アキアカネの産卵を観に

 2018年10月31日 (水) うす曇り 気温15℃ (10:30)

 10月最後の今日は、市内で最も安定して赤トンボが観れている、八草の田んぼへ行って来ました。
 現地には10時半頃着きました。
はざの片づけをしていた地主のKさんに、田んぼへの立ち入りの許可を頂き、
赤トンボ同様、私も、地主さんとお話しをしたりして、気温が上がるのを待ちました。
 11時を回った頃、アキアカネが田んぼの上を飛びだしたので、田んぼへ降りると、
奥の田んぼで産卵が始まり、計5ペアの連結打泥産卵を観ることが出来ました。

a0122264_21132373.jpg
a0122264_21133648.jpg
a0122264_21135576.jpg
a0122264_21143063.jpg
a0122264_21193205.jpg
a0122264_21195025.jpg
a0122264_21200887.jpg
↑ アキアカネの連結打泥産卵です。

a0122264_21225693.jpg

a0122264_21230610.jpg
a0122264_21394143.jpg
↑ 小川です。 (10月7日撮影)
この水を田んぼの水として使用。

 アキアカネ以外にも、コノシメトンボ、マユタテアカネ、リスアカネ、ヒメアカネ、マイコアカネがいました。

 Kさんの田んぼは、江戸時代から米づくりを絶やすことなく今に続けてられるとのことでした。

   ① 毎年、米づくりを続けて来た。
   ② 農薬は、極力使わない。
   ③ 栽培品種は「台地の風」で、アキアカネの生活史と田んぼの水管理がほぼ同じ。
    ④ 周囲の環境の良さ。(雑木林、小川、草原の存在など)

などが、市内で最も赤トンボが確認出来ている要因のようです。
トンボたちに代わり、Kさん、そしてご先祖さんに感謝感謝です。


 今日のおまけです。

   春のスミレが数株狂い咲きしてました。

a0122264_21430560.jpg
a0122264_21460197.jpg
↑ スミレの蜜を吸うウラナミシジミです。






# by tombo-crazy | 2018-10-31 21:51 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

アキアカネの産卵を観に遠征

 2018年10月28日(日) 晴れ 気温15℃(10:15)

 ここ数日で一番良い天気になるとの予報でしたが、
今年は、夏の猛暑と、秋の長雨が影響したのか、アキアカネに限らず、赤トンボの産卵が不調で、
ここならしっかり観れる所が見つかってないだけに、行く所に迷います。
トンボ友同士、情報交換をしているのですが、どなたも同じような状態でした。
と言うことで、とりあえず、集合時間だけを決めて、
地形図や、衛星写真などからギリギリまで検討し、朝8時半頃、候補地を3ヶ所に絞りました。
訪ねることになったのは、恵那地方の棚田です。
棚田を選んだのは、仮にアキアカネの産卵が観れなかったとしても、景観を楽しめるからです。

 行きは、高速を使い、帰りは下の道です。
同行は、Iさんです。

 最初の目的地の棚田には、10時半頃着きました。

 目の前の笠置山はじめ、寒陽気山や二つ森山、遠くは小秀山まで望むことが出来て、
田んぼの隣には、その昔、旦那衆のたまり場として使ったと思われる茅葺屋根の家もある、
素晴らしいロケーションの所でした。

 その上、アキアカネの産卵が観れたのです。 10数ペアは産卵してました。
と言うことで、予定の3ヶ所巡りは止めて、大半を佐々良木の棚田で過ごしました。
a0122264_20082035.jpg
↑ アキアカネの交尾です。
a0122264_20093607.jpg
a0122264_20095574.jpg
a0122264_20101983.jpg
a0122264_20103722.jpg
a0122264_20110034.jpg
↑ アキアカネの連結産卵です。

長靴を忘れてしまい、田んぼの縁から撮り、トリミングしました。

a0122264_20145580.jpg
↑ 茅葺屋根の家です。
こんな家に集い、昔の方は何を語り、どうすごしたのでしょうか?
a0122264_20160182.jpg
a0122264_21221351.jpg
↑ 田んぼです。

広角のローアングルなら、連結産卵する赤トンボの背景に山や空が入ります。
考えただけで、楽しくなる所でした。


来シーズンの産卵のピークに、また来ようと、気持ち良く帰る2人でした。




今日のおまけです。
a0122264_21004851.jpg
↑ 帰り道で見つけた茅葺の長屋門のある民家。(山岡にて)
現在は無人のようです。
母屋も洒落た造りでした。




追記:

 翌日、今回訪れた地をもう少し調べてみて以下のことが判りました。

 ①佐々良木には、「岐阜棚田21選」に選定された東西二つの棚田があり、
  今回の棚田は、佐々良木東の棚田で「深瀬の棚田」と呼ばれていて、
  もう一つは、佐々良木西の棚田で「上畑の棚田」と呼ばれてました。
 ②佐々良木は、旧三郷村(現恵那市三郷町)にあり、呼び方は、ささらぎ、みさとでした。
 ③空気が澄んでいると、御嶽山や中央アルプスも観ることが出来るとのこと。
 ④佐々良木地内を巡るウォーキングコースがある。

 更に知りたい方は、下記ニューズレターをご覧ください。







# by tombo-crazy | 2018-10-29 20:21 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

やっと観れたノシメトンボの産卵


 2018年10月20日(土) 晴れのち曇り 気温20℃(10:40)

 ここ数日で最も良い天気予報でしたが、
今年の赤とんぼの産卵が空振り続きだったため、
行き先を決められないまま、朝を迎えてしまいました。
トンボ友のみなさんも、同じような想いだったようです。
ダメならダメで、今年はそんな年だったと記録に留めようと、
結局、ノシメトンボの産卵を目的に、某地へ行って来ました。
この秋、5度目です。

 現地には10時5分に着きました。
いつもなら、機材や飲み物、弁当を持って入るのですが、
12時半までに産卵が観れなければ引き返そうと、
車に置いたまま、道のない林の中を水辺へ向かいました。
私自身は、何度も通っているので迷わず行けますが、
トンボ友のために、先日、白テープを付けておきました。
a0122264_08501084.jpg
↑ 目的地です。奥が水辺です。

例年より10数cmは水位が下がっていて、
周囲はイノシシが歩き回ったり、寝そべっていたと思われる痕跡がありました。


すでに、水辺を取り囲むように、ノシメトンボの♂が数頭いました。
a0122264_17311961.jpg
a0122264_17321856.jpg
a0122264_17320737.jpg
a0122264_17315413.jpg
a0122264_17313877.jpg
a0122264_17312999.jpg
↑ ノシメトンボの♂たちです。

天気は良く、♂が陣取ってますから、後は♀が来るのを待つだけです。

10時20分頃、ミヤマアカネに行ったと思っていたtomboさんが合流し、2人で待ちました。

11:40頃には、♂の数が10頭ほどに増え、
連結ペアや交尾態の姿も見るようになりました。
やっと、ノシメトンボの産卵に出会えそうです。
a0122264_17554492.jpg
(11:52)
a0122264_17555224.jpg
(12:02)
a0122264_17560272.jpg
(12:32)
↑ 交尾態で休むノシメトンボです。

待ちに待った産卵は12時5分頃から始まりました。
昨年までとは少ないものの、全部で5ペアの産卵が観れ、うれしかったです。
a0122264_09060534.jpg
a0122264_09061803.jpg
a0122264_09062716.jpg
a0122264_09063960.jpg
a0122264_09064682.jpg
a0122264_09065492.jpg
a0122264_09070320.jpg
a0122264_09071622.jpg
a0122264_09072568.jpg
a0122264_09073665.jpg
a0122264_09075379.jpg
a0122264_09080572.jpg
a0122264_09081284.jpg
a0122264_09074501.jpg
↑ ノシメトンボの連結産卵です。
ちなみに一番下の写真には、落下する卵が写っています。

a0122264_18473530.jpg
a0122264_18475142.jpg
a0122264_18482400.jpg
↑ 連結を解いた後も産卵を続けるノシメトンボの♀です。
a0122264_18494936.jpg
a0122264_18495710.jpg
a0122264_18500813.jpg
↑ 単独で産卵するノシメトンボの♀です。
この3枚には、落下する卵が写っています。


ただ、例年と違い、ヒザほどある草丈の、半分ほどの高さで産卵することが多く、
草に隠れてしまい、撮り難くかったです。
例年は、草丈と同じ位の高さで産卵していました。
この違いは、なぜだろうかと疑問に思いました。
一つの要因としては、
イノシシに踏み荒らされ、草が、網の目状に倒れてしまったため、
草の下の方に入らないと、陽の光が当たり過ぎ、
落ち着いて産卵出来ないためと思われます。

ちなみに、草の名は、コイヌノハナヒゲ(カヤツリグサ科)です。

大変なこともありましたが、今シーズン初めてのノシメトンボの連結産卵に
幸せな時間を過ごすことが出来た2人でした。

産卵は、1時頃に終りましたので、約1時間のドラマでした。



ノシメトンボの他には、
リスアカネ、マイコアカネ、マユタテアカネ、アキアカネ、アオイトトンボ、キイトトンボなどがいました。
a0122264_19490387.jpg
↑ リスアカネの交尾です。
a0122264_19501568.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。




今日のおまけはハラビロカマキリです。
a0122264_19544314.jpg
a0122264_19552680.jpg
a0122264_19560309.jpg

気になったこと
a0122264_20081878.jpg
↑ 測量の跡です。

開発されなければいいのですが…。
ソーラー発電パネルが敷設されるのだろうか?

市内のもう一つのノシメトンボの産卵が確認されたKの田んぼが、
今年は産卵がなかっただけに、未来に残したい環境です。




追加です。



 私たちがノシメトンボの産卵を観ていた頃、近くの田んぼでアキアカネの産卵を狙っていたMさんがいました。
  「ノシメの産卵が始まったので、こちらに来ては!」と連絡したのですが、
  「今日はアキアカネは諦め、蛙の写真を撮ってます。(^^)」との返事でしたが、
 翌日、以下の写真と共に、おかげさまで、楽しい1日になりましたのメールが入りましたので、
届いた写真の一部をアップします。

 Mさんは、私たちと同じトンボ狂会のメンバーで、
「とても追い付けないが、tomboさんの飛翔写真を目標にしています。」と、言っていますが、
 今回の写真、私にはとても撮れないくらい、素晴らしいと思いますよ。
tomboさんも、そう思いますね。 (感想を入れてください。)
a0122264_19273630.jpg
a0122264_19283854.jpg
a0122264_19290477.jpg
a0122264_19291696.jpg
↑ Mさん撮影のノシメトンボの交尾態飛翔と連結産卵です。 (10月22日)













# by tombo-crazy | 2018-10-21 18:53 | トンボの棲む環境 | Comments(1)

2日続けての遠征



 2018年10月18日 (木) うす曇り 気温21℃(10:10)

 昨日に続き、Iさんと県外へトンボ観に行って来ました。
距離的には、昨日と同じくらいですが、今度は岐阜県です。
現地には10時少し前に着きました。
 目的のマダラナニワトンボとキトンボは、各10頭ほど観れましたが、
マダラナニワトンボの産卵は観れませんでした。
a0122264_07450982.jpg

a0122264_07041254.jpg
a0122264_07044686.jpg
a0122264_07045409.jpg
↑ 10:40頃から池畔に現れたマダラナニワトンボの♂たちです。

11時半を過ぎると、連結ペアの姿も見えたのですが、池の中ほどを横切り、
どこかへ消えてしまいました。

a0122264_07211251.jpg
a0122264_07212318.jpg
a0122264_07213629.jpg
a0122264_07310478.jpg
↑ キトンボたちです。

ただ、この池のキトンボたちは、岸辺に向かって打水産卵をせず、
池の中央で打水産卵をしていて、撮影に苦労しました。
a0122264_07390231.jpg
a0122264_07404185.jpg
a0122264_07363322.jpg
a0122264_07365264.jpg
a0122264_07372482.jpg
↑ リスアカネの連結産卵です。

リスアカネたちは、日影の草の間で、場所を変えながら産卵することと、
あぶれ♂がちょっかいを掛けるので、
撮影は難しかったです。
a0122264_07353064.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_07352146.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
a0122264_07442149.jpg
↑ アオイトトンボの交尾です。


今日のおまけは、美味しそうなガマズミの実です。(↓)
今も食べられますが、霜が降りてからだと、甘みが増します。
a0122264_07495047.jpg










# by tombo-crazy | 2018-10-18 21:17 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

静岡県へ遠征

2018年10月17日 (水) 晴れ 気温23℃(10:15)

 1年ぶりに、Iさんと静岡県の海岸近くの水辺へ行って来ました。
現地には、9時半に着きました。11時頃、森町のFさんが見えました。春の八重山以来です。
 目的のスナアカネは10頭ほど観れましたが、産卵は空振りでした。
去年は、異常に多かったとのことです。
a0122264_21330217.jpg
a0122264_06461667.jpg
a0122264_06093145.jpg
a0122264_06095405.jpg
a0122264_06093793.jpg
a0122264_06092373.jpg
a0122264_06100171.jpg
↑ 11時頃から現れたスナアカネの♂たちです。10頭ほどいました。


他には以下のようなトンボがいました。
a0122264_06335209.jpg

a0122264_06340610.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。
a0122264_06354160.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_06372915.jpg
↑ マイコアカネの♂です。
a0122264_06364880.jpg

↑ ノシメトンボの♂です。
a0122264_06531578.jpg
↑ ムスジイトトンボの交尾です。
a0122264_06420404.jpg
↑ アジアイトトンボの♂です。
a0122264_06444750.jpg
↑ ギンヤンマの♀です。








# by tombo-crazy | 2018-10-17 22:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)