ハグロトンボ (カワトンボ科)

生まれ育った東北の田舎では、アオハダトンボと共に 「神様とんぼ」 と呼んでいたハグロトンボですが、
アオハダトンボは、きれいな流れの近くでしか見ることが少ないのに対し、
ハグロトンボは意外なところで見ることがあります。
それは、コイぐらいしか棲めないような、あまり水がきれいでないコンクリート護岸の河川や、田んぼ横の排水路であったり、住宅地の庭先であったりします。
子どもの頃には、川から200mほど離れた標高350mほどの神社のある山の上で見たこともあります。
ハグロトンボは、アオハダトンボと比べ、環境への適応能力が高いだけでなく、成熟するまでのある期間、水辺を離れ、分散して過ごすようです。                                           
a0122264_1454551.jpg
↑  成熟♂ (2006.8.23 足助川)
a0122264_145816100.jpg
↑  成熟♀   (2005.8.29 竹村)
a0122264_154661.jpg
↑  成熟♂     (2006.8.23 巴川)
a0122264_1129886.jpg
↑  「竹村に生き残っていたハグロトンボ確認地点」 (2005.5~2008.9 豊田市竹村)
a0122264_1120241.jpg
↑  竹村の北から南へ流れる逢妻男川です。(上記地図の青矢印部から撮影 2006.9.15)
 
竹村は、標高20~50mほどで、豊田市の南部に位置し、かつては稲作や養蚕が盛んな所でしたが、
トヨタ自動車の進出と共に、農地や丘陵地が、自動車関連の事業所や、住宅地などになった地域で、
気づいたときは、アザミも消えていました。
田んぼは、哺場整備により乾田化され、減反政策により、毎年続けてコメを作る田んぼが減り、農薬や多品種化による稲作の農事暦の変化などにより、
秋の風物詩であったアキアカネも、稀にしか見れなくなっています。
そんな竹村地域でしたが、2005年の5月に 「庭に黒い翅のトンボがいます。」 との情報をいただき、
ハグロトンボが生き残っていたことが確認され、川をきれいにしようとの機運が高まり、川がきれいになると共に、ビオトープなども出来ました。



↓ こちらは、アオハダトンボやハグロトンボの生息環境が残る松平地区の仁王川です。
逢妻男川の流れる竹村からは、直線で東へ13Kmほどの位置にある巴川の支流です。
a0122264_6518100.jpg
↑ 仁王川の王滝湖園地と呼ばれる付近です。 

この付近は巨岩が累々とした渓谷でしたが、
行政による観光開発で、ダム湖が造くられ、10年も経たないうちに大量の土砂が堆積し、写真のような川となり、
かつての渓谷は分断され、輝きを失い、魚たちも遡上出来なくなっています。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_6512553.jpg
ダムを取り除けば、渓谷も昔の姿に戻り、魚たちも遡上して来ると思われますので
関係者と市に働き掛けていますが、動きが観られません。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_1545688.jpg
a0122264_6571486.jpg
↑ 王滝湖園地の上流部です。
a0122264_15221888.jpg
a0122264_15223443.jpg
↑ 王滝湖園地の下流部です。

上流部と合わせ、かつては簗山渓谷と言われていましたが、現在は王滝渓谷となっています。
a0122264_749265.jpg
↑ ほとんどのトンボは、産卵に適したところで♂が縄張りを確保し、♀の来るのを待ちます。
ハグロトンボの場合も同じで、♂は、時々翅を開いたり、腹部先端を反らして白色部を見せて♀を誘います。
♀(写真上)は、気に入った♂がいると、近づいて翅を開き、♂に受け入れの気持ちを伝えます。 (2010.8.22 仁王川)
a0122264_10205612.jpg
↑ めでたく交尾です。 メタリックグリーンの腹をしたほうが♂です。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_10234540.jpg
↑ 中州の草地でも交尾しているペアがいました。 (2010.8.22 仁王川)

a0122264_10244620.jpg
↑ 交尾を解いた瞬間です。 このペアの場合、交尾時間は1分22秒でした。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_1104428.jpg
↑ 縄張りに他の♂が近づくと、縄張りの♂はスクランブルを掛け侵入者を追い払います。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_10351024.jpg
↑ 首尾よく交尾出来た♀は、水辺の植物に卵を産み込みます。 (2010.8.22 仁王川)
a0122264_10461017.jpg
↑ 水に洗われヒゲ状になったミゾソバの根は産卵に適しているようで、複数の産卵が観られたのですが、ときどき、♂が、ちょっかいを掛けに来ます。       (2010.8.22 仁王川)
a0122264_10485117.jpg
↑ 体当たりにも怯まず、産卵を続ける♀でした。 (2010.8.22 仁王川)
a0122264_11234359.jpg
↑ 王滝湖園地から1.5Kmほど上流の宮口川との合流点の仁王川です。
 
ツルヨシが繁茂し、6~7月にはアオハダトンボも見られます。
8月始めには、たくさんいたハグロトンボも、季節が変わったためでしょうか、数が少なくなっていました。
なお、この付近の仁王川は、北に80mほどの所を流れていたのですが、哺場整備に伴い、南に位置が変わりました。
その際、近自然工法を取り入れたことで、蛍や魚などが戻っています。(2010.8.22 仁王川)
a0122264_11584519.jpg
↑ ツルヨシにとまったハグロトンボの♀です。  (2010.8.22 仁王川)
a0122264_120196.jpg
↑ ハグロトンボの♂です。  (2010.8.22 仁王川)





# by tombo-crazy | 2009-07-23 15:05 | カワトンボ科 | Comments(0)

アオハダトンボ (カワトンボ科)

ふるさとの我が家は、谷間の川沿いにありましたので、たくさんのトンボを観ることが出来ましたが、
なぜか、アオハダトンボとハグロトンボは、「神様とんぼ」 と言い、殺しちゃいかんぞと聞かされていました。 
オニヤンマはオニヤンマで、シオカラトンボはシオカラトンボかムギワラトンボなのに、
何でこのトンボは神様なのかと不思議に思い、先生にたずねると、
本当はアオハダトンボと言うのだけれど、害虫を食べてくれるので子どもたちにいじめられないようにだよと、ニコニコ笑って答えてくれました。
そんないきさつがあるだけに、これまで、イトトンボの仲間だけは、一度も翅をむしったり、腹をちぎったりしませんでした。
a0122264_11342370.jpg
↑ アオハダトンボの成熟♂   (2007.8.11 仁王川)
a0122264_11385382.jpg
↑ アオハダトンボの成熟♀ (2006.6.3 仁王川)
ハグロトンボと似ていますが、♀の場合、白い縁紋があるのがアオハダトンボの特徴です。
                                                               
a0122264_1143034.jpg
↑ アオハダトンボの成熟♂  (2006.6.3 仁王川)
a0122264_11442444.jpg
↑ アオハダトンボの顔   (2006.6.3 仁王川)
a0122264_1153483.jpg
↑ 仁王橋から上流側を見た仁王川です。 (2006.5.31)
a0122264_11455474.jpg
 ↑ アオハダトンボの成熟♂  (2008.8.9 仁王川)
a0122264_455522.jpg
↑ 仁王橋から下流の宮口川との合流点付近を見た仁王川です。 (2009.7.23)
川の奥に点々と光っているのはウスバキトンボですが判りますか?
a0122264_5434817.jpg
↑ 仁王川で遊ぶ親子と、カエルの分校の人たちです。 (2006.8.19)
a0122264_5462542.jpg
↑ 仁王川で遊ぶ子どもたちです。 (2007.8.5)
a0122264_5463752.jpg
↑ 仁王川で遊ぶ子どもたちです。 (2007.8.11)
a0122264_1155410.jpg
 ↑ 仁王川で遊ぶ子どもたちです。  (2008.8.9 )


私たち『カエルの分校』のフィールドの一つ松平地区坂上町にある仁王川です。
この川は、以前は80mほど北側を流れていたのですが、今から14年ほど前の哺場整備のときに、
多自然型川づくりとして南へ付け替えられました。(平成9年完成)
当初懸念された自然の回復ですが、今のところ順調で、
アオハダトンボやニホンカワトンボ、オニヤンマをはじめ、
ゲンジボタルや、カマツカ、ドンコ、シマドジョウなども戻って来ています。 
ただ、写真で解るように、一部地域住民の要望があったとのことで園芸種の種が蒔かれ、自然とは異質な景観になっていることや、
川底などに使われた大石が、丸みのある川石でなく、山石を割って使用しているためエッジがあり、
川遊びのときは気をつける必要があります。
なお、園芸種の草花については、草刈りにより、徐々に減っています。

全国各地で行なわれた哺場整備は、トンボをはじめ、たくさんの生きものの生息に大きなインパクトを与えてしまいましたが、
事前の手を打ったり、工法などを工夫することで、ダメージを低く抑えることが出来ますので、関係当局のご配慮をいただければと思います。

子どもたちにとって、自然が一杯ある水辺は、とても楽しいところです。
危険だからと近づけないのではなく、
場所を指定し、部分的に草を刈り、大人も一緒に遊んだり、ゴミを捨てないなど、
大人たちが配慮することで、楽しく安全に遊べます。



                             

# by tombo-crazy | 2009-07-23 12:14 | カワトンボ科 | Comments(0)

ミヤマカワトンボ (カワトンボ科)

ミヤマカワトンボは、その名のとおり、他のカワトンボと比べ上流域で見られるトンボです。
加茂地方の場合、標高450mほどから見かけけることが多いのですが、水系によっては、標高100mほどのところでも見ることがあります。
水質や、川の形態、周囲の自然環境、トンボ相などによって違いが出ているのかも知れません。
a0122264_1048856.jpg
↑  ミヤマカワトンボの成熟♀です。 (2007.7.11 駒ヶ原・黒田川)  
♂同様、翅の端近くに黒い帯模様がありますが、♀には白い偽縁紋があります。
                                                                            
a0122264_22365417.jpg
↑  ミヤマカワトンボの成熟♂です。  (2009.9.2 神越渓谷)  
a0122264_2237154.jpg
↑   ミヤマカワトンボの成熟♀です。 (2009.9.2 神越渓谷)


2010年7月23日
               
一年前のリベンジをと、ミヤマカワトンボを撮りに、黒田川に向かいしまた。
実際のところは、連日の猛暑が、病み上がりには辛いので、標高930mで、渓流がある、涼しい駒ヶ原へ行ったのでした。
a0122264_12134070.jpg
↑  木漏れ日の中の黒田川です。 体感温度で、25℃は下回っていると思います。 別天地です。
a0122264_1215527.jpg
↑   林道の奥には鷹巣山(通称:段戸山 1152m)が見えていますが、今日は見るだけで登りません。


渓流に入ると、お目当てのミヤマカワトンボが、休んでいました。♀がやや多いようです。
                
↓    寛ぐミヤマカワトンボの♀たちです。
a0122264_12222184.jpg
a0122264_12223763.jpg
a0122264_1223128.jpg
a0122264_12231374.jpg
ミヤマカワトンボの♀たちは、結構散らばっていて、
満腹なのか、はたまた♂たちのちょっかいを避けるためなのか、
大半は、やや水辺から離れた小枝や笹などに止まっていました。
水辺近くの♀は、近くに虫が飛んで来るとスクランブル発進をしてましたので、空腹だったようです。

↓    ミヤマカワトンボの♂たちです。
     ♀と違い、偽縁紋がありません。

どの個体も腹部先端を上に向け、時折り翅をヒラヒラさせて♀の気を惹こうとしていましたが、成果はあまり上がってないようでした。
このような行動は、年頃の人間と似ていて、ほほえましいのですが、当事者にとっては涙ぐましい努力のようです。     
a0122264_1482473.jpg
a0122264_14172781.jpg
a0122264_14174216.jpg
a0122264_1484686.jpg
↓    ミヤマカワトンボの♂たちのバトルです。

自分の縄張りで♀を待つ♂にとり、他の♂は恋敵ですから、
近くへ来るとスクランブルをかけて追い出そうとしますが、
相手もそう簡単には引き下がりません。 
延々と一時間近く、ぐるぐる回りながら追いかけっこが続きます。
カワトンボの仲間は、姿・形がきれいですから、2頭だけのバトルの場合、求愛のディスプレーにも見えることでしょう。
a0122264_14264254.jpg
a0122264_14265880.jpg
a0122264_14275166.jpg
↓    努力の甲斐あって、求愛のディスプレーまでたどり着いたカップルです。 向かって左が♀、右が♂です。
a0122264_14371755.jpg


2011年6月22日
               
モリアオガエルの調査のついでに立ち寄った田之士里川に、ミヤマカワトンボがいました。
a0122264_22513612.jpg
↑  田之士里川です。
a0122264_2254562.jpg
↑  ミヤマカワトンボの♂です。
♀の気を惹こうとしているのでしょうか?腹部先端を上に向けたりしていました。
a0122264_22555628.jpg
↑  時々翅を開いては閉じて、何とか♀の気を惹こうと言う♂でした。
a0122264_22595539.jpg
a0122264_230717.jpg
↑  反応があったようで、♀たちが飛んで来ました。 

a0122264_2257326.jpg
↑  ♂の元へ行くかと思ったのですが、少し離れたところで、のんびり寛ぐ♀たちです。 (11:40)
じらし戦術かも知れません。 ♂が考えるほど♀たちの心理は単純ではないようです。
人間と違いシンプルとの話もあるようですが…。???です。




# by tombo-crazy | 2009-07-23 10:55 | カワトンボ科 | Comments(0)

ニホンカワトンボ (旧オオカワトンボ:カワトンボ科)

a0122264_1341797.jpg
↑ 橙色翅型の成熟♂です。 (2006.5.30  百田)
a0122264_1344555.jpg
↑ 淡橙色翅型の成熟♀です。  (2006.5.4  田茂平)
a0122264_21241663.jpg
↑ 淡橙色翅型の若い♀です。  (2008.5.5  仁王川)
a0122264_7411688.jpg
↑ ニホンカワトンボの透明翅型の成熟♂と思われます。 (2008.5.17  百田)

なお、同じエリア内には透明翅型のサヒナカワトンボもいるため、
大きさと、体形の微妙な違いから、そうではないかと思うのですが、確信はありません。      
            
文献によっては、ニホンカワトンボとアサヒナカワトンボは、静岡,長野,新潟県以外の県では混生してないとの記述を目にしますが、
加茂地方のいくつかの河川で、混生を確認しています。
a0122264_8161457.jpg
↑ 橙色翅型の交尾です。  (2006.6.3  仁王川)





# by tombo-crazy | 2009-07-22 13:20 | カワトンボ科 | Comments(0)

アサヒナカワトンボ (旧ニシカワトンボ:カワトンボ科)

a0122264_1131053.jpg
                ↑ 腹部に粉が吹き始めた成熟間際の透明翅型の♂です。                      (2009.4.28 カエル谷)
              カワトンボの仲間の分類は難しいらしく、糸魚川-静岡構造線より西で、中央構造線より北にあたる愛知県の加茂地方に住む
             私たちにとっては、オオカワトンボとニシカワトンボとしてなじみの深かったカワトンボでしたが、2004年のDND鑑定や、
             2007年の名称見直しで、オオカワトンボがニホンカワトンボになり、写真のニシカワトンボがアサヒナカワトンボとなりました。
a0122264_11444683.jpg
                ↑ ほぼ成熟した透明翅型の♀です。 ♀の場合、成熟しても縁紋は白色のままです。     (2006.5.4 田茂平)
a0122264_11501181.jpg
                ↑ 羽化間もない若い透明翅型の♂です。                                (2006.5.4 田茂平)
             成熟前の♂の縁紋は、♀と同じ白色をしています。
a0122264_1261881.jpg
                ↑ 成熟したペア(上側が♂、下側が♀)です。                               (2006.5.4 田茂平)
a0122264_12565134.jpg
                ↑ 交尾です。                                                 (2006.5.30 百田)

a0122264_12532478.jpg
                ↑ ♂が見守る中での産卵です。                                      (2009.5.10 カエル谷)
# by tombo-crazy | 2009-07-22 11:42 | カワトンボ科 | Comments(0)