エゾイトトンボ (イトトンボ科) 地域外

         エゾイトトンボとの出会いも、北アルプスの高天原にある夢の平の竜晶池(標高2060m)が最初でした。
        ルリイトトンボ同様、明るいブルーが印象に残っています。
        最近は、乗鞍高原の湿地や池沼で出会っていますが、加茂地方にはいませんので、出会えたとしても数年に一度か二度のトンボです。
a0122264_17292080.jpg
        ↑ エゾイトトンボの成熟♂です。 (2007.7.4 乗鞍高原まいめの池)
a0122264_1732029.jpg
        ↑ エゾイトトンボの成熟♂です。 (2008.7.7 乗鞍高原まいめの池)
a0122264_17351015.jpg
        ↑ エゾイトトンボの連結です。 (2008.7.6 乗鞍高原まいめの池)
a0122264_1738658.jpg
         ↑ エゾイトトンボの未成熟♂です。 (2008.7.6 乗鞍高原まいめの池)
a0122264_3343147.jpg
        ↑ 羽化間もないエゾイトトンボの♂です。 (2007.7.4 乗鞍高原まいめの池)
a0122264_32961.jpg
        ↑ ヒルムシロや、ミツガシワ、ミズバショウなど植生豊かな「まいめの池」です。 東隣には人工的に造られた「偲ぶの池」がありますので、
        風景写真を撮る人が「偲ぶの池」にいるときは、トンボの観察も遠慮がちになります。 (2007.7.4 乗鞍高原)

   追記: 2010年までは、まいめの池やアザミ池にたくさんいたエゾトンボなどのイトトンボ類でしたが、2011年の7月16日に訪ねたときは皆無でした。
        6月23日発生した集中豪雨が、沢の水が入っている池沼の水位を急激に高めてしまい、羽化などに影響したと思われます。
a0122264_10461467.jpg
        ↑ 立ち枯れの木が残る「偲ぶの池」です。 新しい池ですので、浮葉植物が少ないことから、水面に乗鞍岳を写すことで人気の池です。
        イトトンボの仲間はあまりいませんが、秋にはムツアカネを見ることが出来ます。  (2011.7.16)
a0122264_748413.jpg
        ↑ エゾイトトンボの交尾です。 (2011.7.16 乗鞍に向う林道沿いの沼で)
a0122264_1122733.jpg
        ↑ エゾイトトンボの交尾です。 (2011.7.16 乗鞍に向う林道沿いの沼で)
a0122264_12281382.jpg
        ↑ エゾイトトンボの連結産卵です。 (2011.7.16 乗鞍に向う林道沿いの沼で)
a0122264_1228313.jpg
        ↑ エゾイトトンボの連結産卵です。 (2011.7.16 乗鞍に向う林道沿いの沼で)
a0122264_7482569.jpg
        ↑ ミツガシワが密生する乗鞍に向う林道沿いの沼(標高1610m)です。
        エゾイトトンボはたくさんいましたが、なぜかルリイトトンボはいませんでした。  (2011.7.16) 
by tombo-crazy | 2009-07-10 17:39 | イトトンボ科 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< モノサシトンボ (モノサシトンボ科) アマゴイルリトンボ (モノサシ... >>