コヤマトンボの羽化

2017年5月27日(土) 晴れ

今日は、歩さん、イヨさん、モンさんのトンボ狂会のみなさんと一緒のトンボ観です。
目的のS川には、8時頃入りました。

a0122264_09435285.jpg
↑ 入川地点から上流側を見たところです。
a0122264_09453882.jpg
↑ ワンドです。水がないときもあります。

時間的には、羽化中の個体が観れる可能性があったので、
探しながら400mほど上流まで川の中を歩きました。

a0122264_09535595.jpg
a0122264_09552993.jpg
a0122264_09555959.jpg
↑ コヤマトンボの羽化殻です。

先日より水かさが増していて、トンボの姿も多く感じました。

目の前を横切り、岸辺の木に留まったトンボがいました。
ホンサナエの♀でした。 ↓
a0122264_11011494.jpg
a0122264_11074164.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。
a0122264_11101527.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_11114608.jpg
a0122264_11134589.jpg
↑ アオハダトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11181894.jpg
a0122264_11172288.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11205087.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_11223321.jpg
a0122264_11300747.jpg
a0122264_11292657.jpg
↑ ハラビロトンボの♀(上)と若い♂(中)と成熟♂(下)です。
a0122264_11443882.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

11時頃、トンボ界の大先輩、Uさんが見えました。
羽化状況調査と言うことで、羽化殻を同定しながらカウントし、回収されていました。
Uさんは、ムカシトンボの研究を20数年やってられる方です。
以後、S川の以前の様子やトンボのお話を伺いながら、一度上流へ行き、
戻って来るとき、諦めかけてた羽化個体を見つけることが出来ました。
死角になっていたのです。
a0122264_11510747.jpg
a0122264_11524643.jpg
a0122264_11531704.jpg
a0122264_11542808.jpg
↑ 羽化中のコヤマトンボ♂です。


 おまけ

アオサナエ、アオハダトンボと青が続いたので、トンボではありませんが青つながりでアオダイショウです。 ↓
a0122264_12005177.jpg
もうひとつは
a0122264_12034903.jpg
↑ 何グモでしょうか?
始め、コヤマトンボのヤゴかと思い、近づいたらクモでした。


a0122264_12155525.jpg
a0122264_12162636.jpg
a0122264_12171828.jpg

みなさんと一緒のトンボ観で、楽しい1日でした。















# by tombo-crazy | 2017-05-27 22:23 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

カエル谷の後、川へトンボ観

2017年5月24日(水) 晴れ

その① カエル谷

県の農業総合試験場の研究員の方々が、カエル谷へ来られました。
目的は、田んぼの側溝(排水路など)に落ちたカエルの脱出装置関連での調査です。
正式には、「農業水路に転落したカエル類の脱出装置」と言われるものです。
これまで、トノサマガエルやダルマガエル、ツチガエルなど種ごとの運動能力や、装置からの脱出率や時間は調べられています。
a0122264_06493962.jpg
今回は、同じトノサマガエルでも、地域群による運動能力に差がないかの確認のため、
カエル谷のトノサマガエルのDNAの確認です。
私たちカエルの分校は、カエルなどの身近な生きものが次の時代に絶えないようにと
活動していますので、これまでもご協力させて頂いてました。

a0122264_06513136.jpg
↑ 皮膚の粘液を採取しているところです。
a0122264_06521771.jpg
↑ 粘液を採取してもらったカエルです。
後で、捕まえた辺りに放たれます。

この時期のカエル谷には、モートンイトトンボがたくさんいます。
a0122264_06592618.jpg
↑ モートンイトトンボの若い♀です。
a0122264_07090239.jpg
↑ モートンイトトンボの成熟した♀です。
a0122264_07013620.jpg
↑ モートンイトトンボの成熟した♂です。
a0122264_07063727.jpg
↑ モートンイトトンボの連結です。



その② S川

イヨさんとカエル谷から直行したのですが、すでにtomboさんが来てました。    
a0122264_18513325.jpg
a0122264_09163542.jpg
a0122264_08091518.jpg
a0122264_08123101.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_08220974.jpg
↑ アオサナエの産卵です。

a0122264_08323569.jpg
↑ 水面に浮かんだエゴの花とアオハダトンボの♂です。
a0122264_08374850.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_08274221.jpg
a0122264_08293598.jpg
↑ アオハダトンボの産卵です。

今年のS川は、例年になくトンボの数が少なく、アオハダトンボも5頭しかいませんでした。
来年以降が気がかりです。

a0122264_08461249.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

a0122264_08534654.jpg
↑ シオカラトンボの交尾飛翔です。
a0122264_09092107.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
a0122264_09121912.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂と♀です。

a0122264_10222474.jpg
a0122264_10224124.jpg
↑ イシガメの幼体です。 この川では初めて見ました。
a0122264_10235740.jpg
a0122264_10241070.jpg
↑ 川べりにはノバラやヤマボウシが咲いていました。
初夏は、なぜか白い花が多いように感じます。

1時半頃から2時間ほどのS川でしたが、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。











# by tombo-crazy | 2017-05-24 21:13 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボ再び

2017年5月23日 (火) うすぐもり 気温19~20℃(12:40~15:30)

先日につづいて、今日もムカシトンボを観るために渓流へ行って来ました。
現地には12:40頃着きました。
ただ、気温が低かったせいか、産卵に来る♀は中々現れませんでした。
30分ほど経ったとき、ニコニコしながらFさんが見えました。
Fさんは遠州森町の方で、かつて桶ヶ谷沼で知り合い、その後、トンボ友としてお付き合い頂いている方です。
と言うことで、おしゃべりをしながらムカシトンボが現れるのを待ちましたが、
私がポイントを離れる15:30までに観れたのは、探雌に来た♂3頭だけでした。
a0122264_20251935.jpg
a0122264_20254581.jpg
a0122264_20255464.jpg
a0122264_20260948.jpg
a0122264_20262432.jpg
a0122264_20263553.jpg
a0122264_20265061.jpg
a0122264_20270029.jpg

Fさんは5時近くまでおられたそうですが、結局♀は来なかったとのことでした。
今シーズンのムカシトンボの産卵も、終わりに近付いているようです。






# by tombo-crazy | 2017-05-23 21:45 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ムカシトンボの産卵を観に

2017年5月21日(日) 晴れ


今日は、歩さんとムカシトンボの産卵を観に行って来ました。
途中、今後のために、二つのポイントを覗いて行きました。


その① O川の堰周辺

穴場の川で、これまでアオサナエ、オナガサナエ、ダビドサナエなどのサナエを観ています。
今日は、ダビドサナエがいました。
a0122264_15280602.jpg
↑ ダビドサナエの♀です。


その② N川

初めて覗いたポイントでしたが、車から降りてすぐに産卵中のムカシトンボを見つけることが出来ました。
見つけたのは、歩さんです。
a0122264_15465428.jpg
↑ 写真中央やや奥、倒木の左手、オタカラコウのある辺りにムカシトンボがいました。
a0122264_15461712.jpg
↑ 産卵ポイントです。
倒木は、写真を撮る前に、鋸で切って片付けました。

a0122264_15364676.jpg

a0122264_15371529.jpg
a0122264_15384364.jpg
a0122264_15440915.jpg
 


その③ T川  気温21~22℃ (13:40~15時)

今日の本命のこの川は、例年来ていますが、ケガをしたので、今シーズンは初めてでした。
産卵基質となるオタカラコウやジャゴケなどのある、水が少量浸み出ているような所を数ヶ見て回り、
探雌飛翔の♂や、産卵を確認することが出来ました。

a0122264_15534213.jpg
a0122264_15543231.jpg
a0122264_16022763.jpg
a0122264_16025773.jpg
a0122264_16044822.jpg
a0122264_16052883.jpg
↑ 全身に水しぶきを浴びながら、身体を上下にしながら一生懸命産卵するムカシトンボです。
a0122264_16035524.jpg
↑ 探雌飛翔するムカシトンボ♂です。

a0122264_16072217.jpg
↑ ヒメクロサナエの♀もいました。



ケガが完治してなく、山間部と言うことで、家まで迎えに来てくれ、ザックも担いでくれた歩みさんに、感謝感謝の1日でした。
ありがとうございました。









# by tombo-crazy | 2017-05-21 22:44 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

山の中の池へ

2017年5月20日 (土) 晴れ

冬場の山歩きで見つけた旧小原村の池へ行ってみました。
湿地が隣接しているものの、時期が早いのか浮葉植物はありません。
それでも、フタスジサナエなどを観ることが出来ました。
a0122264_15404247.jpg
↑ S池ともO池とも言われています。
a0122264_15234357.jpg
a0122264_15220621.jpg
↑ フタスジサナエ♂です。
a0122264_15275868.jpg
↑ ムカシヤンマ♂です。
a0122264_15422836.jpg
↑ ヤマサナエ♂です。
a0122264_15372080.jpg
↑ ズミの花です。



山の中を1時間ほど歩いて辿り着いただけに、とても静かで良かったです。




# by tombo-crazy | 2017-05-20 21:27 | トンボ見て歩記 | Comments(0)