タグ:シオヤトンボ ( 5 ) タグの人気記事

今日は足助川へ

2017年5月14日(日) 晴れ

足助川に行ってみました。家からは車で1時間弱です。
a0122264_09535767.jpg
↑ 最初に覗いたポイントです。
a0122264_09560110.jpg
a0122264_09562560.jpg
a0122264_09570260.jpg
↑ ヤマサナエが2頭羽化してました。 (10:10)
春のトンボは、夏のトンボと比べ、遅めに羽化するようです。
a0122264_10015904.jpg
↑ 羽化間もない個体が、我を食べていました。
人間と違い、自分で餌を捕まえて食べる虫たちを尊敬してしまいます。
a0122264_10050588.jpg
↑ アブ?を食べてたシオヤトンボです。
トンボたちは食事の時間のようです。



a0122264_09595086.jpg
↑ 目的地のポイントです。

a0122264_10075849.jpg
a0122264_10084006.jpg
a0122264_10085190.jpg
↑ 期待したアオサナエは観れませんでしたが、ニホンカワトンボがいました。

a0122264_10094274.jpg
↑ ジャコウアゲハのようです。


昼までに家へ戻りました。







by tombo-crazy | 2017-05-14 21:48 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

カエル谷でトンボ観

2017年5月12日(金) 晴れ

今日は、tomboさんとカエル谷で、トンボなどを観て過ごしました。
a0122264_06550205.jpg
a0122264_06552298.jpg
a0122264_06561109.jpg
a0122264_06563922.jpg
↑ ヨツボシトンボの産卵です。
a0122264_06575168.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_06591247.jpg
↑ タベサナエの♂です。
a0122264_07013008.jpg
a0122264_07002888.jpg
↑ シオヤトンボの交尾です。
a0122264_07022148.jpg
↑ シオヤトンボの♂です。
a0122264_07030090.jpg
a0122264_07034673.jpg
↑ クロスジギンヤンマの産卵です。
a0122264_07051818.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂です。
a0122264_07063008.jpg
↑ サギゴケです。
a0122264_07120277.jpg
↑ ジシバリです。
a0122264_07073177.jpg
↑ ゼンマイです。
a0122264_07082264.jpg
↑ トノサマガエルです。
a0122264_07131642.jpg
↑ トノサマガエルの卵塊です。
a0122264_07091633.jpg
↑ ニホンアカガエルです。
a0122264_07104460.jpg
↑ アズマヒキガエルのオタマジャクシです。


初夏を満喫出来た1日でした。






by tombo-crazy | 2017-05-12 21:36 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

シオヤトンボの羽化

2017年4月20日 (木) 晴れ 17℃ (11:45)

今シーズン、シオヤトンボの羽化を観ていなかったので、
今日、最初に行ったのはカエル谷です。
カエル谷には、10時20分頃着きました。

a0122264_20265976.jpg
 水辺を探すと、羽化中のシオヤトンボが10数個体いました。 ↓

a0122264_20295308.jpg
a0122264_20301247.jpg
a0122264_20302140.jpg
a0122264_20303808.jpg
a0122264_20305250.jpg
a0122264_20310425.jpg
a0122264_20330047.jpg
a0122264_20344271.jpg
a0122264_20355354.jpg
a0122264_20362971.jpg
a0122264_20364620.jpg


 タベサナエもいました。  ↓

a0122264_17574463.jpg
a0122264_17573231.jpg
a0122264_17575183.jpg
a0122264_17575957.jpg
a0122264_17495719.jpg
a0122264_18002622.jpg
a0122264_18003546.jpg
a0122264_18055524.jpg
↑ ウワミズザクラの花です。








by tombo-crazy | 2017-04-20 22:20 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日もトンボ見

2017年4月14日(金)晴れ 

このところの天候で、カエル谷の作業も出来づ、
出ているはずのシオヤトンボを見れずにいました。
と言うことで、今日の予定は、①カエル谷 ②U池 ③Y地区の休耕田 と回る予定で家を出ました。




①カエル谷(標高89~91m)

 …カエルの分校がカエルやトンボなど、なつかしい生きものたちが絶えないようにと
 かつての棚田を水辺として維持管理している所です。
 加茂地方(旧東西加茂郡を含む豊田市とみよし市)の中核:豊田市の東部に位置します。
 私たちの高齢化と担い手不足、道路建設により、将来的には、元の自然に戻ろうとしています。
 このことは、水辺としては消えることを意味します。

a0122264_18045056.jpg

カエル谷には、9時少し前に着いたのですが、羽化中のシオヤトンボは見つかりませんでした。
でも、シオヤトンボがたくさんいて、成熟した個体もいました。
今年初めてのシオヤトンボでしたので、うれしかったです。
a0122264_18065407.jpg
a0122264_18072703.jpg
a0122264_18143554.jpg
a0122264_18111717.jpg
a0122264_18125272.jpg
a0122264_18164434.jpg
a0122264_18175178.jpg
a0122264_18191012.jpg
a0122264_18114756.jpg
↑ 奥に見える小屋と周辺の水辺は、道路建設に伴いなくなりますので、
この風景の見納めです。




 カエル谷の後は、北西の市境にあるU池に、オグマサナエの羽化を見に行く予定でしたが、
 遅くなってしまったことと、
 tomboさんがオグマサナエ狙いで、S池に入っているとのことで、合流することにしました。



②S池(標高192m)
 …砂防ダムに出来た池で、隣町にあり、カエル谷からは直線で20Kmほど北にあります。
 トンボ見としては2度目の訪問です。

池には11時と遅い時間に着いたので、オグマサナエは全て飛び去った後でした。
tomboさんは8頭の羽化を確認したとのことでした。

a0122264_18525843.jpg
a0122264_18525800.jpg
a0122264_18533799.jpg
a0122264_19162128.jpg
↑ オグマサナエの羽化殻です。
コサナエ属の中では、
第10腹節が円筒状で、他の種よりも著しく長いのが特徴。
 


 S池の後、川に行くtomboさんに同行させて頂くことになりました。
 途中、私はコンビニに寄って、おにぎりを買って食べ、遅れて12時半過ぎに入川。

 

②矢作川の某地(標高80m)
 矢作川は、上流域の矢作ダムなどの影響で、かつての川の相は様変わりしていますが、
 この地点の川底は岩盤で、ワンドが形成されているため、
 数少ないトンボのホットスポットになっています。

a0122264_19033757.jpg
↑ ヤゴの種と成長具合を調べるtomboさんです。

昨年と比べ、発生が全体に遅れていて、ダビドサナエの羽化が1頭観れただけとのこと。

私は下流から探しました。
見つけることが出来たのは以下の通りです。
a0122264_19182271.jpg
a0122264_19183317.jpg
↑ ニホンカワトンボの羽化です。

a0122264_19195045.jpg
a0122264_19195839.jpg
↑ ホンサナエの羽化です。

a0122264_19212951.jpg
↑ 羽化に失敗し水に浮いていたホンサナエです。


 他には、水辺を歩いているとき、羽化間もないダビトサナエらしトンボ2頭に飛ばれました。





③T町の沢(標高107m)
 …昨年、5時間ほど粘ってムカシヤンマの羽化を撮った沢です。
 
a0122264_19252121.jpg
↑ 穴から顔を出すムカシヤンマのヤゴです。

肉眼では見たことがあったのですが、写真は初めてでした。
ただ、穴のどの位置にいるか判らずの盲撮りなので、とても難しかったです。
懐中電灯で照らしてもらって撮るか、三脚で照明を固定して穴の中を狙うのが良いようです。




④U池と近くの休耕田(標高137m、130m)

・U池…かつてはマダラになをトンボが生息していた知る人ぞ知る池です。
a0122264_20413133.jpg
a0122264_20403712.jpg
↑ オグマサナエの羽化殻がありました。


・休耕田…この地区の田んぼや休耕田は、例年アカネ属が楽しめます。

a0122264_21013695.jpg
a0122264_21024280.jpg
↑ 羽化間もないアジアイトトンボがいました。(上:赤褐色型♀、下:♂)
    
a0122264_21052394.jpg

 今日は、今シーズン初めてのトンボがいくつか観れ、楽しめたトンボ見になりました。
 tomboさんに感謝感謝です。







by tombo-crazy | 2017-04-14 21:02 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

水辺は多いほど

  2016年4月26日(火)晴れ 気温 23℃(12:40)


  その① カエル谷

  今日はカエル谷の作業日だったので、早めに谷へ行き、一人で作業をしてました。
  サシバが2頭畔に降りていたり、アナグマがいたりと、一人だけの谷もいいものです。

  モートンイトトンボのための水辺は、ほぼ形が出来、本来なら畔固めをするのですが、
  シュレーゲルアオガエルが産卵に来ているので、オタマジャクシになるまでそのままにしておきます。
  と言うことで、水周りの作業をしたら、トンボやカエルを観て過ごそうと思ったのですが、
  みなさんは、もう少し作業をするとのこと。
  と言うことで、一人だけトンボ観もできないので、みなさんと、もうひとつ水辺を創ることにしました。
  場所はシシパラ内。以前水辺だったのですが、豪雨で土砂に埋まった所です。
  水辺は多いほど生きものたちにとってはいいですから。
a0122264_09404028.jpg
↑ 形になって来たシシパラ内の水辺です。
a0122264_09423511.jpg
↑ こちらはモートンイトトンボのための水辺です。
モートンイトトンボが出始める5月下旬までには草も生えているでしょうから、自然な感じに仕上げます。

a0122264_09444459.jpg
↑ トンボ上池ではヨツボシトンボが交尾態で飛びまわっていました。
作業の合間にトンボやカエルを観て楽しく過ごします。

a0122264_09470094.jpg
↑ シオヤトンボは交尾した状態で休んでいました。
シオヤトンボの交尾は意外と短く、飛んでいる状態を撮るのは、私のレベルでは難しいです。


  今日は、さわやかな風が吹き、とても凌ぎやすいカエル谷でした。
  

by tombo-crazy | 2016-04-26 22:31 | トンボの楽園づくり | Comments(0)