpg
▲ 11時頃から1時間ほどに確認したアキアカネの一部です。
たくさんのアキアカネがいるかと期待して行ったのでしたが、かつてのような群れは見られず、草地なども探して30頭ほど見つけただけでした。
 なお、前回行った茶臼山(1,416m)にはたくさんいたウスバキトンボはいませんでした。
標高の違いから来る気温の差が影響しているようです。ちなみに今回の調査時の馬の背の気温は16℃でした。

 日本のコメ作りとともに生きて来たアキアカネですが、その生息環境は益々厳しくなっているようです。
主たる要因を上げますと、

 ①毎年コメ作りをしない田んぼが増えている。
  ちなみに私の住む地域では昨年コメを作っていた田んぼの6割強はブロックローテーションの一環で、小麦の栽培に変わっています。
 ②品種の多様化により、イネの栽培時期が変わり、トンボの幼虫であるヤゴが水を必要とする時期に水がないことが多くなっている。
 ③石川県立大学の上田先生たちが指摘されてるフィプロニルやイミダクロプリド、ジノテフランなどの成分を含むイネの苗の出荷時に使用されている部農薬。
 ④来週イネを栽培しないのにアキアカネなどの産卵時期に水を張っている田んぼの増加。
 ⑤中山間地の田んぼにあっては高齢化や過疎化によるコメ作りの担い手不足による耕作放棄田の増加。
  トンボたちはそんなことになるとは知らずに、自分の子孫を残そうと産卵します。
 ⑥平野部にあっては、農業の近代化に伴う乾田化など。

などがあり、特に①が増えているのは、アキアカネに限らず、田んぼをよりどころとしていた生きものたちにとって脅威となっています。

 みなさん、お米を食べるようにしましょう。
コメの消費量が増えれば、①の要因は下がって来ます。
それと、中山間地の耕作放棄田を水辺としての再生することが、赤トンボたちには有効です。






by tombo-crazy | 2015-09-05 13:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)