ヤブヤンマのその後

2019年8月19日 うす曇り 気温 27.1~26.8℃ (13:33~16:00)

 17日に、なぜ、たくさんのヤブヤンマの♂が水辺に来たのかを探るため、
今日も午後からカエル谷へ入り、夕方まで居ましたが、
結果は、偵察飛行?で来た♂を、ちらっと1頭見ただけでした。(14:40頃)
気温が低かったことと、曇っていたことが影響したのでしょうか…。

 なお、昼前に入ったIさんは、奥池と古池の境で、♂1頭を写真に撮ることが出来ました。
 私は、ヤブヤンマは空振りでしたが、カエル谷の自然再生に共に取り組んで来たSさんが、
リハビリも順調で、奥さんと一緒に、久々にカエル谷へ見え、
雑談したり、トンボを見たりと、楽しい時間を過ごすことが出来、良かったです。

a0122264_09412689.jpg
↑ Iさん撮影のヤブヤンマ♂です。(12:57)

a0122264_09542147.jpg
↑ オオシオカラトンボの産卵です。
なぜか、この杭の所で産卵する個体が多いです。

赤とんぼたち(アカネ属)も、成熟し、腹部が赤くなった個体が増えて来ました。
a0122264_10084392.jpg
↑ マユタテアカネ ♂です。
a0122264_10113564.jpg
↑ ヒメアカネ ♂です。
a0122264_10151591.jpg
↑ 奥池畔でトンボを観るみなさんです。
左手奥は古池です。







by tombo-crazy | 2018-08-20 09:30 | トンボの棲む環境 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ヤブヤンマのその後 今日も古池と奥池へ >>