2018年 09月 12日 ( 1 )

マルタンヤンマの産卵

2018年9月11日(火) くもりのち小雨 気温21℃(9:15)

 月曜日が雨だったので、今日、カエル谷へ作業に入りました。
このところの雨で、取水口は、どこも土砂で覆われていました。
先週までの暑さと比べると、気温も下がり凌ぎやすくなったとはいえ、
土木作業は、さすがに汗をかきます。
でも、木陰で休み、水を飲むと、一息つけます。
a0122264_10223534.jpg

 近くにオニヤンマが来ました。
メスを探しているようです。
土砂を上げたばかりの小川の上を往ったり来たりして、時々止ってくれました。 (↓)
そんな風景を観ていると、とても癒されます。
a0122264_10283929.jpg

 今日は、マルタンヤンマの産卵も観れました。 (↓)
a0122264_10313465.jpg
a0122264_10320635.jpg
a0122264_10314948.jpg

 繁殖期を迎えたネキトンボの♂たちが、水辺で陣取っていました。 (↓)
a0122264_10230812.jpg
a0122264_10245455.jpg
ただ、クモの巣にかかってしまったものもいました。 (↓)
子孫を残していればいいのですが…。
a0122264_10404890.jpg
a0122264_10412181.jpg

 ミズオオバコ(トチカガミ科)の花も、目立つようになって来ました。 (↓)
a0122264_10391150.jpg

 コナギ(ミズアオイ科)の花も咲いています。 (↓)
a0122264_10503026.jpg

 狂い咲きと思いますが、アサザ(ミツガシワ科)の花も少し咲いてました。 (↓)
a0122264_10512204.jpg
a0122264_10504208.jpg
 
 ヒレタゴボウ(アカバナ科)の花も咲いていました。 (↓)
a0122264_10510734.jpg

これらの花も、イネの栽培にとっては、雑草として取り除かれ、少なくなっていますが、
カエル谷のような、かつて田んぼだった所は、自然の撹乱や、人為的掘り下げなどにより、
埋没していた種子が、表土近くに来ることで、発芽し、花を咲かせます。



 昼ご飯を食べてから、Iさんと、車で1時間ほど行ったK小池に、草刈りに行きました。
 7月始めに、少しだけ手で草を刈ったきりでしたから、笹などが繁茂してました。
この池は、数年前に見つけた自然に出来た池ですが、
越冬トンボなどもいる楽しめる池で、時々、手を入れて来ました。
a0122264_10474750.jpg


 今年も、ネキトンボに混じって、キトンボの産卵が観れるかも知れません。







by tombo-crazy | 2018-09-12 10:42 | トンボの楽園づくり | Comments(0)