ネキトンボ (アカネ属)

             ショウジョウトンボに似ていますが、アカネ属のトンボなので小さく、スマートです。
             翅の付け根が橙色がかっていて、全身、澄んだ赤色です。
a0122264_8192857.jpg
               ↑ ネキトンボの産卵です。 ♂は他の♂の邪魔が入らぬよう近くで産卵を見張ります。      (2008.8.29 カエル谷)
a0122264_981162.jpg
               ↑ ネキトンボの連結産卵です。                                      (2009.7.18 カエル谷)
             ショウジョウトンボたちの妨害にも怯まず、3分ほど産卵を続けていました。
             ネキトンボはアカネ属の仲間でありながら、中々強いトンボのようです。
a0122264_9373672.jpg
               ↑ネキトンボの連結産卵です。                   (2009.9.17 カエル谷 狂会メンバーの嵯峨さん撮影)
  
a0122264_9203010.jpg
               ↑ ネキトンボ成熟♂                                             (2008.9.11 カエル谷)
             胸に黒い線があること、足が黒いことなどが、ショウジョウトンボ♂との見分けになります。
a0122264_18513157.jpg
               ↑ ネキトンボ成熟♀ (老成気味です。)                                (2009.10.13 カエル谷)
             ♂と比べ、胸の黄色味が目立ちますが、文献では、赤味がかったものもいるとのことです。
             写真は翅の基部の橙色が重なり、やや赤味を帯びたようになっていますが、実際には、黒と黄色のコントラストが目立ちました。
             腹部上面については、♂よりも、黒い縞が目立ちます。
a0122264_9254232.jpg
               ↑ ネキトンボ成熟♂                                             (2008.9.11 カエル谷)
             ショウジョウトンボと比べ、翅の付け根がやや橙色味を帯びていて、翅の横の長さも長く、腹部も寸胴ではありません。
a0122264_9314331.jpg
               ↑ 尻上げ行動をとるネキトンボ成熟♂                                  (2008.9.11 カエル谷)
             ショウジョウトンボと異なり、腹部の裏側には、赤と黒のきれいな模様があります。

             なお、トンボの種によっては、写真のような尻上げ行動をとるものがいて、ものの本などでは、太陽の光を受ける面積を小さくする
            体温調節のためである…などとの記述を見るのですが、私が何種類かのトンボを見ている限り、それよりも、自分をアピールする
            行動のように感じています。
             理由としては、
               ①腹部裏側の向きと、太陽の位置が必ずしも合ってない。
               ②体温調節であれば、翅があるのですから、木陰へ飛んで行ったり、日向に出てくれば良いはずです。
               ③尻上げ行動をとるトンボの中には、腹部裏側がきれいな模様になっているトンボが多い。(ハッチョウトンボ他)
             みなさんの観察結果ではいかがでしょうか。
a0122264_1083339.jpg
               ↑ 縄張りで休むネキトンボ成熟♂                                     (2008.10.9 馬捨池)
a0122264_9454998.jpg
               ↑ 縄張りで休むネキトンボ成熟♂                                    (2009.9.18 天神下池)
a0122264_9485270.jpg
               ↑ 何があったのだろうか? 落水し、アメンボが群がったネキトンボです。            (2009.9.18 天神中池)
a0122264_16464528.jpg
               ↑ 連結産卵です。                                              (2009.9.29 カエル谷) 
a0122264_1647395.jpg
               ↑ ネキトンボ♂の飛翔ですが、コンパクトカメラでも撮れたのは、モデルになってくれたトンボの性格が良かったからです。 
               彼は、私から80センチほどの枝先にいて自分の縄張りをしっかり守っていたのです。少々私が動いても留まったままでした。
               他のトンボが近くに来ると、すぐスクランブル発進しますが、元の枝に戻ることを繰り返していましたから、戻るコースを読んで、
               置きピンで撮らせてもらったのでした。 つまり彼が撮らせてくれたのです。協力的な彼に感謝感謝です。 
                                                                        (2009.9.29 カエル谷) 





 
             
# by tombo-crazy | 2009-07-22 10:07 | トンボ科アカネ属 | Comments(3)

オニヤンマ (オニヤンマ科)

 
a0122264_21284625.jpg
               ↑ オニヤンマ成熟♂  (2006.8.6 風の谷)
             いつの時代も、子供にとってオニヤンマはとても魅力的なトンボのようです。
             私も、子どもの頃、神社に続く参道の上を行ったり来たりするオニヤンマを、何度か捕まえて遊びました。
             勿論、最初のうちは網を振っても、中々捕らえることが出来ませんでしたが、オニヤンマは不思議なトンボで、子供に捕まりそうに
             なっても、さっと身をかわすだけで、遠くへ逃げて行ってしまうことはなく、再び舞い戻り、再度のチャンスを与えてくれるのでした。
             やがて、子供にもその動きが読めるようになり、捕れるようになりました。
             今にして思うと、あれが自分の縄張りのパトロール飛翔だったようです。
             なつかしい時代の夏休みの思い出ですが、今の子どもたちにも、オニヤンマを捕まえる楽しさを、ぜひ、味合わせてあげたいと思
             います。
a0122264_21561867.jpg
a0122264_21563298.jpg
               ↑ オニヤンマの産卵です。  (2008.9.13 カエル谷)
             オニヤンマは、水量が少なく浅い流れで、腹部の先端を川底の砂にちょんちょんと叩くように産卵します。
             かつては田んぼの周りにいくらでもあった細流ですが、最近は、コンクリートやパイプラインになってしまい、
             結果としてオニヤンマも減っています。
             どんな生きものにとっても子孫を残すことは大切な行為のためか、産卵中のオニヤンマは 人が観ていることなど気にせずに
             産卵を続けます。
             先日(2009.7.19東浦)も、5人ほどが観ている目の前で、4~5分ほど産卵行動をしていました。
a0122264_22121052.jpg
               ↑ 羽化間もないオニヤンマ♂です。  (2005.7.1 カエル谷)
a0122264_22275953.jpg
               ↑ 自分が捕らえられているのに、獲物を放さなかったオニヤンマ♂です。  (2005.8.7 風の谷)
             夏休み自然教室での出来事でしたから、子供たちは、驚きの眼で見ていました。
a0122264_22323320.jpg
               ↑ オニヤンマ成熟♀です。  (2006.8.6 風の谷)
a0122264_1139428.jpg
               ↑ 友人たちと農家で一泊した翌朝、田んぼのほうへ散歩に出かけたら、空中で虫を捉えたヤンマがいました。
              これはチャンスと、目で追うと、北山杉の細い幹に止まりました。40枚ほど、いろんな角度で撮らせていただきました。
              トンボたちは、産卵や、餌を食べているときは、人が近づいても、さほど気にしないことが多いように感じます。
                                                                    (2009.9.13 旧小原村榑俣で)
# by tombo-crazy | 2009-07-21 22:35 | オニヤンマ科 | Comments(0)

オオアオイトトンボ  (アオイトトンボ科)

a0122264_18263155.jpg
             ↑ ノイバラの樹皮に産卵 (2008.10.7 百田の池)
             トンボの産卵には、いろいろなタイプがありますが、オオアオイトトンボの場合、水辺に覆いかぶさるようになった木の、樹皮の中に
             卵を産みつけます。
             なお、オオアオイトトンボは、普段は林の中などで過ごし、産卵の時期になると、大挙して水辺へ押し寄せます。
a0122264_1827433.jpg
              ↑ アケビの蔓に産卵 (2004.10.22 カエル谷)
a0122264_18284143.jpg
             ↑ 産卵のためテイカカズラの蔓に止まったペア (2004.10.22 カエル谷)
a0122264_18291520.jpg
             ↑ タラノキにとまった成熟♀ (2008.12.7 カエル谷)

              トンボの産卵には、いろいろなタイプがありますが、オオアオイトトンボの場合、水辺の木の樹皮の中に卵を産みつけます。
             なお、オオアオイトトンボは、普段は林の中などで過ごし、産卵の時期になると、大挙して水辺へ押し寄せます。
a0122264_18453089.jpg
             ↑ 成熟♂ (2007.10.18 カエル谷)
# by tombo-crazy | 2009-07-15 18:46 | アオイトトンボ科 | Comments(0)

アオイトトンボ (アオイトトンボ科)

a0122264_15313932.jpg
             ↑ アオイトトンボの集団連結産卵 (2008.10.8 U池)
a0122264_15594118.jpg
             ↑ アオイトトンボの集団連結産卵 (2006.9.17 天神中池)

             アオイトトンボには、不思議な習性があります。
            普段は、水辺を離れた山の中などで静かに暮らしているのですが、産卵時期になると、たくさんのアオイトトンボが、連結した状態で
            水辺へやって来て、イネ科などの植物の組織内に、連結状態で産卵します。
            そんな習性が、ときには悲劇を生みます。
a0122264_16331883.jpg
a0122264_16371484.jpg
a0122264_16543181.jpg
             ↑ ため池改修後に増えた外来種のアレチヌスビトハギ(ひっつき虫)に貼り付いてしまったアオイトトンボです。 (2007.9.25 秋合南池)
a0122264_16575524.jpg
             ↑ 堤体のヌスビトハギは、とりあえず刈り取って燃やしましたが、来年にはまた生えて来ますので、イタチごっこです。 (2007.9.26 秋合南池)
a0122264_1763341.jpg
             ↑ 羽化間もない♀です。 (2009.6.1  カエル谷・トンボ池)
a0122264_2031933.jpg
a0122264_208266.jpg
             ↑ 上二つとも羽化間もない♂です。 (2011.6.14  カエル谷・トンボ池と砦山との間の小道で)
a0122264_1781447.jpg
             ↑ 羽化間もない♂です。 (2009.7.11 天神中池) 
a0122264_16452499.jpg
             ↑ 成熟した♂です。 (2008.9.30 U池)
# by tombo-crazy | 2009-07-15 17:20 | アオイトトンボ科 | Comments(0)

コオニヤンマ (サナエトンボ科)

              コオニヤンマは、緩やかな流れの河川中上域に生息しているトンボとのことですが、
             行動半径は広いようで、毎年、カエル谷で観ることが出来ます。
a0122264_2322632.jpg
              ↑ 成熟♂ (2004.6.16 カエル谷・トンボ池畔)
a0122264_23201268.jpg
              ↑ 成熟♂ (2007.6.20 カエル谷・小屋前湿地にて)
a0122264_238374.jpg
              ↑ 成熟♀ (2009.6.16 カエル谷・トンボ池畔)
a0122264_23233424.jpg
              ↑ 成熟♀ (2007.6.19 カエル谷・トンボ池畔)
a0122264_2325166.jpg
              ↑ 成熟♀ (2009.7.11 長ノ山 天神下池畔)
a0122264_23104997.jpg
            ↑ 羽化殻です。 (2007.6.22 大田川にて) カエル谷とは直線で1.7Km離れています。

           コオニヤンマの名前は、オニヤンマを小さくしたイメージですが、
          複眼が離れていてますので、ヤンマ科ではなく、サナエトンボ科の仲間になり、サナエトンボの中では最も
          大きなトンボです。
          オニヤンマの飛び始める前の6月頃から現れること、横になって止まること、オニヤンマのように山道の上を
          行ったり来たりのパトロール飛翔がないこと、体に対して頭が小さいこと、後足が長いなどの特徴があります。
a0122264_23481077.jpg
             ↑ コオニヤンマに襲われたシオカラトンボ  (2007.6.19 カエル谷・トンボ池畔)
           性格的には、おっとりしていて、静かに近づけば、かなり接近させてくれますが、
           他のトンボにとっては、かなりの強敵になるようで、いろんなトンボが襲われています。
           
# by tombo-crazy | 2009-07-12 23:55 | サナエトンボ科 | Comments(0)