タグ:ノシメトンボ ( 4 ) タグの人気記事

田んぼの赤とんぼ

   2016年10月6日(木)うす曇り 気温 28℃(14:30)

   午前は用事があったので、いつもの湿地へは行かず、田んぼへ行きました。
   一番の期待は今シーズン見てないマイコアカネです。
   いるにはいましたが、♂は姿をちらっと見ただけで、写真に撮れたのは♀だけでした。
   でも、ノシメトンボなどの赤とんぼ(アカネ属)を観ることが出来ました。
   次は、午前中に来て産卵も観たいと思います。
   それにしても中々晴れ間が出ない昨今です。

a0122264_20384020.jpg
a0122264_20385612.jpg
↑ マイコアカネの♀です。
a0122264_20410562.jpg
a0122264_20413104.jpg
a0122264_20420515.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_20431182.jpg
a0122264_20434602.jpg
↑ ノシメトンボの♂です。
a0122264_20500108.jpg
↑ マユタテアカネ♀のノシメ型もいました。

a0122264_20522929.jpg
↑ 群れ飛ぶウスバキトンボです。
a0122264_20565015.jpg
↑ 市内でも指折りの赤とんぼの種類が多い田んぼです。







by tombo-crazy | 2016-10-06 21:30 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

田んぼの赤とんぼ調査

  2016年6月24日(金)曇り 気温20℃(7:30)

 梅雨の合間に赤とんぼの調査に行って来ました。
 今日回ったのは旧旭町、現在の豊田市旭地区です。



 ◆押井の田んぼ

 無農薬でコメづくりをしているSさんの田んぼです。
 いろいろ勉強されていて、田んぼの水管理もアキアカネの生活史と大きくずれないようにするなど
 手間をかけて努力されておられるだけに、アカネ属も含め、たくさんの羽化を確認出来ました。
 最初の1頭を見つけた所でメールを入れると、暫くして民宿のお客さんとSさんご夫妻が来られ、
 大変喜んでられました。
 世の中、食に関しても、看板に偽りありが何食わぬ顔で散見され、話題になったりしていますが、
 正真正銘の「赤とんぼ米」と言えるかと思います。
 みなさん、お米を買うときは、売り手側の甘い言葉に引っかからないようにしたいものです。

a0122264_17214771.jpg
a0122264_17221704.jpg
a0122264_17223245.jpg
a0122264_17231177.jpg
a0122264_17232343.jpg
a0122264_17244360.jpg
a0122264_17235759.jpg


 ◆伊熊の田んぼ

 近くを通るたびに立派なシダレザクラが気になっていました。
 推定樹齢は250年以上と言われ、豊田市の名木に指定されています。
 こんな立派な木を先祖代々守ってられるのですから、コメづくりもそれなりの努力をされているのではと
 立ち寄らせて頂きました。
 予想通り、たくさんのアキアカネの羽化が確認出来ましたが、田んぼの持ち主の方には会えませんでした。
 来春、桜が咲いたときに、ぜひ、お会いしたいと思います。

a0122264_17341301.jpg
a0122264_17350781.jpg
a0122264_17354887.jpg

a0122264_17332479.jpg

  おまけです。

a0122264_19183708.jpg
↑ ヤマアジサイ(通称)です。
今の時期、野山を歩くとたくさんの種類の野生のアジサイを観ることが出来ます。
ただ、日本には、不思議な人たちが多く、
それらの野生のアジサイがヨーロッパに渡り、品種改良?されて、西洋アジサイとして里帰りしたものを
素晴らしいと思ってか、道路沿いにまでたくさん植えて、アジサイロードとなっている所が余りにも多く、悲しく思います。
アジサイに限らず、もっと、自然の中にある日本古来の植物を大事にしてほしいものです。
a0122264_15122380.jpg
↑ こちらも野生のアジサイのエゾアジサイです。(2013年7月新潟の山中で)



 ◆余平の田んぼ

  減農薬のためとアイガモ農法を実践してられる田んぼと、その周辺の田んぼも確認させて頂きましたが、
  田植えの時期が遅かったとみえ、赤とんぼの羽化は確認できませんでした。
  せめて、田んぼへの水入れを4月下旬までにして頂けると、ヤゴが育ち羽化の可能性があるのですが…。

  なお、アイガモは、草だけでなく、益虫と言われるオタマジャクシやカエルの幼体やヤゴも食べますから、
  赤とんぼも舞うコメづくりを期待するのであれば、あまりお勧め出来ない農法です。
  観光用と言うか、知らない人たちへのイメージ戦略としては良いかも知れませんが…。
  また、アイガモは、成鳥になるとイネの穂を食べるので、幼鳥しか使えないことや、
  まんべんなく草を食べてくれないこと、アイガモに掛る手間と費用をなど考えると、あまりメリットはなく、
  減農薬を目指すのであれば、ある程度の手間をかけてやらざるをえないように思います。

  アイガモ農法の方は留守でお会いできませんでしたが、犬の散歩をしていた年配のご婦人から
  周辺のコメづくりについて、いろいろお話を聞くことが出来ました。

a0122264_18174575.jpg
↑ お休み中だったカモたち。
a0122264_17453988.jpg
↑ 赤いネットは、合鴨の幼鳥をカラスから守るためとのことです。
ご苦労されています。

a0122264_17455793.jpg
↑ アイガモの田んぼと介木川を挟んで反対側の田んぼです。



 ◆小渡小近くの田んぼ

  昨年、隣り合う田んぼでありながら、赤とんぼの発生が明らかに違った田んぼが気になっていたので、
  今年も行ってみましたが、昨年同様、赤とんぼの羽化が確認出来た田んぼと、出来ない田んぼが隣り合わせになっていました。
  昨年はモデル田の看板がありましたが、今年はなかったことは、減農薬農法を諦めたのでしょうか?
  近くで手入れをされていた方の田んぼでは赤とんぼの羽化ありでした。
a0122264_18301283.jpg
↑ 今年も赤とんぼの羽化が確認出来なかった法人さんの田んぼ(昨年はJAのモデル田)
a0122264_18321542.jpg
↑ 昨年同様、赤とんぼの羽化が多数確認された農道より東側の田んぼです。
どちらも同じミネアサヒを栽培しているのですが、意外な現象です。
秋の産卵時期の田んぼのジュクジュク具合や、農薬などの影響でしょうか?
a0122264_18354274.jpg
a0122264_18362763.jpg
a0122264_18370863.jpg
↑ たくさん確認出来た羽化間もないアキアカネです。
a0122264_18345740.jpg
↑ 羽化間もないノシメトンボもいました。





by tombo-crazy | 2016-06-24 18:41 | トンボを残すために | Comments(0)

田んぼの赤とんぼ調査

  2016年6月24日(金)曇り 気温19℃(7:30)

 梅雨の合間に赤とんぼの調査に行って来ました。
 今日回ったのは旧旭町、現在の豊田市旭地区です。

 ◆押井の田んぼ

 無農薬でコメづくりをしているSさんの田んぼです。
 いろいろ勉強されていて、田んぼの水管理もアキアカネの生活史と大きくずれないようにするなど
 手間をかけて努力されておられるだけに、アカネ属も含め、たくさんの羽化を確認出来ました。
 最初の1頭を見つけた所でメールを入れると、暫くして民宿のお客さんとSさんご夫妻が来られ、
 大変喜んでおられました。
 世の中、食に関しても、看板に偽りありが何食わぬ顔で散見され、話題になったりしていますが、
 正真正銘の「赤とんぼ米」と言えるかと思います。
 みなさん、お米を買うときは、売り手側の甘い言葉に引っかからないようにしてくださいね。

a0122264_17214771.jpg
a0122264_17221704.jpg
a0122264_17223245.jpg
a0122264_17231177.jpg
a0122264_17232343.jpg
a0122264_17244360.jpg
a0122264_17235759.jpg

 ◆伊熊の田んぼ

 近くを通るたびに立派なシダレザクラが気になっていました。
 推定樹齢は250年以上と言われる豊田市の名木に指定されています。
 こんな立派な木を先祖代々守ってられるのですから、コメづくりもそれなりの努力をされているのではと
 立ち寄らせて頂きました。
 予想通り、たくさんのアキアカネの羽化が確認出来ましたが、残念ですが、田んぼの持ち主の方には会えませんでした。
 来春、桜が咲いたときに、お伺いしたいと思います。

a0122264_17341301.jpg
a0122264_17350781.jpg
a0122264_17354887.jpg

a0122264_17332479.jpg

 ◆余平の田んぼ

  減農薬のためとアイガモ農法を実践してられる田んぼと、その周辺の田んぼも確認させて頂きましたが、
  田植えの時期が遅かったとみえ、赤とんぼの羽化は確認できませんでした。
  せめて、田んぼへの水入れを4月下旬までにして頂けると、ヤゴが育ち羽化の可能性があるのですが…。
  なお、アイガモは草だけでなく、オタマジャクシやカエルの幼体やヤゴも食べますから、
  赤とんぼも舞うコメづくりを期待するのであれば、あまりお勧め出来ない農法です。
  観光用と言うか、一般の人たちへのイメージ戦略としては良いかも知れませんが、
  アイガモは、成鳥になるとイネの穂を食べるので、幼鳥しか使えないことや、
  まんべんなく草を食べてくれないこと、アイガモに掛る手間と費用をなど考えると、あまりメリットはなく、
  減農薬を目指すのであれば、ある程度の手間をかけてやらざるをえないように思います。

  アイガモ農法の方は留守でお会いできませんでしたが、犬の散歩をしていた年配のご婦人から
  周辺のコメづくりについて、いろいろお話を聞くことが出来ました。

a0122264_18174575.jpg
↑ お休み中だったカモたち。
a0122264_17453988.jpg
↑ 赤いネットは、合鴨の幼鳥をカラスから守るためとのことです。
ご苦労されています。

a0122264_17455793.jpg
↑ アイガモの田んぼと介木川を挟んで反対側の田んぼです。



 ◆小渡小近くの田んぼ

  昨年、隣り合う田んぼでありながら、赤とんぼの発生が明らかに違った田んぼが気になっていたので、
  今年もいってみましたが、昨年同様、赤とんぼの羽化が確認出来た田んぼと、いない田んぼが隣り合わせになっていました。
  昨年はモデル田の看板がありましたが、今年はなかったことは、減農薬農法を諦めたのでしょうか?
  近くで手入れをされていた方の田んぼでは赤とんぼの羽化ありでした。
a0122264_18301283.jpg
↑ 今年も赤とんぼの羽化が確認出来なかった田んぼ(昨年はJAのモデル田)
a0122264_18321542.jpg
↑ 昨年同様、赤とんぼの羽化が多数確認された農道より東側の田んぼです。
とちらも同じミネアサヒを栽培しているのですが、意外な現象です。
秋の産卵時期の田んぼのジュクジュク具合や、農薬などの影響でしょうか?

a0122264_18354274.jpg
a0122264_18362763.jpg
a0122264_18370863.jpg
↑ たくさん確認出来た羽化間もないアキアカネです。
a0122264_18345740.jpg
↑ 羽化間もないノシメトンボもいました。





by tombo-crazy | 2016-06-24 18:40 | トンボを残すために | Comments(0)

ノシメトンボの産卵再び

2015年10月3日(土)快晴

 先日、赤とんぼ調査で東納庫に着いた時は2時半頃だったこともあり、ノシメトンボの連結産卵を観ることが出来ませんでした。
稲穂の上を連結して産卵するシーンを観るにはイネが残っている今しかないので、夢さんを誘って家を8:30に出て東納庫を目指しました。
途中、ミヤマアカネの産卵場所確認のため西納庫に寄り、東納庫へは10:30に到着。
先回見た辺りも稲刈りが進んでいましたが、1/3ほど残ってましたから、イネのある田んぼを手分けして探しました。
a0122264_16124439.jpg
 ただ、快晴なのに風が強く、イネの上を飛んでいるノシメトンボは皆無で、田んぼの周囲で休んでいる個体ばかりでした。
トンボたちは、風が収まるのを待っているのだろうか、あるいは体温の上昇を待っているのだろうか、じっとしていました。気温は24℃ほどでした。
a0122264_16145685.jpg
a0122264_16333427.jpg
a0122264_16155361.jpg
a0122264_16161326.jpg
a0122264_16163392.jpg
a0122264_16354362.jpg

a0122264_16361308.jpg
▲ 12時頃になって、やっと連結産卵ペアが見られたものの、風に煽られてしまい、近くで産卵してくれません。
a0122264_16511107.jpg
a0122264_16520134.jpg
a0122264_16522070.jpg
a0122264_16530934.jpg
a0122264_16534048.jpg
a0122264_16540939.jpg
a0122264_16542946.jpg
a0122264_16584981.jpg
12時15分を過ぎる頃から、風に慣れたのか、煽られず近くで産卵するペアも出て来ました。
a0122264_16591360.jpg
a0122264_16593442.jpg
a0122264_16595455.jpg
a0122264_17001273.jpg
a0122264_17003367.jpg
a0122264_17005049.jpg
a0122264_17010823.jpg
a0122264_17014504.jpg
a0122264_17021714.jpg
a0122264_17024305.jpg
a0122264_17030477.jpg
a0122264_17060541.jpg
a0122264_17060541.jpg
a0122264_17041705.jpg
▲ 強風で卵が飛ばされてしまうため、上の2枚だけが、かろうじて卵が写っていました。

a0122264_17214458.jpg
a0122264_17221363.jpg
a0122264_17222827.jpg
▲ 強風の中での連結産卵は、ペアにとって大変らしく、途中で連結を解くペアがいましたが、健気に警護する♂の優しさには感心させられました。
a0122264_17255651.jpg
▲ ♂しか写っていませんが、♀は稲穂の中です。


 強風の中でしたが、観たかった稲穂の上での連結産卵がしっかり観れて満足のトンボ観でした。 感謝感謝。
 ただ、気がかりなこともあります。
 3年前と比べ数が少なくなっていることです。
 時期的なものか、その他の要因かは、今後の様子をみないと判りません。




by tombo-crazy | 2015-10-04 17:12 | トンボ科アカネ属 | Comments(0)