<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

タベサナエの羽化

 2017年4月10日(月)曇り 気温14℃、水温10℃(11:15)

 5日にK池でタベサナエの羽化を確認とのtomboさんの情報で、
3月末に行ったきりのK池へ行くと、雨で水位が上がっていたものの、30頭ほどの羽化が観れました。
 K池着が10時少し前と遅かったので大半は翅が開いてましたが、背中から半分ほど身体を出したものもいました。
a0122264_22502776.jpg
a0122264_22512552.jpg
a0122264_22515137.jpg
a0122264_22521967.jpg
a0122264_22524381.jpg
a0122264_22530480.jpg
a0122264_22533160.jpg
a0122264_22534527.jpg
a0122264_22541312.jpg
a0122264_22542295.jpg
a0122264_22543089.jpg
a0122264_22550619.jpg
a0122264_22553555.jpg
a0122264_22555542.jpg
a0122264_22563593.jpg
a0122264_22565394.jpg
a0122264_22572032.jpg
a0122264_22573690.jpg
a0122264_22574880.jpg
a0122264_22581320.jpg
a0122264_22584874.jpg
a0122264_22591178.jpg
a0122264_22595662.jpg
a0122264_23001660.jpg
a0122264_23005566.jpg
a0122264_23011113.jpg
a0122264_23014197.jpg
a0122264_23015305.jpg
a0122264_23034982.jpg
a0122264_23042712.jpg
a0122264_23045236.jpg
a0122264_23053788.jpg

 K池には10:40頃までいて、次の目的地O湿地へ向かいました。
O湿地は、東へ1.4Kmほどですが、歩いての山越えのため11:35頃に着きました。
a0122264_23092754.jpg
a0122264_13374939.jpg
 やはり、タベサナエがたくさん羽化していました。
a0122264_23104200.jpg
a0122264_23111366.jpg
a0122264_23124624.jpg
a0122264_23131355.jpg
a0122264_23132280.jpg
a0122264_23134258.jpg
a0122264_23142458.jpg
a0122264_23145595.jpg
a0122264_23151363.jpg
a0122264_23153813.jpg
a0122264_23160577.jpg
a0122264_23164156.jpg


〔追記〕

 4月11日(火)雨 気温10℃ 水温8℃(11:10)

 雨の日の羽化の状況を確認したくK池に行ってみましたが、今回は羽化が確認出来ませんでした。
雨のせいか、気温(水温)のせいかは判りません。
かつて雨の日にタカネトンボやクロスジギンヤンマの羽化を見ていますので、もう少し観察をしたいと思います。
a0122264_23220611.jpg







by tombo-crazy | 2017-04-11 23:22 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

観れました! 今シーズン初のトンボの産卵

2017年4月5日 晴れ 気温 16℃(13:30)

 3月後半から、シーズン初の、羽化や、越冬トンボたちの産卵を見ようと
晴れの日は、いろんな水辺を訪ねていましたが、
例年より気温が低いことなどで、見れない日が続いていました。
それでも、今日は見れるかも…と、水辺に出掛ける私でしたが、
やっと、ホソミオツネントンボ2ペアの産卵を観ることが出来ました。


 最初に寄ったT地区の水辺は、タベサナエの羽化狙いでしたが、羽化はなし。
その代り、先日に続き、成熟したオツネントンボの♂を観ることが出来、
咲き始めたシデコブシの花を楽しむことが出来ました。
a0122264_10301242.jpg
a0122264_10461093.jpg
↑ 成熟し、複眼が青味がかったオツネントンボの♂(4月2日に初認)


a0122264_10020443.jpg
↑ シデコブシ(モクレン科) 
     州伊勢湾要素(東海丘陵要素植物群)の一つで、環境省の準絶滅危惧種に指定されています。
     岐阜、三重、愛知の湿地に見られますが、タムシバやコブシより小さいこともあり、
     園芸種として改良され、各地の公園や庭でも、似た感じのものを観ることが出来ます。
     この花がほころぶ頃、加茂地方では、タベサナエやシオヤトンボの羽化が確認出来ます。


 次に寄ったK地区の水辺では、シオヤトンボやタベサナエの羽化は確認出来ませんでしたが、
成熟しかかったホソミオツネントンボを、複数、水辺近くの林で観ることが出来、
ハルリンドウの群落も見れました。
ホソミオツネントンボ♀も1頭いたのですが、取り逃がしました。
今の時期は、越冬トンボたちも冬のようにじっとして居ることなく、見つけるのが遅れると、飛ばれて見失ってしまいます。
でも、慣れて来ると、いそうな所は、雰囲気で判るようになります。
a0122264_14150214.jpg
a0122264_14154509.jpg
a0122264_14210827.jpg
a0122264_14344482.jpg
a0122264_14362327.jpg
a0122264_14373710.jpg
a0122264_14383145.jpg
a0122264_14390134.jpg
↑ ハルリンドウです。白い花もありました。


 ひと月ほど前に見つけた二つの池も行ってみましたが、
山の中にあるせいか、羽化はありませんでしたが、時々越冬トンボが見れただけでしたが、
どちらの池も林の中にあり、湿地が隣接し、水は澄み、コイもいなく、今後に期待できる雰囲気のある池でした。
木々の花もきれいでした。
a0122264_14443444.jpg
↑ K池
a0122264_14455776.jpg
↑ KO池
a0122264_14493350.jpg
↑ コウヤミズキ(マンサク科)
a0122264_14510758.jpg
↑ シロモジ(クスノキ科)
a0122264_14523509.jpg
↑ タムシバ(モクレン科)

湿地には、ハルリンドウもたくさんありました。



 山間部の水辺は、越冬トンボはいるものの、羽化したてや産卵シーンは見れなかったのですが、
平地なら多少水温が高いので見られるかもと、
午後からは、平地に近い丘陵地の三ヶ所の水辺を探しましたが、トンボの姿はなく
諦めかけたのですが、
昨年、ハラビロトンボの羽化を観た水辺も見ておこうと、水位が落ちてしまった某池の水際を歩いていると、
連結で飛ぶトンボが、2ペアと単独♂が水面近くを飛んでいました。
産卵モードなのですが、産卵基質となる草がないせいか、水際をうろうろしていました。
いいことを思いつきました。
土手の草を抜いて束ね、水面に置くと、すぐに産卵に来てくれました。
後、1週間もして、水際に草が出揃ったらば、たくさんのイトトンボたちの産卵が観れると思います。
a0122264_20284021.jpg
a0122264_20383433.jpg
a0122264_20364358.jpg
a0122264_20304619.jpg
a0122264_20320607.jpg
a0122264_20330355.jpg
a0122264_20343717.jpg




by tombo-crazy | 2017-04-05 20:44 | トンボ見て歩記 | Comments(0)