川と池と

2018年6月8日 うすぐもり 気温 27℃(11:30)

 今日は、先日の川へ行き、帰りに近くの池に寄って来ました。



 その① アオハダトンボのいる川

 川へは10時半頃入りました。
いつものポイントから川へ入り、上流へ向かって川の中を歩いていると、
意外なトンボがいました。
a0122264_10410586.jpg
↑ ホソミオツネントンボの♂です。
この川で見たのは初めてでした。


今日もアオハダトンボを観ることが出来ました。
a0122264_10444376.jpg
a0122264_10444970.jpg
↑ アオハダトンボの♀です。
a0122264_10462680.jpg
a0122264_10471558.jpg
↑ アオハダトンボの♂です。
a0122264_10482111.jpg
↑ アオハダトンボの♂(左)と♀(右)です。
a0122264_10515029.jpg
↑ アオハダトンボの連結です。
a0122264_10485326.jpg
a0122264_10491056.jpg
↑ アオハダトンボの交尾です。
a0122264_10493499.jpg
a0122264_10492917.jpg
↑ アオハダトンボの産卵です。
a0122264_10532691.jpg
a0122264_10533750.jpg
↑ ニホンカワトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_10562193.jpg
a0122264_10563159.jpg
a0122264_10564297.jpg
a0122264_10565815.jpg

a0122264_10570778.jpg
a0122264_10572216.jpg

a0122264_10573523.jpg
a0122264_10574209.jpg
↑ コヤマトンボの♂です。
3頭いました。
a0122264_11070796.jpg
a0122264_11073653.jpg
a0122264_11080029.jpg
↑ 砂と川の流れが創りだす自然の造形です。
この川の流域は領家花崗岩類に属する花崗岩、花崗閃緑岩、石英閃緑岩類からなり、
長い年月にわたって土砂の流出が続き、独特の川の相を造り、
ある種のトンボたちには、良い環境になっているようです。




 その② 公園のため池

 かつては、トンボが30種類ほどいたため池ですが、
釣り堀化してしまい、水草が邪魔者として取り除かれたり、撒き餌などで池の富栄養化が進み、
オオマリコケムシも発生するなど、トンボの数も20種を切り、数も少なくなっています。
 そんな中で、見られたトンボです。  

↑ アオモンイトトンボの赤褐色型♀です。
a0122264_11421371.jpg
↑ 羽化間もないアオモンイトトンボの♀です。
a0122264_11423417.jpg
↑ アオモンイトトンボの♂です。
a0122264_11430123.jpg
↑ アオモンイトトンボの交尾です。

a0122264_11551300.jpg
a0122264_11550132.jpg
↑ コフキトンボの♀(上)と♂(下)です。

a0122264_12084073.jpg
a0122264_12085120.jpg
a0122264_12090288.jpg
a0122264_12090904.jpg
a0122264_12092674.jpg
↑ コシアキトンボの♂です。





 



by tombo-crazy | 2018-06-08 21:29 | トンボ見て歩記 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< カエル谷 今日はカエル谷 >>