ミヤマアカネを観に

2019年9月7日(土)晴れ 気温34℃(12:00)

 以前、オニヤンマが空振りだった所に、若いミヤマアカネが数頭いたので、
そろそろ産卵が見れるかもと、様子を見に行って来ました。
ただ、暑さのせいか、産卵個体は少なかったです。
a0122264_18112256.jpg
a0122264_18113504.jpg
a0122264_18101488.jpg
a0122264_18105436.jpg
a0122264_18095285.jpg
a0122264_18084994.jpg
a0122264_18085395.jpg
a0122264_18083143.jpg
a0122264_18151551.jpg
a0122264_18152959.jpg


寄り道

 時間があったので、久々に田螺神社へ寄って来ました。
 全国的にも珍しいと思いますが、タニシを祭っている神社です。
 境内には、雰囲気のある古池があり、ヒツジグサやヒルムシロなどの水草もあって、
 人里離れた標高600mほどの山の上にあることも幸いしてか、いろんなトンボがいました。
 ただ、数年前に、寄付して頂いたとのことで、ニシキゴイがたくさん放たれたことにより、
 トンボやタニシ、ヒツジグサなどが激減してしまいました。
 寄付した人も、受け入れた人たちも、みなさん良かれと思ってのことだけに、残念でした。
a0122264_18002755.jpg
a0122264_17575893.jpg
 ↑ 田螺神社の境内にある古池とヒツジグサです。
たくさんいたニシキゴイがゼロになっていましたが、黒いコイが数匹残っていました。


(参考)
 コイは、世界の侵略的外来種ワースト100に指定されていて、
 悪食で、大きくなることなどから、各国の生態系にとって脅威となっています。
 日本の場合、昔からコイを愛でる文化があっただけに、国も及び腰で、
 日本の侵略的外来種ワースト100から外されています。

a0122264_17595569.jpg
a0122264_17571765.jpg
↑ 産卵中のタカネトンボです。
a0122264_17584565.jpg
↑ 探雌飛翔中のタカネトンボです。
a0122264_17562991.jpg
a0122264_17561521.jpg
↑ オオルリボシヤンマの産卵です。





 
 

# by tombo-crazy | 2019-09-07 21:55 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

赤とんぼを探しに

2019年9月5日(木) くもり 気温33℃(11:30)

 赤とんぼを探しに丘陵地のため池に行って来ました。
蒸し暑かったですが、若い個体に混じり、数種類の成熟した赤とんぼを観ることが出来ました。
a0122264_14412292.jpg
a0122264_14421912.jpg
a0122264_14414746.jpg
a0122264_14421202.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。
若い個体からほぼ成熟した個体がいました。
ため池の一部が湿地帯になっているせいか、ヒメアカネが多くいました。

a0122264_14485877.jpg
a0122264_14485108.jpg
↑ マユタテアカネの♂たちです。
木陰でしたが、腹部挙上姿勢の個体もいました。
a0122264_14454968.jpg
↑ マユタテアカネの顔には、お公家さんの眉のような斑紋があります。
a0122264_14420502.jpg
↑ 若いヒメアカネですが、顔に、マユタテアカネのような斑紋があります。
マユタテアカネの斑紋と比べ、小さいですが、時々、このような個体がいます。

a0122264_14550872.jpg
↑ マユタテアカネのノシメ型の♀です。
マユタテアカネの♀の中には、写真の個体のように
翅の端にノシメトンボのような斑が出るものがいます。
a0122264_14580689.jpg
↑ リスアカネの♂です。

湿地には、アカネ属ではありませんが、赤とんぼの仲間に入れてあげても良い
ハッチョウトンボがいました。 ↓

a0122264_15031247.jpg
a0122264_15051422.jpg
a0122264_15071876.jpg






# by tombo-crazy | 2019-09-05 21:11 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

秋雨前線の中をアキアカネを観に

  2019年8月29日 曇り 気温18℃ (11:30 馬の背にて)

 週間天気予報では金曜日まで雨模様でしたが、朝起きると何とか持ちそうだったので、
 降られたら車にすぐ避難出来て、アキカアネがいる所と言うことで、
 とりあえず、治部坂峠から入った、標高1457mの馬の背へ向かいました。
 途中、朝方、誘いのメールを入れていたIさんから「今向かっているよ。」との電話。
 途中で合流し、私の車で目的地へ向かい、現地へは11:20着。



その① 馬の背

 歩き出してすぐに、赤くなりかけたアキカアネ1頭を見たものの、他には姿なし。
 かつては、この時期、多数のアキカアネが確認出来たのですが、
 下伊那地方も、愛知同様、アキカアネが減っているようです。

a0122264_21450857.jpg
↑ 馬の背です。
大川入山は雲の中でした。


a0122264_21451626.jpg

↑ アキアカネです。


 〔追記〕

  馬の背にアキアカネがほとんどいなかった要因の一つが判りました。

  8月29日、一緒に行ったIさんが、9月7日に、
  馬の背から更に登った蛇峠山の山頂付近で、たくさんのアキアカネがいたと、写真を送ってくれたのです。

  どうやら、今年の夏の暑さが、アキアカネたちを、更に上へと移動させていたようです。
  ちなみに蛇峠山の標高は1664mで、馬の背よりも207m高いです。


〔参考〕

 「日本百名山」を著した、作家で登山家だった深田久弥さんが、登山中に亡くなられたのは、甲斐の茅ヶ岳でしたが、
生前最後に登られた山が、下伊那にある蛇峠山でした。
蛇峠山からは、南アルプスの悪沢岳から赤石岳、聖岳、光岳へと続く稜線や、恵那山を望むことが出来ます。
その上、聖岳も恵那山も、ピラムダルに見える位置にあります。



a0122264_06181127.jpg
a0122264_06175299.jpg


 
その② K池

 と言うことで、次の目的地へ。
 昼食をとりながら池を見ていると、それらしいヤンマが、水面を行ったり来たり。オオルリボシヤンマでした。

a0122264_21544246.jpg
a0122264_21544922.jpg
a0122264_21545525.jpg
a0122264_21552583.jpg
a0122264_21553597.jpg
a0122264_21553173.jpg
a0122264_21561393.jpg
a0122264_21561940.jpg

↑ オオルリボシヤンマの産卵です。



おまけ

a0122264_21574918.jpg

↑ モリアオガエルの幼体です。

a0122264_21574278.jpg

↑ ツリフネソウです。




その③ 茶臼山(根羽側)

 茶臼山にいる友人の誘いがあり、茶臼山のアキカアネを確認しようと移動。
 馬の背同様、アキカアネは数頭見ただけでしたが、ルリボシヤンマを見ることが出来ました。

a0122264_22291677.jpg
a0122264_22292197.jpg
a0122264_22290998.jpg
a0122264_22293234.jpg

↑ ルリボシヤンマオスの飛翔と、産卵です。

a0122264_22301581.jpg

↑ アキアカネです。




おまけ

a0122264_22284870.jpg

↑ エンシュウツリフネソウです。


 
 
 


# by tombo-crazy | 2019-08-29 21:53 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

再びオニヤンマを見に


 2019年8月21日 晴れ 気温31℃(14:00)

 先日に続き、オニヤンマを見に出かけました。
 ただ、今回は、目的地はなく、かつて見れた所を見て回りましたが、・・・。


 立ち寄り地 ① ( A川沿い )

  スーパーが休みだったので、コンビニでパンを買い、川の中の木陰で食べました。
  食べている間、トンボを探したのですが、いたのはコオニヤンマとハグロトンボだけでした。
a0122264_06032077.jpg
a0122264_06022813.jpg

↑ コオニヤンマの♂です。

a0122264_06030602.jpg
↑ ハグロトンボの♂です。      

 立ち寄り地 ② ( Tの棚田 )

  いたのはシオカラトンボだけで、オニヤンマもアカネ属も見れませんでした。
a0122264_06395748.jpg



 立ち寄り地 ② ( K原 )

  久々に訪ねました。
  標高が900mほどあるだけに、木陰はとても涼しく、着いて間もなく、オニヤンマも見ることが出来ました。

a0122264_06592644.jpg
a0122264_07000709.jpg
a0122264_07002782.jpg
  
a0122264_07014782.jpg
a0122264_07015230.jpg
a0122264_07015762.jpg
a0122264_07020690.jpg
a0122264_07021156.jpg
a0122264_07021578.jpg
↑ オニヤンマの産卵です。


a0122264_07073313.jpg
↑ 1頭だけいたミヤマカワトンボです。



おまけ

a0122264_07103776.jpg
↑ ニホンジカです。(車の中から)









  



# by tombo-crazy | 2019-08-21 21:06 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

オニヤンマを観に

  2019年8月13日 晴れ 気温32℃(12:00)

 暑い日が続き、トンボ見も、躊躇するこの頃です。
 と言うことで、多少は涼しいだろうと、奥三河の某所まで行って来ました。
 生憎期待したオニヤンマは、いつもの小川に姿はなく、
 その代わり、隣の田んぼでミヤマアカネを数頭見ることが出来ました。

a0122264_15565679.jpg
a0122264_15570103.jpg

↑ ミヤマアカネの若い♀です。

a0122264_15570736.jpg

a0122264_15571493.jpg


↑ ミヤマアカネの若い♂です。



おまけ

a0122264_15580017.jpg
a0122264_15580560.jpg

↑ オモダカの花です。










# by tombo-crazy | 2019-08-13 20:47 | トンボ見て歩記 | Comments(0)