タグ:アオサナエ ( 3 ) タグの人気記事

コヤマトンボの羽化

2017年5月27日(土) 晴れ

今日は、歩さん、イヨさん、モンさんのトンボ狂会のみなさんと一緒のトンボ観です。
目的のS川には、8時頃入りました。

a0122264_09435285.jpg
↑ 入川地点から上流側を見たところです。
a0122264_09453882.jpg
↑ ワンドです。水がないときもあります。

時間的には、羽化中の個体が観れる可能性があったので、
探しながら400mほど上流まで川の中を歩きました。

a0122264_09535595.jpg
a0122264_09552993.jpg
a0122264_09555959.jpg
↑ コヤマトンボの羽化殻です。

先日より水かさが増していて、トンボの姿も多く感じました。

目の前を横切り、岸辺の木に留まったトンボがいました。
ホンサナエの♀でした。 ↓
a0122264_11011494.jpg
a0122264_11074164.jpg
↑ ヤマサナエの♂です。
a0122264_11101527.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_11114608.jpg
a0122264_11134589.jpg
↑ アオハダトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11181894.jpg
a0122264_11172288.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_11205087.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_11223321.jpg
a0122264_11300747.jpg
a0122264_11292657.jpg
↑ ハラビロトンボの♀(上)と若い♂(中)と成熟♂(下)です。
a0122264_11443882.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

11時頃、トンボ界の大先輩、Uさんが見えました。
羽化状況調査と言うことで、羽化殻を同定しながらカウントし、回収されていました。
Uさんは、ムカシトンボの研究を20数年やってられる方です。
以後、S川の以前の様子やトンボのお話を伺いながら、一度上流へ行き、
戻って来るとき、諦めかけてた羽化個体を見つけることが出来ました。
死角になっていたのです。
a0122264_11510747.jpg
a0122264_11524643.jpg
a0122264_11531704.jpg
a0122264_11542808.jpg
↑ 羽化中のコヤマトンボ♂です。


 おまけ

アオサナエ、アオハダトンボと青が続いたので、トンボではありませんが青つながりでアオダイショウです。 ↓
a0122264_12005177.jpg
もうひとつは
a0122264_12034903.jpg
↑ 何グモでしょうか?
始め、コヤマトンボのヤゴかと思い、近づいたらクモでした。


a0122264_12155525.jpg
a0122264_12162636.jpg
a0122264_12171828.jpg

みなさんと一緒のトンボ観で、楽しい1日でした。















by tombo-crazy | 2017-05-27 22:23 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

カエル谷の後、川へトンボ観

2017年5月24日(水) 晴れ

その① カエル谷

県の農業総合試験場の研究員の方々が、カエル谷へ来られました。
目的は、田んぼの側溝(排水路など)に落ちたカエルの脱出装置関連での調査です。
正式には、「農業水路に転落したカエル類の脱出装置」と言われるものです。
これまで、トノサマガエルやダルマガエル、ツチガエルなど種ごとの運動能力や、装置からの脱出率や時間は調べられています。
a0122264_06493962.jpg
今回は、同じトノサマガエルでも、地域群による運動能力に差がないかの確認のため、
カエル谷のトノサマガエルのDNAの確認です。
私たちカエルの分校は、カエルなどの身近な生きものが次の時代に絶えないようにと
活動していますので、これまでもご協力させて頂いてました。

a0122264_06513136.jpg
↑ 皮膚の粘液を採取しているところです。
a0122264_06521771.jpg
↑ 粘液を採取してもらったカエルです。
後で、捕まえた辺りに放たれます。

この時期のカエル谷には、モートンイトトンボがたくさんいます。
a0122264_06592618.jpg
↑ モートンイトトンボの若い♀です。
a0122264_07090239.jpg
↑ モートンイトトンボの成熟した♀です。
a0122264_07013620.jpg
↑ モートンイトトンボの成熟した♂です。
a0122264_07063727.jpg
↑ モートンイトトンボの連結です。



その② S川

イヨさんとカエル谷から直行したのですが、すでにtomboさんが来てました。    
a0122264_18513325.jpg
a0122264_09163542.jpg
a0122264_08091518.jpg
a0122264_08123101.jpg
↑ アオサナエの♂です。
a0122264_08220974.jpg
↑ アオサナエの産卵です。

a0122264_08323569.jpg
↑ 水面に浮かんだエゴの花とアオハダトンボの♂です。
a0122264_08374850.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_08274221.jpg
a0122264_08293598.jpg
↑ アオハダトンボの産卵です。

今年のS川は、例年になくトンボの数が少なく、アオハダトンボも5頭しかいませんでした。
来年以降が気がかりです。

a0122264_08461249.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。

a0122264_08534654.jpg
↑ シオカラトンボの交尾飛翔です。
a0122264_09092107.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
a0122264_09121912.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂と♀です。

a0122264_10222474.jpg
a0122264_10224124.jpg
↑ イシガメの幼体です。 この川では初めて見ました。
a0122264_10235740.jpg
a0122264_10241070.jpg
↑ 川べりにはノバラやヤマボウシが咲いていました。
初夏は、なぜか白い花が多いように感じます。

1時半頃から2時間ほどのS川でしたが、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。











by tombo-crazy | 2017-05-24 21:13 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

気をつけて帰ろう… その①

6月4日(木)うすぐもり その①

 朝、起きると、秋のようなさわやかな風が吹いてました。
明日は午後から雨の予報。東海地方も梅雨入り間近です。
梅雨に入ればトンボを観れる日は限られます。
と言うことでトンボ観に行こうと、Hさんにメールを入れると、キイロサナエを観てからクロ、ヒメクロを狙い、夕方アオサナエの産卵を予定との返事。
キイロサナエを観ていては暑さで後半持たなくなる可能性があった私は、キイロはスルーして山間部を目指しました。

始めに覗いたポイントはA川の教職員住宅裏側です。(10:30着)
ここは様子見なのでサンダルのまま、短いレンズだけで入りました。
a0122264_18004619.jpg
a0122264_18024068.jpg
▲ コヤマトンボの羽化殻が二つあり、上流ではカジカガエルの鳴き声が聞こえてました。
5分ほどして車に戻り、300mほど上流に向かいました。
a0122264_18093367.jpg

a0122264_18101294.jpg

▲ 対岸近くにいたアオサナエの♂です。

a0122264_13435765.jpg
a0122264_18120852.jpg
▲ アオハダトンボの♂です。
a0122264_18113678.jpg
a0122264_18114353.jpg
▲ アオハダトンボの♀です。
カジカガエルも盛んに鳴いていました。
今どきには珍しく、気温は25℃、さわやかです。


おまけはカジカガエルです。
a0122264_21145959.jpg
a0122264_21163077.jpg

次は、T渓流を目指しました。




by tombo-crazy | 2015-06-05 18:22 | トンボ見て歩記 | Comments(0)