タグ:ハラビロトンボ ( 7 ) タグの人気記事

赤とんぼの舞うコメづくりを目指して

 2016年6月11日(土)~12日(日) 

 赤とんぼの舞うコメづくりを目指している人たちに会うため県境にある中山間地へ行って来ました。
 県境と言っても、平成の合併で、地籍上は、私たちと同じ豊田市になります。
 かつては東加茂郡旭町と言われた所です。(以下旭地区と呼びます。)
a0122264_20494834.jpg
 トンボの生息環境から診た旭地区は、西側を一級河川の矢作川が流れ、いくつかの支流がありますが
 矢作川以外は流れが急なこともあり、流水性トンボは、これまで19種記録されているだけです。
 一方、標高110m~860mほどの山間にあり、水が豊富なことから灌漑用のため池がなく、
 止水性のトンボには厳しい環境ですが、矢作川の河川敷には、所々にワンドがあり、
 水田などと共に止水性のトンボの貴重な産卵場所となっていて、これまで35種が記録されています。
 (トンボの数は、2003年頃発行の「旭町の自然」から…トンボ担当は成田茂生さん)
 なお、高度成長期に出来たゴルフ場内には、いくつかの池がありますが、行ったことがないため
 どんなトンボがいるかは不明です。

 以上のようなトンボ環境にあった旭地区でしたが、農業の近代化に伴うコメづくりの変化は、
 田んぼをよりどころとするトンボにとっては、各地で見られるように、種、数ともに減らしています。
 また、それらに拍車をかけているのが高齢化や獣害による耕作放置された田んぼの増加です。
 
 そんな中、旭地区を、かつてのような自然豊かなふるさとにしようと、赤とんぼが舞うコメづくりに
 取り組んでられる方々がいて、今回はそれらの方々との交流でした。


 11日(土) うす曇り

 みなさんとの合流は夕方でしたので、少し早めに行き、標高650mほどの旭高原に寄って来ました。
 東海自然歩道を箕輪から高尾まで歩いたとき通過して以来ですから、20数年ぶりです。
 いろいろ人工物が出来ていて、かつての自然は消えていたのは残念でしたが、
 「旭町の自然」によれば、1990年に記録され、以後記録がなかったハッチョウトンボを見つけることが出来ました。
 ただ、乾燥化が進んでいる湿地でしたので、細々と生き延びていたのではと思われます。
a0122264_22010091.jpg
           ↑ ハッチョウトンボ ♂です。♀も含め10数個体いました。

  この日の夜は、トンボの画像を観ながら、トンボ復活について話し合ったり、ホタルを観たりしました。


  12日(日) 曇り

  6時半過ぎから、押井にある標高450mの谷間にあるKさんの田んぼで、みなさんとトンボの羽化を観ました。
  アカネ属の羽化にはまだ早かったようですが、イトトンボの羽化を多数観ることが出来ました。
  このことは、Kさんたちのコメづくりが、赤とんぼ復活に適ったものと言えそうです。
  20日以降、再度確認に来たいと思います。
a0122264_22130545.jpg
a0122264_22133591.jpg
a0122264_22134607.jpg
a0122264_22145775.jpg
a0122264_22151492.jpg
a0122264_22163310.jpg
a0122264_22174275.jpg
a0122264_22180779.jpg
a0122264_08384497.jpg
↑ 田んぼの近くには生きものたちの水辺が造られていました。

上伊熊地区でも、耕作放棄地を生きものたちの水辺づくりが行われていました。
将来の旭地区が楽しみです。


  Kさんの田んぼと周辺で確認されたトンボ
   モノサシトンボ、アジアイトトンボ、クロイトトンボ、キイトトンボ、ホソミオツネントンボ、アオイトトンボ、
   シオヤトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボ、クロスジギンヤンマ
a0122264_08581528.jpg


 
  二井寺の放置田にいたトンボ
   ハラビロトンボ、シオヤトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ
   モートンイトトンボを期待したのですが、今回は発見出来ませんでした。
a0122264_09305244.jpg
a0122264_09324055.jpg
↑ 処女飛行でいきなりクモの巣に掛ってしまったオオシオカラトンボです。
クモ(右下の翅のところ)には悪かったですが、羽化したばかりでしたから外してあげました。




by tombo-crazy | 2016-06-13 20:00 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

今日もハラビロ

  2016年5月21日 (土)晴れ 気温25℃(12:15)

  ホソミオツネンなどの潜水産卵にも淡い期待をして、奥の池の湿地へ、連日のハラビロトンボ観察です。
  昨日の観察で様子が掴めていたので、途中はさらっと流して奥のパラダイスへは9時40分に入りました。
  やはり、ため池のホソミオツネンなど越冬トンボの産卵期は過ぎたようで、トンボは少なかったです。
  湿地では、羽化を終えて飛び立つハラビロトンボがたくさんいました。8時までに来れば羽化が観れそうです。
  
a0122264_20365381.jpg
a0122264_20373869.jpg
a0122264_20392932.jpg
↑ テネラルな♀たちです。
a0122264_20410821.jpg
a0122264_20414475.jpg
↑ テネラルな♂たちです。
a0122264_20435219.jpg
a0122264_20441682.jpg
a0122264_20443752.jpg
a0122264_20451157.jpg
↑ 成熟へ向かう♂たちです。
a0122264_20485556.jpg
a0122264_20501208.jpg
a0122264_20511826.jpg
a0122264_20515561.jpg
a0122264_20521797.jpg
a0122264_20523518.jpg
↑ 交尾飛翔も観れました。
♂の求愛飛行も観れたのですが、写真には撮れませんでした。
a0122264_20542295.jpg
a0122264_20544132.jpg
a0122264_20550884.jpg
a0122264_20561855.jpg
↑ 暑さに負けることなくたくさんの交尾も観れました。
a0122264_20585902.jpg
a0122264_20592428.jpg
a0122264_20595768.jpg
a0122264_21003086.jpg
a0122264_21005496.jpg
a0122264_21011595.jpg
a0122264_21013934.jpg
a0122264_21020250.jpg
a0122264_21022081.jpg
a0122264_21024511.jpg
↑ 産卵です。

  D90に短いレンズを付けて、連射モードにして30~50cmの距離から飛翔写真を撮ろうと出かけたのでしたが、
  バッテリーを忘れてしまい、昨日と同じような写真になってしまいました。
  もっとも、ハラビロトンボは、見た目とは異なり、フットワークが良く、ひらりひらりと牛若丸のように身をかわしてしまうので、
  撮ることは難しかったと思います。
  今日も、ヤマサナエは狩り場にしていました。













by tombo-crazy | 2016-05-21 21:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

曇りの日にはトンボが消える?


 2016年5月20日(金)曇りのち晴れ

 オオヤマトンボの飛翔撮影の前に、tomboさんから情報を頂いた休耕田でハラビロトンボの産卵や飛翔をと
 張り切って出かけたのですが、ものの見事に外れました。
 現地へは9時に着き、1時間ほど探したのですが、ハラビロトンボの姿がありません。
 場合によっては、こちらの休耕田かもと、農道の左手の休耕田にも踏み込んでも、ハラビロトンボどころか、
 足跡すらありません。
 ほとんど水がなくなっているので、産卵不適と判断され、余所へ飛んで行ってしまったのかも知れません。
 tomboさんへ状況を報告すると、3×1mほどの小さな水辺もなくなっていますか?とのことで、それを探すと、
 辛うじて♂2、♀1がいました。
a0122264_22421939.jpg
a0122264_22423411.jpg
 どんよりとした曇りで、気温が20℃と低めのため、お休みモードで、一向に飛ぼうとしません。
 と言うことで、昨日行った奥の池に隣接する湿地へ移動。
 昨日はたくさんいた奥の池のホソミオツネントンボや、ホソミイトトンボも閑散とした状況でした。
 曇りの日にはトンボが消えるようです。

 でも、新たな目標は、対岸に隣接する湿地です。
 気を取り直し、胴長で池の中を慎重に移動。
 気温が上がって来たことも幸いしてか、たくさんのハラビロトンボがいて、観たかったシーンが全て観れましたが、
 写真となると、その一部しか撮れないのが、辛い所です。
 tomboさんなら、全てのシーンをきれいに撮られたと思います。

 ハラビロトンボ
a0122264_22511139.jpg
a0122264_22512548.jpg
a0122264_22515585.jpg
↑ 羽化と処女飛行です。
a0122264_22524205.jpg
↑ 交尾です。
a0122264_22550853.jpg
a0122264_22552857.jpg
a0122264_22553912.jpg
a0122264_22555368.jpg
a0122264_22560566.jpg
↑ 産卵です。
a0122264_23012338.jpg
a0122264_23014845.jpg
a0122264_23015959.jpg
a0122264_23021156.jpg
a0122264_23024847.jpg
a0122264_23030460.jpg
↑ ♂たちの飛翔(バトル)です。
腹部先端を反らせて♀に求愛するシーンも何度か目にしたのですが、写真としては没でした。
a0122264_23045450.jpg
a0122264_23050561.jpg
a0122264_23051710.jpg
a0122264_23083131.jpg
↑ ♂たちです。
a0122264_23101214.jpg
a0122264_23104659.jpg
↑ ♀です。

  

 ヤマサナエ
a0122264_23121487.jpg
↑ 3頭めにしました。
シオカラトンボやハラビロトンボを狩っていました。


 ホソミオツネントンボ
    
a0122264_23143174.jpg
a0122264_23144848.jpg
↑ オリンパスのTGー870で2cm弱まで近寄り撮りました。

カエルを撮るため、かつてニコンのCOOLPIX 995を3台使っていました。
描写性、ローアングルで使えるなど申し分ないカメラでしたが、夢中で撮っていては沈しては買い替えていました。
その点、TGー870の場合、防水機能がありますから、カエルやトンボを撮るには重宝しています。
トンボの場合、生息環境も映し込めれることや、マクロ性に優れている点がお勧めです。
今は、濡らしてしまうのはお尻だけです。
と言う私は、tomboさんの写真を見て、TGを使っていることを知り、買いました。
ちなみにtomboさんのTGは2台目です。
a0122264_07015542.jpg

a0122264_07021186.jpg
↑ ハラビロトンボを食べるシオカラトンボです。
自然の中で生きることは、厳しくもありますから、こんなシーンにも出くわすことがあります。
a0122264_23153362.jpg
↑ 堤体から湿地側を見た所です。
a0122264_23154801.jpg
↑池に近い部分を小川が横切っています。
a0122264_23155711.jpg
↑ 開放水面もあり、クロスジギンヤンマやヨツボシトンボ、ホソミオツネントンボなどがいました。
a0122264_23161702.jpg
↑ 最もハラビロトンボの密度の高かった湿地です。
ただ、クロスジギンヤンマやヤマサナエ、シオカラトンボなどが摂食に来てました。

  遅い昼食の後、オオヤマトンボのため池にも行ったのですが、姿がありませんでした。
  やはり、曇りの日には、いるはずのトンボも消えるようです。
  と言うことで、カエル谷へ行き、水周りの確認と補修をして途中長靴を買って帰宅。
  一年中履いていることもあり、長靴がひび割れして水が浸みるようになったのです。でも、1年ほど持ちました。
  明日は、T池で履き初めの予定ですが、もう一度潜水産卵とハラビロを狙って今日のポイントへ行くかもです。



  今日のおまけは、
  クロミノニシゴリ(ハイノキ科)の花とシロシタホタルガの幼虫です。
a0122264_23213715.jpg
a0122264_23202365.jpg





by tombo-crazy | 2016-05-20 23:21 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

早起きして羽化狙い

  2016年5月15日(日)曇り 22℃(10時)

  目覚ましが鳴る前に起きることが出来ました。
  子どもの頃の遠足のときもそうでしたが、
  人間とは不思議なもので、楽のしみがあるときは起きることが出来るものですね。
  もっとも、だからと言って油断すると、寝坊してしまいますが…。
  と言うことで、6時に家を出たのですが、キイロサナエも覗いて行こうと寄り道したのがまずかったらしく、
  キイロサナエの羽化は外れ。(今シーズンは終わったようです。)
  今日の狙いのハッチョウトンボの羽化は、探すまでもなく次々と飛ばれてしまいました。
  ハッチョウトンボの場合、薄暗いうちに来てないとだめなようです。
  どんよりとした曇りだからいいだろうとの考えは安易過ぎました。


  その ① K池

a0122264_09495479.jpg
↑ 今日の目的の、ため池に隣接する湿地です。7時15分に着きました。
a0122264_09505533.jpg
a0122264_09511781.jpg
a0122264_09575546.jpg
a0122264_09565412.jpg
a0122264_10005209.jpg
a0122264_10050563.jpg
a0122264_09523142.jpg
↑ 湿地を歩いていて次々と飛ばれてしまった羽化間もないテネラルな個体です。
20頭は飛ばれたでしょうか。とほほ…です。

       気を取り直して探すこと40分ほど。
       テネラルな個体が同時に2頭飛び出した辺りを何度も何度も探し、
       翅が伸び切ってはいますが、羽化中の個体を見つけることが出来ました。( 8:05 )
a0122264_11212381.jpg
↑ 最初に見つけた羽化中の♂です。
a0122264_10110039.jpg
↑ 羽化中のハッチョウトンボは、以外にも水深が1~2cmある辺りにいました。
もっとも、この湿地の場合、池際だけに、雨や、ため池の水量に左右されますので、
年間を通じた場合、こんなに水がないように感じています。

画面には左手前の♂と右手奥の♀の2頭写っていますが、この辺りだけで5頭確認出来ました。
と言うことで、椅子に座り、この2頭をじっくり観察をすることにしました。


      ① 羽化中の♀です。
a0122264_11274720.jpg
↑ 8:06のときです。
a0122264_11285735.jpg
a0122264_11345196.jpg
a0122264_11355200.jpg
↑ 翅が開きました。 (11:18)
飛び立ちは11:32でした。

      ② 羽化中の♂です。
a0122264_11310576.jpg
↑ 8:06のときです。
a0122264_11315653.jpg
↑ 翅が開きました。 (10:09)
a0122264_11544973.jpg
↑ しかし、中々飛び立ちませんでした。
結局飛び立ったのは、10:38でした。

       羽化の観察も中々体力がいります。
       暑さ対策と、椅子を持って来たのが正解でしたが、せんべいかあられでもあれば、更に良かったかも知れません。
       一番は、トンボ友の存在です。
       2人で来れば、探すのも早いですし、待っている時間も楽しく過ごせます。



    その ③ 成虫になっていたハッチョウトンボたちです。
a0122264_12374024.jpg
a0122264_12393140.jpg
a0122264_12421447.jpg

a0122264_12481244.jpg
a0122264_12492675.jpg
a0122264_12425881.jpg



    その ④ 羽化の進行中確認したトンボたちです。
a0122264_12102088.jpg
↑ ショウジョウトンボの♂です。 今シーズンの初認です。♂1頭だけでした。
a0122264_12131549.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結産卵です。
a0122264_12151161.jpg
a0122264_12142874.jpg
↑ ハラビロトンボの♂です。
♂が2頭いただけで、近くに♀の姿は見えませんでした。
a0122264_12122579.jpg
↑ テネラルなキイトトンボの♀です。

偶然ですが、信号機のような色合いのトンボがいました。



  その ② O池  

       腹が減って来ましたが、撮りたいシーンがあったので、北側のお気に入りの池に行ってみました。
       ただ、連結や交尾態や産卵しているイトトンボはたくさんいるのですが、
       潜水産卵をしているものはいませんでした。
       でも、探して回ったおかげで、先日空振りだった羽化中のハラビロトンボに出会うことが出来ました。       
a0122264_13113174.jpg
↑ O池と隣接する湿地帯です。
a0122264_13132115.jpg
↑ 既に翅が開きかけの羽化中のハラビロトンボ♀です。 (12:47)
でも、まさかでした。レンズを近づけたら、ぱっと飛ばれてしまいました。
翅を開き、震わせる動作がないのにです。

      それ以外のハラビロトンボたちです。
a0122264_13403088.jpg
↑ ハラビロトンボ♀です。
a0122264_13460940.jpg
↑ ハラビロトンボ♂です。


      それ以外のトンボたちです。
a0122264_13474630.jpg
↑ オツネントンボの♂です。
a0122264_13500065.jpg
↑ ホソミオツネントンボの♂です。
a0122264_13514967.jpg
↑ ホソミオツネントンボの連結
a0122264_13534698.jpg
↑ ホソミオツネントンボの交尾
a0122264_13524632.jpg
↑ ホソミオツネントンボの産卵

a0122264_13574105.jpg
↑ ホソミイトトンボの♂です。
a0122264_14053106.jpg
↑ ホソミイトトンボの連結です。
a0122264_13594529.jpg
↑ ホソミイトトンボの交尾です。

a0122264_14113070.jpg
↑ アジアイトトンボの♀です。


  今日のおまけはトウカイコモウセンゴケです。
a0122264_14140873.jpg
a0122264_14183607.jpg




         
  

by tombo-crazy | 2016-05-15 20:21 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ハラビロトンボ

  2016年5月11日(水)曇りのち雨

  打ち合わせで五ヶ丘東小学校に行ったとき、校庭の隅の水辺を覗くとハラビロトンボがいました。
  今シーズンの初認です。

 
a0122264_07131779.jpg
a0122264_07141917.jpg

↑ ♀のハラビロトンボです。上の写真の背景はジャングルジム。
a0122264_07142896.jpg
↑ ♂のハラビロトンボです。

  と言うことで、ハラビロトンボの羽化を観ようと松平の湿地へ行く計画を立てました。



  2016年5月13日(金)快晴 気温 24℃(10時半)

  現地へは8時に入り、一生懸命探したのですが、羽化は見つからず、成虫が3頭いただけでした。
  まだ、本格的羽化の時期に入っていないのか、あるいはトンボが少なくなっているのかは、今日の結果だけでは判断できません。
a0122264_07232232.jpg
a0122264_07234499.jpg
a0122264_07242788.jpg
a0122264_07415457.jpg
a0122264_07244120.jpg
↑ ♂のハラビロトンボです。

  一方、1頭だけでしたが、今シーズン初のキイトトンボがいました。
a0122264_07382815.jpg
↑ テネラルなキイトトンボの♂です。


  と言うことで、帰りにカエル谷手前の休耕田も寄ってみましたが、テネラルなハラビロトンボ♀が1頭見つかっただけでした。 
a0122264_07262414.jpg

  代わりにっては何ですが、マムシがいました。
a0122264_07272578.jpg
↑ マムシですが、どこにいるか判りますか? 
彼らはおとなしいので、頭を彼草の中に入れて逃げずにいました。


  来週前半ごろ、再度ハラビロトンボの羽化の確認に行きたいと思います。



by tombo-crazy | 2016-05-13 20:40 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

ハラビロトンボ (トンボ科)

2012年
a0122264_1754684.jpg
a0122264_176323.jpg
↑ 今年最後のハラビロトンボになるかもしれない老成した♀です。 (2012.7.2 カエル谷)

大きなトンボが増えたことが影響したのか、カエル谷から消えていたハラビロトンボが、今年は時々姿を見せるようになりました。
一方、カエル谷入口東の休耕田にたくさんいたハラビロトンボが、乾燥化による植生変化が影響したらしく、その数が減りました。
どうやら、入口東の休耕田から、より良い環境を求めて移動してい来たようです。
うまく行けば来年はカエル谷生まれのハラビロトンボを見ることが出来そうです。



2008年、最初にハラビロトンボと出会ったのは5月10日でした。 
ハラビロトンボは、休耕田や湿地、葦などが繁茂する池の岸辺の浅瀬などに生息していますが、いずれも開発されやすく、変化しやすい環境なので、将来が気がかりなトンボです。
ぽっちゃりとして可愛らしいトンボなので、カエル谷にも定着させたいと願っているのですが、カエルが多く、他の大きなトンボがたくさんいることなども影響しているようで、中々増えません。
a0122264_14571522.jpg
↑ 羽化間もない♀ です。  (2008.5.27 カエル谷)
a0122264_21455543.jpg
↑ 若い♀ です。  (2008.6.27 谷間)
a0122264_2293396.jpg
↑ 谷間の山(46.5mの四等三角点あり)と水田地帯。

名鉄三河線竹村駅の北北東900mほどに、谷間(やげん)と言う所があります。
線路側から眺めると、ちょっとした山に見えるのですが、西側の台地が東へ下がる斜面になります。
ここの山裾にある田んぼの一面は、減反をせず毎年コメ作りを続けているためか、ヘイケボタルや、アオイトトンボ、アキアカネ、ホウネンエビ、ヌマガエル、トノサマガエルなどがいる、竹村では、とても貴重なエリアになっています。
隣り合わせた田んぼには、それらの生きものがいませんので、農薬をあまり使わず、毎年コメ作りを続けることは、生きものにとって、とても重要なことになっているようです。
生きものたちのためにもパン食を控え、もっとご飯を食べるようにして、田んぼでは、コメ作りを続けたいものです。
a0122264_11373983.jpg
↑  成熟が近い♀ ですが、色合いはさほど変わりません。  (2008.5.19 カエル谷口東湿地)
a0122264_2159894.jpg
↑  羽化間もない♂です。翅の色が瑞々しいです。♀のようなぽっちゃり感はありません。 (2011.5.26 国附町の休耕田)
a0122264_11223529.jpg
↑  若い♂です。 人間で言ったら中学生くらいでしょうか。  (2008.5.24 カエル谷口東湿地)
a0122264_11413093.jpg
↑  若い♂ です。 ♂ ♀ 共、額の部分が青く金属光沢があるのがハラビロトンボの特徴です。(2008.5.22 七売)
a0122264_14413640.jpg
↑  顔のアップです。 この個体は、とても大らかで、10cmくらいまで近寄らせてくれました。(2008.5.22 七売)
a0122264_6313.jpg
↑ アオビタイトンボです。 ハラビロトンボと同じように、額に青く輝く部分があります。(2009.8.6 中津市野依新池) 
 なお、青い部分の顔に占める比率は、アオビタイトンボのほうが大きいことが判りました。
a0122264_22114361.jpg
↑ 黒くなったハラビロトンボの若い♂です。人間で言ったら20歳間近でしょうか。 (2011.5.26 国附町の休耕田)
a0122264_22144970.jpg
↑ 青黒味を帯びて来たハラビロトンボの♂です。成熟も近いです。   (2011.5.26 国附町の休耕田)
a0122264_6583410.jpg
↑  ♂ のハラビロトンボは、はじめは♀ と同じ色合いですが、成熟に伴い全身が青黒味を帯びて来ます。(2008.5.22 七売)
a0122264_705331.jpg
↑ 成熟♂です。 (2008.6.26 藤岡飯野 休耕田)

青黒くなった♂ のハラビロトンボは、やがて白い粉を吹き、オオシオカラトンボのような色合いになります。
a0122264_721394.jpg
 ↑ 成熟した♂ です。 (2008.5.27 カエル谷)






by tombo-crazy | 2009-09-20 11:38 | トンボ科 | Comments(0)

ハラビロトンボ (トンボ科)

休耕田や、背丈の低い水草がある遠浅のため池や沼地などで観察されます。
a0122264_1753854.jpg
↑ 羽化間もない♂です。 その名のとおり、平べったいお腹の、小さくぽっちゃりした感じのトンボです。 
(2007.5.14 カエル谷北の湿地で)
a0122264_1757347.jpg
↑ こちらは羽化間もない♀です。 羽化間もない♂と♀の色合いは、とても似ていますが、腹部先端の形状が異なります。
(2008.5.9 カエル谷北の湿地で)
a0122264_1834451.jpg
↑ 若い♂です。人間に例えるなら、10代後半ぐらいでしょうか。
小さな黒いトンボがいたと話題になることがありますが、ハラビロトンボの若い♂のことが多いようです。
(2005.4.28 風の谷で) 
a0122264_1871259.jpg
↑ 成熟した♂です。 ハラビロトンボは、♂♀とも、アオビタイトンボのように額が青く輝いています。
(2008.6.17 藤岡の湿地で)




 
by tombo-crazy | 2009-08-17 18:28 | トンボ科 | Comments(0)