今日もキイロサナエを見に行ったのですが…

2018年5月4日 うすぐもり 気温14℃~16℃(8:15~11:00)風やや強し


目的地 その① I川

 昨日は天気が今一でしたからトンボやカエルはお休み。

 今朝は早起きして、キイロサナエの羽化を観に行こうと考えていたのですが、
起きてみると、気温が低く、空も曇っています。
と言うことで、遅めの出動。 目的地のI川には8時頃に着きました。
しかしです。丹念に調べたのですが、羽化殻一つありません。
昨夜の夢では、翅が伸びたキイロサナエが、水際に2個体並んでいたのですが、
正夢にはなりませんでした。




目的地 その② I池

 仕方ないので、直線で750mほどのI池に向かいました。
林の道を歩いていると、前方にヤマサナエの姿。
近くの木の若葉の中に入りました。
そ~っと近づき、覗き込むと、ヤマサナエの若い♀が小枝に止まっていました。
今シーズン初めての♀個体です。
a0122264_18414980.jpg
↑ ヤマサナエの若い♀です。
キイロサナエは空振り続きですが、ヤマサナエは、今のところ順調です。


 目的地の池畔に着くと、Monさんが、ハッチョウトンボの羽化個体を探していました。
傍らには若い女性。
姪御さんとのことで、この4月に、就職で九州から愛知に来られたとのこと。
a0122264_19395334.jpg
 私も探索に加わり、少し経って名古屋からお見えの方も加わって、4人で探すのですが、
羽化個体は発見出来ず。
 昨夜の雨と、気温の低さ、風などが影響したのか、ハッチョウトンボの羽化個体も見つかりませんでした。

 でも、羽化間もないハッチョウトンボと、成熟間近のハラビロトンボの♀を見ることが出来ました。
a0122264_19384664.jpg
↑ ハッチョウトンボの羽化間もない♂です。
a0122264_19383161.jpg
↑ 成熟間近のハッチョウトンボの♀です。
a0122264_19385657.jpg
a0122264_19390350.jpg
↑ 成熟間近のハラビロトンボの♀です。

 どちらも、今シーズンの初認ですから、良しとしましょう。
と、納得せさようとする私たちでした。
が、キイロサナエの羽化には未練たらたらの私たちで、
もう少し気温が上がれば、もしかしたらと、タラレバを繰り返すのでした。

 と言うことで、池を後にし、コーヒータイム。
モーニングサービス(コーヒー+野菜サンドイッチ)を頂きながら、おしゃべりをして、11時頃、再び入川。
でも、やはり、キイロサナエの羽化個体は見つかりませんでした。
こんなときは、諦めるのが肝心と、12:10に帰宅。




 今日のおまけです。
a0122264_19393395.jpg
↑ 名古屋からお見えの方手づくりの赤とんぼです。
竹とビーズと裏打ちに和紙が使われていました。
とても素晴らしい作品でした。

a0122264_19402504.jpg
↑ ニガナ(キク科)です。
a0122264_19400620.jpg
↑ モウセンゴケ(モウセンゴケ科)です。

a0122264_16574571.jpg
a0122264_16582538.jpg
↑ ヒトツバダゴ(モクセイ科)の花です。
I川に通うとき、見つけました。
29日頃が、見ごろでした。

対馬には、山全体が雪が積もったようになる自生地があります。
愛知周辺は、植えられたもので、通称:なんじゃもんじゃの樹と言われています。








by tombo-crazy | 2018-05-04 20:03 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< キイロサナエの羽化が観れました。 再度キイロヤマサナエの羽化を見に >>