水辺の整備

  2016年6月2日(木)

  来春からカエル谷を通る道路工事の始まりに備え、消える水辺を補うための新たな水辺づくりを知った
  カエルの分校の賛助会員で、トンボ狂会会員の方が、名古屋から手伝いに来てくださいました。
  毎年、多額のご支援を頂いている上のご好意で、ただただ感謝です。

a0122264_21215185.jpg
a0122264_21220619.jpg
a0122264_21223104.jpg
↑ 3月以降、新たに造った水辺です。
a0122264_21274194.jpg
↑ 新しい水辺で産卵するクロスジギンヤンマです。
a0122264_21293498.jpg
a0122264_21295029.jpg
↑ モートンイトトンボも新しい水辺で見られるようになりました。
来春以降は現在のモートンイトトンボの水辺が消えますので、新しい水辺で産卵してもらえたら
カエル谷からモートンイトトンボが消えないで済みます。
a0122264_21305924.jpg
↑ クロイトトンボの姿も新しい水辺で増えています。
a0122264_21413664.jpg
↑ 新しい水辺近くに来たテネラルなオオシオカラトンボです。

他には、シオヤトンボや、ヨツボシトンボ、ショウジョウトンボ、シオカラトンボ、モノサシトンボが観られました。






by tombo-crazy | 2016-06-02 22:12 | トンボの楽園づくり | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 新しい会員の方が入られました。 プールのヤゴ救出大作戦 >>