やっと観れたノシメトンボの産卵

 2018年10月20日(土) 晴れのち曇り 気温20℃(10:40)

 ここ数日で最も良い天気予報でしたが、今年の赤とんぼの産卵が空振り続きだったため、
行き先を決められないまま、朝を迎えてしまいました。
トンボ友のみなさんも、同じような想いだったようです。
ダメならダメで、今年はそんな年だったと記録に留めようと、
結局、ノシメトンボの産卵を目的に、某地へ行って来ました。
この秋、5度目です。
現地には10時5分に着きました。
 いつもなら、機材や飲み物、弁当を持って入るのですが、
12時半までに産卵が観れなければ引き返そうと、
車に置いたまま、道のない林の中を水辺へ向かいました。
私自身は、何度も通っているので迷わず行けますが、
トンボ友のために、先日、白テープを付けておきました。
a0122264_08501084.jpg
↑ 目的地です。奥が水辺です。

例年より10数cmは水位が下がっていて、
周囲はイノシシが歩き回ったり、寝そべっていたと思われる痕跡がありました。


すでに、水辺を取り囲むように、ノシメトンボの♂が数頭いました。
a0122264_17311961.jpg
a0122264_17321856.jpg
a0122264_17320737.jpg
a0122264_17315413.jpg
a0122264_17313877.jpg
a0122264_17312999.jpg
↑ ノシメトンボの♂たちです。

天気は良く、♂が陣取ってますから、後は♀が来るのを待つだけです。

10時20分頃、ミヤマアカネに行ったと思っていたtomboさんが合流し、2人で待ちました。

11:40頃には、♂の数が10頭ほどに増え、
連結ペアや交尾態の姿も見るようになりました。
やっと、ノシメトンボの産卵に出会えそうです。
a0122264_17554492.jpg
(11:52)
a0122264_17555224.jpg
(12:02)
a0122264_17560272.jpg
(12:32)
↑ 交尾態で休むノシメトンボです。

待ちに待った産卵は12時5分頃から始まりました。
昨年までとは少ないものの、全部で5ペアの産卵が観れ、うれしかったです。
a0122264_09060534.jpg
a0122264_09061803.jpg
a0122264_09062716.jpg
a0122264_09063960.jpg
a0122264_09064682.jpg
a0122264_09065492.jpg
a0122264_09070320.jpg
a0122264_09071622.jpg
a0122264_09072568.jpg
a0122264_09073665.jpg
a0122264_09075379.jpg
a0122264_09080572.jpg
a0122264_09081284.jpg
a0122264_09074501.jpg
↑ ノシメトンボの連結産卵です。
ちなみに一番下の写真には、落下する卵が写っています。

a0122264_18473530.jpg
a0122264_18475142.jpg
a0122264_18482400.jpg
↑ 連結を解いた後も産卵を続けるノシメトンボの♀です。
a0122264_18494936.jpg
a0122264_18495710.jpg
a0122264_18500813.jpg
↑ 単独で産卵するノシメトンボの♀です。
この3枚には、落下する卵が写っています。


ただ、例年と違い、ヒザほどある草丈の、半分ほどの高さで産卵することが多く、
草に隠れてしまい、撮り難くかったです。
例年は、草丈と同じ位の高さで産卵していました。
この違いは、なぜだろうかと疑問に思いました。
一つの要因としては、
イノシシに踏み荒らされ、草が、網の目状に倒れてしまったため、
草の下の方に入らないと、陽の光が当たり過ぎ、
落ち着いて産卵出来ないためと思われます。

ちなみに、草の名は、コイヌノハナヒゲ(カヤツリグサ科)です。

大変なこともありましたが、今シーズン初めてのノシメトンボの連結産卵に
テンションが上がる2人でした。
産卵は、1時頃に終りましたので、約1時間のドラマでした。







# by tombo-crazy | 2018-10-21 18:53 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

2日続けての遠征



 2018年10月18日 (木) うす曇り 気温21℃(10:10)

 昨日に続き、Iさんと県外へトンボ観に行って来ました。
距離的には、昨日と同じくらいですが、今度は岐阜県です。
現地には10時少し前に着きました。
 目的のマダラナニワトンボとキトンボは、各10頭ほど観れましたが、
マダラナニワトンボの産卵は観れませんでした。
a0122264_07450982.jpg

a0122264_07041254.jpg
a0122264_07044686.jpg
a0122264_07045409.jpg
↑ 10:40頃から池畔に現れたマダラナニワトンボの♂たちです。

11時半を過ぎると、連結ペアの姿も見えたのですが、池の中ほどを横切り、
どこかへ消えてしまいました。

a0122264_07211251.jpg
a0122264_07212318.jpg
a0122264_07213629.jpg
a0122264_07310478.jpg
↑ キトンボたちです。

ただ、この池のキトンボたちは、岸辺に向かって打水産卵をせず、
池の中央で打水産卵をしていて、撮影に苦労しました。
a0122264_07390231.jpg
a0122264_07404185.jpg
a0122264_07363322.jpg
a0122264_07365264.jpg
a0122264_07372482.jpg
↑ リスアカネの連結産卵です。

リスアカネたちは、日影の草の間で、場所を変えながら産卵することと、
あぶれ♂がちょっかいを掛けるので、
撮影は難しかったです。
a0122264_07353064.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_07352146.jpg
↑ マユタテアカネの♂です。
a0122264_07442149.jpg
↑ アオイトトンボの交尾です。


今日のおまけは、美味しそうなガマズミの実です。(↓)
今も食べられますが、霜が降りてからだと、甘みが増します。
a0122264_07495047.jpg










# by tombo-crazy | 2018-10-18 21:17 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

静岡県へ遠征

2018年10月17日 (水) 晴れ 気温23℃(10:15)

 1年ぶりに、Iさんと静岡県の海岸近くの水辺へ行って来ました。
現地には、9時半に着きました。11時頃、森町のFさんが見えました。春の八重山以来です。
 目的のスナアカネは10頭ほど観れましたが、産卵は空振りでした。
去年は、異常に多かったとのことです。
a0122264_21330217.jpg
a0122264_06461667.jpg
a0122264_06093145.jpg
a0122264_06095405.jpg
a0122264_06093793.jpg
a0122264_06092373.jpg
a0122264_06100171.jpg
↑ 11時頃から現れたスナアカネの♂たちです。10頭ほどいました。


他には以下のようなトンボがいました。
a0122264_06335209.jpg

a0122264_06340610.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。
a0122264_06354160.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_06372915.jpg
↑ マイコアカネの♂です。
a0122264_06364880.jpg

↑ ノシメトンボの♂です。
a0122264_06531578.jpg
↑ ムスジイトトンボの交尾です。
a0122264_06420404.jpg
↑ アジアイトトンボの♂です。
a0122264_06444750.jpg
↑ ギンヤンマの♀です。








# by tombo-crazy | 2018-10-17 22:07 | トンボ見て歩記 | Comments(0)

今日も赤とんぼ探しに

2018年10月14日(日) うす曇り 気温24℃(13:40)

 午後から赤とんぼ探しに行って来ました。
例年たくさんのアキアカネの産卵が観れる田んぼも、今年はなぜか空振り続きです。
8月の猛暑続きで、イネの実りが半月ほど早くなり、その分稲刈りも早くなり、
二番穂が伸びていることや、秋の長雨が影響しているのでしょうか??
米づくりの仕方や、周囲の環境に大きな変化はないのですが…。
a0122264_21163077.jpg

 産卵は空振りでしたが、数種類の赤とんぼがいました。
a0122264_21072150.jpg
↑ アキアカネの♂です。
a0122264_21061694.jpg
↑ マイコアカネの♂です。
a0122264_21055443.jpg
↑ ナツアカネの♂です。
a0122264_21090423.jpg
a0122264_21091998.jpg
↑ コノシメトンボの♀(上)と♂(下)です。
a0122264_21105031.jpg
↑ ネキトンボの♂です。
a0122264_21120456.jpg
↑ マユタテアカネの♀です。




近くの鉱山跡地の水辺に行くと、少数ですが、コノシメトンボが産卵してました。
a0122264_21140218.jpg
a0122264_21140696.jpg
a0122264_21141805.jpg
a0122264_21141269.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。




やはり近くの小さな湿地へ寄ると、オツネントンボがいました。( ↓ )
白い花は、シラタマホシクサです。
a0122264_21173114.jpg
a0122264_21173943.jpg
a0122264_21225886.jpg
 









# by tombo-crazy | 2018-10-15 20:53 | トンボの棲む環境 | Comments(0)

山の上の池に

2018年10月12日(金) 晴れ 気温18℃ (10:15)

 午後から湿地を案内することになっていたので、それまでの時間を使って
1年ぶりに、標高440mほどの山の上にある湿地が隣接する池へ行って来ました。
a0122264_18143127.jpg

 確認出来たトンボは以下の通りです。
昨年、確認出来た黒いトンボは、今回は見つけることが出来ませんでした。

a0122264_18165130.jpg
a0122264_18181671.jpg
↑ アオイトトンボです。 たくさんいました。
a0122264_18191727.jpg
↑ アキアカネの交尾です。
a0122264_18193850.jpg
↑ ウスバキトンボです。
数頭いましたが、気温が低いせいか、草むらで休んでいました。
a0122264_20002887.jpg
a0122264_20004074.jpg

a0122264_20011343.jpg

a0122264_20021191.jpg
a0122264_20024211.jpg
a0122264_20024906.jpg
a0122264_20025812.jpg
↑ コノシメトンボの連結産卵です。
この日一番眼についたトンボで、たくさんいました。
a0122264_20081965.jpg
↑ ネキトンボです。
a0122264_20085638.jpg
a0122264_20091942.jpg
↑ ヒメアカネです。 上が♀、下が♂です。
a0122264_20120654.jpg
a0122264_20121990.jpg
↑ 今年もキトンボを確認することが出来ました。



 今日のおまけです。

a0122264_20150472.jpg
↑ 体内に寄生したハリガネムシに誘導され、
水の中へ入り、もがいているハラビロカマキリです。

今回は、最後まで観察しませんでしたが、
この後、ハリガネムシはカマキリの体内から抜け出し、水の中へ入ります。
一方のカマキリは、溺れ死んでしまうことが多いようです。




午後、訪ねた湿です。
ヒメアカネなどがいました。
a0122264_21393858.jpg
↑ シラタマホシクサです。
a0122264_21401612.jpg
↑ ヒメアカネの♂です。
a0122264_08103634.jpg
↑ ヒツジグサも咲いてました。


  

# by tombo-crazy | 2018-10-14 21:03 | トンボの棲む環境 | Comments(0)