タグ:キトンボ ( 8 ) タグの人気記事

市内でキトンボが産卵

2017年11月5日(日)快晴 気温 21℃(10:30)


 快晴無風たったので、迷わず某池へ行きました。
昨年、周辺数か所でキトンボを観ていたからです。
2016年3月発行の市の生物調査報告書では、市内では見られなくなったとあります。
確かに、ここへ行けば、まず観れると言う所はありませんが、
昨年の秋、某地区を中心に、数か所の山の中の池とその周辺で単独個体を目撃し、
今回の池が、最も出会える確率が高く、連結ペアも観ていたので、産卵を確認出来たらと思っていました。

 道のない山を越えて、目的の池には10時15分着。
日陰の部分が多いせいか、水面にはトンボの姿なし。
池の周辺で目立つのはオオアオイトトンボたち。
他に、コノシメトンボ、ホソミオツネントンボ、マユタテアカネなど。
水面に陽が辺り、気温が上がるに従い、単独のキトンボが池の上空を横切るようになりました。
池の東側を重点に探すと、7~8頭の♂を見つけることが出来ました。


a0122264_22182778.jpg
a0122264_22193909.jpg
a0122264_22195892.jpg
a0122264_22201362.jpg
a0122264_22203514.jpg
a0122264_22204788.jpg
a0122264_22210190.jpg
↑ キトンボの♂たちです。
a0122264_10214266.jpg
↑ ホウの落ち葉で♀待ちのキトンボ♂です。
いつも池の中ほどを向いて休んでいるように見えますが、視界にそれらしいトンボが入ると、スクランブルをかけます。
11:30頃から池を後にする13:30頃まで、何度も何度もスクランブル発進を繰り返していました。
ただ、気の毒なのは、キトンボの♀ではなく、大半がコノシメトンボの♂で、たまに連結ペアもいました。
どうやら、単に♀を待っているのではなく、縄張りを守っているように感じました。

 11時頃になると、最初のペアが水面上を奥へ向かって飛んで行き、
土手で休んでいるペアも見つけることが出来ました。
a0122264_22270218.jpg

昼近くなると、池の奥の方で産卵するペアが現れました。
全部で4ペア確認出来ましたが、遠過ぎて写真は無理でした。
内、1ペアが待っていた近くへ来てくれ、貴重な写真を撮ることが出来ました。
a0122264_22275240.jpg
a0122264_22274682.jpg
↑ 産卵するキトンボです。

a0122264_06264757.jpg
a0122264_06234580.jpg
↑ こちらは、コノシメトンボの交尾と連結産卵です。




今日は、市内で初めてキトンボの産卵を確認出来た、
うれしいうれしい1日になりました。
キトンボが定着し、増えてくれたらうれしいです。
山の中なので、釣り人は無論、人がいるのを見たことがないのが幸いです。
と言うことで、池の場所は当分明かせません。








by tombo-crazy | 2017-11-05 22:10 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

キトンボを観に

2017年10月31日 (火) 晴れ 気温 22℃ (11:30)


キトンボを観るため、隣の県まで遠征しました。現地へは10時半着。
tomboさんも来ていました。
ただ、昨年はたくさんの産卵を観れた池でしたが、産卵はなく、♂が10頭ほどいただけでした。
10月の長雨が影響しているのかも知れません。

a0122264_18003866.jpg
a0122264_18002222.jpg
a0122264_18051675.jpg
↑ 行政により園芸種のスイレンが移植されていました。
周囲の囲いは、アメリカザリガニやミシシッピーアカミミガメなどの食害を防止するためとのことでした。
最近はやりの「モネの池」に!と言う要望に応えるためでしょうか? 残念です。

将来これらのスイレンが繁茂すれば、
①開放水面が少なくなる。
②富栄養化し、水質が悪化する。
③ヘドロの堆積により酸素不足になる。
などの問題発生が懸念され、
結果、全国的に減少傾向にあるキトンボが、多産地であったこの池から消える可能性があります。
ちなみに、名古屋市の猪高緑地にある塚ノ入池などでは、
トンボが激減するなどの問題が発生し、
スイレン駆除に多額の税金と人手をかけました。
a0122264_20121509.jpg
↑ 外来魚放流禁止の看板が虚しく見えました。

元々その地になかった生物(動植物)を、
良かれと思って持ち込むことは、
生態系を撹乱したりしますから、
行政の早めの対策(除去)をお願いしたいものです。
外来生物法で指定されているものだけが悪さをするのではありません。
規制したくても、業界などの反対で規制されてないものもあります。

この池は、東海自然歩道が通り、町としても「エコミュージアム」として整備し、
維持管理をされていた素晴らしい所でしたから、
行政および関係のみなさまには、地域の生物を大切にして頂ければと思います。

a0122264_18445087.jpg
a0122264_18452013.jpg
a0122264_18460555.jpg
a0122264_18504649.jpg
a0122264_18511676.jpg
a0122264_19090081.jpg
a0122264_19074962.jpg
a0122264_19071256.jpg
↑ 12時半頃まで水辺で確認出来たキトンボです。


今日は空振りですね。」と言ってtomboさんが帰られた後も、粘っていると
意外なことがありました。
背後の草地にキトンボが集結しているのです。
ただ、♀はいません。
♂たちは、今日の交尾を諦めて、日向で休んでいるようです。
a0122264_19021261.jpg
a0122264_19024247.jpg
a0122264_19031194.jpg
a0122264_19042743.jpg
a0122264_19034358.jpg
↑ 草原に集まっていたキトンボの♂たちです。
10数頭いました。
a0122264_20133440.jpg
↑ キトンボの♂たちがいた日当たりの良い草地です。


a0122264_19210321.jpg
a0122264_19151506.jpg
a0122264_19160084.jpg
↑ 疑似産卵行動をするミルンヤンマの♀です。
通常の産卵のように、写真のような格好で、
ヒヨドリバナの茎に産卵管を5分ほど押しつけていました。

a0122264_19240364.jpg
a0122264_19292455.jpg
↑ マユタテアカネの連結産卵です。


気がかり
a0122264_09251712.jpg
↑ セグロセキレイがスイレンの葉の上にいて、
枠内に来るトンボを捕食してました。
冬になるとハクセキレイと入れ替わるのかも知れませんが、
キトンボにとっては脅威の捕食者となりそうです。





今日のおまけです。
a0122264_20174102.jpg
↑ キイロテントウムシでいす。
a0122264_20194695.jpg
↑ カメムシを捕食するカマキリ。
a0122264_20211892.jpg
↑ 産卵中のカマキリ。
















by tombo-crazy | 2017-10-31 21:34 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

雪の中でトンボを探す

2017年1月18日(水)晴れ 気温7℃(11時半)

tomboさんに誘って頂き、キトンボの生き残りを探しに関ヶ原まで行って来ました。
天気予報は申し分ありません。
仮に、観れなかったとしても、雪景色を観て、雪の感触が味わえるのですから、心は踊りました。
行きも帰りもtomboさんに運転して頂きましたので、道中なつかしの雪山を観ながらでした。
西へ向かって走りますので、どの雪山も、きれいに輝いていました。
左手には仙ヶ岳から藤原岳へと続く鈴鹿の山並みがくっきり。
手前の養老山地の奥には御池や鈴北も真っ白な頭を覗かせていました。
関ヶ原の谷からそびえ立つ真っ白な山が伊吹山。
標高こそ1337mしかなくとも、南側がすとんと落ち込み、独立峰に見えることから、誰にも判り易く人気の伊吹山です。
北尾根から奥には国見岳や虎子山に貝月山、金糞岳も頭を覗かせています。
右手に目を転じれば、雷倉、花房山、小津の権現岳の山々。
五蛇池山や蕎麦山などのなつかしい山々が輝いていました。

現地へは10時頃に着きました。
積雪は長靴が沈み込むかどうかの微妙な量です。
前日、Oさんとtomboさんが歩いた跡を、忠実に進みました。
前日は、長靴の中がキンキンと冷えたようですが、幸いの天気で、カイロのお世話にならずに済みました。
a0122264_14575436.jpg
a0122264_14582884.jpg
a0122264_14585644.jpg
a0122264_15001189.jpg
a0122264_14594010.jpg
a0122264_15010408.jpg
a0122264_15021188.jpg

1時頃まで、手分けしてキトンボを探しましたが、見つけることは出来ませんでした。
9日の成人の日には、SさんやOさんたちが見たのが、今シーズン最後のようでした。
いきなりのドカ雪と、キセキレイが関わったのかもしれません。
トンボは見れませんでしたが、楽しい1日でした。


■関ヶ原のおまけ

a0122264_16014279.jpg
↑ 大きさ、臭い、消化具合などからテンの糞のようですが、イタチの♂かも知れません。

a0122264_15240689.jpg
a0122264_15392423.jpg
↑ ニホンジカの糞です。
似た感じのものにカモシカの糞がありますが、
ニホンカモシカの場合、俵と言うよりも、ピーナッツのような形状であることと、
ニホンカモシカはタメ糞と言って、同じ場所に留まり、ゆっくり糞をする習性があるため、一度に見れる量が多いです。
一方、ニホンジカ移動しながらも糞をするので、付近にパラパラとある場合はニホンジカと判断出来ます。
なお、ウサギの糞は、もう少し小さく、丸いです。
a0122264_15410988.jpg
↑ ルリビタキの若い♂
a0122264_15423848.jpg
↑ ムキタケです。美味しいです。
a0122264_15465842.jpg
↑ ヒメヤシャブシです。 
丸く、マツボックリのようなのが花穂。中に小さな果実があります。
長細いのが雄花の花芽。どちらも垂れ下っているのが特徴です。
なお、岸辺にあるヒメヤシャブシの水に浸かった細根は、キトンボの産卵床になっていました。(下の写真)
a0122264_15594954.jpg



帰りに、K池により、越冬トンボを探し、tomboさんが2頭観ることが出来来ました。
a0122264_15042682.jpg
a0122264_15043900.jpg





by tombo-crazy | 2017-01-19 13:59 | トンボのいる風景 | Comments(0)

今年もよろしくお願いします。

a0122264_19453713.jpg

by tombo-crazy | 2017-01-01 19:43 | トンボ雑記 | Comments(0)

初冬のカエル谷

   2016年11月22日 晴れ 気温17℃(10時半)

  今日は、カエル谷の作業日でした。
  最近には珍しい、風もない、ぽかぽか陽気でした。
  作業をしながら、日曜がこんな風だったら、みんなでキトンボの産卵が観れたのに…
  などと話していると、
  モンさんから着信。
     「 キトンボ 産卵撮れました 」11:23 と、
  うれしいメールです。
  イヨさんにも教え、共に喜んだのですが、どこで撮ったかがありません。
  K池ならビッグニュースでうれしいですが、
  岐阜だとしても、モンさんにとってはうれしいことです。
  確認すると、岐阜とのこと。
  来年のことと思っていただけに、モンさんの先日の悔しさが解りました。
  おめでとう。モンさん。 良かったですね。

  と言うことで、夜、届いた写真です。 ( ↓ )
a0122264_21390304.jpg
a0122264_21395645.jpg
a0122264_21331387.jpg
   今日のカエル谷は、ヒメアカネがたくさんいました。 
   交尾態もいました。
a0122264_21461370.jpg
a0122264_21470060.jpg
a0122264_21525364.jpg
a0122264_21544024.jpg
a0122264_22072440.jpg
a0122264_22081125.jpg

以下は、先週(15日)のカエル谷です。
a0122264_22132413.jpg
a0122264_22135064.jpg
a0122264_22142308.jpg
a0122264_22144400.jpg



   


by tombo-crazy | 2016-11-22 22:17 | トンボを残すために | Comments(0)

空振り

   2016年11月20日(日)曇り時々… 気温17℃(11時)

  天気予報は今一でしたが、Mさんから行く気満々ですとのメールが入ってましたので、
  イヨさんの意向も確認して、岐阜の某地へ向かいました。
  愛知県内は青空でしたが、岐阜に入ると目的地方面は厚い雲に覆われていました。
  お二人には、産卵は見れないかもと昨夜のうちに伝えてはいるものの
  出来ればワンペアだけでも見せてあげたいとの思いで現地入り。
  10時到着。

  しかしです、目的のキトンボはおろか、トンボの姿がまったくありません。
  予測はしていたものの、これほど見事な空振りも久々です。
  せめて姿だけでもと、池の周りを歩いていると、予想外の人が前方から歩いて来ました。
  tomboさんとこうじくんです。
  あれれ、こんな天気にtomboさんが来るなんて、
  私同様、見てない人に頼まれれば、案内せざるを得ません。
  と言うことで、トンボ狂会メンバーが5人も揃いましたが、途中から雨も降り、
  風も出て来ては、諦めざるを得ませんでした。
  と言うことで12時半過ぎたところで現地を後にしました。

  トンボは野生の生きものだけに、見たいトンボを観ようとすると、
  それなりの条件を選ぶ必要があります。
  そう言った意味では、今日のような経験を積むこともいいことです。
  それに、何と言っても、観れた時の感動が倍加しますからね。
  と言うようなことを話しながら、車を走らせたのですが、
  寂しそうなMさんの横顔でした。

a0122264_19451354.jpg

  おまけ

    捕りたてイノシシの解体を見せて頂きました。
    猟友会も若い方が少なくなっています。
    いつだったか、国会で、自衛隊に害獣駆除をしてもらったらと言う発言がありましたが、
    大賛成です。
    中山間地は獣害で本当に泣かされています。
    猟友会も高齢化と人手不足状態です。
    イノシシなどは、どんどん間引きしないと。
    イノシシは、トンボがいる水辺も結構荒らします。

a0122264_19532329.jpg
a0122264_19535231.jpg


    
 
  

by tombo-crazy | 2016-11-22 19:59 | トンボ雑記 | Comments(0)

キトンボかの確認

   2016年11月7日(月)晴れ 気温14~17℃(10:30~12:45)


  tomboさんが岐阜の某地へ行かれるとのことで、ご一緒させて頂きました。
  目的は、最近、当地方で見ているキトンボのようなトンボが、
  キトンボなのか、交雑種なのかの、自分なりの見極めです。

  池には10時半頃着きました。
  この池には、7年ほど前に一度だけ行ったことがありますが、
  こんな所にキトンボが…と不思議に思った池でした。
  でも、シーズンに来れば、毎年、確実に見れる池でもありました。
a0122264_17192985.jpg
↑ 熊に注意の看板がある歩道です。池は、左手と奥にありました。
a0122264_17275206.jpg
↑ キトンボの観察をした奥の池です。
コイが入っているのでしょうか? 前回来たときもそうでしたが、水が濁っています。

  tomboさんが、陽当たりの良い北側の岸辺を歩きながら
  何ヵ所か産卵ポイントを案内してくれました。
  のんびり待つことにしました。
a0122264_17304293.jpg
↑ キトンボの観察をした岸辺です。
  
a0122264_17145825.jpg
↑ 最初に出会ったキトンボの♂です。(11:29)
a0122264_17322422.jpg
a0122264_17330920.jpg
a0122264_17335494.jpg
a0122264_17344103.jpg

a0122264_17352655.jpg
a0122264_17382732.jpg
a0122264_17433983.jpg
a0122264_17402166.jpg
a0122264_17425497.jpg
↑ キトンボの♂たちです。
10頭はいた感じでした。

a0122264_17592727.jpg
↑ 最初に見つけたキトンボ♂が、マユタテアカネ♂と並んで目の前で暫く休んでくれました。
腹部はマユタテアカネほどは赤くなかったですが、従来目にしてたキトンボたちよりも、赤い個体もいることが判りました。

下の写真は、先日、加茂地方の山の中の池で確認したキトンボと思われる個体です。
a0122264_18061846.jpg
↑ 加茂地方のキトンボです。

これらの写真と比較出来たことで、
最近加茂地方の池で確認されているキトンボと思われるトンボは、
成熟間もないキトンボと言って良いようです。


  11時半頃、目の前を対岸に向かって飛ぶ連結ペアがいたので、tomboさんに知らせました。
  産卵を期待したのですが、暫くして連結を解いてしまったとのことでした。


  お昼のチャイムが鳴ったので、車に弁当を取りに戻ると、
  駐車場近くの休耕田でアキアカネが産卵していましたが、距離があり、記録写真にしかなりませんでした。
a0122264_18170022.jpg
   弁当を取って戻ると、「交尾態がいますよ。」と、tomboさん。
   「近づいてもいいですか?」
   「何枚か撮ったので、どうぞ…」
   と言うことで、撮らせてもらった写真です。( ↓ 12:45)
a0122264_18224235.jpg
 

  順光でも撮っておこうと、回り込むと、ふわっと舞い上がりました。
  しまったと思ったのですが、逃げずに、すぐ近くで産卵を始めたのです。
  今日の産卵はないかと諦めかけていたときでしたので、うれしかったです。
a0122264_18512657.jpg
a0122264_18284532.jpg
a0122264_18292989.jpg
a0122264_18295944.jpg
a0122264_18305993.jpg
↑ 連結産卵をするキトンボです。 (12:47~12:53)

なお、この産卵場所は、風が当たらず陽当たりが良いので、
産卵のときは、きっとここに来てくれると、
あらかじめ絨毯状になったヤナギの細根に水をかけておいた所でしたので、
tomboさんとニッコリでした。 (*^_^*)



今日のトンボ見は、高速も使って1時間少しの所でしたが、
私に代わってtomboさんが往復とも運転してくださったので、
楽チンなトンボ見となりました。
tomboさんに感謝感謝です。





  


  
  

by tombo-crazy | 2016-11-09 18:56 | トンボ雑記 | Comments(0)

キトンボを探す

   2016年11月5日(土)、6日(日)晴れ 気温19~23℃(9:30~13:00)

  10月始めからの赤とんぼ調査で各地を回っているとき、
  池の近くなどで、飛来と思われる単独のキトンボを見てました。
  キトンボは、カエル谷でも見たことがありますが、加茂地方では稀にしか見れないトンボです。
  ところが、今シーズンは飛来が多いのか、あるいは、近くに生息地があるかも知れないと、
  目撃地点を地図にプロットし、産卵に来そうな池を確認して回りました。
  結果、二つの池で1~3頭の姿を見ましたが、写真は撮れずにいました。


 本命の池か (11月5日)

  昨日、可能性の高い山の中の池に入り、4~5頭のキトンボと思われる姿を確認し写真に撮ることが出来ました。
  今シーズン、キトンボを目撃した地点は、この池を中心に半径5Km以内に5ヶ所あったことが判りました。
  ただ、今回観れたキトンボは、これまで岐阜の二つの産地で観ていた個体と比べ、
  腹部がきれいな赤色で、ネキトンボとの交雑種の可能性もあります。

a0122264_21121364.jpg
↑ キトンボ? 個体A
a0122264_21133131.jpg
a0122264_21141448.jpg
↑ キトンボ? 個体B
a0122264_21150776.jpg
a0122264_21160868.jpg
↑ キトンボ? 個体C 
a0122264_21221507.jpg
a0122264_21231574.jpg
↑ キトンボ? 個体D
a0122264_21264593.jpg
↑ キトンボのいた山の中の池。とても透明度の高い池です。

2時間半ほど待ちましたが、ネキトンボやコノシメトンボの産卵はあったものの、
キトンボの産卵は確認出来ませんでした。 


 

 もう一つの可能性の高い池  (11月6日)

  同じように透明度の高い、山の中の別の池に行って来ました。
a0122264_21330623.jpg
a0122264_21344345.jpg
↑ 今日、訪れた池です。 10月に来たのは初めてです。
9月の長雨が効いたのか、いつもより水位が30cmほど高くなっていました。

風が強かったせいか、トンボたちの産卵はほとんどなく、
キトンボの姿もありませんでした。
風の当たらない日だまりでは、リスアカネなどのトンボが休んでいました。
加茂地方の中では、リスアカネの数が多いように感じました。
来シーズンが楽しみです。

   なお、今日行った池も、風のない天気の良い日に、再度行く予定です。
   それと、もう一つ、気がかりな山の中の池にも行く予定です。



  おまけ

   11月5日に行った池の近くで見つけたホソミオツネントンボです。
a0122264_08064572.jpg
↑ 最初に見つけたホソミオツネントンボの♀です。
a0122264_08060056.jpg
↑ 次に見つけたホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_08050642.jpg
↑ 最後に見つけたホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_08073828.jpg
↑ この笹の中に結局3頭のホソミオツネントンボがいました。
びっくりぽんでした。

   






by tombo-crazy | 2016-11-06 21:49 | トンボの棲む環境 | Comments(0)