赤とんぼ調査 (下山地区)

2017年6月16日 (金) うす曇り

家を5時半に出て、下山地区の赤とんぼ調査に行きました。
a0122264_18162333.jpg
a0122264_18155082.jpg
↑ 赤とんぼのいるコメづくりにトライしている田んぼです。
ただ、田植えが遅かったせいか、アカネ属の羽化は確認出来ませんでした。
a0122264_18191691.jpg
↑ 使われていた箱処理剤。
トンボへの影響がどの程度なのか、今後調べたいと思います。
a0122264_08093070.jpg
↑ 中干しに入っていた田んぼ。
たくさんのオタマジャクシが死んでいました。
中山間地であっても、
かつてのような小川とつながっていない田んぼは、
生きものたちの避難場所がないため、小川の再生が待たれます。

2時間半ほど田んぼを見て回りましたが、赤とんぼは1頭も確認出来ませんでした。

毎年コメづくりをしている田んぼであっても、
赤とんぼ(アキアカネ)の生活史と、コメづくりのための田んぼの水管理がリンクしていないと、
農薬の見直しだけでは、赤とんぼの再生は困難なようです。



と言うことで、赤とんぼの調査を終えた後、寄り道をして帰りました。


◆ 神殿町の大桑川
a0122264_08283997.jpg
a0122264_08291317.jpg
a0122264_08294584.jpg
a0122264_08295837.jpg
↑ 大桑川です。

a0122264_08332007.jpg
a0122264_08334527.jpg
↑ ミヤマカワトンボです。 (上が♂、下が♀)
a0122264_08354878.jpg
a0122264_08360315.jpg
a0122264_08362333.jpg
↑ アオハダトンボの♂たちです。
他にはシオヤトンボなどがいました。

なお、今回は見れませんでしたが、
この辺りではアオサナエ、オナガサナエ、ダビドサナエなどを見ています。



◆ 竜岡町の田んぼ その①
a0122264_08411881.jpg
a0122264_08495878.jpg
↑ 県道33号線と足助川の間にあった田んぼ。
川を見ようと車を停めて歩いて行って見つけました。
小さな田んぼでしたが、昔からコメづくりが行われて来たようです。
a0122264_08551761.jpg
↑ 田んぼの下の足助川です。崖になっていて降りることは出来ませんでした。
a0122264_09292162.jpg
a0122264_09295132.jpg
↑ ホソミイトトンボです。数十頭いました。
a0122264_09320521.jpg
a0122264_09330352.jpg
↑ ホソミオツネントンボです。数頭いました。


◆ 竜岡町の田んぼ その②
a0122264_09355786.jpg
a0122264_09380736.jpg
↑ 県道366号線下の谷間にある田んぼです。
6月に入っての田植えだったため、赤とんぼの姿はありませんでした。
この田んぼでは、これまでナツアカネ、アキアカネ、ミヤマアカネなどが確認されています。







by tombo-crazy | 2017-06-16 21:18 | トンボを残すために | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 赤とんぼの羽化を観る会 隣町へグンバイトンボ見 >>