2018年 10月 03日 ( 2 )

アキアカネの産卵


 2018年10月3日 うす曇り 気温22℃ (10:30)

 今日は、アキアカネの産卵を観に、家から40Kmほどの、旧旭町の田んぼに行って来ました。
目的地には、10:10に着きました。

 時期が早かったのか、このところの天候のせいなのか判りませんが、いつもより少ない10ペアほどが、
分散しながら産卵してました。
 近くの田んぼにカラスが入っているせいか、アキアカネたちは、狭い範囲で産卵せず、
あっちでちょんちょん。こっちでちょんちょんと、直ぐに場所を変えるので、
写真を撮るのに苦労しました。

a0122264_21534348.jpg

a0122264_21535215.jpg
a0122264_21540537.jpg
↑ 目的地です。田んぼは、堤防の内側にあります。

a0122264_21572062.jpg

a0122264_21580478.jpg

a0122264_21582771.jpg

a0122264_21583888.jpg

a0122264_21590798.jpg

a0122264_21592697.jpg

a0122264_21594306.jpg
↑ アキアカネの連結産卵です。

a0122264_22030080.jpg
a0122264_22031166.jpg
↑ アキアカネの交尾です。


a0122264_22042695.jpg
a0122264_22043380.jpg
a0122264_22044140.jpg

a0122264_22050162.jpg
a0122264_22050904.jpg
a0122264_22051742.jpg
a0122264_22052315.jpg

a0122264_22054037.jpg
↑ 二番穂の伸びた田んぼでは、少数ですが、ナツアカネも連結産卵をしてました。
下2枚には、落下する卵が写っています。
a0122264_22080673.jpg
↑ ナツアカネの交尾です。



田んぼの近くには、少数ですが、他の赤とんぼ (アカネ属) もいました。
a0122264_08192621.jpg
↑ コノシメトンボの♀です。
a0122264_08194951.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。



産卵ペアがいつもより少ないので、11時40分頃、現地を後にし、
旧藤岡町の池などに寄って帰りました。



今日のおまけです。
a0122264_22100340.jpg
a0122264_22092554.jpg
↑ ノビタキです。4羽いました。

a0122264_08231318.jpg
↑ ハラビロカマキリです。

a0122264_08243334.jpg
↑ クリの実です。
私が生まれ育った町では、1日から今日までが町をあげてのお祭でした。
当時、子どもたちが山で拾って来たクリを使って、クリおこわをつくり、食べました。
クリの実を見ると、思い出します。



















by tombo-crazy | 2018-10-03 22:10 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

久々のマダラナニワトンボ

 2018年10月2日 晴れ 気温23℃ (10:15)

 昨夜まで、アキアカネの産卵を観に行く予定でしたが、
急遽、予定変更し、隣の県までマダラナニワトンボの確認にIさんと行って来ました。

 確認としたのは、観れない可能性があったからです。

 かつては多産地で知られ、関東や関西などからも、たくさんの人が観に来られる所でしたが、
一昨年頃から、激減しているとの情報が入っていたからです。

 なぜ、激減したかは、不明です。

 悲しく情けないことですが、たくさん採集している人を見たとの情報もあります。
地元の方々が、環境保全に努め、大切にしているトンボなのですが…。
そのような気持ちを踏みにじる心ない人がいるのです。

 そんなことで、今シーズンも、トンボ友で、観て来たと言う人はいませんでした。


 現地へは、10時ちょっと前に着きました。
いつも車を留める所に先客が見えたので、車は奥に留めて、支度をして池に行くと、
見覚えのある車が入って来ました。
tomboさんです。
tomboさんも今シーズン初めてとのことでした。

 池に着いて驚いたことがあります。
木がたくさん倒れていたのです。
地元の方のお話では、21号台風で倒れたとのことでした。
a0122264_08231546.jpg
↑ アズキナシの木です。
a0122264_08232550.jpg
↑ スギとイヌツゲです。
他にもたくさん倒れていて、抉られた根元には、水が溜まっていました。
a0122264_08501179.jpg
↑ 溜まっていた水です。


 マダラナニワトンボは不思議なトンボで、水辺では、産卵のときだけ観ることが出来ます。
それも、判で押したように、決まった時間帯に現れます。
この池の場合、これまでの観察結果では、10:30~13:00位で、
その日の天候などにより多少変わりますが、実際は、もっと短い時間帯です。
この時間帯を外れてしまうと、池の周辺では観ることが出来ません。

 先客の方も含め、それぞれが♂の立場に倣い、産卵に良さそうな所で、連結ペアを待ちました。
 ただ、10:30を過ぎても姿を見せないので、林の中へ探しに行くと、
木漏れ陽の所で、♂2頭を見つけることが出来ました。
a0122264_08165494.jpg
a0122264_08195247.jpg
↑ マダラナニワトンボの♂です。
水辺へ来る♀を待っているのでしょうか?
この場所で、どうなるかを待つのもありかも知れませんが、
池へ戻り、トンボ友に「 あの辺りにいたよ」 と知らせてあげました。


水辺に最初に現れたのは、単独♂です。
a0122264_08334982.jpg
a0122264_08342209.jpg
a0122264_08343788.jpg
a0122264_08345358.jpg
a0122264_08350637.jpg
a0122264_08352653.jpg
↑ 石橋で休む♂です。
この♂は、非常におおらかで、30分ほど、この石の上で休んでいて、
みなさんの被写体になってくれました。
跨いでも、逃げないのです、
接近し過ぎて飛んでも、戻って来るの繰り返しです。
最高のモデルでした。

11時を少し回った頃、小島の所に連結ペアが入り、
そちらに陣取っていた方々が、連射してましたが、
私は、東側に入るのを待っていました。
10分ほど経つと、こちらにもワンペアが入ったので、にんまりしていると、
なぜか西側へ行ってしまいました。

Iさんは、消えたほうへ行きましたが、
私は、戻って来るのを待ちました。

暫くすると、Iさんの周りに、みなさんが終結し、連写です。

行ってみると、2番目に現れた、先ほどのペアだと言うマダラナニワトンボが産卵してたので、
撮らせてもらいましたが、暗いのと、杭があり、今一でした。

a0122264_09043934.jpg
a0122264_09045284.jpg
a0122264_09050836.jpg

 ペアが去った後、小島の所で、単独産卵する個体がいました。
目の前で10分近く産卵してくれたので、しっかり楽しませて頂きました。
a0122264_20585671.jpg
a0122264_20590785.jpg
a0122264_21065625.jpg
a0122264_21095495.jpg
a0122264_21100063.jpg
a0122264_21101481.jpg
a0122264_21102241.jpg
a0122264_21103197.jpg
a0122264_21105894.jpg
a0122264_21111855.jpg


つづく











by tombo-crazy | 2018-10-03 08:43 | トンボの棲む環境 | Comments(1)