サラサの湿地とカエル谷

2018年4月18日 くもり時々雨のち晴れ 気温16℃(サラサの湿地10:40) 18℃(カエル谷15:30)


 今日は雨の予報でした。
それで、8時半まで、寝てました。(二度寝)
ただ、昨夜から明け方にかけては、たくさん降ったようです。(本人は爆睡で知らず。)

 朝、ブラインドを開けたら、池の水がオーバーフローし、庭のあちこちに水たまりが出来ていました。
ただ、庭の地中には、排水のためのネトロンパイプを敷設しているため、
朝食を終える頃は、庭の水は引いていました。
それと、うれしいことに、パラパラだった雨も止み、空が明るくなって来ました。

 天気予報を改めて確認すると、今から晴れて来るとのこと。
と、言うことで、家でのんびり過ごす予定を急遽変更。

 隣町へ入る頃、一度雨が降って来ましたが、
空は明るいので、天気予報を信じて、そのまま湿地へ向かいました。
着く頃には、雨も止み、晴れ間が出てました。



その① サラサの湿地

 湿地へは、10時40分に着きました。
先週の雨と、昨夜からの雨で、湿地の水位が更に上がっていて、
長靴が沈する深さの所もありました。
転ばぬ先の杖は、深さチェックにも有効でした。 
でも、そんな中で、羽化していたサラサヤンマがいました。
トンボは雨の日でも羽化することがあるとは聞いていたし、
実際、数回見たことがあるのですが、翅の開き具合からすると、
強い雨の中で羽化していたと思われます。
トンボは、どんな思いで羽化していたのでしょうか?
a0122264_19453703.jpg
a0122264_19455389.jpg
a0122264_19455795.jpg
↑ 雨の中、羽化していたサラサヤンマです。(11:03~12:17)
黄色のテープは、調査のための標識です。

 更に驚いたことがありました。
昨日、見つけていたサラサヤンマが、飛び立つことなく、同じ所にいたのです。
アリなどもたかってなく、どこも問題はなさそうです。
気温が低く、飛ぶのを躊躇っているうちに雨になったので、一晩中じっとしていたようです。
a0122264_19492301.jpg
↑ 夜を明かしていたサラサヤンマです。(4月18日11:20)
すごい生命力です。
a0122264_19545987.jpg
↑ 昨日見たときの同じサラサヤンマです。(4月17日10:36)

a0122264_20015842.jpg
a0122264_20022971.jpg
a0122264_20024374.jpg
↑ 今日の湿地です。

 車へ戻る途中、各1頭ですが、サラサヤンマ以外のトンボがいました。
何年かサラサの湿地へ来ていますが、初めてのことです。
a0122264_20130561.jpg
↑ シオヤトンボです。
a0122264_20143694.jpg
↑ アオモンイトトンボです。



一度帰宅。



 その② カエル谷

 雨がだいぶ降ったようなので、カエル谷へ水周りの点検に行って来ました。
カエル谷には、15:30に着きました。
東の取水口近くに、新しい流れが出来ていましたが、取水口は、塞がってはいませんでした。
南の取水口、西の取水口、畔なども観て回り、東の取水口周辺を補修しました。

 シオヤトンボが、数頭、日向で休んでいました。
成熟個体も、数頭いました。
小さな生きものは、成熟が早いです。
a0122264_20222743.jpg
a0122264_20223980.jpg
a0122264_20225102.jpg
↑ ウワミズザクラ(バラ科)です。









 

by tombo-crazy | 2018-04-18 20:24 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 静岡のトンボ友と 今日もフタスジサナエを求めて >>