カエル谷へ子どもが遊びに来ました。

  2019年5月6日(月)晴れ

 今日は、カエル谷の作業日でした。
 先日に続き、池に繁茂したスゲやヨシの間引きをしました。
 10時頃、子どもを連れたお客さんが見えました。
 Sさんの娘さんとお孫さんでした。
 生きもの大好きのSさんの血がつながっているだけに、
 お弁当もそこそこに、トンボやオタマジャクシを捕って遊ぶお孫さんたちでした。
a0122264_18120377.jpg
a0122264_18124079.jpg
a0122264_18130190.jpg
a0122264_18133605.jpg

このところ、カワトンボが目立つようになりました。
a0122264_18180698.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
a0122264_18182338.jpg
a0122264_18183646.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂と♀です。
a0122264_18185296.jpg
↑ カエル谷では珍しい茶褐色翅のアサヒナカワトンボの♀です。
a0122264_18361248.jpg
↑ シオカラトンボの♂です。
a0122264_18363272.jpg
a0122264_18365400.jpg
↑ シオヤトンボの♂たちです。
a0122264_18371557.jpg
↑ タベサナエの♀です。
a0122264_18374197.jpg
↑ タベサナエの♂です。
a0122264_18375970.jpg
↑ ホソミイトトンボの♂です。
a0122264_18382316.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。
a0122264_18385173.jpg
↑ クロスジギンヤンマの♂です。


おまけです。

a0122264_18440079.jpg
↑ タガメです。
後、ひと月もしたら、卵塊が見れるでしょう。

a0122264_21485367.jpg
↑ カマツカの花です。






# by tombo-crazy | 2019-05-06 22:00 | トンボの楽園づくり | Comments(0)

トンボを求めて

  2019年5月5日

 tomboさんと待ち合わせて、ヒメクロサナエの羽化の様子を見に行きました。


その① 待ち合わの町で

 待ち合わせの町に早く着いたので、A川や山裾で、トンボや植物を見ました。
a0122264_17444695.jpg
↑ ニホンカワトンボの♂です。
a0122264_17470044.jpg
↑ アオサナエの羽化殻でしょうか?

a0122264_17504596.jpg
↑ ウマノアシガタです。
a0122264_17515528.jpg
↑ カキドオシです。
a0122264_17512324.jpg
↑ シャガです。
a0122264_17513280.jpg
↑ ホウチャクソウです。


その② 渓流

 トンボの姿はありませんでしたが、サンショウウオを捕まえることが出来ました。
a0122264_17572202.jpg
↑ ヒダサンショウウオ  (tomboさん撮影)

腹部を観察しようと、何度か、ひっくり返そうとしたのですが、
体をくねらせて、写真のような姿勢をとってしまうため、
結局諦めました。
いつまでも手の上に乗せていると良くないので、
1分ほどで、元いた辺りに放しました。


a0122264_18070426.jpg
↑ クマシデの果苞

a0122264_18071877.jpg
↑ キランソウ


 
その③ T湿地

 渓流が今一だったので、昼食後、T湿地を目指しました。

a0122264_18172959.jpg
a0122264_18173886.jpg
a0122264_18174806.jpg
↑ ムカシヤンマの羽化殻です。
ただ、今年は、時間が取れず、トンボは見ていません。

  ホソミイトトンボの水辺は、
 ① 畔が壊されていて水位が下がっていたことと、      
 ② サクラバハンノキが急成長して、日影を作っていたためか、
 ホソミイトトンボの姿は、全くありませんでした。
 例年、たくさん確認出来たトンボたちは、どこへ行ったのでしょうか?


 奥の小池に向かう道端で、思わぬ植物に出合いました。(↓)
a0122264_18242614.jpg
a0122264_18244262.jpg
↑ カザグルマです。


1時間ほど待つと、タベサナエが産卵に来てくれました。
ただ、ストロボを持って来なかったので、16:30頃、私は帰宅。
a0122264_18293314.jpg
↑ 産卵するタベサナエ

a0122264_18305757.jpg
↑ ホソミオツネントンボ ♂
a0122264_18312688.jpg
a0122264_18313292.jpg
a0122264_18314036.jpg
↑ 出始めたハッチョウトンボ

a0122264_18335485.jpg
↑ シオヤトンボ ♂

a0122264_18352901.jpg
↑ レンゲツツジが咲いてました。(持ち込みかな?)















# by tombo-crazy | 2019-05-05 21:31 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

シオヤトンボが産卵

  2019年5月4日(土)晴れ 気温25℃(11:15)


 カエル谷で、シオヤトンボが産卵してました。

a0122264_20433237.jpg
a0122264_20434726.jpg
a0122264_20432398.jpg
a0122264_20430483.jpg
a0122264_20434216.jpg
a0122264_20425648.jpg
a0122264_20424146.jpg

 ヨツボシトンボやシオカラトンボもいました。
写真は撮れませんでしたが、クロスジギンヤンマも、水辺の上を飛び回っていました。

a0122264_20471357.jpg
↑ 処女飛行の後、一休みするシオカラトンボの♀です。

a0122264_20485940.jpg
↑ ヨツボシトンボの♂です。

カエル谷へ下りる道には、アサヒナカワトンボが数頭いました。
a0122264_20514823.jpg
↑ アサヒナカワトンボの♂

かつて、標高1200mほどの尾根を歩いていたとき、
おびただしいアサヒナ川トンボを見たことがあります。(寧比曾岳)
羽化して間もない個体や、若い個体は、繁殖期が近づくまで、
水辺を離れてこんな高い所まで来ていることを知りました。
尾根には、植物があり、小さな虫がいましたから、
生きものにとって大切な三つの条件、
①安心して休める ②エサが確保できる ③繁殖出来る
のうち、二つがあるのですから、
翅のあるトンボたちは集まって来ても不思議ではないようです。

アキアカネと違うことは、同じ時期に、低地にもいることでしょうか。




おまけ

ムラサキサギゴケの白花がありました。

a0122264_20532892.jpg
↑ 珍しい白花です。
白花の場合、サギゴケと言うことがあるようです。
a0122264_20543623.jpg
↑ 通常の紫色の花。







# by tombo-crazy | 2019-05-04 21:07 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

やっと見れたムカシトンボの羽化

 2019年5月3日(金)晴れ

 トンボ狂会の仲間と、ムカシトンボの羽化狙いで、某渓流に入りました。
今年は厳しく、3度目の挑戦です。
 1時間ほど探し、羽化殻を一つと、何者かに襲われたモモンガの死体と、シマヘビなどを見ただけで、
2度あることは3度あるで、空振りか?と思い始めていたとき、
上流側で、♀1発見。
うれしかったです。

a0122264_06374018.jpg
↑ ムカシトンボの羽化殻です。
見つけたのは、この1個だけでした。

a0122264_06375762.jpg
a0122264_06381811.jpg
a0122264_06380658.jpg
a0122264_06383965.jpg
a0122264_06384831.jpg
a0122264_06390662.jpg
a0122264_06391421.jpg
a0122264_06392495.jpg
↑ ムカシトンボの羽化です。
みなさんを呼びに行き、飛び立つまで、2時間ほど観察。


a0122264_06404209.jpg
a0122264_06405046.jpg
a0122264_06405807.jpg
↑ モモンガの死体です。
食べ方から、フクロウなどの猛禽類に襲われた可能性があります。
テンの可能性も否定出来ませんが…。


a0122264_06370674.jpg
↑ きれいなシマヘビでした。



花もきれいでした。

a0122264_07005729.jpg
↑ チャルメラソウです。
a0122264_07004567.jpg
↑ フデリンドウです。


おまけ

a0122264_06170082.jpg
カエル谷の小屋に掲げる絵を描きました。
絵筆を握るのは久々です。

カエル谷へ来る子どもや女性にも好かれる絵にしました。(ヤマアカガエル)
デフォルメはしてありますが、カエルは、下の方から見ると、絵のように栗の上に、突き出た眼が二つ並び、中々可愛いですよ。






# by tombo-crazy | 2019-05-03 20:35 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

クロスジギンヤンマの羽化を見る

 2019年4月29日(月)くもり

 今日は、カエル谷の作業日です。
先日の続きで、池に繁茂したカサスゲやヨシの間引きです。
ほどなく、先日トンボ狂会に入ったクロギンさんがトンボ観に来られ、
手伝いますと、胴長に履きかえられたので、一緒に作業をしました。
 やはり、いいことがありました。
クロスジギンヤンマと、ヨツボシトンボが羽化していたのです。 

a0122264_06275549.jpg
a0122264_06280476.jpg
a0122264_06341834.jpg






 


# by tombo-crazy | 2019-04-29 21:26 | トンボの棲む環境 | Comments(0)